もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
6/18 4日目
チェックインの時、朝食は何時からかと聞くと9:00-10:30だという。
遅いね、と言うと、観光地時間なんだよ、と。
その通り9:00に行ってみると、誰もいない。
d0057029_19581135.jpg


パン2つ、薄ハム2枚、チーズ2枚、ヨーグルト、コーヒー、牛乳2杯
簡単な菓子パン(小)。

今日はユースの予選最終戦、オーストラリア戦が16:00から
2つ隣町のケルクラーデで行われる。
決勝Tに出るには負けられない。ここまで1敗1分け。それでも2位だ。
引き分けてもいいがそれだと次の相手が強いから、勝って2位を確定し次に行きたい。
その前の13:30からイタリアがカナダとやるので早めに宿を出る。
昨日のストのおかげでファルケンブルグの駅は初めてきた。
d0057029_1959869.jpg


フォルケンブルグの駅に周辺地図があった。
d0057029_200945.jpg


カジノの位置などがよくわかる(黒丸しているところ、矢印が駅)

途中車内で日本人プレス2人とロンドン留学中の学生1人と4人で
ちょっと情報交換したりして、一緒にスタジアムに行くことにした。

駅、と言っても駅舎も屋根もないただの田舎駅。
駅前にちょっとした広場はあれど、バスもタクシーもいない。
あらかじめ見ておいた地図ではスタジアムまで2KM以上あるはずなので
とても歩いてはいけない。
とりあえず歩いてみようとプレスの方の一人が言うので歩いてみて
「現地人」に声をかけてみると、
d0057029_2012187.jpg

「オー、スタジアムまでは逆だよ。でも4,5KM位あるよ。」
「タクシーとかいないの」
「いや、いないわけじゃないから駅で待ってればくるんじゃない?」


と言うことで駅の戻ると隣の建物がレストランになっていて
そこで、テクシーを手配して貰う。
しばらく待つとタクシーが来て、スタジアムに向かうがやはり相当距離がある感じだ。
ここはローダFCのフランチャイズのはずだが、
シーズン中は、客をどうデリバリーしてるんだろ?。

スタジアム正面
d0057029_202582.jpg

スタジアム正面でプレスらと別れ、ひょいと見るとスタジアム内に
「CAJINO」の文字が…!
試合まで1時間半あるし。
ウヘヘ、呼ばれてしまいました。
といっても、電動ものしかない。
中にはお年寄りのカップルなども多く、どうも日本のパチンコ屋を
相当に品をよくした感じだ。飲み物ただ、昼時だからかスープまで出た。
もちろん、ただ。
老後の夫婦には、いい時間つぶしになるんじゃないかな。うるさくないし。
d0057029_2024989.jpg


ここから試合を眺めた。
三ツ沢並に近いし客はがらがらだからチョー楽しい。
d0057029_2041773.jpg

朝日君も頑張ってました。

試合は、1-1のドロー。仕方ないけどなぜか1敗2訳の勝ち点2で
2位通過。信じられん。1強3弱だとこういうこともあるんだねぇ。



フォルケンブルグという町
日本のガイドブックにも出てこないオランダ最南端の町。
ここはカジノがあることと、試合会場のケルクラーデが近いから選んだ場所だ。
カジノだけで持っているところかと想像していたのだがとんでもない。
カジノだけではなく古城があり、遊園地、キャンプ場などがあり
夏のシーズンには相当数の人がやってくるようだ。
d0057029_2061661.jpg

d0057029_207958.jpg
d0057029_2073835.jpg

オランダの軽井沢なんだろう。繁忙期は相当忙しいのだろう。
だから宿泊代がべらぼうに高いのだな。
気の合う仲間と、夜まで話をして朝はゆっくり寝坊して、ダラダラ時間が過ぎる
高原リゾートも悪くないと思う。
でも家族以外の人間と奇策に泊まりに行く人間関係、そこまで社交的なことは
なかなか日本では難しいのかもしれない。

フォルケンブルグのカジノ
歩きでは、なかなかきついところに立っている。
基本は車でないと、きついでしょう。パーキングはめちゃくちゃでかいから
駐車に関しては心配要らないのだが、ヨーロッパカジノのせこさだが
駐車料をどうも取るようだ。車で行ったのではないのでいくら位なのかわからないのだが。
歩きなら先の入り口以外にには、階段で行く方法もある。
私も探検したのだがこんな階段だ。

わかるだろうか
d0057029_2091189.jpg

矢印のところが階段だ。
d0057029_20101366.jpg


途中がこんな感じ。下の建物との高低差でいかほどのものか想像できるのでは。
ただし、駅からは1時間に1回、シャトルバスが出ている。
やはり2ユーロ取られる。せこい。
ここは「勝負!」って感じじゃなくって、避暑地のお遊び程度にやるところには
最適な感じだ。

ただ気に入らないところを書いてみると、
・24時間営業ではない。(乗ってきて時間になると
パチンコの閉店のようで、どうにもならない)
・ホテルが併設されていない。
・ MIN-MAXが20倍しかない。
といったところか。

試合の帰り、シャトルバスでそのままカジノに直行して、
日本が決勝Tに出ると言ったこともあってか(イイワケ)、
気分良く賭ったのだが、あっという間に負けた。
反省点がいっぱいの敗戦だった。
やっぱり負けると気分が悪い。勝てなくても負けない試合をしようと思う…。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-06-18 19:56 | サッカー
6/17 Part2
長ワイシャツにジャケットを着込み、ネクタイまで用意して
始めていくホーランド-フォルケンブルグカジノ。
あらかじめ調べた場所と、標識が違うんだけど
標識を信じて歩いてみる。
ところがそれが結構いい坂道。車も激しく通る。
左手にはお墓がありゆっくり、上っていった。
d0057029_192414.jpg

2,300m歩くと右の標識。
d0057029_1932445.jpg

あれ?
どう見てもCloseぽい。ガードマンなんていない。見通しても先はカーブして見渡せない。
つぶれたか?
d0057029_194562.jpg


右が上がってきた道、左がカジノへの道?

どっちにしろ、確かめてみようと思い、そのゲートをくぐりしばらく林の中を歩くと
いきなり近代的な建物が。
d0057029_1945877.jpg

中がよく見えない。でも電気はついているようだ。
その脇の階段を上ると、正面玄関らしい。ちらほら人がいる。
時間は18:00ころだから普通ならすごい人がいるはずだろと、おもうが
この分だと、れすとらんだけがほそぼそと営業を続けている感じだ。

入り口には看板があり、
カジノは、12:00-3:00まで営業と書いてある(ような気がする)
レストランは18:00-3:00と書いてある(ような気がする)
建物に入ってみると左手に大きなクローク、
正面には入国審査のようなブースに係員が2人座っておりその奥では
どうも賭場は既にご開帳のようだ。。
ブースの係員に「ID」を求められパスポートを出す。
入場料を3.5ユーロ支払い中へ。ぼちぼち大きい。

このカジノは2000年開業?で、まだ新しさを残しており
立地はどうやら小高い丘の上に立っており、
この建物からの見晴らしはなかなかよい。
2時の方向には一部崩れている古城が見えたりする。

カジノフロアーはバーが2カ所、レストラン、ルーレット多数、スロット、
BJ、カリビアンポーカー、ミニバカラ(1台)といった感じか。
詳しくはHPをチェック。
さて、換金しようとTCを出すとパスポートとおいて少し時間をくれとのこと。
仕方ないから賭場を眺めて歩き戻るとまだだとのこと。
お腹もすいていたから、バーでビールとワインとクリーム肉団子揚げ(15個)を
平らげる。マスタードが付いてきたがケチャップはない。
確か空港の朝飯もマスタードは付いてもケチャップは言わないと出てこなかったな。
ケッチャップなんて、アメリカ野郎の好物なんて認めないぜ、っていう
ヨーロッパをちょっと感じる。

そこにでかいオバサンホステスがきて、「サー、キャッシャーがお呼びです」。
行ってみて、「アメックスのTCは、時間がかかるんですわ。でへへ」
(やっぱりアメリカ野郎は嫌いなんだ)
「キャッシュにしましょうか?それともチップにされますか」
「ぜーんぶ、チップにしてくれ」

今日は負けない勝負をしようと誓っていたから、あちこち眺めていても
なかなかミニバカラが開帳してくれない。

BJ出もやるかと思ったときに、お姉ちゃんが始める準備をしていたので、
シャッフルが終わり次第席に着き始めた。
さてツラが多く、仕掛けやすい。
ただ小口は勝つが、勝負手で負ける。
どうも今日は勝ててもしれてるな。

1-3-2-6の法則に則ると、凹んでもすぐに取り返せる。
悪くない流れだ。

一勝負終わって、手持ちの1.4倍くらいになっている。
その後少しやったが、1.15倍になったところで止めた。
今日は、負けない勝負だから、と言い聞かせて。

その後町を少し周り、ホテルのバーでビール2杯、すぐ寝た。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-06-17 19:01 | ギャンブル
6/17 3日目
朝、チンから仕事メール来てそれを処理。
その後このホテルは朝飯無しなので、10:30の電車に乗る前に
前の日パエリアを食べた店の前の生ジュース屋で
キャロットーアップルミックスジュース(300ml)をいただく。5ユーロ。
d0057029_18502364.jpg


しぼって、かすは捨ててしまうタイプのジューサーだからいつお飲んでた
自家製のとは、かすがないぶん質量が違い飲みやすかったが腹にはたまらない。

電車に乗りあらかじめ決めていた指定席を捜したが、やはりこの列車も
5割くらいしか乗っていない。これなら指定は要らないかも。
路線によるんだろうけど、人気路線以外は勝手に座った方が
いい席が取れそうだ。
交通費定価93.4ユーロ。

ホントは乗り換えに1時間近くある駅で昼食を取る予定だったが
あの朝飯では我慢できなく、思わず食堂車に行ってしまい以下の通り。
ビール、付け合わせサラダ、スープ、付け合わせパン。
d0057029_185151.jpg

メインのディッシュ。鳥の胸肉とマッシュルームの白クーリム煮、バターライス。
d0057029_18515382.jpg


しめて18.5ユーロ(2500円!)。
どこの国でも食堂車は高い、チュー事で。

予定の乗り換え1時間待ち駅、Herzogenrath(これが読めない・・)で
駅を見ると、とんでもない田舎駅。
駅前なんて何にもない。飯屋なんて更にない。くー、よかった、食べといて。
しかしここで1時間も待ったあげく、次のヘーレン迄電車で12分。
そこで20分待ちヘーレンから最終地フォルケンブルグまで電車で11分。
都合23分の電車のために1時間半近く待ち時間があるなんてあほらしいと思い
地図を見たりバスの表を見て足りしてたら、女の人から
「日本の方ですか?」と聞かれ、(あー、やっぱりオレはモテるのかなぁ)などと
{妄想}しつつ、「はい、そうです」と答えた。
その女性は、35歳くらいだろうか。なかなかの美人さんだ。
「私、オランダ語がわからないんですけど・・、
どうもオランダ国鉄は今日ストらしいんですよ」
エエーー!内心チョー驚いた。
待てよ、新手のだまし屋か?とチョット警戒したけど
その美貌と、話の内容からどうも違うようだった。
「だからみんな、ここでおろされているんですね、
15:05にヘーレン行きのバスがあるらしいのでそれに乗られたらどうですか?」
と優しいお言葉に甘えて、バスに乗り込む。
d0057029_18575571.jpg


その美人さんは、右のはげのおっさんの前に座っている方。
名前も連絡先も聞かなかったけど
(ホントは聞いたけど教えてくれなかった、、、というのはウソ)
どうもありがと!

ヘーレンに着き駅員に確認するとやはりストとのこと。
フォルケンブルグにはどーやっていけばいいの?ときくものの
バスで行け、と冷たい対応。ヤッパ女性のほうがいいわ。
バスの案内を見てもフォルケンブルグの文字は見あたらずめんどくさくなって
タクシーに乗る。26ユーロ+チップ2ユーロ(3800円)。
レールパスの恩恵をこんなところで吐き出すとは。

この旅行でおそらく一番高い宿はこの宿で2連泊。
d0057029_18583893.jpg


ところが部屋は最悪。狭い。ベットは相変わらず小さいしバッグなどは
置き場もないほどに狭い。
ま、カジノが近くにあるからここにしたんだけど、
今晩は勝てるかな。とりあえず、負けないようにしよう。
あとでいってこよ。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-06-17 18:10 | 旅行
6/16 2日目 Part2
日本対メキシコ戦を見にスタジアムへ。
スタジアムの大きさは、ざっくり4万2,3千人か。
試合1時間半前についたから、ガラガラだった。
席に付く前にチンにおみやげのTシャツを買う。チト高いが
日ごろの感謝とここでしか買えないモンだから。
周りの日本人は、10枚単位で買っていた。しかも日本語で。。。
恐るべし金満日本人。

座った位置はこんな感じ。
d0057029_18414342.jpg

決してよい席とは言えないと思うが、ピッチも近く
試合にも入りやすい、いい位置だった。

昼を食べてないから小腹も減り、カレーソースのかかった
ソーセージ&パン+ビールをいただく。5.5ユーロ。(750円)
ソースは要らなかったな。ビールのお国柄らしく取っての付いた容器にビールがくる。
フランクフルトのスタジアムでも同じだった。
量は350Ml無いんじゃないのかなぁ。すくない。
ドイツはゴミ分別などもスゴク気を使っているらしく、
この容器にいくらかはわからなかったのだが、デポジットのようなものがあるんだろう、
皆お代わりはこの容器を持っていくし、子供が売場にこの容器を持ってきて売り子から
いくらか貰って小遣い稼ぎをしている子もいた。
試合の感想は又後で詳しく書く。
とりあえず1-2で逆転負けした。

試合終了後、とぼとぼ帰路に就くと途中トラムがなぜだか、立ち往生。
車内放送で客はブーブー。私ひとりポカーン。なにやらわからないが客を全部降ろす。
d0057029_18423280.jpg


だから後ろのトラムも大渋滞。
d0057029_18431294.jpg


旅はアクシデントが楽しいのだが、これも楽しかった。

宿の近くのデパートにある食堂みたいなところでパエリアとビールをたのむ。
パンまで付いてきた。炭水化物攻撃だな。
d0057029_1844232.jpg

から日本の居酒屋で出てくる日本酒並になみなみ(ギャグではない)とつがれた
白グラスワインも追加した。都合10.5ユーロ。
店員から「ユー?ヤパン?」と聞かれ「ヤー」。
残念だったねぇ、みたいなことを言われ慰められる。
こんな感じのよい店なのだが、肝心の食べ物は
量は多いのだが、旨くない。半分残した。(めずらしい・・。)
そこのTVでは、次の他会場の試合ギリシャ-ブラジルをやっていた。
次に日本と対戦する相手だ。見ないわけには行かない。

ギリシャは前年のヨーロッパチャンピオン。ブラジルは言わずとしれた王国。
ギリシャが耐えに耐えて、優勝したその実力でブラジル相手に
どこまで耐えられるのかを見てみたかった。
ギリシャの試合の入り方は、とてもよく「もしかしたら」と思わせるほどの
出来の良さだった。 と、ところがっ!
前半のアドリアーノの、人間離れしたシュートになぜブラジルは強いのか
と言うことを思い知らされ、チト恐ろしさすら感じた。
彼は来年のW杯でレギュラーになれるかどうかわからないギリギリの人材であるからだ。
右45度、ペナルティーエリアの外5Mくらいのところで
DFと1対1で右にフェイントを入れ左に持ち直し、マイナス(!)に戻りながら
DFを体半分かわし、左足を振り抜くと、右側のポストギリギリにボールは
すごい勢いで飛んでいきネットを突き刺した。
モー!チョー!びっくりした。あいつは人間ではない。間違いない。
2点目はカウンターからタテに早く抜け出し(誰かわからなかったが)
やはりDFを体半分抜けているところからペナルティーエリア内の
GKとDFの間に早いグラウンダーのボールを入れる。
一瞬シュートかと思ったがあまりに精度が無くて「何だ」と思ったところに
ちびロビーニョ(って、どこの選手だっけ)が間に合わないだろ、
チューところに走り込んで合わせて2点目。
キーパーグラウンダーのボールが来たところで、簡単に見送っていたもんな。
出し手もシューターも、すごすぎだ。ここでアピールしたいんだろな。
3点目は左50度くらいからジュウニーニョのFKがスゲー角度で落ちてだめ押し。
はぁー^。恐ろしい。コイツら。
ギリシャの試合の入り方の良さは書いたが、要は
試合の入り方なんて世界レベルでは、あんましカンけーねえ、ちゅーことやね。

さて日本の試合だが、日本というかジーコにもむかついた。
これでは、勝てない。アジアじゃ勝てるかもしれんが世界じゃムリだ。

確かに前半の「試合の入り方」は悪くなかった。
日本らしくポゼッションサッカーを行い、優位に進める。
1点目はカジがDFを振り切りタテに抜け、折り返したところに柳沢のワザ有りシュート。
1点先制!これだよ、いまの日本の形は!
ところが、この後がよくない。
相手は先制されたことをうけ、引いて守る。
日本はどうも支配率に頭が行き過ぎてか、悪いときの磐田みたいになる。
ボールは動かすが、横にしか動かないのだ。
ポゼッションサッカーを目指すなら、ベタに引かれた奴のこじ開け方がなければ
ポゼッションサッカーは成立しないでしょ。

カジの攻め上がりもこの後は単発なものに。当たり前か、相棒の
サントスは上がりっぱなしだからね。
柳沢がいいと言われる動き出しの早さは、よーくわかった。
確かに、動いて貰うまではいい。ただその後は、ナンモできない。
パスだめ、キープだめ、フェイントだめ、ドリブルだめ、シュートだめ。
こいつは貰うこと以外に、なにが出来るんよ。

サントスも相変わらずイカン。
タテへは確かに早いが、ドリブルだめ、守備はザル、キープできない、
最悪なのはクロスがヘボイ。おまえはプロか!っちゅーの。
今後強い相手とやるときに、このSHじゃ、どーにもならんよ。

俊輔も、スゲー体調悪そう。アップの時から全然動けない。
アップ時のシュートだけは、さすがにイカッタけど。
福西は、消えるときがあるんだよね。
見ると逆サイドに張ってるときとかがあるのよ。何してんだろ。
DFラインは最悪だね。特に茶野。2点目の時なんか、
相手のマークがズレズレでヘディングに飛びもしないで
(多分相手がどこにいるのかわからなかったんだろ)
気が付くと相手がヘディングしてた、みたいな。
サントスも競ってはいたけど、とりあえず飛んでみました、チュー感じですか。
茶野も久しぶりの代表での試合なんだろうけど、ひどすぎるね。
田中誠も、そう。1点目なんかスゲーシュートではあったけど、
フリーにすんな、チューの。
宮本も、経験は感じたけどあのフィジカルとスピードでホント、いいの?
と思うよ、マジで。

あとヒデちゃんね。運動量が全くないのよ。
大黒がはいって、ヒデトップ下で、カウンターで、
サントス駆け上がりーの、
2トップが相手DFを引きつけゴール前に押しよせーの、
サントスエンドラインからマイナスのボール入れーの、
バイタルエリアがら空きーの、
ヒデちゃんでドン!でしょ、って時にヒデちゃん、
サークル付近にいるからね、たらたら。
彼等のコンディション見てると、代表のフィジコは何してるんだろって思うよ。

コーチと言えば、GKコーチもヒドイね。
アップの練習でキーパーにまっすぐボールがけれないんだよね、。
ペナルティーライン付近からなのに。枠にも行かないのよ。
しかも立て続けに、はずすのよね。能活なんて見送ってるんだモン。
ありゃ、GKのモチベーションあがらんぞ。

んで、玉田。
確かに茶野を下げて玉田を入れて4バックにした瞬間、負けたと思ったよ。
3トップにしたかったんだろうけど、玉田のアホは、居場所なさそーにウロウロするだけ。
下手すりゃ、ボランチの位置で福西のじゃましてるし。
そんときゃ思わず「玉田!テメーそこで何が出来んだー!」と叫んじゃったよ。

おまけのこのチーム、ハートが無いね。戦うハートが。
行動力に出るハートが、ないんだよー!
あえて言えば稲本と大黒だけだったな。マジで。
そいえばこの二人は、ガンバ繋がりっちゅーかガンバユース上がりだな。

あと、よく言われる戦術がホント無いね。
何したいんだか、全然わかんないんだよね。
もう、行き当たりばったり、みたいな。
もし試合がよく見えたとすれば、柳のボールの引き出し方がよくって
攻めの可能性を感じたことと、カジの成長位じゃないの。

このチームをあと2試合見て回るのは、苦行とも言えるなぁ。

あ、茂庭いたよ。浮きまくってた。
誰も練習相手になってくれないんだよね、かわいそうに。ま、仕方ないと思うけど。

ハー、ホント、このチームは疲れるわ。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-06-16 18:39 | サッカー
6/16 2日目
朝にチンから仕事のメール有り。
もうその頃にはウトウト起きてはいたのだが。
それを処理後、朝飯。
毛唐の朝飯は(安宿のせいもあるが)
パンとハムトマトとキュウリの野菜とコーヒーのみの
あっさりしたもの。あじの干物とか出んかねぇ、って
出るわけねえだろ!
多分こんなんだろうと思って、前の日にカップ焼きそばを買っておいたのだ!
周りのお客お構いなしに「お湯くれ」と頼むと厭な顔もせず入れてくれた。
昔、といっても30年くらいも前だけど、カップラーメンなんて売っていなかったけど
今は世界中どこにでもあるから、ゲルマン人でも作り方をわかっている。
でも、さすがに焼きそばは知らなかったみたいで、お湯を入れただけで持ってきた。
おかげで、結構腹一杯になった。

10:58のハノーファー行きの電車に乗るべく駅へ。
d0057029_18303669.jpg



手前に写るクリーム色のベンツ、これはタクシーだ。
ドイツのタクシーの多くはベンツでこの色だ。
日本でこの色のベンツを見ると、おかしくなってしまう。

d0057029_18312066.jpg



時間ぴったりに入庫。さすがDB。
時間に正確なのは日本に負けないゲルマン魂だ。

今回の旅行の移動は全て、列車を予定している。
そのためユーロパス(ジャーマン&ベネルクスパス)の10日間、1等ものを買ってある。
合計US$498=390EUROだ。一日@39EUROだから結構よい。

あらかじめ指定を取っているので、自分の席へ。(指定料、3EURO。)
まずまずの座り心地だ。1等だから当たり前だけど。
もしこれを普通に買うと、105EUROだから
これだけで66EURO(9000円近く)浮いたことになる。

2時間18分で、ハノーファーに到着。
d0057029_18321982.jpg


ガイドブックには
18世紀にはイギリス国王も兼ねたハノーファー王家ゆかりの町とある。
んー、世界史を取っていたが思い出せない。
見てみたい博物館などもあるけど、今15:00で明日は朝10:31発だから
チョットむりぽ。
6/26にもくる予定なのでその時、時間があれば行くとしよう。
ホテルに着くまでの間に、不動産屋があり窓広告を見てみる。
ドイツ語がわからんから想像で書いてみる。
月800ユーロ賃貸。
d0057029_18331197.jpg


27700ユーロの一戸建て。
土地477㎡、建物132㎡、1959年築。
d0057029_1833429.jpg



どないなモンだろ。

ハノーファーのホテル。
Cityhotel am Thielenplatz(写真は拝借している)
ツインビルだ。と書くとなんかカッコイイが、ただのビジネスホテル。
d0057029_18342059.jpg

部屋はこんな感じ。ミニバーなんてないし
d0057029_18344467.jpg



昨日もそうだが、ベッドが狭い。ここは部屋はでかいのに。
これって、日本のシングルよりも狭くないか。
奴ら体でかいのに、これでいいのかよ。


さて今日のメキシコ戦だが、苦戦するだろ。
1-3で負けと言ったが、体の小さいメキシコが世界の強豪にいる訳なので
日本にとってもよい「勉強」になるんだろ。
ジーコ日本の力を測るにはもってこいの相手に違いない。
そういう意味でも興味が強い。

6/16ほぼ一日、EXCITEのブログが使えなくなっていて
私のブログも全然アップできない。

この時間ならもうつながるはずだけど、
この部屋は繋がらない。
どこぞのインターネットカフェにでも行ってみるか。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-06-16 15:00 | 旅行
6/15 1日目 Part 2
今試合から帰ってきた。
結局4-3でドイツだった。
ドイツはもっと守れるのかと予想していたのだが。

スタジアムへは市電で10分くらいと言われホテルを出たが
試合があるからか、渋滞して30分以上かかったかなぁ。
市電の停車駅名がわからないから料金も?なんで
隣のドイツユニ来たおじさんに、聞いていたら
その向こうから「タダだよ」と日本語が聞こえた。
「日本の方ですか?」と聞かれ「はい、そうです」とこたえると
その人、私の胸のFC東京のチケットホルダーを見てにやりとして
「私もです」と、ナントその人もFC東京のチケットホルダーを出しきた。
その日本人は小6くらいの子供と一緒にいたのだが
思わず握手を求めちゃったよ。
どうやら、この試合のチケットを持っているとタダらしい。
ドイツおじさんにチケット見せながら「タダなの?」ときくと
「何だ、チケットあるならタダだよ」といわれた。
その日本人は、「ここで飯食って後から行きます」と
そこで別れた。別れ際に子供かぺこりと、頭を下げって行った。

途中、オージーサポの電車に乗り合わせ、暑いわ、うるさいわで電車を乗り換えたことは
あまり関係ないと思うが。

Stadion駅で降りてスタジアムまでは徒歩約12,3分。
d0057029_1824085.jpg



ところがこれが未舗装な上に、細かい砂なので誇りがすごい。

スタジアムはこんな感じ。
d0057029_18251277.jpg


座った位置はここ。
d0057029_1826470.jpg



サッカー専用スタジアムなので見やすいが、
ゴール裏のネットが屋根の高さまであり、チョット残念。

試合が始まって、どうも違和感がある。
いつも見ているJリーグとは、全然違う。
会場の雰囲気や選手のデカさもそうだが、試合の進め方やボールの扱いがまるで違う。
今、ホテルでTVの再放送を見ていると感じないのだが、
Jリーグのほうがよっぽどオフザボールの動きが多い。
しかし、Jではそこにボールが出るか?と言うとそうではない。
出ないのだ。つまり、無駄な動きなのか?
それとも、出してが見ていないのか?見ていても出せないのか?
どうなんだろ?
だから、無駄が少ない動きを選手がするからある意味、ゆっくり見られる。
そう考えると、まだまだJは伸びる余地が大きいと感じざるを得ない。
観客も、サッカーをよく知っている人は
少なくともオレの周りにはあまりいると感じられなかった。
もっとも、ドイツ語はよくわからないのだけども。
ただ、観戦のポイントが(声が出る場面)素人っぽいからなんだけれども。
各国、代表の試合はこんなものなのかもしれないのかなぁ。

立ち上がりから20分ぐらいでオーストラリアは2点取られはしたものの
結構いいチームに見えた。
このチームが来年からアジア枠にくることは、結構脅威だろう。
ドイツがだらしなかったこともあるが、サイドを丁寧に崩す
意識が統一しているのと(しかし中で合わせる人間が少ないんだけど…)、
何たって体格がでかい。

どちらも4-4-2で、きていた。
やはり今のはやりなんだろ。日本は立ち向かえるかなぁ。
んー、チト考えて見よ。

ユースは、予想通り1-1だったみたいだね。
この引き分けは先制された後、追いついた展開らしいが
かなり痛いと、後で思うはずだ。
でも今度見に行く試合かなり盛り上がる(オレ的に)から
それはそれで楽しみが増えたんだけどもね。
オランダに負けた試合を見ると、まえに準優勝したときの
小野や稲本、みっちゃん達のチームと比べると自力が無いような気がした。
決めきれないのだ。欲しいところで。
でもあのときも初戦は負けたはずだし、今回追いついたと言うことは
試合を見ていないが、成長しているのかなぁ。
今度の試合は生で見られるから、楽しみだ。

シャワー浴びてねるか。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-06-15 18:30 | サッカー
6/15 1日目
6/15
フランクフルト到着。
結局、機内ではウトウトするだけできっちりは眠れなかった。

でも6時についたとこで、ホテルは受け入れてくれないと思うし
市内は何もやってないだろ。と言うことで
空港で、朝食。

d0057029_18175262.jpg


ザワクラウト、ビッグソーセージ、ポテトと大きいコーヒー。
しめて11.5ユーロ。高い。これだからヨーロッパは・・。

何とか、コーヒーをお代わりしたりして、9時過ぎまでそこで時間をつぶす。
結構喫煙率は高い。
おもむろに立とうとすると、鼻血が…。まったく。

10時半、HOTEL PARISに到着。
d0057029_1819929.jpg


部屋は空いているけど大きいベッド(ダブル)は、埋まっているとのこと。
44号室に通される。

d0057029_18193510.jpg



なんと4は4階でなく5階。しかもエレベーター無し。荷物は誰も持ってくれない。
く、苦しい…。今回の旅で最安値のホテルを、頭に持ってきたのは、まずかったな。
目の前の中華専門コンビニで。ビールとカップラーメンを買う。2.55ユーロ。
フロントでお湯を貰って部屋に帰り、昼から4時間ねた。

今現地、PM5:20.
今日は、コンフェデレーションカップ開幕戦、
地元ドイツvsオーストラリアの対戦だ。
この時間、ユースでは日本対ベナンをやっている。
非国民のようだが、やっぱりフル代表の試合を見たい。

試合予想
日本対ベナンは1-1で引き分け。
で、地元のオランダがオーストラリアに勝ち、早々と勝ち抜けるだろう。
次のオレが見に行くオーストラリア戦で日本はまさかの負け、とかになるのでは。
オーストラリア対ベナンを見るとこの組で一番力が劣るのがベナンのような気がする。
個人力はすごいのだが、アフリカのチームらしく組織力がかなり劣る。
だから日本は、今日のベナン戦にしっかり勝たないと得点差をつけて勝たないと
若手オーストラリアはこのカテゴリーにおいて、かなり手強いと見た。

今日の見に行くドイツ対オーストラリアは順当にドイツが勝つだろ。
何点取って勝つかだな。4-0か。

明日の日本対メキシコ戦だが1-3で負けじゃないか。
この試合、世界のレベルの高さを見せつけられることになる気がする。
中沢が抜けて、宮本、田中、茶野の3バックでは世界で勝てないと思う。
あとは、カジ君が東京でやっている4バックになれているから下がって
守備に追われるだろ。何たって逆サイドはあの三都須(なんか字がおかしい?)だし。

てなことで、明日の列車の予約をして試合を見に行くかな。
今チンからメールが来て国歌斉唱を聞いたとのこと。
チャンネルを回すが、お子様のしかも他国の試合がやってるわけも、なし。
仕方ないね。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-06-15 18:22 | 旅行
帰国で
朝もはよから、AM4:00に起きて、
AM5:00にホテルからシャトルバンで空港へ。
人も少なくすぐにチェックイン完了。
早すぎるのでサンドイッチとコーヒーの朝食+現地新聞。
どうもオーストラリア人の女の子が、バリ島で
麻薬所持で起訴され有罪になりそう。
この報道はこちらでかなり激しくTVでもやっていて、
姉とお母さんの法廷での派手なパフォーマンス(に見えるのだが)
にかなりマスコミがたかっている様子。
(日本でもやってるのかな?)

ほぼ定刻通りに出たが、機内ですぐに機長から、
向かい風が激しく、3,40分は遅れてしまいそうだとの
アナウンスが流れる。
オイオイ、オレっちはさ、15:15に香港について
16:05に成田行きにトランジットだぜ。
そんなに遅れたら間に合わないじゃん。

隣に座ったカナダ人の口臭でかなり参った。
あまりにひどくて、コッチが乗り物酔いのように
なってしまう始末。
降りる間際に話をしてみると彼は
昨晩シドニーを出て、オークランドの空港で一泊し
この飛行機に乗った後、すぐにバンクーバー行きに乗り換え
3時間待った後、カルガリー行きに乗り換え
さらに1時間ばかりかかる地元行きの飛行機に乗るらしい。
(町の名前は、忘れた)
何してる人?と聞いてみたのだがよく聞き取れず
「あ?何だって?」と聞き返すがやっぱりわからんから
そのままにしといた。

香港には16:05に到着。あわよくば、との期待もむなしく
しっかり香港でSTAYとなる。
確かに数人のために飛行機を遅らせたりできんだろうし
成田空港そのもの自体でもほとんど最終便だから
チョット遅れると、地元の時間協定に引っかかる
可能性があるから、仕方ないんだろ。
コッチもお疲れ気味だから有る意味助かったけど。
前はこれ位じゃ疲れなかたんだけどなぁ。
歳か?例の胸痛の影響か?
でも飛行機降りて2時間くらい経つと、結構
落ち着くんだけどね。
チンさんにはメールで「1日長くなって、楽しそうじゃん!」と
冷やかされる。(はずれてないかも)

空港横というか敷地内のホテルでこれ書いているんだけど
やっぱ香港はいいわ!
TVでこの間のUAE戦はフルでやってるし(広東語だけど)
NHKももろに、衛星から頂き!だし。
これなら、著作権の問題もなく、いろんなものが
見られるんじゃないか?このホテル。

というわけで、キャセイ持ちでこの後
ディナー(といってもやっぱ、Buffetらしいが)と
朝食を頂いて9:10の飛行機で明日帰ります。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-05-29 20:31 | 旅行
ギャンブル二日目
さて、結局すぐにギャンブル場へ。
週末でやはり人が多くテーブルを探すのがなかなか大変。
ま、換金した分はきっちり負けて終戦。
負けた試合を書くのは疲れるので、ここまで。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-05-29 20:08 | ギャンブル
オークランド 2日目
朝といっても、現地AM9:00頃目が覚めて、2度寝をし
12時頃再度起きてしばしだらだらするものの
やはり胸が痛い。(恋をしたわけではない、w)

シャワーを浴びてよく考えてみると
昨日外出していたときは痛くなかったことを思い出し
体を少しでも動かしたほうが良いのかと思い、
PM2:00頃食事に出る。

そして、1Fの飲茶に行ってみるがPM2:30までといわれやめて
昨日行き損ねたBuffetに行ってみるとやはり
pm2:30までという。ここは田舎なんだなぁと思うが
Buffetで1時間以上いないだろと思い、入ってみる。
やはり携帯で写真を撮ってみる。
美味しいわけはない。

Buffetって、一つの皿に全てを載せるから
旨くないんだよなぁ、と考えてみたりする。19.5$。

コーヒーを飲み終えて、ここビジネスセンターに移り
メールチェックしたり、サッカー日本代表が負けたりした記事を
一通り眺めて、ブログを更新した。

明日は朝7:30の飛行機だから
5:00過ぎには出ないといけないなぁ。
日本時間なら夜中の2時かぁ。

一寝入りして勝負で夜を明かすか
勝負してから寝てみるか、どっちにしようかなぁ・・・。
どっちにしろ、ああ、なんて楽しいバカンスだ。

ありがとね、チンさん。
今度は一緒に行こうね。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-05-28 13:28 | 旅行
さて、ギャンブルナイトNO1
日本から持っていったお金の半分を
クロスカーレンシー(現地のお金に換え、
帰るときには、また日本円で受け取るシステム。
ただしレートは悪いが勝てば為替損はない))してもらい
さらに体も今ひとつ(といっても痛みはなかったが)なので
その又半分だけを限度に勝負した。

とその前に、と。
各ギャンブル場の多くは、ポイントカードを作っている所が
多く、ポイントでドリンク、食事、宿泊はたまた
日本からの航空券をただでもらえたりするシステムが多い。
このシステムは、コンプといい(complimentaryの略)
とても俺みたいな人間には楽しいシステム。
このカードはテーブルに着いたとき
ディーラーに渡しポイントをつけてもらう必要がある。
スロットマシーンでももちろんポイントが付く。
アメリカでなら一勝負25$を7,8時間もやれば
1泊ただになるはず。
このコンプを受けるには、クラブカードの作成が必要なわけだ。
ここにあるのかスタッフに聞いてみると、有るとのこと。
早速カードを作り勝負に挑んだ。

場所を選ぶため場内を一周すると、結構広い。
3Fと4Fをそれぞれ、占領していて
週末のせいか、結構人も多い。
ここ、ニュージーランドはどうも去年の11月から、
禁煙法なる法律が出来たようで、公衆での喫煙が出来なくなり
当然プレイしながらの喫煙も、出来なくなっている。
その代わり喫煙者にはSmoking Balconyが各階に
設けられていて景色を楽しみながら外で吸えるようになっている。
(これで売り上げ落ちるんじゃないかと、勝手に気をもむ)

どこでもそうだがレートの低いテーブルは、人が多い。
タネ銭も薄いので、普通のバカラテーブルで勝負してみる。
いつものように、負けだしいいところ無く、半分になったところで
テーブルを離れる。
バーカウンターで、ビールを飲みたい気持ちを抑え
ミネラルウォーターにする。2.5$

その後、ブラックジャックで勝負するが一進一退で
なかなか増えない。
ストラテジーもあまり覚えていなし
ましてやカードカウンターでもなく、あまりやらないBJでは
勝負所でびびって、カードが引けず、引いてはいけないところで
気張って引いてみたりする。(あほです)
なわけで、勝てるはずもなく粘ったものの、お仕舞い。
でも、そんなにレベルが高いようには感じなかった。
(と、負け惜しみをいってみたりする)

きずくと、AM2:00だ。
日本時間では11:00だから部屋に帰って
寝ることにした。
AM3:00就寝。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-05-28 13:04 | ギャンブル
オ-クランドの出来事
昨日、ブログ更新後飯食うつもりが
急遽シャワー浴びて、ビール飲んで寝ることにした。
こちらの時間でPM4:00ゴロから。
ところがシャワーを出てビールを飲み始めてから
急に、みぞおち当たりが痛くなり始めた。
ま、寝てなおそ。と思い横になるものの
痛くてなかなか眠れない。
痛さの感じがどうも、胆石と同じような
ギリギリいうような痛さだ。
ん、これは何かの石か?でも胆嚢は、もう
とちゃってないし。胆管に石が出来たかな?
と思いつつ、寝られないほどいたきゃ
石に間違いないな、等とつまらん事を
考えてみたりしたものの
何とか2時間ぐらい寝ることが出来た。

起きてみるとそれは、みぞおちが痛いのではなく
胸(心臓側)が痛いことに気づく。
よく思い出してみると、昔喫煙していた頃に
たまに出た症状に似ている。
そのまま横になったまま、TV等を見るものの
腹が減ってきたので、飯でも食いに行くことにした。

PM9:00頃部屋を出て、2FのBUFFETにいってみるが
9:00で終わりと言われ、ホテル前にある
旺角という名の(香港にある町の名前)の中華料理屋で
ラーメンチャーハンを食す。
決してうまくない。(写真を携帯で撮ったのだが
USBコードを忘れてしまった)計16$。

なにやら体を少し動かしていると
痛みを感じなくなっている。

一勝負すっか!とおもい、ホテル内にあるカジノへ向かった。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-05-28 12:41 | 旅行
いよいよオークランドへ Part3
で、欲していたスープだが、
Soup of the Dayが今日はコーンスープらしい。
ホントはコンソメ味のが良かったのだが、まあいっか、と頼む。
来てみて、その大きさにびっくりした!
子供の頭ぐらいのボウルにナミナミと入っているではないか。
でも、うれしい。
d0057029_11572126.jpg




次に、スパゲッティだが、ペンネなどもあったが
どうもツルツルと行きたい。
チキンとトマトのBAKEDスパゲッティを頼んでみる。
でてきたのが下のようなもの。
d0057029_1202693.jpg




どう見てもスパゲッティじゃない。
平打ち麺で、どうしたってしょうゆ焼きそばだよ。
調子がもう一つなので、少し残してしまう。

で、空港で借りたドコモの携帯を試す。
なんと通じるではないか。
チンさん(中国人でない、私の奥さん)に電話してみると
どうやら表示が私の携帯番号らしく
「あれ?行かなかったの?」となどと言っている。
ウシシ、わかっていない。

で、メールは、と言うと、これも使える。
香港はパケット通信が出来るので、チンさんと
携帯のメール交換もしたりして
なんと、IMODEがそっくりそのまま使えるのだ。
ここでしばし、世の中の進歩に素直に驚く&感心。

「オークランド話はどーなった」と聞こえてきそうだが、
ご安心を。こっからが、本番です。
CX107 オークランド行きも定刻通り出発。
ほぼ予定通り、到着。10時間ぐらい乗る。
ほとんどヨーロッパに行く距離と変わらない。

ここで、気持ちよく通関を、と思ったのだが、
ニュージーランドの印象をぐっと悪くすることに出くわす。
通関のところで、1割ぐらいの人が
別室に連れて行かれるのだ。
行き先の表示は「申告のある人」と書かれている。
にもかかわらず、係官が「あっちに行け」と言うではないか。
「何も申告するもんはナンモ持っていませんゼ、ダンナ」と
言ってみるものの、その方向に、彼は指を指すばかり。
くっ!まあ、仕方ない。素直に従う。
行ってみると大広間みたいなところにステンレスみたいな
大きな台が、10台くらい有って先にいる人たちが
「尋問」にあっている。
いやホント、ありゃ尋問だよまさしく。
しかもそれぞれの台の間にパーテーションのようなものは
まるっきり無く、お隣さんは、まるみえなのだ。
そしてその台に、全ての荷物が
ぶちまけられているではないか。
係官は全て男性。
まるでナチスの収容所に入るかのような雰囲気になっている。
男も女もない。国籍も人種も全く関係ない。
「日本人だから」といった香港やハワイで通用しそうな
甘い感じはサラサラない。
しっかりおいらの荷物も、ぶちまけられて
その質問も恐ろしいことを聞いてくる。
「何日いるんだ」と係官。おいらは「二日間だよ」
「ここまで家から何時間かかった?」「20時間くらいかな。」
「直行便だと何時間くらいだ?」「10時間くらいじゃない」
「じゃぁ、何で香港経由なの?」「だって安いんだもん」
「じゃあなにか?二日間滞在のために、
10時間で来られるところをわざわざ香港経由で
20時間もかけてきたというのか?」「そうだ」
「信じられない!香港で何していた?」「とらんじっとだよ」
「何しにここに来たんだ」「観光だよ。」
「何を見に来たんだ」「考えてないね」
あほかおまえは、と言う目でまじまじと
俺のことみやがるんだよ、そいつ。
ほっといてくれっ、つーの。

さらに、しっかり荷物をぶちまけたバックに
なにやら白いコースターのようなものを擦りつけて
「ドラッグやってねーか?」「やってるわけないじゃん!」
「ホントか?」「嘘じゃないってば、さ」
ここでフリスクを食べようとしたら
「ここでは食うな」というし。
さっきのコースターをバッグや財布など
至る所にこすりつけた彼は、奥に行って
なんかの機械のかけて検査してたっけ。

周りを見渡すと7,8人の人が同じ事をされていて、
かわいそうなのは、係官は全て男性なのに
女の子の通関者まで荷物を全部出されているだけでなく
下着のようなものまで、いじりまくってるんだ。
厭らしいさわり方じゃなかったけど、チョット問題有るね。


で、今はホテルについてビジネスセンターから書いている。
機構は日本よりチョットだけ寒い感じ。
ホテルのインターネット環境は事前に調べてみると
ワイヤレスLANと言われたがLANカードでも
貸してくれるのかと思いきやどうも持ち込みらしい。
仕方ないからコードをつないでもらった。

ニュージーランドの印象は
なんだかホテルスタッフのいい感じなんだけど、
さっきの係官のイメージが抜けない。

ま、いろんな奴いるし。
本番を前にチョット腹減ったし、飯でも食いに行くかな。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-05-27 12:39 | 旅行
いよいよオークランドへ Part2
気分もすっきりしたところで、何か食おう。
豚骨ラーメン屋などもあるのだが、スパゲッティとスープが食べたくなって
でかい空港内をうろつく。香港の空港は新しいから
とても感じが良く大好きな空港だが、しかしでかい。
d0057029_11483676.jpg




ようやくそれらしき店に到着。(WILD FIRE!という名の店)
まず飲み物だが、とてもアルコールというわけには行かないので
まずはジュースだ。
d0057029_1149511.jpg



これがレモネードやチェリーなどのミックスジュースでまあ、普通にうまい。
果実を吸えるように、異様にストローが太かった。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-05-27 11:52 | 旅行
いよいよオークランドへ
今日、というより昨日6時起床で、成田へ。
CX501 香港へ 14:45着。
乗り継ぎまで5時間有る。
機内でなぜか今まで飲まないようにしていたアルコール(ワイン)を
立て続けに3杯飲んだ。しまった!
なぜかその時だけ機内で飲まない理由を忘れていたのだ。
なぜか機内で飲むと、たった2時間で二日酔いと同じ症状なる。なんでだろ?
うー、頭いたい。
あわてて、空港の「Shower&REST」に向かう。
外観はこんな感じ。
d0057029_1127335.jpg



仮眠が2時間で165HK$(高い!)、シャワーが50HK$、両方パックで200HK$。
まー5時間もあるし、頭も痛いからパックで申し込み、
部屋(?)に行くと簡単なパーテーションで仕切られているだけの
簡易ベットがおいてあった。
格子がパーテーションがわりで布がかかっているのだが
隙間がたくさんあって、隣も見えるし、廊下との境もレースのカーテンだから
透けて見える。全部で8室有るが、日本の女の子じゃなくても
プライバシーはほとんどないから、チョットツライかも。
d0057029_11335423.jpg
バファリンを2錠飲み(空港で買っておいたのだ)、寝たいのだがなかなか寝付けない。
ウトウトし始めると、2時間が経ってしまった。
頭が痛いのはチョット良くなったが、シャワーを浴びたら少しは良くなった。
シャワー室にはいると、作りはなかなか豪華で、
日本で言うコインシャワーのような間取りになっている。
ここはプライバシーがあるせいか、外人の女の子も数人いた。
ドライヤーなどもあり、これはなかなか快適だった。
おかげで頭の痛いのもかなりすっきり出来た。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-05-27 11:38 | 旅行
今日はコンペだった。
今日は某ハウスメーカーの、ゴルフコンペだった。
全部で6組くらいで小さいから、聞いてみると
2営業所合同での接待コンペらしい。

空は晴れ渡り、熱くも寒くもなく最高のコンディションだった。

前半44,後半48と、普通のスコア(って先週と同じだ)だったのに
新ペリアだったせいか2位!!商品はユーティリティーだ。
そのほか、ドラコン2つ、当日賞流れ(24人しかいないのに25日だったから)
それに、ベスグロまで頂いた。(レベルを推して知るべし)
さらに、何の賞か忘れたが、ゴルフ場の優待券も頂いたなぁ。

頂きすぎなので、このコンペに誘っていただいた
T氏(彼はちなみにボロボロ22位、商品クツシタ)に
ドラコンの商品一つと、優待券を差し上げました。
だって、視線が気になるんだモン。
帰りは、明日の成田エキスプレスの切符を買い、
車内ではレモンサワーをグビグビして
気持ちよく帰ってきました。

さて体調は風邪気味といやなかんじだが
明日からは、5ヶ月ぶりの海外。
しかも強行軍。
どうなることやら。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-05-25 21:06 | ゴルフ
あさってからオークランド(ニュージーランド)
40才、♂です。
旅行、サッカー、ギャンブルが条件で
おととい年貢を納めました。

早速あさってからオークランドです。
2泊4日の強行軍で、マイレージ修行僧も兼ねて行って参ります。

このブログは、海外での近況報告も兼ねて連載します。

では、お楽しみに!
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2005-05-24 13:24 | はじめに