「ほっ」と。キャンペーン

もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

0ー1で負け
d0057029_1512332.jpg

不甲斐ない、だらしない試合だった。

相手二人退場してるのにカウンター喰らい失点。

ポポいないにせよ、ひどいベンチワーク。

上からみてるとよくわかるけど、ポゼッション意識しすぎで
DFの裏にボールがでないから、
相手ラインを下げられない。
だからスペースが空かない。

一と二列目は、盛んに動き出そうとしてるのに、全く来ないから、やる気失せるわな、アレじゃ。

裏狙って失敗してもカウンター食らわないから、失敗恐れず、ガンガン行けっ!つーの。

モリゲもどうしちゃったんだローねー。

写真は、試合後の選手挨拶ボイコットのサポーターたち。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2012-04-28 15:12 | サッカー
2012 ホーム清水戦
d0057029_1335052.jpg

天気良いな。

つか、暑いから、二階に避難。

久しぶりの、ジャスールアンド梶山。

魅せてくれよー!
[PR]

by BBSTAR2005 | 2012-04-28 13:03 | サッカー
久々にバブルで、戯言を
今日の超スタック、
優勝者を決める大会ではなく
11名入賞になればよいトナメだった。

で、12位。
久々にバブった、wなし。


ラストハンドだけど、2卓で各6名テーブル。
5000/10000 A1000
私はアンティ支払い後、残りが8000点。
で、ポジションはUTGで、A9o。

しかし見渡せばSBが、(確か)残1000点。

私がここで降りても、SB共々
その次で、お互いに自動オールインとなる。

つまり私たちに残されたハンドは、このハンドか
次のハンドの2択、というわけだ。

私がそこで考えたのは、

私が、
自ら勝ちを引き寄せ、自力でプライズを確定させたかったし、
次のハンドがA9以上である可能性は薄いと判断して、
ショートオールインを選択した。

次がコール、ボタンコール、SBフォールド、BBチェック。
サイドポットが出来る。

フロップ K78。
ターン A
リバー 7。
オール、チェック周り。


サイドポットもあったし、フロップ以降は、
すべてチェック回しだったので、もしかしたら勝てたか?
と期待したが、私のすぐ後ろがなんと、KKであっさり、w。

で、私のバブルが確定、となり、
本日はお開きとなった。
(で、ネンカにいく、w)



さて、振り返れば、

ここで降りた場合、
次のハンドでは、SBだったひとと、お互い強制オールインになる。
そして、おそらくほかの3人はコールして、私たち二人を殺しにくるだろう。
それくらいのチップ量はあるから、エニイハンドでくるはずだ。

で、たとえば、
どっちも飛んだとすると、
私のほうがチップ量が多いわけだから、
順位は上になる(はずだよね?w)。

つまり二人とも飛んでも、私はバブル回避、
本日の最終目標であった入賞を取れるわけだ。
(優勝する必要はないので)

だから、
このA9は降りて次のハンドに身を任したほうがいいのでは、
という考えもよぎったが、私は
潔く!!自ら勝ちを確定したく、勝負にいったわけです。
でも、結果はご覧のとおり。

確かに潔かったかもしれないし、自分で勝利をつかみにいって
外れたわけだから、後悔しても始まらないでしょ。


その通り!!




と、、、、、

自分の考えを押さえ込んでみて、
「悔いはない・悔いはないのだ」
と何度となく、呪文を唱えてみるが、、、、、、

でも
結局は何も手に出来なかったわけだ。



ポーカーは、
気持ちよく、楽しくポーカーをして勝てれば、
なんの問題もない。

でも、そんなことが出来る人は、やっぱり一言で言うと
スキルの高い人であって、私みたいなコモノでは、
そんなうまくは逝かないわけだ。

潔いことと、結果が出ることが
い----っつも!!
相反するんだよな。

ま、ヘボだからか、w。

勝つポーカー、結果を残すポーカー、などと、
楽しいポーカーが、いつになっても両立しない。


ホント、いつになったら、
「結果」と「楽しさ」は合体してくれるんだろう・・・・?



え~、
人生が終わるまでには、やってきてほしい、かな?w

つか、、、
[PR]

by BBSTAR2005 | 2012-04-24 01:46 | POKER
北京戦 ハーフタイム
d0057029_20223482.jpg

ヤッパ洋平は、中で使わないと!
梶山は、ボランチに戻しても良いな。

いやー、選手層厚いな!今年は!

それもこれも、ドナドナ今野のお陰です!
[PR]

by BBSTAR2005 | 2012-04-17 20:22 | サッカー
ACL 北京戦 ホーム
d0057029_19101980.jpg

味スタも、今日は東京スタジアム、
になるから、カーテンで看板隠しです。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2012-04-17 19:10 | サッカー
2012鹿島戦 ホーム
d0057029_135211.jpg

2012鹿島戦 ホーム

始まります!
[PR]

by BBSTAR2005 | 2012-04-14 13:05 | サッカー
2012年4月 北京 ACL 1日目
4月4日にACLアウエイ第2戦、北京戦が行われるので
やっぱり付いていくことにした。

クラブお勧めののツアーだと少し高いので、
自分手配の羽田発のエアー・ホテル送迎付きのをチョイス。
今回は、アンチャンと一緒なので、楽しい旅行になりそうだ。

北京に行くのは、2度目。
最初は北京オリンピックの時。
このときもアンチャンと一緒だった。

今回はANAまたはJALだったのだが、ANAになった。

朝、空港でアンチャンと待ち合わせ、
アンチャンが先にチェックインを済ませてくれていて、
非常口席ゲット!!さすがアンチャン!!

チェックイン後、FC東京の選手一行も羽田から出発で、
(彼らはJALだった)

アンチャンはルーカスを捕まえて、
「得点期待してます!」と、軽くプレッシャーをかけていた、w。
グッジョッブ!!ww

中に入り、先日のエジプト・トルコ旅行で余ったトルコリラを
円に両替する、アンチャン。
d0057029_23144082.jpg


この日の東京は、相当な強風が吹いており、
午後便は、欠航が相次いだらしい。
しかし我々は午前便だったので、何とか飛び立つことが出来た。

非常口席。
d0057029_23162086.jpg


やっぱり快適であるが、隣は知らないおっさん。
後方を観ると、ガラガラ。搭乗率50%以下。
なので、3人席を独り占めすることにした。
d0057029_23165032.jpg


この日の機材は、767-300。
足下は狭いが、4時間フライトで、3人席を一人でなら無問題。
d0057029_2317084.jpg


パーソナルTVが付いている。
d0057029_2317119.jpg


どの番組に回しても常に頭から始まるから、見逃すことないが、
一旦停止してトイレ、とか出来ないのがチョット不便な
なんちゃってオンデマンドタイプだった、w。

しばらくして機内食。
カツレツをチョイス。
d0057029_23172477.jpg


なかなか喰えるわ。

なんかデルタから比べて、サービスが良いことが多く、
(ま、これが普通だと思うんだけど))
リハビリしている気分、w。

特に、ANAの自営業向きとも思える
「こってりサービス」が、たまらんわ、w。
詳しくは後日。

しばらくするとアンチャンも3人席に移動してきた。
d0057029_2317365.jpg


普通に北京到着。こんな綺麗だったけ?
喜びのアンチャン。
d0057029_23174746.jpg


通関前では先に到着していたFC東京の選手達と再び遭遇。
通関中の、ルーカス、w。
d0057029_23175877.jpg


で、
選手達とはお別れして、一路ホテルへ。

王府井にある、天倫王朝酒店。
中庭ド~~ン!!
d0057029_23181321.jpg

屋根があるから、雨風、関係なし。

室内は広くない。
d0057029_23182745.jpg


くつろぎ中のアンチャン。
d0057029_2318345.jpg


バスタブ有り、ブラインド開ければ
部屋からのぞけます、w。
d0057029_23184678.jpg


シャワー。
d0057029_2319929.jpg


クローゼット。
d0057029_23191834.jpg


窓の外の景色はこんなん。王府井に面した側でした。
d0057029_23192989.jpg


ここで、冷蔵庫が開かず、サービスを呼ぶことに。
すると鍵は開けたが、ビールやジュースなど、
中身を全部持ち出し始めた。

聞けば、「デポジットが入ってないから、全部出す」と。

チェックインの時、旅行会社が全部やったので、
デポを取られなかったのだが、こんな仕打ちとは。

デポがいくらか聞くと約600元。(8000日本円。)
我々の手持ちが3千元くらいしかないので、
資金不足するといやだから、そのまま持って行かせた。
しかしこのデポ無しが、あとで酷い目に遭うのだが、w。

で、
王府井に散歩に出る。
d0057029_23194397.jpg


王府井の脇に屋台街がある。
d0057029_2319583.jpg


串揚げや
d0057029_23202194.jpg

d0057029_23202943.jpg


ウナギ・餃子や
d0057029_23245313.jpg

d0057029_2325126.jpg


たこ焼きや、とかもある。
d0057029_23204845.jpg


トッポギ
d0057029_23211447.jpg


どの商品も5~25元(1元=13円くらい)だ。
結構賑わっている。
d0057029_2321426.jpg






でもまぁ、衝撃的なのは、こちら。
d0057029_23212921.jpg

d0057029_23213874.jpg

d0057029_23214519.jpg



確かに看板に有る通り、ヒトデ、とかもあった。
d0057029_23215245.jpg


残念ながら今回は、「ヒトデが多く」見送ることにした、w。



その後周辺の百貨店などをうろうろと。
ビールや水、ビーフジャーキー、アイスなどを仕込む。

夕方に早い時間ではあったけど、夕食にすることにした。
北京ダックの有名店「全聚徳」王府井店。
d0057029_2322193.jpg


前回のオリンピックの時は、支店に行ってみたが
本店にトライしたかったので、行ってみることに。

おそらく6階建てくらいのビルなのだが、
団体客はいないように思うのだが
ものすごい勢いで、沢山のお客が、どんどん入っていく様に、
アンチャンとは驚きで観ていた。

3階に通された。
d0057029_23221250.jpg


ラッキーにも、脇の個室のような所に通された。
d0057029_23222387.jpg


明日の試合の勝利を祈って、まずはビール。
d0057029_23223328.jpg


春巻き。中身がほとんどは行っておらず、ただの皮揚げだった、w。
d0057029_23224585.jpg


レバー炒め。まずまず。
d0057029_23225622.jpg


いよいよ、北京ダックが来る。
d0057029_2323855.jpg


2人なので半羽で頼む(120元)が、
きちんと目の前で切り分けてくれる。
d0057029_23231637.jpg


味は普通。
d0057029_23232423.jpg

d0057029_23233284.jpg


どうもここは、観光地化してしまっている気がするので、
話のネタに1回は良いと思うが、次回は別のに挑戦したい。

外に出ると暗くなっていた。
ぶらぶら歩きつつ、成人保健を冷やかしつつ、w
中国産ワインなどを仕込み、部屋に戻る。
d0057029_23241811.jpg


ワインも同じものがメイン通りでは、140元が
脇にはいると、110元になり、その斜め前の
雑貨屋では90元。
値段交渉して、80元で手に入れる、w。

ホテルの外観。
d0057029_23234230.jpg


ホテルのカフェで、抜栓してもらう。
d0057029_2324459.jpg


実は中国産のワインは初体験。
今、生産も消費量も中国は、ウナギ上りらしい。
d0057029_23243087.jpg

d0057029_23244153.jpg


見ての通り品種も何も解らずじまいだが、
決して飲めない代物ではなかった。

で、就寝。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2012-04-11 23:50 | 旅行