文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ACL 北京戦 ホーム
d0057029_19101980.jpg

味スタも、今日は東京スタジアム、
になるから、カーテンで看板隠しです。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2012-04-17 19:10 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2012鹿島戦 ホーム
d0057029_135211.jpg

2012鹿島戦 ホーム

始まります!
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2012-04-14 13:05 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2012年4月 北京 ACL 1日目
4月4日にACLアウエイ第2戦、北京戦が行われるので
やっぱり付いていくことにした。

クラブお勧めののツアーだと少し高いので、
自分手配の羽田発のエアー・ホテル送迎付きのをチョイス。
今回は、アンチャンと一緒なので、楽しい旅行になりそうだ。

北京に行くのは、2度目。
最初は北京オリンピックの時。
このときもアンチャンと一緒だった。

今回はANAまたはJALだったのだが、ANAになった。

朝、空港でアンチャンと待ち合わせ、
アンチャンが先にチェックインを済ませてくれていて、
非常口席ゲット!!さすがアンチャン!!

チェックイン後、FC東京の選手一行も羽田から出発で、
(彼らはJALだった)

アンチャンはルーカスを捕まえて、
「得点期待してます!」と、軽くプレッシャーをかけていた、w。
グッジョッブ!!ww

中に入り、先日のエジプト・トルコ旅行で余ったトルコリラを
円に両替する、アンチャン。
d0057029_23144082.jpg


この日の東京は、相当な強風が吹いており、
午後便は、欠航が相次いだらしい。
しかし我々は午前便だったので、何とか飛び立つことが出来た。

非常口席。
d0057029_23162086.jpg


やっぱり快適であるが、隣は知らないおっさん。
後方を観ると、ガラガラ。搭乗率50%以下。
なので、3人席を独り占めすることにした。
d0057029_23165032.jpg


この日の機材は、767-300。
足下は狭いが、4時間フライトで、3人席を一人でなら無問題。
d0057029_2317084.jpg


パーソナルTVが付いている。
d0057029_2317119.jpg


どの番組に回しても常に頭から始まるから、見逃すことないが、
一旦停止してトイレ、とか出来ないのがチョット不便な
なんちゃってオンデマンドタイプだった、w。

しばらくして機内食。
カツレツをチョイス。
d0057029_23172477.jpg


なかなか喰えるわ。

なんかデルタから比べて、サービスが良いことが多く、
(ま、これが普通だと思うんだけど))
リハビリしている気分、w。

特に、ANAの自営業向きとも思える
「こってりサービス」が、たまらんわ、w。
詳しくは後日。

しばらくするとアンチャンも3人席に移動してきた。
d0057029_2317365.jpg


普通に北京到着。こんな綺麗だったけ?
喜びのアンチャン。
d0057029_23174746.jpg


通関前では先に到着していたFC東京の選手達と再び遭遇。
通関中の、ルーカス、w。
d0057029_23175877.jpg


で、
選手達とはお別れして、一路ホテルへ。

王府井にある、天倫王朝酒店。
中庭ド~~ン!!
d0057029_23181321.jpg

屋根があるから、雨風、関係なし。

室内は広くない。
d0057029_23182745.jpg


くつろぎ中のアンチャン。
d0057029_2318345.jpg


バスタブ有り、ブラインド開ければ
部屋からのぞけます、w。
d0057029_23184678.jpg


シャワー。
d0057029_2319929.jpg


クローゼット。
d0057029_23191834.jpg


窓の外の景色はこんなん。王府井に面した側でした。
d0057029_23192989.jpg


ここで、冷蔵庫が開かず、サービスを呼ぶことに。
すると鍵は開けたが、ビールやジュースなど、
中身を全部持ち出し始めた。

聞けば、「デポジットが入ってないから、全部出す」と。

チェックインの時、旅行会社が全部やったので、
デポを取られなかったのだが、こんな仕打ちとは。

デポがいくらか聞くと約600元。(8000日本円。)
我々の手持ちが3千元くらいしかないので、
資金不足するといやだから、そのまま持って行かせた。
しかしこのデポ無しが、あとで酷い目に遭うのだが、w。

で、
王府井に散歩に出る。
d0057029_23194397.jpg


王府井の脇に屋台街がある。
d0057029_2319583.jpg


串揚げや
d0057029_23202194.jpg

d0057029_23202943.jpg


ウナギ・餃子や
d0057029_23245313.jpg

d0057029_2325126.jpg


たこ焼きや、とかもある。
d0057029_23204845.jpg


トッポギ
d0057029_23211447.jpg


どの商品も5~25元(1元=13円くらい)だ。
結構賑わっている。
d0057029_2321426.jpg






でもまぁ、衝撃的なのは、こちら。
d0057029_23212921.jpg

d0057029_23213874.jpg

d0057029_23214519.jpg



確かに看板に有る通り、ヒトデ、とかもあった。
d0057029_23215245.jpg


残念ながら今回は、「ヒトデが多く」見送ることにした、w。



その後周辺の百貨店などをうろうろと。
ビールや水、ビーフジャーキー、アイスなどを仕込む。

夕方に早い時間ではあったけど、夕食にすることにした。
北京ダックの有名店「全聚徳」王府井店。
d0057029_2322193.jpg


前回のオリンピックの時は、支店に行ってみたが
本店にトライしたかったので、行ってみることに。

おそらく6階建てくらいのビルなのだが、
団体客はいないように思うのだが
ものすごい勢いで、沢山のお客が、どんどん入っていく様に、
アンチャンとは驚きで観ていた。

3階に通された。
d0057029_23221250.jpg


ラッキーにも、脇の個室のような所に通された。
d0057029_23222387.jpg


明日の試合の勝利を祈って、まずはビール。
d0057029_23223328.jpg


春巻き。中身がほとんどは行っておらず、ただの皮揚げだった、w。
d0057029_23224585.jpg


レバー炒め。まずまず。
d0057029_23225622.jpg


いよいよ、北京ダックが来る。
d0057029_2323855.jpg


2人なので半羽で頼む(120元)が、
きちんと目の前で切り分けてくれる。
d0057029_23231637.jpg


味は普通。
d0057029_23232423.jpg

d0057029_23233284.jpg


どうもここは、観光地化してしまっている気がするので、
話のネタに1回は良いと思うが、次回は別のに挑戦したい。

外に出ると暗くなっていた。
ぶらぶら歩きつつ、成人保健を冷やかしつつ、w
中国産ワインなどを仕込み、部屋に戻る。
d0057029_23241811.jpg


ワインも同じものがメイン通りでは、140元が
脇にはいると、110元になり、その斜め前の
雑貨屋では90元。
値段交渉して、80元で手に入れる、w。

ホテルの外観。
d0057029_23234230.jpg


ホテルのカフェで、抜栓してもらう。
d0057029_2324459.jpg


実は中国産のワインは初体験。
今、生産も消費量も中国は、ウナギ上りらしい。
d0057029_23243087.jpg

d0057029_23244153.jpg


見ての通り品種も何も解らずじまいだが、
決して飲めない代物ではなかった。

で、就寝。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2012-04-11 23:50 | 旅行 | Trackback | Comments(5)
2012年3月 ゴールドコースト ライフ編
ホテル近くには沢山、
オープンデッキのレストランがある。

まずは、ステーキでしょ、w。
その一軒。店内。
d0057029_1742786.jpg


パンプキンスープ、でかい。
d0057029_17422760.jpg


で、
ステーキ。
d0057029_1742434.jpg


もちろんレア、w。
d0057029_17425588.jpg


ワイン3杯で、しめて$60。
GCのレストラン、ボチボチ良い値段だと思うんだけど。


周辺に散歩する場所は多い。
まず、海岸。
d0057029_17431851.jpg

d0057029_17433060.jpg


今回はトップレスには、あえなかった、w。

公園も多い。
d0057029_17435070.jpg


ショッピングセンターなども充実している。
で、
キッチンもあるので、いろいろ買ってみる。
セルフ精算機で。コインが使えるから。
もちろんカードも使える。
d0057029_17441379.jpg


今回買ったもの。
d0057029_174436100.jpg


・5袋入りインスタントスープ
・インスタントラーメン 2袋
・コールスロー 500g
・ハーブ&ガーリックチーズ
・マヨネーズ
・洗剤
・ローストビーフ 250g
・自家製ソーセージ 250g
・3種類味のレバーパテ

しめて、$28。
惣菜もぼちぼちあるから、レストランがお財布に重い人に、良いかも。

で、
こんな感じで。
d0057029_17445414.jpg

d0057029_1745559.jpg


ワインは昨日のシロメワイナリーで仕込んだカベルネ。
d0057029_17451950.jpg

これもいいかも。

で、
次の日も惣菜ってのも味気ないから、近くのレストランに繰り出す。
d0057029_1746186.jpg


オープンデッキで気持ちいい。
まずは、スパークリング。大盛り、w。
かなり、うれしい、ww。
d0057029_17461673.jpg


カズの本など読んで、料理を待つ。
d0057029_17462969.jpg


まず、カキ。3種。
d0057029_17464236.jpg


で、
スパークリング2杯飲んだので、
ソービニオンブランにスィッチ。
d0057029_174772.jpg


たこの炒め物ウィズサラダ。
d0057029_17471866.jpg


で、
メインの肉に逝こうかと思ったけど、白も
2杯お代わりしていい感じになり、撤収した、w。


次の日、ジュピターズに行くモノレールに乗ってみる。$2。
d0057029_17473251.jpg


6年前にホストにもらった、回数券が財布に残っていたから、
入れてみるが、使えるわけも無し、w。

歩いても知れているので
乗っている時間など、5分ほど。
おもしろいのは、ショッピングセンターの中を走る。
d0057029_17474756.jpg


一応有人。車掌もかねる。
d0057029_17481443.jpg


ジュピターズのカフェでランチ。
まずコーヒー。
d0057029_17482519.jpg


スープ。
d0057029_17483941.jpg


ハンバーガー。
d0057029_17485162.jpg


帰りに鉄板焼きの店に。
調理は若い日本人。ワーホリの子。
d0057029_1749719.jpg


軽く飲んで。
d0057029_17493932.jpg


つまんで。
d0057029_17495310.jpg


帰りに酒屋で。
BWS(Beer Wine Spirits)という、
まんまなネーミングのチェーン店。
d0057029_1750613.jpg


やっぱり、スパークリングを。
d0057029_17501459.jpg


部屋のみで。
d0057029_1750242.jpg


映画とか観て、リラックスタイム~~。



ゴールドコーストは、サーファーズパラダイスの方が
繁華街として確立されているが、ジュピターズに近いことから、
ここブロードビーチに1週間いた。

季候も良く、治安も良い。海も有ればカジノもある。
英語もオーケーだし、ワインも上手い。
ハワイの方が洗練されているように思うけど、
ここにはカジノがある。

物価はそう安く感じないのは、東南アジアに行き過ぎか?w

今回はLIFE編でした。まとまりねぇなぁ~~、w。


次回の記事、チャンスが有ればGCポーカー話かな。
負け話だから、ほとんど忘れてるけど、w。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2012-03-26 18:04 | 旅行 | Trackback | Comments(8)
2012年3月 オーストラリア シロメワイナリー編
FC東京の試合後、週末のポーカートーナメントまで、
結構時間があったので、ゴールドコーストライフを楽しんでみた。

まず、シロメワイナリー(SIRROMET)に行ってみる。
日本にもおなじみのこのワイン。
名前の由来はTEモリスさんが始めたそうな。
で、ネーミングはその文字を逆読みにして、
フレンチっぽい発音が気に入って、SIRROMETにしたらしい。

朝、迎えに来てもらうのだが、観光各所に向かう乗り合いバス。
d0057029_19573446.jpg


途中ウォーターワールドなど数カ所によって、
最後チョット遠いからか、私だけになった。
d0057029_19575087.jpg



ワイナリーの入り口。
d0057029_19595218.jpg


綺麗な建物だ。
d0057029_202360.jpg


早速テイスティング。
d0057029_2012968.jpg


8種類を$5。
d0057029_2014892.jpg


樽売りもしているようだ。
d0057029_2011218.jpg


1樽=$175
2~5樽=$150
グラスワインなどを沢山を売れるレストランなんかは、良いのでは。

中国語の看板が目立つところにある。
d0057029_19581168.jpg


やはりここも最大の輸出先は中国で、
量も売り上げも、ものすごく良いらしい。

パリで金賞取ったらしい一番高いワインを見せてくれた。
$300。
d0057029_19592652.jpg


やっぱりもこれを買うのは、ほとんど中国人らしい。
しかもお土産でまとめ買いするらしい、w。

一通りテスティング後は、ワイナリー内見学。$40。
d0057029_2021533.jpg


タンクなど工場も見せてくれる。
d0057029_2022753.jpg

d0057029_2024264.jpg


そして倉庫にも入れてくれて、ここでまた8種類ほど
テイスティングさせてくれる。
d0057029_2025510.jpg


大きな倉庫には、ラベリングする前の出荷待ちのワインなどもある。
d0057029_20371.jpg


ここシロメでは、40種類作っているらしく、日本には9種類のワインが
輸出されているらしい。

テイスティングしてみると、なるほど日本人の口に合いそうなものが
セレクトされているな、と思った。
当たり前か、w。

時間もお昼過ぎて、軽くランチを。
d0057029_2002446.jpg


相方はスパークリングで。
d0057029_2004794.jpg


この日は水曜日で、ワイナリー主催のツアーに参加。($50)
往復の交通費と8種類テイスティングが含まれている。

でも、ワインって値段はうまく付いているもんだ。
テイスティングするとよく分かる。
やはり良い値段のものほど美味しい、当たり前ですが、w。

現地で即売のお値段がこちら。
d0057029_200594.jpg


ということで、ワイナリーツアーでした。

朝9:00に出て、夕方までには帰れるから、
それなりに楽しいと思う。

ま、
ワイン好き(酒好き)な人でないと、行く人いないんだろうけど、w。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2012-03-12 20:14 | 旅行 | Trackback | Comments(1)
2012年3月 オーストラリア ACL ブリスベン戦編
スタジアムに着いた頃にはすっかり暗くなっていて、
あいにくの小雨模様。
d0057029_02341100.jpg


SUNCORPの文字が点灯していない。
多分ACL規定で、スタジアムの名称に
企業名を入れてはいけないから、消灯しているのか。
味の素スタジアムも、ACLでは東京スタジアム、だもんな。

実はこのサンコープスタジアム、初めて来たのではない。
2006年に来ているのだ。こちら

当時のチーム名は、今のBrisbene Roar ではなく 
Queensland Roar だったんだよな。
湘南みたいだな。逆だけど、w。
当時のTシャツ買って持ってるし、w。

2006年の時もサッカーを見に来たのだが、
あのときにFC東京がここでヤルなんて、思ってもいなかった。
何だか懐かしいな。

チケットを仕込む。
d0057029_0231513.jpg


試合開始1時間前に、開場。

まずは飯、w。
ビールと、ハンバーガー。
d0057029_024586.jpg


ACLプログラム。A$5。
d0057029_0242268.jpg


試合前の元気だぞ!!FC東京サポーター。


でも試合前半は、朝日君も緊張からか、w
”東京”コールばっかりで、
せっかくのレパートリーの広さが出てこない。

どうした?朝日君?!、w。
沢山良いチャント有るのに~、w。

試合の方は、前半ロスタイムに谷澤が決める。
チョー歓喜!!
良い時間だった~~。


お陰で朝日君の緊張もほぐれたのか、w
後半はいいチャントが出てきた。
いつものいい調子だった!!いいぞ!!

後半、我々の目の前で、
羽生の飛び出しのシュートから、長谷川が詰めて2点目。
このまま逃げきりで、初戦を2-0で、歴史的勝利をものにした。
俺自身もこの歴史的勝利を「ナマ」でマナコに焼き付けることが出来た。

ほんと、クラブチームの応援は日本代表と全く違う
感激・感動をもたらしてくれる。

ここまで来て、ホント良かった。

試合後の選手挨拶。


谷澤の「シャー」


長谷川、初の「シャー」



更にポポ監督まで、初の「シャー」



試合後、しばらくチャントは止まらなかった。



いや~~、いいもんだね。

ゴールドコーストへの帰り道、
結構のサポがゴールドコーストに引き上げる。

しかしよく見ると、サポでもファンでもなく、
現地の日本人留学生もしくは、ワーホリの子達も多い。
でも、来てくれて一緒に応援してくれて、有り難いね。

で、
来た駅で降りるとサポも含め、多数の日本人も降りる。

バス停を見ると、バスもいないし、
来てもこの人数ではこれでは座れない。

ので、
すぐにUターンして、タクシー乗り場に。
帰路を急いでいるわけではないけど、
おれもオヤジだから、待ち時間とか、揺れる車内を
長時間立って疲れるの、イヤだし。(完全オヤジだなw)

タクシーはたったの2台しかいなかったが、
ラッキーにも決断早く移動しから、
なんとか二人目だったので、ラスイチを確保。
多分、バス組だったら、苦労したような気がする・・・。

ゲットしたタクシーで、ジュピターズによって、
大会場所やイベントを確認後、カジノも含め
全くなんのゲームもせずに、歩いて帰宅。
もうモノレールは止まっていた。

ホテルで、勝利の美酒を浴びてから、寝る。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2012-03-09 01:14 | サッカー | Trackback | Comments(4)
2012年3月 オーストラリア 1日目
さて、
FC東京、初の海外公式試合、ACLのブリスベン戦を見るのと
ちょうどその時期にあたった、WPPTに出るために
オーストラリアに行くことにした。

前回の記事通り、LCCを利用して、
レガシーアライアンス網から出てみるのが今年。
エアーはジェットスターで、火曜日のサッカー試合後、
WPPTがゴールドコーストで行われるので、
サッカー会場のブリスベンではなく、
隣町のゴールドコーストへ向かう。

(先に報告しておくと、先ほど大失敗をしてしまい、
ゴールドコーストに着くまでの写真を全て消去してしまいました、wなし。
なので今回は前半、写真少な目です。
仕方ないので、twitterに残ってる写真と記憶で、書いてみます。)


まず、
20:10成田発のケアンズ行きにチェックインすべく成田へ。
ゴールドコースト直行便だと少し価格が高かったので、ケアンズ経由にした。

成田第2ターミナルのチェックインカウンターの
エコノミーはやっぱり列が出来ている。
でも、往路はビジネスにアップ(+1.6万円、安っ!!)したので、
その列には並ばないで済む。

それにあと5千円出せば、マイルとラウンジの利用が出来るのだが、
マイルはカンタスのみで、ワンワールドには貯められないし、
ラウンジは要らないので、これは選択しなかった。

小腹空いたので、空港で寿司を食う。

で、
ゲートへ行くと、天候で機材到着が遅れて、ディレイとのこと。
でも思ったより早く仕上がり、40分遅れで機内へ。
d0057029_23483510.jpg



シートはレザーだが、前後は狭くリクライニングも浅い。
米系の国内線ビジネス仕様くらいか。
ヘッドホンは、電池入れるノイズキャンセラつき。
液晶画面は前席のヘッドレストにある。
タッチパネルなので、押すたびに前の人は、迷惑だろうな。
エンタメの番組は少ない。映画も7本ほど。
日本語吹き替えは3本のみか。ま、自前のiPad有れば、無問題。
電源は足下にあるが、スッチーに言わないとオンにはならない。

ウエルカムドリンクは、出ます。
スパークリングと、オレンジが選べます。

結局1時間遅れで出発。

ビジネスは食事が出ます。
でも内容はしょぼく、レガシーのエコノミーに毛が生えたくらいのもの。
だから、別に要らない。

で、
飯を眺めて、映画見て、2~3時間ほどうたた寝したら
機長頑張ったのか、到着は定刻の15分遅れ。

で、
税関は見たところ、ランダムに別室送りがあるのを
なんとか逃れることが出来て、すぐにターミナルの外に出られた。
現地時間で、05:40ころか。

次のゴールドコースト行きは、11:05なので、
空港近くのショートステイをここに予約した。

Bohemia Resort Cairns

4人相部屋、というバッグパッカー向けなんだが、安い。
d0057029_23324327.jpg


なんと、1泊1300円(朝食付き)、w。
どうせ4時間滞在だから、これでいいや、と。

フロントは早朝はいないので、フロント前のキーボックスを指定され、
暗証番号と部屋の鍵を入れて置いてもらった。

こんな早朝に部屋に入れるなら、どうせ4人部屋とはいえ、
誰もいないだろ、とたかをくくっていたら、


いた!!


先客が2人も。しかも彼らは熟睡中。

出来るだけ静かにベッドに潜り込んだつもりだが、
電気も、もちろんつけないからよく見えないけど、
隣のベットの子が、オレが動く度に身を起こしたりする神経質そうな子で、
悪いことしたかな。

で、3時間ほど寝て、一人はまだ寝ていたが、
その神経質な子は部屋にいなかった。

でも、神経質そうな子のベッドにおいてあるものを見て、












ビックリ!!


ビキニとか、化粧道具など。
そこに寝ていたのは、女の子だったのだ。

だけどまだ寝てる子は、男の子。

男女同部屋。

さすがバッグパッカー宿だ、w。
おれ、延泊しようかな、ww。


シャワーもトイレも他の部屋と共有のドミトリータイプ。
早速シャワーを浴びてチェックアウト。

チェックアウトの所に、
パツキンのカワイイ女の子が2人いて、
あのベッドの子はこんな子だったのかと、
勝手に想像を膨らませてみる、w。

で、
フロントに、空港までの送りを聞くと、
バスも良いけど、タクシーの方が時間が読めることを言われて、
大人なんで、タクシーで空港へ、w。

タクシーが来ると、さっきのパツキン女の子が2人、
オレに話しかけてくる。
「空港まで行くなら乗せて貰えませんか?バスが来ないんです」
「いいよー!」
と、アッサリナンパ成功、ww。

聞けば、ここには1週間滞在してこれから、バンコクに行くらしい。
ハッパやりに?と聞くと、素直にうなずくではないか。
さすがだ、w。


で、
むかつくのは





このパツキン2人組の写真も、
無くなってるんだよなぁ~~!!wなし。





で、
ゴールドコースト便は定刻通り出発。
搭乗率は50%位か。スッチーは全部女性だった。
国際線は男性が圧倒的に多かったけど。

で、
ゴールドコースト到着。
d0057029_2349235.jpg



通くさく、地元バスを利用してみる。
d0057029_23492816.jpg


ここゴールドコーストも、スイカのようなプリペイドカードがあり、
これを持っていないと乗車運賃が30%高くなる。合理的だ。

で、
今回のホテル、Aruba Beach Resort
d0057029_23355220.jpg

d0057029_23362121.jpg


ホテルというより、アパートメント形式。
d0057029_2341441.jpg

d0057029_23391923.jpg

d0057029_23383428.jpg

d0057029_23374924.jpg

d0057029_23371177.jpg


部屋は広いし、台所、洗濯機まで付いている。

部屋の清掃は自分でやるんだけど。でも便利。
こういうのが、ベガスの便利なところに安く有ればなぁ・・・。

で、
荷物を解くと、電源アダプターがないので、カジノはあとにして、
スーパーへ買いに行き、ついでにシャンプーとか、
がぶ飲みワインなども買ってみる。

想定外の時間がかかり、すっかり出発時間になっていたので、
ブリスベン行きの駅に向かう。
これが、駅までは結構遠いはずなんだ。

ホントは、バスで駅まで行くつもりだったけど、
空港からのバスで解ったのだが、こっちのバスの時刻表なんて
有ってなきがごとし。時間が読めないからタクシーで、大人なんで、w。
でも高い。3000円くらい。

で、
ブリスベン行きの電車は正確で、30分おきに出ているのですぐに乗れた。
ブリスベンまでは、急行で、1時間15分くらいか。
これで、1000円だから、別に、
オーストラリアは物価は安くないと思うけど、いかにタクシーが高いか。
でも、日本のタクシーはもっと高いと思う。

駅周辺は全く何もないが、駅員はいる。立っているのが駅員。
d0057029_2344560.jpg



で、
こんな電車。
d0057029_2347463.jpg


車内。
d0057029_23475097.jpg


スタジアムに着いた頃にはすっかり暗くなっていて、
しかも、あいにくの小雨模様。

続きは、次に。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2012-03-08 00:06 | 旅行 | Trackback | Comments(7)
さようなら、デルタ航空
ついにこの時がきたな。

今まで5年間にわたって、上級会員を維持してきたデルタ航空だったけど、
(ノースウエスト航空がスタートだったけど合併でデルタになりました)
今年で維持していくのは止める事にしました。

もともと、
・安くマイルが貯められるのがお得!!
・特典のハードルがそんなに高くない!!
ということで、キャセイから乗り換えたわけですが。

俺も最近、年食ったんだと思うのですが、日本に暮らして長いと、w
国内のサービスのよさが標準化してしまい、それに比べて
彼らのサービスの質があまりに低いことに近年は、辟易していました。
まぁ、そもそもあまり期待をしていたわけではありませんが。


引き金は去年の11月、香港線での出来事です。

成田がアジアのハブであるデルタ航空は、
アジア発の日本便が基本的に現地の早朝に出るわけです。
もちろん香港線も早朝なので、マカオの出発は04:00の
フェリーに乗らないとならないので、基本寝不足なわけです。
というか、この日は、
へべれけになるまで飲んで、出発直前までバカラでした、w。

で、
この日は夜にアキバでポイントファイナルがあるのでどうしても寝ておいて、
体調を整えたかったのです。

だから、足を伸ばせて睡眠をとりやすい非常口席を確保していたわけです。

にもかかわらず、離陸後、熟睡していた私をムリムリ起こし、
「なに飲みますか?」と聞いてきたので、ぶち切れ!

「寝てる人間が
飲み物、
飲むわけ
ねーだろ!!」

(別に怒鳴っちゃいませんよ,ハイ)

で、
もう一度寝ようとしても、むかつくからか、寝られないし。

くっそー!!

文句を言いたいから、座席ランプを押しても来ないだけでなく、
脇をスッチーは、誰が歩いても、気にも留めないし。

しばらくして、スッチーどもは、全員無視してるから
通りがかりのスッチーの腕を無理やりつかんで、
チーフパーサー呼んでもらう。

けど、もちろん!!

待てど暮らせど、やってきませんわな。

で、
もう一度、さっきのスッチーの腕掴まえて、「呼べ」と。
(エエ、ここでも努めて冷静に、リクエストしましたヨ、マジで),

で、
飛び立って2時間たってから(=あと2時間で到着)、
ようやく来たチーフパーサーに、もう完全頭に血が上ったので、
それでも、ありったけの明るい笑顔で、(たぶん引きつってたとは思うけど、w)


「もうお前のところは乗らない。
だからこのスカイマイルのプラチナカードはあんたに返す。
あんた、責任もって上層部に届けろ」


といって、カードを渡した。








で、だ。









これで話は終わらない、w。











1週間後、デルタ航空からメールがきた。








“ははーん、謝るんだ?!めずらしいな??”

と、びっくりしてメールをあけてみれば、その主は











「デルタ航空、
手荷物サービス」





は??




(以下コピペ)


いつもご利用いただきましてありがとうございます。
デルタ航空 手荷物サービスの○○と申します。

以前ご利用いただきました香港ー成田間の機内(座席)から
BBSTAR様のスカイマイルカードが見つかりました。
次回の出発の際にお返しできればと思ったのですが、いかがいたしましょうか。
ご連絡お待ちいたしております。

デルタ航空
手荷物サービス
成田支店
○○


(以上コピペ)





ウケルでしょ?







で、
デルタ航空、止めることにしました。





今年の私の旅行予定ですが、今決まっている限りで、
1月 ソウル
3月 オーストラリア
4月 北京
5月 プサン+マニラ
6月 (ベガス?)
7月 マカオ
8月 (セブ?)

となっていますが、基本的にLCC、またはパックツアー、
で、こなそうと、おもっちょります。

ホンとは、SFC狙おうか、とも考えたのですが、
今のレガシーキャリアにあまり魅力を感じンのです。
オナイピーさんみたいに、お金が余っているなら、まったく別ですが、w。

上級会員の良さは、
空港ラウンジ、非常口席の融通、アップグレードなどと思います。

でも、いまどきのLCCは、空港ラウンジや非常口席も、
必要なら、お金で解決できます。
(ま、デルタもラウンジはお金で入れます)

後は、
アップグレードだと思いますが、
私は、大陸間でインボラしてもらったことは結局、
一度もありませんでした。

さらに、チケットやマイルを使ったアップグレードも結局、
結構いい金額を出さないと、対象になりません。
また高い金額で買ったところで、
上のクラスが空いているとは限りません。
あるいは、旅程が変わると、チケット没収、エコノミーに格下げ、
になります。

そんなこんなでこの2年間、私は
上級会員向けのアップグレード券を
高い金額とリスクを推してまで、エコノミーを買うことを考えると
結局ほとんど使わず、安いエコノミーに乗っていました。

また、その旅費の面も、
先ほど今年の8月までのを、表記しましたが、もし上級会員であれば、
3月と、6月の長距離アップグレードできるチケット、またはビジネスでこなせば、
ほかの路線は、はほとんどタダ(特典)で、取れると思います。
でも、特典航空券は例の72時間ルールで、縛られます。

しかし、LCCなどを使えば、トータルで、
ほぼ同じ金額または安い金額で、行けます。
ま、長距離は、ビジネスにはなりませんが。
ビジネスっていっても、シートがいいだけで、食事なんてひどいもんです。
(飲み放題ではあるけど、w。)

今後は経験してみないと、
この金銭的な部分や使い勝手、繁忙期の対応などなど
どちらが得なのか、よくわかりませんが、
基本サービスが悪いスカイチームの航空会社に縛られることなく、
いろいろな航空会社を試すことができるのも、ちょっと魅力かな、と。

なので、基本今年はLCCで行こう、と考えちょります。




つーことで、
デルタ航空さん、さよならです。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2012-02-24 15:14 | 旅行 | Trackback | Comments(10)
2011 11月 マカオ ポーカー編
え~~、
ずいぶん日が経ちました、w。
かなり記憶が飛んでますよ~~。

なので、ここからは特集編で。
今回は、ポーカー編。

とはいえ、ハンドはほとんど思い出せないので結果から。

今回出た、トーナメントでのインマネ結果。
26日 HK$ 6,000 サイドイベント 8位/176人参加
賞金  HK$ 32,600 差額HK$ 26,600

まずまずか、と思いきや、他のトナメは全部不発。

23日 HK$ 4,000 APPTメインサテライト 不発
25日 HK$ 13,800 サイドイベント 不発
27日 HK$ 2,500 サイドイベント 不発


結局のところ、あわせて見ると、

合計支出 HK$ 26,300
獲得賞金 HK$ 32,600 
収支合計 HK$ 6,300のプラス、w。

エアーは、ギルドの世話になってるから、ロハだからいいものの、
滞在費を何とかチャラ、って感じか、w。

やっぱ、トナメでプラスは、難しいのぉ。


今年のマカオでの自分の賞金を並べてみると、

前々回の6月マカオのRDでインマネ。
HK$ 11,000 RDメイン 47位/447人参加
賞金 HK$ 20,200 差額HK$ 9,200

前回の8月マカオのAPKでインマネ。
HK$ 9,300 APKメイン 6位/140人参加
賞金 HK$ 64,400 差額HK$ 55,200

つか、
ファイナル残らんことには、賞金稼ぎは、どないもならんの~。
かといって、トナメ序盤からファイナル意識できるほど、
腕はないし、w。

これを見ると、俺程度の腕では、
何も大きいバイインのものばかり出る必要がないことがよくわかる。
記念受験的に出るのならいいのだけど、
トータルの収支を考えるには、やはり実力に見合うところに
出場するのが、いいんだろうな。

まぁ、今後のトナメライフだけど、
でかいバイインの優勝賞金などに目がくらむことなく、
シコシコ実力をあげてから、デカイの出るべきなんだろうな。
(でもそんなこといっておいてやっぱ、賞金に目がくらむんだろな、ww)


それと、今年を振り返ると
マカオでのポーカーがほとんどだったな。
なので、ある意味ちょっと食傷気味、になっちゃったかな。
やっぱ、アメリカのポーカー(トナメ)とは違うなぁ、と思うのよね。

マカオポーカー(トナメ)の特徴として感じるのは、総じて
ギャンブル志向が高い、と思う。
これはおれ自身が思うひとつには、
マカオのポーカーの歴史が浅いからではないか、と考えている。

アメリカで戦うには、ポーカープレイそのもの以外にも、
大きな大会だとストラクチャーが緩やかで、
1日あたりのプレイ時間は長く、ストレスフルだ。
それ以外にも時差や文化、言葉、習慣、の障害もある。
あと大きいのは、食事だ。
この辺も乗り越えないとならない。

なので、最近ポーカーを始めた人が
マカオで通用したからといって、ベガスですぐに、
というわけには行かないかもしれない、と思っている。
(ただポーカープレイ以外のものは、若いとすぐに乗り越えられるだろうけど。)

とはいえ、それが顕著に出ている事象が少ないと思うので、
ハッキリとは断言するまではいかないのだけど。

というのは、マカオはまだ始まったばかりだからだ。

しかし、これからプレイヤーの東西交流が盛んになれば、
何か傾向が出てくるのかな。

それに、アジアのポーカープレイヤーは増えてきている実感があるし、
日本人プレイヤーもマカオのポーカープレイスでの占有率は
すごく高くなってきていると思う。

この先、若くてすごい才能を持っている子が、
日本からも出てくるんだろうな。

その子達が大きく育つためにも、俺らおっさんがしっかり立ちはだかって
相互に切磋琢磨したいものだ。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-12-26 17:17 | POKER | Trackback | Comments(0)
2011 11月 マカオ 1日目
11月のマカオ(通称わんわんマカオ)に行くことにした。
この時期ポーカーでは、APPTマカオだ。

私自身、アゴアシコミコミがあるわけではないのだが、
前回ハチマカ2位の航空券の権利を行使して、アシ、だけは、
補助を出していただいている。

いつものようにバスで、成田へ移動だ。
d0057029_15291057.jpg


いつも通り、バスはガラガラで、ターミナルチェックインの前に
横付けしてくれるから、空港内のチェックインまで移動が少なく、
また、気がかりな車特有の到着時間も、
しっかりコントロールされているから、遅れることなどほとんどない。
だからNEXより本数が多く、安く、むしろ早く、便利なのだ。

成田がアジアのハブのデルタはこの夕方の時間、出発が多い。
そのためエコノミーは、長蛇の列だ。

でも、プラチナだからエコノミーだけど、
スッとチェックインして、保安検査場も、プレミアラインで楽々なのだ。
d0057029_15293226.jpg


で、
ラウンジで物色。

最近、充実してきている。
d0057029_15295972.jpg


炒飯等もあったりする。
d0057029_15302364.jpg


でも、味はご愛敬だ。

で、
レッドアイでマッたり、w。

座席は、いつもの非常口席。
d0057029_15304855.jpg


搭乗率は70%位かな。
もちろんインボラ無し、wなし。
もちろんスッチーもいつも通り、やる気無し、wなし。

香港へは定刻より30分早く着く。
この時期の偏西風は気まぐれなのかな。

マカオフェリーまでバス。
$40(片道)。往復なら+$20ですむ。
タクシーだとざっくり$350。
複数人数だと良いのかも。

しかしバスは、お釣りが出ないので要注意。

私は大きいお金を水などをコンビニで買って、
くずしてから乗るようにしている。
d0057029_15311943.jpg



40分ほどで着く。
乗り場のチケット屋で、
定価$185→$160+おまけのミネラルウォーターを買う。
d0057029_15314593.jpg


さらに、表記の時間とは関係なく、
30分早い出発の、直近の便に乗り込む。

大型船だった。
d0057029_15321774.jpg


揺れが少なくて助かる。

ほぼ満席だった。
d0057029_15323385.jpg


今回の宿は、通称コリアンハウス。
韓国人オーナーが所有するマンションの一室を借りるものだ。

前回8マカ
オギサンの所と同じ感じだ。

ホントは再度オギサンの所をお借りしようかと考えたのだが、
予約時期が間近だったことや、オギサンの個室には、常宿の方がすでにおり、
リビングに新設の2段ベッドが空いていた(激安!)のだが、
私もオジサンにつき、そこまではいけない、w。

若ければ、合宿所のノリで楽しいと思うのだけど。

個室は空けてくれるとのお申し出を頂いていたのだけど、
常宿の方を押しのけるガッツもないので、前回6位という縁起もいいから
魅力的だったのだが、今回は失礼させていただいた。

部屋はこんな感じ。
d0057029_15361754.jpg


外は、こんな感じ。
d0057029_1542366.jpg


Wynnが目の前だが、左下の建設工事がやかましい。

到着後、近くのコンビニで安ワインを買い込み、
カックらってから、寝る。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-11-23 15:45 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
結局引き分け1-1
d0057029_15295578.jpg

一人一人の能力は完全に勝っているし、
選手自身にも、それがわかっている、ように見える。

なのに勝てないもどかしさ。

どうしたらこの停滞感から脱出、出来るのか。

解りやすいのは、監督の力量とか、采配で変えることだろう。

あるいは、ピッチ内のリーダーが、
ギアチェンジさせることだと思う。


今日は後半、矢沢が止まった。

なのにハートを出せるルーカスや、動きで示せる羽生の交代は、
如何なものか。


このままだと、J1に上がれても、
すぐに去年と同じ問題にぶつかりそうだ。


外人監督、呼びたいけど、
トラウマのサポーターがなぁ、
ダメなんだろうな。

さて、どうしたもんか。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-10-30 15:29 | サッカー | Trackback | Comments(3)
前半終了1-0
d0057029_1453971.jpg

終了間際のルーコンゴール!

写真は、ヴェルディのみなさん。
少ないねぇ。

巻、ワルガキ森とか、ハゲの土屋もいるんだね。

ただ、シーズン前の迷走といい、来期存続できるかな?
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-10-30 14:05 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2011東京ダービー!
d0057029_12581614.jpg

スゲー入ってるな。

指定の空き具合をみると、
ただ券か?

でもホームで客が多いの、ウレシい!
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-10-30 12:58 | サッカー | Trackback | Comments(0)
この男たちもモエる
d0057029_1961598.jpg

d0057029_1961515.jpg

勝つしかねーぜよ。

ちと、さむいが、w
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-10-26 19:06 | サッカー | Trackback | Comments(2)
今日は、国立。
d0057029_1901936.jpg

バックスタンドで
日本代表の今野、ファンサービスなう。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-10-26 19:00 | サッカー | Trackback | Comments(4)
すっきりしないな
結局3-0のまま。

岡山が踏ん張っている以上に
最近うちに頻繁に起こる、カッコつけの、だらだらプレー。

これでJ2落ちたの、忘れちゃいけない。

交代で入った選手も、チームを活性化出来ない。

やっぱりうちに足りないのは、
持続するファイティングスピリッツ、か。

ドゥンガみたいの、欲しいな。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-10-16 15:08 | サッカー | Trackback | Comments(2)
前半終了3-0
d0057029_1441425.jpg

ハーフタイムなう。
さらに日陰に避難、w。

下位にも安定した来たかな。
つか、ドン引きしてこないのね。
岡山もあれだけプレスかけられたら、後半どうしてくるか。

破れかぶれで、スクイーズ狙うか(普通は失敗して大量失点だけど)
試合は敗けを許容して、次に繋がるように、後半をゼロに押さえにかかるか。(願わくは、一点取りたいが)

岡山の監督のお手並み拝見だな。
って、だれだっけ?w
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-10-16 14:04 | サッカー | Trackback | Comments(0)
岡山戦
d0057029_13142226.jpg

いい天気。

マジ、暑いよ。
どっちが先にへばるかな。


ま、
日ナタから避難して、観戦ちゅう。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-10-16 13:14 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2011年末には、ちょっと早いけど一番強い人決定戦
>某N社長に、「ブログで宣伝してくださいよ~~」といわれ、
>「下書きしてくれるんやったら、いつでもするで~~」と
>ふたつ返事したものの、今日までまったく・・・・・・・。
>なので、自分で書いちゃいます、w。






日本には実力差が如実に現れる、
本格的なディープなポーカートーナメントがないと、
お嘆きの貴兄に!!

来ましたよ~~!!

日本最大級フリーズアウトポーカートーナメント


通称 ”N-1”

今年も開催です。

~ 2011年末には、
ちょっと早いけど一番強い人決定戦 ~


ULTIMATE POKER CHAMPIONSHIP


10月8日(土) Day1 A 150名
会場 サンミ(銀座)  開場 10:30 開始 11:00 終了予定時刻 22:00


10月9日(日) Day1 B 150名
会場 サンミ(銀座) 開場 09:30 開始 10:00 終了予定時刻 21:00


10月10日(月・祝) Day2 約50名
会場 ブレッツ(神田) 開場 10:30 開始 11:00 終了予定時刻 22:00


参加費 前売 9,000円  当日 10,000円 (ワンドリンク付き)


スタートチップ 20,000点 1R 30分

ストラクチャー http://jup.jp/event/201110ultimate/structure.htm

ストラクチャーは当日の進行により変更となる場合があります。

休憩は概ね4ラウンドごとに入ります。

優勝 マカオポーカーカップ フルパッケージ
    (往復航空券・ホテル3泊宿泊券・メイントーナメント参加権)

2位 マカオポーカーカップ メイントーナメント参加権・ホテル3泊宿泊券

3位 マカオポーカーカップ メイントーナメント参加権

4位 マカオポーカーカップ 往復航空券・ホテル3泊宿泊券

5位 マカオポーカーカップ 往復航空券

6~9位 マカオホテル宿泊券・協力店舗割引券等

※入賞者は株式会社ポケットエースと業務委託契約を締結させて頂きます。
※業務内容はトーナメントへの参加・宣伝・取材・報告になります。
※渡航の1ヵ月前までに参加するイベントを決定する必要があります。
※宿泊はホテルシントラ(又は同等クラス)指定となります。
※航空券は渡航の65日前までに確定する必要があります。
※獲得した権利は2012年中に行使する必要があります。
※提供物は業務に対する対価であり、エントリーフィの一部が含まれることはありません。

会場情報  銀座Sun-mi (サンミ) 7丁目店
        東京都中央区銀座7-13-20 銀座中村ビル1F
        



        カフェバー ブレッツ
        東京都千代田区内神田3-20-6 東京ビル3F
        



チケット購入方法

1.主催者より購入
2.JUPスタッフより購入
3.後援団体より購入
4.代引きにてご購入 全国一律 送料515円(代引き手数料込)


参加規程

当日18歳以上の方に限ります。
(株)ポケットエースが認める報道機関、またはそのスタッフが撮影・録画・取材を会場にて行います。
トーナメント参加者はこれらに対し協力し、肖像権は発生しないものとみなします。
優勝者及び入賞者、また、㈱ポケットエースに撮影・取材を依頼される参加者はそれに協力する義務を負います。
携帯電話・電子機器の使用はトーナメントエリアでは禁止されております。
電源をOFFにするか、マナーモードに設定の上、トーナメントエリア外でご使用ください。
会場は指定場所を除き、全面禁煙となります。
会場への飲食物の持ち込みは一切できません。
基本的なルールは一般社団法人日本プロポーカー協会の詳細ルールを使用します。
マナー等が悪い方は、トーナメントディレクターの判断により退場させられる可能性があります。
Day1はR17終了予定ですが、当日の進行により変更となる場合があります。
Day1Bは人数に関わらず、Day1Aと同じブランドで終了となります。
ファイナルテーブルでは平均チップ量によりブラインドを戻す場合があります。


詳しくはこちら




DAY1Bは、現在シート数に余裕がありますが、
DAY1Aは残りシートが非常に少なくなっています。


参加希望者は、早めのご購入をオススメします!


さらに、
今回のN-1は、JPT(ジャパンポーカーツアー)と提携しています。

JPT イベント3・日本大会の決勝出場権利を獲得できる認定トーナメントとなっています。

JPT日本予選に参加希望の方は、チケットの他に別途2000円が必要となります。(支払いは、大会当日となります。)

予選参加者(別途2000円支払いした方)の上位9名の方が、JPTイベント3・日本大会の決勝出場権利を獲得できます。

尚、予選に参加した全員に、PokerStarsのアカウントへ$11のサービスチップがプレゼントされます。

ご自身のPokerStarsのアカウント名を会場へメモしてきてください。

アカウント名は、当日のみの受付となりますので、ご注意ください。

日本大会の日程は、10月29.30日の2DAYイベントです。


会場は、アキバギルドです。

JPT(ジャパンポーカーツアー)の詳細はこちら





1度食べて2度美味しい!!


さらに、、、


貴方の国内でのポーカーの実力が、

よ~くわかります!!



私は個人的にこの大会が、
国内のポーカートーナメントとしては、
規模・ルール・プレイヤーを含めて、
ナンバーワンの大会だと思ってます。


なので、
少なくとも上位10%、
さらに上を見るなら「ファイナル9」を狙っています。



なぜなら、
通常海外トーナメントは、上位8~10%が入賞ラインです。

だから、
このトナメで、50位であるか70位であるかに、
余り意味は無いと思ってます。


現代ポーカーは精神力やスキルのみならず、
体力までも要求されます。





三拍子揃った強者、今年は誰か!?




楽しみです。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-10-03 15:36 | POKER | Trackback | Comments(3)
マニラに行けなかった!! だけでは無い話
9月の3連休を利用してコパチャン達と
マニラに行くことにしていた。

まずは旅程を組むのに、
マニラから日本へのデルタ特典の残りがあるので、
これを使うか、新たに往復の特典をとるか思案したけど、
最近デルタも特典の安い枠が抑えてきており、
安いマイルで乗れないことがホント、多い。

そこで、国際線のLCC初挑戦!と思い、
羽田-関空(ANA利用)
関空-マニラ(セブパシ利用)
で、往路の旅程を立てた。

ただ乗り換えがちょっとタイトなのだ。

ANA145便関空行きの到着時間は、19:25。
セブパシは19:55迄にチェックインする事ををルールにしているので、
タイトではあるけど、ANAなら遅れないだろうと言う希望的観測を持っていた。

しかし、
今回関空は初体験というのもあり、
一本前の便に振り替えてもらえないか、を期待しつつ
かなり早めの4時間前に羽田に到着しておいた。

まず発着ボードを確認すると、
ANA145便にディレイの表示は出ていなかったが、
まずはチェックインをして、前の便のカウンターへ向かって
交渉してみた。

しかし、前の便は満席で、キャンセル待ちも10人近くいると言われ、
さらにチケット変更するには1万円以上必要、と言われて断念。

仕方ないので、カードラウンジに行ってビール068.gif飲んでからひと寝入りした。
気持ちよく寝れたのだが実は!これが良くなかった。




搭乗の40分ほど前にごそごそと起きて、搭乗ゲートへ向かう。
その道すがら、発着のボードを見ると、そこにはANA145便の
60分ディレイの表示が出ているではないか。

既にこの時17:30を回っている。

慌てて、セブパシの到着状況をネットで見ると、セブパシ自体も
25分ほど到着にディレイしているようだ。

まずはセブパシに連絡して、ANAがディレイしていること、
既にオンラインチェックインをしているとか、
預けの荷物はないなどの事情を話し、セブパシも到着が遅れているでしょ?
と切り返すがLCCらしく、掃除もあんまりないから、定刻出発であるとか、
あまりいい返事をくれない。

このままでは関空20:25着。
セブパシは20:40発。

かなり苦しいわけだ。

LCCは、チケットが安いかわりにほぼ、キャンセルに払い戻しをしてくれない。
なので、セブパシ側から「キャンセルしますか?」と聞かれたけど
この時点では、ディレイの状況も分かっていなかったし
(ANAが間違って早く飛ぶかも知れない、w)
返事したら一部でも返金してくれるか確認したけど「ダメ」とのことなので
返事は保留にして、ANAのカウンターに行って事情を聞いた。

ANA「昨日の台風の影響で遅れております」
オレ「何言ってるの、昨日の夜半には台風は通り過ぎて今朝から快晴や、ないけ~」
ANA「え~っと、台風の影響となっております」
オレ「だったら15:00の段階で既にわかっとるわけや、ないけ~~」
ANA「え~っと、多分台風の影響となっております」
オレ「15:00にわかってたら、伊丹に振り替えもしくは
   新幹線でもギリで間に合うっとるんや、ないけ~~」
ANA「え~っと、多分台風という不可抗力の影響にしておけば、
   補償問題が回避できるので、台風の影響にしているんだと、なっております」

と色々やりとりをしているところへ、
綺麗なキャリアウーマンと目が合う。


(お、美しい方やナ~~)


と思ったら、おもむろに彼女が近づいてきて、


053.gif「BBさ~~ん」053.gif


と、手を振りながら、愛らしくオレを呼ぶではないか!!





オレも、
スミにはおけんな




と、思うよね~~~、w。








思わずハグしそうになってしまった、
この美形キャリアウーマンは
なんと、

ヨリチャンだった

、のだ。



ヨリチャン「BBさん、どうしたんですか?」
オレ「カクカクシカジカで、交渉中なんよ~~。でヨリチャンは?」
ヨリチャン「これから仕事で大阪です」
オレ「は?3連休やんか」
ヨリチャン「ええ、おとといまでコペンハーゲンでお仕事、今日から大阪です」
オレ「さすが才色兼備の方は違いまんなぁ~。そんなん働いておったら
  そのうちいかれるで。それよりオレとデートしよ!」

とまぁ、こんな会話をして、どさくさ紛れに
ヨリチャンの携帯番号ゲットしてw、
彼女は別便の伊丹行きに搭乗していった。


で、
その後ANAと交渉している最中に、さらに40分ディレイ決定。
合計100分ディレイが決まった、wなし。

これで完全に、セブパシには乗れないな。

追加の40分ディレイが決まったとき、
ANAから1,000円分の食事券が出るとアナウンスがあった。

カウンター前にはそれを聞きつけた多くの人が来たが、
クーポンなどを渡すのではなく、
保安検査場で渡されるレシートがそれ代わりになるので、
それを行った先で提示してくれとのこと。

しかし、搭乗券はあってもレシートを無くした人や、
もう既に1回目のアナウンスで食べちゃった人には、
保証しないと対応していた。

しかし驚きだったのは、ANA職員の腰の低さだった。
「スイマセン、スイマセン」を繰り返し平身低頭で対応する。
それでも引っ込まない人には、土下座しそうな勢いだった。

その他にも色々なクレームに対応しているが全て、平身低頭だ。

お客の中には
「オレは22:00までに和歌山に行かなければならない。21:00の
和歌山行きのバスに乗りたいから、そのバスを俺が乗るまで停めておけ。
とか言っているのもいる、w。
これにはウケたけど。
じゃ、オレのマニラ行きも、停めといて欲しいわ、w。

で、結局出発時間になり、搭乗はせずにそのまま職員と話し合い、
ANA航空券全額返金+足代+食事代をもらって、空港をあとにしたのだ。

帰り道、ゴンチにメールして、小杉で
オレの愚痴を聞いてもらう飲み会開催、w。

結局おれは、マニラに行けなかったわけだ。


ここでの損失は、
・セブパシ航空券代
・マニラ宿泊費
ま、ここまでは旅行を組んだときには、ある意味想定内だった。

しかし
マジで痛いのは、帰路のデルタ特典航空券のマイル破棄だ。

8/27の私の記事にしたけど、こんなに早く
自分自身がこの犠牲になるとは思わなかった。

そもそも
この72時間ルール、
って、おかしいだろ。


マイルを渡したお客というのは、
既に金を払って乗ってくれた健全なお客なのであって、
72時間ルールで空いた席でトクするのはデルタ航空自身じゃないか。

72時間ルールというのは、
お金を既に払ってくれた健全なロイヤリティーの高いお客を、
ないがしろにする行為、そのものだろ。

つまりだ、
既に支払い済みの健全なロイヤリティーの高いお客を泣かせて、
事業者である自分がトクすると言うことを、平気でやるわけだ。

ここにWIN-WINの関係は存在しない。

むしろ、だ
72時間前までにキャンセルしてくれるなら、
自分は商売のチャンスが増えるわけだから、
お客に500マイル出すくらいでも良いのではないのか、つーの。
(ま、そんなコトしたら繰り返しキャンセルして
稼ごうとする馬鹿が出るんだろうけど、w
年間通してノーキャンセルの客には、500マイルでも良いかもね)

ま、
和歌山バス便のクレームを付けるモンスターなお客を
日頃から対応しているとはいえ、今回のディレイでの
ANAの職員の対応を見ても、デルタ航空の職員とは
基本姿勢が違うのを、感じたな。

まぁ、
経営陣が72時間ルールなんてぇのを、
平気で作るんだから、デルタ航空の質も、こんなで仕方ないのか。

ま、
デルタ航空は安いから、というのは有るんだけど、
どうなんだろう、ネェ。
最近安くないこと、多いし。
例えばアジア路線ね。

ま、
何年にも渡ってプラチナ会員を維持してきた人に
こう言われちゃうなんて、
デルタ航空、解ってないんだろうナァ~~~、wなし。
[PR]

# by BBSTAR2005 | 2011-09-27 12:05 | 旅行 | Trackback | Comments(7)