もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ベガス OCT'07 最終日
ベガス OCT'07 最終日

さて、昼前には目が一度覚めますが、頭痛は変わらず残っていて
やはり$1500は、ダメポなので、再度寝てみる。

目が覚めたときには4時を回っていた。
これだと5時のセカンドチャンスは間に合わない・・・・。

まったり起きて、6時からのモンテトナメに出てみます。
が、またしても、KQ2ペアが、Tの3本に捲られて終了。
確かにボードには、9が有ったのでJのガッツショットも
有ったかもしれませんが・・・・。
リバーT。

むー、やっぱり捲られるのって、
気持ちよくない、w。

まだ食事をしていませんでしたが、お腹が空きません。
一応ホテル内の中華屋で、海老の炒め物とスーランタン頼みますが
半分残しました、w。

まぁ、少しは打たないと、コンプもあれだから、
と言うことで、バカラをディーラーとタイマン勝負。

3シューと半分やって、1000点負け。
最後の2ハンドで、300点、400点の2連敗で
もう勘弁としました。
タイマン勝負は、キツイなぁ。

更にBJで400点とかし、コンプも消化でしょ。
高いホテル代になりました。

寝る前に、もういちど1-2NLです。
今回、ライブでは負けてないので、安めですが
100点バイイン。
が、バッドコールをしてしまい、残37点。

この日は金曜日で、酔っぱらいツーリストが多く
荒れてはいますが、上々の狩り場になっていたので
おかわり150点。

少し戻して、私、Q9。でリンプ。
一人ドショート、プリフロオールイン、
全4人参加でポット(約160点)が美味しく、私コール。
フロップ、Q8Tレインボウ。
チェックまわりだったので私ポジションにつき、30点打ち。
一人だけコール。

ターン、T。
彼悩んで、50点。
私、コール。

リバーQ。
彼チェックなので、私120点くらい、オールイン。
彼かなり悩んでコール。

彼、KT。
オールインも、KT。
二人のキツ-イ視線を浴びながら、チップ整理。
これで完全に浮き。

その後更に荒れた展開になるが、かなり気後れして乗り遅れ
小さいポットを取るにとどまり、500点で終了とした。

結構1-2でも、ポットが大きくなるもんだ、と言うか
ちゃんとホテル代くらいは稼げるんだ、
ということが解ったのは、収穫だった。
それともこれは、モンテだけなのかな?


いま、ロスのラウンジです。

皆様には激励などを数々頂きまして、ほんとに感謝しております。
有り難うございました。
まぁ私のジツリキ不足で、今回はいろんな意味でさんざんでしたが、
良い勉強になりました。
ポーカーの軸がかなりぶれているのが、現状でしょうか。
私をポーカーで叩くなら今です、w。


帰国したら、コパちゃんに
「こころ」にでも連れてって貰って、w
今回のことはよく整理・充電して
またチャレンジしたいと思います。
(ゴンティーも来いよー!鮫ちゃんもくるー?)

ほな、また。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-10-21 03:59 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(8)
ベガス OCT'07 5日目
ベガス OCT'07 5日目

寝る前にパッキンをしておいたモノをまとめてチェックアウト。
体調はイマイチだが、ま、何とかなりそう。

タクシーで、そのままシーザースへ向かう。
クロークで荷物を預け、$500イベントのレジストを済ませる。

それから、あけみんさんに教えて貰ったバリーズ日本食屋へ向かう。
すぐに見つかるがまだ客が居ない。
11時開店なのでもう開くそうだ。
少し待ってから1番目に入店。

ゲンをかついで、豚カツ。
d0057029_2275665.jpg


粘りを出すため、イカ納豆、w。
d0057029_2281180.jpg


お腹いっぱいで、店を後にする。

シーザースへ戻り、テーブルに着く。
最初のハンドは、A9。スチールが出来、初ポット獲得。
その後、しばらくしてボタンで、KQ。5人リンプ。

フロップJT4。
チェックで回ってきたので、ポジションベットしてみる。
見事に二人にコーラれる。
その後勝ち目無く、あっさりダウン。

30分位して、再度KQ。
今度はミドルで前が誰もいなかったので、
諸事情により、レイズしてみる。
ボタンと、BBにコーラれる。

フロップが開くと、Aが2枚、w。
BBが打って、私降り。
ボタンリレイズ。
BBオールイン、ボタンコール。

とまあ、こんな方々に向かって、
たかがKQでレイズした私が悪うございました。

2500点スタートも気が付けば、1700点くらい。
ラウンド2に入る前に、テーブルブレーク。

次のテーブルの4ハンド目に、事件は起こる

私ミドルでAJo。
アーリーリンプに私3倍レイズ。
ボタンとSBコールで、アーリーコール。4人参加。

フロップ、J82、オールスペード。
BB、アーリーチェック。
私ハーフポット、ベット残り1000点くらい。

ボタンだけコール。ヘッヅに。

ターン、2h。
私長考後、オールイン。
ボタンあっさりコール。私のチップ量はサックリ、カバーされています。

やべーっ!!

ハンドオープンすると、
勿論ボタンは、K9sで、フラッシュ完成済みです。
私のハンドに、スペードは1枚もありません。

やっちゃった!

恥ずかしいー!!


もう帰ろ。。。。。。


席を立って、一応リバーを見る振りをします。
でも恥ずかしくて、焦点が合ってません。

リバーが出ました。赤いからスペードではなさそうです。
よく見るとカードは、2d

2ですよ。奥さん!!

ナント私、捲っちゃたようです!!
2フルA 対 Kハイフラッシュ になりました。








このときの気分は、ナント申しますか
言葉に出来ない気分になりました。

普通なら喜ぶ人も多いと思いますし、
これを機に一気に登っていきたいところですが、
私は全く喜ぶどころか、なぜだか、妙な脂汗が出てきたのでした。
そしてその時から再度、頭痛が始まりました。

リアルの試合でこんな、あからさまなラッキー捲りって、
喰らったことはあっても、自分がなるとはあまり想像していませんでした。
完全に負けてる上に、ブラフオールインをあっさりコールされるって、
おまえの実力って、どんだけだよ。
そんな周りの視線をひしひしと感じながら、チップ整理をしました。

「ナイスハンド!!」ボタンはさわやかに言います。
もうそれが又痛くて、何度も、「アイムソーリー」を繰り返してしまいました。

その後は、休憩まで30分くらい、貝のように動かないでいました、というか
動けないでいました。

休憩に入り、この試合に参加していたモトさんとその話をしますが
なんといっても、休憩は10分しかなく、すぐに別れてしまいました。

その後多少粘ったモノの、7ラウンドでショートスタックになり
KQも、今日はさんざん負けてチップを減らしてきたので
もういい加減勝てるだろと思って、チップリと
ブラインドヘッヅになったので、オールインをしてみます。
もちろんあっさり受けられ、ハンドを見ると相手AT。
で、どちらも当たらず、Aハイに負けて終了となりました。
おそらく200位くらいでしょう。
今日は結局、1回もKQで勝てませんでした。



まぁ、書きたいことはいろいろありますが、今度落ち着いて
気分が乗ったときにでも、この試合のことや
修行のことなども含めて、振り返りたいと思います。




さて、クロークに預けた荷物を受け取り、モンテに行きます。
その間中、頭痛がひどく、部屋に付いたら少し寝てしまいました。
起きてみると頭痛はかなり和らいでいましたが、
こんな調子なら帰国を早めようかと、考えたくらいです。


そして、明日は本命の$1500イベントです、
このイベント、今回参加人数もそんなに多くなさそうで(予想では200人くらい)
チャンスもありそうだし、修行という意味でも是非これに出たかったのですが、
心身的共に不調なので、今の状態では出場しても
結果が見えているなぁ、と思ってます。
又帰国後の仕事などにも影響しないように、休養したい気分でもあります。
なので多分、残念ですが明日の試合は回避するつもりです。

今後も沢山トーナメントはあるし、
もう一度いろいろな面を鍛え直し、計画を練り直してから
再度挑戦するつもりです。


でも、もし明日調子が良ければ、
セカンドチャンストナメくらいには、出るかもしれませんけど。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-10-19 22:16 | 旅行 | Trackback(2) | Comments(5)
ベガス OCT'07 3日目&4日目
ベガス OCT'07 3日目&4日目

夜中、何度か目が覚めたが、何とか寝る。

シーザースにいきレジスト。
フードコートで、朝食兼用の昼。
うどんと焼きめし+水で$20。それでも良い値段だ。
d0057029_1692455.jpg


今日の参加者は150名くらいか。
スタートチップは昨日より500点増え、3000点。

テーブルに着くと、4人しか居なく始まる。
初ハンドは、いきなりのAK。
3倍レイズにBBが付いてくる。
がフロップで、相手チェック後ポットを打つとダウン。
快調な滑り出しだ。
その後もなかなかのハンドが入り、
きっちりレイズで順調にチップを増やす。

ところが、この少しアグレ気味のプレーで皆、火がついたのか、
この後、レイズ額も厳しくなってくる。
そして、ショートのアーリーがミニマムレイズで、一人コール。
私カットオフでAT。コール。
3名で、フロップを見る。

フロップAAT。

ひゃー!!

しかし前二人、チェック。私もチェック。

ターン、Q。良いカードが出た。

さぁ、打ってこいっ!!
が二人ともチェック。仕方なく私もチェック。

リバー3。
二人ともチェック。
私1/3ポットレイズ。
二人ダウン。くぅー。

そしてまだ1ラウンド(25/25)なのに、運命のハンドが来る。
私、すでに4500点超えて、テーブルチップリ。
1400点しかなくなっているUTGが、3倍レイズの75点。
レイトが、リレイズメイク、275点。
カットオフの私、KK。
リレイズ、メイク1275点。
BB、ナント、コール。
上に300点くらいでUTGオールイン
レイト、ダウン。
私、モチロンコール。
そしてBB、更に上に550点乗せて、オールインしてくる。

こ、これは・・・・。
やばい、Aポケか?


しかし、これにコールしても1500点くらいは残るので、
よく考えて私、コール。

ハンドオープン、UTG、AQo。
BBはナント、TT。おいおい!!

フロップ、Q75。
ターンで、T。

ふざけんなーっ!!

リバー、フレーム出るがJ。

このBB、ほぼ3倍アップ。
私いきなり1500点。
勝負所で・・・・。

その後、なかなか良いハンドが入るが
あまり大きくポット取れず、大きいポットでは
ボードマッチせず、なかなか原点に戻らない。

テーブルがかなり熱くなっていて、
とても1ラウンドの様相ではないほど、皆打ち合う。
危険ではあるが、ある意味美味しい。
このラウンドだけでこのテーブルから、5人も飛んだ。

ホントに今思えば私自身、ゲーム全体を通し参加率がかなり高かった。
それほどに、ハンドは良かったのだ。
しかし、取れるポットは小さく、大きいポットが取れず、
なかなか点数が増えない、イライラが募る展開だった。

2ラウンドに入り、しばらくして、テーブルブレイク。
そこのテーブルの4ハンド目。
AJo、が入る。

3倍レイズに、BBと他二人コール。
ボード、A38レインボウ。
私ポット打ち、にBBだけコール。

ターンJ。

ヨシ!!

BBチェック。
私、3/4ポット打ち。
BBオールイン要求のレイズ。
私、本来ならコールしないけど、残りが700点しか無かったので、コール。

ハンドオープン、BBは22。

おまい、ナンデスカ?ソレハ?



ところがっ!!


ターン、2。

おーまいがっ!!

こ、これはオンラインじゃねーぞー!!

BB 「イヤー2が出ると思ったんだよねー」だって。

意味わかんねーぞ!!

この、サイコ野郎!!(K-1さん風)



えーと、
2ラウンドでお終っちまったよ。。。。

2時間持たずか、w。
イヤー、参った参った、

アハハ・・・、完全wなし。

でも、前日と違い大変勉強になる試合で、時間は短すぎだが
有意義な時間であった。もう少しあの場にいて、
もっといろいろ吸収したかったけど。


ふらふらとなぜかMGMで、打ちたくなって外を歩いていると、
本日のブルーマングループのチケット$121が、
約$80で売っているのを買っちまった。
それでも、高いねー。
明日からエルトンジョンもやるんだよね、どしよ。

通りには高級車のレンタルなどもある。
d0057029_16131515.jpg


d0057029_1613274.jpg


バイパーGTS、5時間で270ドル。
フェラーリF360。5時間で875ドル。
ランボルギーニ。5時間で1190ドル。


MGM到着。
ライオン飼育をまったり見学。
d0057029_16134886.jpg


平場、2/5。500バイイン。
一度ミドルで、33セット狙いでリンプ。
私を含め合計4人参加。
フロップ、KT3,レインボー。

きたーっ!!

BBチェックで、私、40ドルベット。
ボタンだけコール。他ダウン。

ターン、5。
私105ベット。
ボタン、コール。

リバーJ。フラッシュ目はナシ。
私痛恨のチェック。
相手1100点くらい、オールイン。
私の残金、350弱。

今までコヤツ、2回もストレート引いて
ガッポリ建設してきていた。
そのストレートも、一度はターンで完成だが
もう一度はリバーで、完成だった。

今回は、上目、下目ともにあるし、
セットの上目も多い。
色気が出たターン、リバーのミスを反省材料として、ダウンした。
痛かった。

結局5時間やって、+$30。
かなり出入りが激しく、疲れて原点まで溶かしたところで止め。
だけど負けたハンドって、良く覚えてるもんだよなぁ。

その後ベネシアンに移動。
ブルーマングループを見る。

なかなかおもしろかったなぁ。

公演終了後、出口ではブルーマンがお見送り。
皆、記念撮影をしている。
d0057029_1614249.jpg


BJやって、150点勝ち。
けど頭痛がひどく、ホテルへ戻る。

この体の調子では、明日のリミット$1000は持たないと思うので
回避しよう。
明日一日は、休養に当てる事に決め、夜の3:00頃寝る。



4日目
しっかり寝て翌昼過ぎに起きるが、どうも体が重い上に、お腹が空かない。
デブチンの私が寒さを感じて、エアコンを切って部屋からでないようにしてます。
TVなどを見てダラダラと過ごし、夕方には外に散歩へ行く。

ダウンタウンのポーカールームなどを見て回る。
ビニオンズはさすがに風格・広さともに一番だった。
現在はビニオンズオープンというトナメ期間中のようで
毎日100ドル~200ドルくらいのお手頃トナメのようだ。
ラズやHORSE、7スタッドなど各種行われる模様。
月末のメインイベントが、$1000ドルである。

ビニオンズ
d0057029_16271924.jpg


4クイーンズ
d0057029_16273781.jpg


ゴールデンナゲット
d0057029_16275130.jpg


フリーモント
d0057029_1628691.jpg


さすがにダウンタウンの客層は、年齢層が高い。
というか、若い人がほとんどいないよね。
ジジババがいっぱい居るが、むしろ落ち着いていて、
私は決して嫌いじゃないかも。

アーケードの無料アトラクション
d0057029_16282620.jpg


d0057029_16284056.jpg


だけどこのアトラクションがイマイチ。
今時CGが全盛だから、アニメだけでは、ちょっとキツイ。

このあまりおもしろくないアーケードのアトラクションも含め
大きなお世話かもしれないが、このままだとダウンタウン、
没落って言うか、下手するとなくなっちゃうんじゃない?
何か若い人を惹きつけることをしないと。。。
コンテンツだね。
今のままだと、ゆでガエル、になっちゃうよ。


もう日が暮れてしまったけど、
フリーモントの逆(西側)に少し足を延ばしたが
怖くてワンブロック行っただけで引き返してきた。
マジで、あそこは怖い。
ACにも似たような所があるが
桁違いだな、あれは。

ホテルに戻りようやくお腹が空いてきたので、カフェで食事。
チキンスープ
d0057029_16145089.jpg


プライムリブ12oz。
d0057029_1615487.jpg


やっぱり調子が悪いのか、食べきれず残してしまった。

明日は、モンテにお引っ越しだ。
ほんとは明日を休養日に当てていたので、体調次第で、
明日の$500に出てみようかと、考えている。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-10-18 16:32 | 旅行 | Trackback(2) | Comments(5)
ベガス OCT'07 2日目
ベガス OCT'07 2日目

(ネットのつながりが悪く一日遅れで書いてます)


モトさんとの御食事は、パームスのお寿司に行った。
なかなか美味しいお店だったなぁ。
楽しい時間は早くすぎ、ホテルに戻って明日の為に就寝。
この日はしっかり寝られました。

さてこの日、イベント会場のシーザースまでタクシーで移動。
約$20だ。

話は変わるが、交通費と宿泊代。
バスは乗っていないけど、渋滞と乗り降りする人に
えらく時間がかかりそうに見えるので、
時間が読めないと使いづらい。

で、タクシーだとダウンタウンから往復で、$40かかるわけだ。
ならストリップ徒歩圏なら、宿泊費は$90でも遜色無いということだな。
あるいは、レンタカーの方が更に安いか??
運転する面倒はあるけど、1週間滞在なら
行動半径が、飛躍的に上がるしなぁ。
ポーカーの空き時間も、有効につぶせそうだし。


そして試合、今日は$550だ。
レジストを済ませ、12時からの試合に備え、腹ごしらえ。
百味で、イカ、カルフォルニアロール
d0057029_19362997.jpg


メンラーを頂く。
d0057029_19364380.jpg


締めて、$32。相変わらず高い。
この大会参加者用の$10クーポンが使えなかったので、
ちょっと計算外だったなぁ。


で、試合だが、2500点持ち、1ラウンド50分。
25-25から始まる、ゆったりゲームだ。
ラストテーブルが次の日持ち越しの、2daysイベントだった。
聞いたわけではないが、途中の平均チップを見ると
おそらく、350人強の参加者と思われる。

私はこの日、全くいい手が入らない。
こんな話、聞かされてもおもしろくないでしょうし
言い訳にしか聞こえないと思いますが、少しだけ愚痴らせて、w。

ポケットは、KKが一度だけ。しかもスチールで終わり。
その他には、44と22が1回来ただけだ。
AxもAKが1回だけ落ち、何とかチップリをはめて
ダブルアップできたの以外、A7以下しか来ない。
しかも、A入るときは、アーリーポジション。

まぁ、鬼ブラフスチールで4倍レイズも、
コールされて、ボードマッチせず、打たれてダウン、とか
あるいはプリフロで打ち返されダウンすること多数、w。

とにかく、どんどんマイナス、なんとか戻して原点。
又参加できず、どんどんマイナス、歯を食いしばりなんとか戻して原点。
みたいな展開がずっと続いた。

そして休憩挟んだ直後、レベル7、300/600、アンティ75。
残り人数100名くらい。平均チップ量は確か8000弱か。
私、1700点、w。

もう自然死を受け入れていました。
そのカットオフで、そこまで全員ダウン。
私のハンドは、キンパチ・スーテッド先生。

もうね、ポジション的にも、展開的にもこの「キンパッツァン」が
スゴーク良いハンド、に見えましたから、ホントに。
で、オールイン。

ボタンのチップリに、アク(A9)ハンドで受けられ、ヘッヅ。

フロップ、AKJ。

ターン、ラグ。

リバー、とどめの9。
で終了。


振り返ってみると、テーブル移動は1回しかなかったが、
1つ目のは、そんなにレベルが高くなかったから、
あそこでもう少し、何とかしたかった。
ブラインドが緩いこと、テーブルが甘いこと、などに
流されてしまっていた。

2つ目はうってかわって、レベルが高い。
更に1万点超えの猛者が沢山居る。
プリフロコールでは、入れることが、ほとんどなかった。
ハンドオープンになって出てくる手も、どちらもいい手ばかり。
見ているだけでも、かなり良い刺激を受けた。
皆打ち方が、ホントにうまかった。

まぁ、課題が残る試合ではあった。


で、しょんぼりしていると、隣のスポーツブックで
レッドソックスの松坂が投げていたのを、ぼんやりちょっと見て、
BJに150点負け、w。


ホテルに戻り、食事。
中華ビュッフェ。$8.90。安いね。
店内
d0057029_19373934.jpg


食べたモノ。
d0057029_19375258.jpg



再度、BJ。200点負け。
いけないね、こういうこと、w。

ポーカーの空き待ちをしたが、1テーブルしかなく
開かないので、部屋に戻って寝るつもり。

ま、ポーカー修行は課題は見つかったモノの
感触は悪くないので、明日の$1000に出てみようかと、考えてます。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-10-17 19:39 | 旅行 | Trackback | Comments(10)
ベガス OCT'07 1日目 Part2
ベガス OCT'07 1日目 Part2

今年のポーカー修行のスタートがこれから始まります。
これでまだ2年目の修行ではありますが、
これからの1年間の修行を展望するに当たって、
やはりバンクロールのこと、つまり
コストと賞金のバランスを考えなくてはならないと思ってます。

この問題は既出ではありますが、やはりトーナメントでプラスに転じるのは
やはりなかなか難しい、と思ってはいるのです。

たとえば今回の修行を例にします。

<支出>
旅費交通費(航空券、現地タクシー代なども含む)  $1300
宿泊                              $215
飲食など                            $300 
小計                              $1815 

参加費($550,$1060,$1570)         $3180 
合計                              $4995

結構かかるんです。
今回の修行は、このバンクロールをどれだけ減らさないで居られるか
それも、勉強したいと思っています。

で、どれくらいの順位で賞金があるのか、拾ってみました。

ちなみに私が初めてインマネした去年のWSOPサーキットは、
やはり$500+$60でした。
508人参加で、10~12位で一律$2794。
9位でようやく、$5080。
8位で$7620。
2位は、$40894。
1位が、$76200でした。

おなじ大会で、$1080イベントでは、430人参加。
10~12位で一律$5160。
9位で、$8600。
8位で$12900。
2位は、$68800。
1位が、$13330でした。

まぁこう考えると、コストを出すには3回に1回くらい、
上位2%
に入らないと、イケないわけですね。

ま、私にはそんな経験、有りませんけどね、w。

こんな風に、バンクロールを維持するのにも大変なのに
これで喰っていこうってする人は、そりゃもう、アナタ!
大変な事じゃないですかっ?!

って、
リキんだところで、しょうがないんですけどネェ。。。。

ま、上位2%なんて言ってないで、
1位になれ!!
ってことナンでしょう。

とはいえ、私もまだ2年生だし、ギリギリインマネじゃしょうがない、
なんてとても言えませんし、
このバンクロールをどう減らさないかが、今回の目標ですから
しがみついてでも、インマネ目指します!!




で、いまベガスのホテルに着きました。
初めてのダウンタウンです。
部屋はこんな感じです。
d0057029_16271412.jpg


外の景色。5階だからたいしたこと無い。
d0057029_16291912.jpg


そんなバンクロールの事を、来る前に考えていたので、
隣の部屋の音も聞こえる、金庫、ミニバー、冷蔵庫、おまけに
ヘアドライヤーまでない安宿、ダウンタウンのエル・コルテズ、です。
@$50でした。ホントは$39の部屋もあったのですが
ちょっとビビって、グレードアップしてしまいました、w。

さて、今から日本が誇るポーカー第一人者、
もうプロ、って言っていいのかな?
Mさんと御食事に行って来ます。

楽しみだなー。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-10-15 16:37 | POKER | Trackback(1) | Comments(3)
ベガス OCT'07 1日目
ベガス OCT'07 1日目

早いもので月日は流れ、あの衝撃的なルール変更で幕を閉じた、
前回のベガス旅行から、かれこれ2週間。

本日は、千葉県某所でポーカー虎の穴合宿を断り、
スト杯シーズン戦も、辞退しました。

なぜなら!!

それは今日から始まる、ベガスポーカー修行遠征のためです。
そして今日から本格的な今シーズンのポーカー修行が始まります。
皆様、宜しくお願いします。



今回は、ベガスで行われるCaesars Palace Classic
に出場すべく旅立ちます。

本日14日(日)に出発し、
15日(月)の$500、17日の$1000,19日$1500の
3試合に出場し、20日に現地発、21日に帰国、という段取りでした。

ところが!!

早くも、自分で落とし穴を作ってしまいました。

もう一度、この予定表を見てみましょう。
17日の試合を見てください。
そこには、NOの二文字がありません。

つまりこの試合は、私がほとんど経験のない
リミットゲーム、なのですねぇ。。。。。

ポーカーをご存じ無い方にはわかりにくい、とお思いますが
ポーカーも色々な種類のゲームがありまして、
Texas Hold’em というのも、NOがあるのと無いのでは
もう、サッカーとラグビーくらいの違いが有るんですわ。

しかもそれ、昨日気づきました、w。
かなりやっちまった気分です。

でも、将来の経験値を積む、と言う観点から
ここでリミットを経験しておくのは、悪くない、とも言えますが・・・。

さて今回は、YCATからバスです。
d0057029_1630283.jpg


成田につきました。
キャリアは、今回からプラチナ会員になってしまった、
NWです。LAX経由です。エコノミーです。

オンラインチェックインをしても相変わらず、
カウンターでチェックインをさせる、NWです。
なぜ?オンラインチェックインなどさせるのでしょうか?

地上職員 「機材の関係で、本日2時間あまりディレイです。」

まぁ、この辺りもNWのお家芸なので、文句を言っても始まりません。

私    「君たちも大変だネェ」
地上職員 「ちなみに昨日もディレイしました~、wなし」

私    「あのさ、ロスでは2時間しか乗り継ぎ時間がないのに、どすんの?」
地上職員 「わかりません~、w」
私    「wじゃなくってさ、調べてよ」

しばらくして
地上職員 「乗り継ぎ便をディレイさせますから、ご安心ですね、w」

これでいいのか?NW。

当然、あの恐ろしい機内食が、私を打ち拉ぐ前に
腹を埋めます。
寿司です。
d0057029_1630232.jpg


さて今回はどんな旅になりますでしょうか。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-10-14 16:35 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(0)
ベガス SEP'07 番外編
ベガス SEP'07 番外編

2日前にルール変更!

こんなオチ。
なかなか誰も予想できませんワナ、w。


今回の旅ではこんな事もありました。
3日目の深夜、
同じくここ、モンテカルロホテル&カジノで
鮫チャンが、埼玉産女子連といいことしてるとき、
あぶれた女子連とバカラをしていたことは記事にしました。

このとき、問題が発生しました。
もう寝るためにテーブルを離れるとき、
1000点を両替してもらいました。
ちょうどブラック(100点)が8枚、グリーン(25点)が8枚でした。
他にも数枚のブラック・グリーンがありましたが、
500点には届かないので、取りあえず1000点だけをお願いしました。

チャイニーズ系のおばはんディーラーが、カウントし
そして彼女はそれを確認し、1000点チップ1枚を私に渡しました。
残っていたビールを飲み干し、席を立とうとした瞬間、
声をかけられます。

ディーラー 「あと100点よこせ」

?ん?どゆこと?
彼女の主張は、
100点8枚の山の中に、グリーン1枚が紛れていた。
だからあと100点ないと、おかしいのだ、と。
これで、もめます。

女性のピットボスが来て、もちろんディーラー擁護に回ります。
見てもいないくせに、
女性ピットボス 「ディーラーの言っていることが正しい、100点出せ」と。
そこでこちらの主張を言っても一切聞かない。

女性ピットボス 「ディーラーの言っていることが正しい、100点出せ」
の一点張りなのだ。

私  「スカイアイで確認して」
女性ピットボス 「そんな必要はない」
と、確認もしてくれません。
でも、ギャーギャー10分以上も、もめてようやくビデオ確認へ。
女性ピットボス 「ビデオで確認したけど、
         山にグリーンが1枚入っていたのは間違いない」
という。

で、その後いくら押し問答してもらち開かず。
結局、あと100点出して1000点に交換となりました。

まぁ、今となっては真相は闇の中です。
確かにその時ちょっと、酔っていたのは間違いないので、
私がカウントミスしたかもしれませんが、
一度はよこした1000点チップを、もう100点出さないとならない、
というのも釈然としませんでした。

教訓:カシノでは自己防衛が基本

ってことでなのでしょうかねぇ。


さていよいよ、私にとってポーカーの新シーズンが始まります。
今年度はどんなことになりますかのぉ。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-10-04 21:36 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
ベガス SEP'07 4日目&最終日 PART3
ベガス SEP'07 4日目&最終日 PART3

さぁ、引っ張り続けたこの話も最終コーナーになりました。



ルーレットで総額3万7000点のビッグな勝負のための準備もおわり、
鮫氏がはじめの0から、1000点ずつ賭け始めていきます。
鮫氏の担当は0から12まで、の13点です。

白い球を投げるディーラーはチャイニーズ系の、白髪混じりの
スリムなおじ様。
にこやかに鮫氏が賭けているのを眺めています。

ところがっ!!
この次の瞬間!!


我々は、驚愕の事実と対面したのだった。
それは一体・・・・?!







そして鮫氏がちょうど賭け終わる頃、後ろの白人女性のファットなピットボスが
近づいてきて、手のひらを広げ、右手をしたに下げ左右に振ります。
そして一言。
「ノーノーノー」

?ナンだ?どした?

我々3人は、何が起こったのか理解できません。

ピットボスは続けます。
「そのチップで、数字に賭けては行けません」


はぁ??
どゆこと??



私     「どういう意味ですか?」
ピットボス 「プロモーションチップは、数字には賭けてはいけません」
私     「え?じゃあ、ルーレットは禁止なの?」
ピットボス 「そうではありません。アウトサイドの2倍配当の所のみが
       賭けることが出来ます」

ナント!!

その驚愕の事実とは・・・・

プロモーションチップは、インサイドベットが出来ないという、
恐ろしい事実だったのだーーーー!!



でもちょっと待って!
これって、実績有ったわけでしょ??

全員  「販促呼べーーー!!」

もうね、ハァハァ言っちゃいましたよ。

で、販促が来るまでの間、ピットボスに何度も聞きました。

私   「どうゆうこと?}
ピットボス 「外側しか賭けてはいけません」


冷たい言い方です。
そして温厚そうなディーラーも、首を振りながら
そして人差し指で、アウトサイドを指さすだけです。

私はなおも食い下がります。
私  「それじゃおかしいジャン!!」
ピットボス 「そういわれても・・・・。
       9月の27日にルールが変わったから・・・」

ええっ!!?
今なんて言った?


ピットボス  「9月27日にルールが変わったんです」

ちょっと待て!!
今日は9月29日。ルール変更は、

2日前かよーーー!!


このトナメを完全ねらい撃ちの、変更なのです。

しばらくすると、販促がお詫びの白ワイン1本を片手にやってきます。
販促 (ワインをAOさんにわたしながら)
    「スイマセン、私知りませんでしたー。」
鮫氏 「まじかよ。ピットボスに確認してー」

ピットボスと販促がなにやら話していますが、
やはり2日前にルールが変わった、とのこと。

販促  「うちも、この大会は無料で開催してるし、
     部屋代も食事代も貰ってないから
     仕方ないですねーー

おまいが、
仕方ない、言うなー!!

で、3人は唖然、と言うか、呆気にとられてました。

販促  「でもこのチップは今回だけでなくて、次回来たときも使えますからー」
私   「今度来たらまた、ルールが変わっちゃって使えなくなるんじゃないのー?」



AOさん 「あのさ、さっきのチップ返してよー」
販促  「えーー、何で私がーー?
     あ、私、行かなければならないのでコレで・・・」

といって、さっさと逃げてしまいます。
残された私たちは、完全にショックで口がきけません。
というか、ホントに↑↑↑やら↓↓↓とかの連続で
3人ともしばし、こんな感じになっていました。

d0057029_2255572.jpg



確かに、ある意味、タダで貰ったようなモノかもしれません。
しかし3曼陀羅と言えばやっぱり大金です。
それだけではなく、すれ違う人は皆、
「コングラッチュレーション、3曼陀羅オメデトー!」
と、声をかけてくれるわけです。
だから、3曼陀羅は貰った気分になるな、と言われても・・・・・。

しばらく燃え尽きたジョーになった3人は、その場から動けなかったのですが、
しかし、元々誰も興味のないルーレット台にいても意味がありません。
フラフラに立ち上がると、販促のボスがやってきて
「コングラッチュレーション!!」
と、やっぱり声をかけてきました。

私  「何言ってまんねん。我々の気分は、完全これ↓↓↓やがな」
販促ボス 「どうされたんですか?」
私  「かくかくしかじかで、ルール変更しとったんやないかー」
販促ボス 「え!?私も知りませんでした。」

おまえも知らなかったのかよー!!

で、販促ボスも居心地悪くなったようで、一人ずつに名刺を渡して
居なくなってしまいます。

もう疲れた鮫氏は、部屋にふて寝をしに行ってしまいました。

私  「どする?」
AOさん 「もう、どうしようもないですな。一端、もって帰り次回にでも使いますわ」
私  「そっかー、でこれからどする?」
AOさん 「まぁ、それもそうなんですよねー、暇だし・・・。
     どっちにしたって、ローリングできないなら今も次回も変わりませんね。
     それなら、むかつくしこのチップで、さっさと勝負、換金しちゃいますかー」

と、
流れは一気にまとも勝負にーー。

私  「じゃぁ、勝負はナンのゲームに?」
AOさん 「自分らしく、得意のBJで」

と、BJで勝負することになりました。

VIPルームで交渉して、8デッキのプライベートテーブルを開いて欲しいというと
承諾してくれたモノの、ちょっと時間をください、としばし待たされました。

すると、来ましたよー、女性のディーラーが。

AOさん  「ハァーイ!よろしくねー」
女性ディーラー 「(ニコリともせず))・・・・・・・」(無言・・・・)

AOさん  「こいつ多分、エースディーラーですよ。
       それで今3曼陀羅持ったカモが来るから、少なくとも半分は
       カッパイで来い、って言い含められてるんですよ」
私     「ほんと、全くニコリともせず、そんな感じやね~」

で、勝負が始まる前にカクテルガールが来ました。

AOさん   「君のステキな笑顔に乾杯したいから
       ブラディーマリー、二つ持ってきて」
といってポンと$100チップを渡します。


かっこよ杉、AOさん!


そして勝負が始まります。
とほぼ同時に、超特急で飲み物がやってきました。
普通、入れ物はロックグラスのような、背の低い入れ物なのに
何せ100点チップでしたから、シェークを入れるような
背の高い入れ物に入れて超、大盛りです、w
しかも、濃い~、w。

粛々と、そして淡々とチャンスをうかがい、適時ベットアップをして
少なく負けて、大きく且つ展開で、かなり勝つ良い展開です。

そんなとき、あの販促がやってきます。
販促  「BBさん、私のボスに告げ口しましたねー」
私   (なんや、そんなこと言いにきたんかいなぁ・・・)
    「そんなん、しらんワイ」
販促  「ボスに叱られましたよー」
私   「ほーかい」
AOさん 「そないゆうなら、あのチップ、返したって」
販促  「さよならー」
と、サックリ、居なくなってしまいました。

そして、勝負は終わりました。
案の定、プロモチップオンリーだったので、ワンシューで終わりました。
まぁ、納得は出来ないまでも、しっかり勝ちました。

その後鮫ちゃんが起きてきて、3人でホテル内のステーキ屋に行きます。
先ほど販促が、AOさんの部屋に付けてくれればお祝いですから
どんどん食べてください、と言われたのを良いことに
目一杯、高いモノに行きます。

まずシャンパン。
生まれて初めて呑みました、
クリスタル’97。$600。
d0057029_2305355.jpg


前菜。
d0057029_2311345.jpg


ステーキ、トッピングはフォアグラ。
d0057029_2312527.jpg


こんなにレアーで。
d0057029_231386.jpg


で、高~い、赤ワインも。
d0057029_2315227.jpg


あー、お腹いっぱい。
その後クラップス30分で、300バイイン、1000点アウトと
AOさんのシューティングで稼がせていただきました。

遅くなったので、AOさんは部屋に引き上げ
良いとこなしの鮫氏、取り返したい~、でも酒抜かないと~、
ってことで、ポーカー2/4リミットに。

1時間半で私は50ドル稼いで、鮫氏・・・・・・(省略)。

酔いが醒めてきて、BJに。
私は400負け。鮫氏きっちり取り戻し、
全体の負け50%まで戻して、終了。

帰りに、フォーチュンスロットで鮫ちゃん勝負。私見学。
しかしフォーチューンにきても、2桁のスカばかり。
あまりに良いこと無いのでフォーチューンが来たとき
私が替わりにフォーチュン回すとしっかり、200に停まり、
鮫ちゃんに60点の小遣いを貰った。

サンキュー、鮫ちゃん!!


楽しい旅もコレで終わり。
次の日、リモで鮫ちゃんと空港へ。
d0057029_2322373.jpg





かなり引っ張りましたが、最後まで読んで頂いて有り難うございました。

また再来週から、LVです。
よろしく~。


PS
ちなみに明日は番外編です、w。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-10-03 23:20 | 旅行 | Trackback(7) | Comments(7)
ベガス SEP'07 4日目&最終日 PART2
ベガス SEP'07 4日目&最終日 PART2

さてその販促の話を聞く前に、一度チップをおきに
AOさんが部屋に戻りました。
なので、私と鮫氏が先に話を聞いてみます。

私  「さてその方法とは、なんですか?」
販促 「簡単なんですよ~」
鮫氏 「どのゲームですか?」
販促 「それはね、ルーレットですよ~」

ルーレット。
どおするんだ?
だって、赤青に賭けるんじゃ、意味無いわけジャン?
おまけにデカイチップは、崩せないんでしょ?

販促  「基本は、インサイドの数字にかけますね~。」
     
なるほど。
0が一つしかないテーブルなら、数字は全部で37つ。
配当は36倍。
数字賭けに均等にかけられれば、約97.3%還元されるわけだ。

では、崩せない大きなチップは?
販促  「それはサイドの3倍配当のアウトサイドの所にかけますね~。」
鮫氏  「でもそれじゃ、0が来たらお釈迦じゃない?」
販促  「そうです。だから良く計算して、0にも配分良く賭けないとダメですね。」


なるほど。。。
もともと、半分になることを考えれば、かなり良いかもしれない。


鮫氏  「ホントにうまくいくのー?」
販促  「大丈夫ですよー。前にやっぱりプロモチップを獲った日本人社長に、
     私の言うとおりにしたら、ちゃんとローリングできましたからー」


ほほー、
実績有りなのかよー。

このヒントと実証済みという事実で
下がりきっていた、私たちの気持ちも、↑↑



すると、どうだろう。
AOさん、お祝いをゲンナマで1000点を束に、販促にチップを上げます。

販促(大喜びで)「ありがと、ござぁます~!!」
相変わらず、変な日本語だ。

けど、
AOさんって、スゲーなー。
(今思えば、うまくいってからでも良かったんだけどねー)



そのうち販促は携帯電話が鳴って、席を外した。
販促が居なくなり、我々3人はこの
↑↑↑
とか
↓↓↓とかのジェットコースター気分に
少し疲れていたとはいえ、ようやく出口が見えてきて、
かなりの幸せを噛み締めることができてきた。
なので、後ろを振り返る余裕が少し出来てきた。


私  「でもさー、リバイして良かったよねー」


実はAOさん、1回戦であっさり終了したとき、
AOさん「このバカラゲーム、つまんね。
     まず、絞れないでしょ。
     で、20ゲームしかないでしょ。
     優勝金額くらい貰わなけりゃ、バンクロールに影響しないし
     おまけに勝っても現金でもらえないんじゃ、つまんね。も、寝る。」
と、まるっきりやる気↓↓↓だったのです。

するとリバイ情報がはいって、3人に2人が勝ち抜けると言うではないですか。
私自信も少しつまらないとは思っていたのですが、コレを聞いてやる気が出てきました。
でもそれを聞いても、今ひとつぱっとしないAOさんを、プッシュしてみます。

私  「やろーよー」
AOさん「えーーー!

    んーーー、

    じゃ、やりますか」

そうなんです。
「じゃ、やりますか」
ってひとが、
優勝なんですよー。

プレイヤーの中には、結構マジモードの人も居ました。
ほんと、人生ってわかんないモンですねー。




で、AOさんがいきなりこう切り出します。
AOさん 「鮫さん、BBさんもコレ、応援有り難う&お祝いで」
というなり、ゲンナマで同じ1000点をそれぞれに渡されます。

鮫氏  「えっ!?良いんですか?」
AOさん 「いいんですよー。」
私   「大杉でしょー!」
AOさん 「いいんですよー。」
鮫氏  「コレで復活のタマが出来たなぁー、ウレピーー!!」
AOさん 「いいんですよー。」←(あ、コレは言ってなかったかな?w)


ともかく、
AOさん、ありがとーーーー!!

さて、先のヒントでどう控除率を抑えるか、AOさんはプロモチップを取りに部屋に帰り
ハイリミットゲーム裏のミーティングルームで待ち合わせ。

プロモーションチップを数えてみると、なぜか2万8900点しかない。
実は、3万貰ったときにディーラーなどに、チップを渡していたのだった。


私  「さて、どする?」
鮫氏 「大きいチップのサイド賭けは、控除率が高いように思うんだよなー」
私  「でも崩せないしなー」

鮫氏 「一番良いのは、1000点チップが一番大きいから、
    数字の37点、全部に1000点ずつ賭けるのが良いんだよねー」
私  「でも、2万8900点しかないからネェ。28点しか賭けられないよ」

ここまで黙っていたAOさんが、口を開きます。
AOさん「足りない分は、キャシュチップで用意したらどうですか?」
鮫氏 「それがモチロンいいよねー。でも、あと8100点もどうします?」
AOさん「・・・・・用意します。それくらいならあります」

AOさん、かっちょえーーー!!

これで3人の気分は、すっかり↑↑↑

で、おもむろにAOさん立ち上がり、
AOさん「今から部屋に戻って、足りないキャッシュを取ってきます。
    ここにプロモーションチップはおいておきますから、
    BBさん、見張っておいてください」

私   「・・・・・・・・もって逃げて良い?」w


そして彼が戻ってきます。
鮫氏 「まず、ルーレット台でチェックポイントをおさらいします。
    1点マックス賭け1000点以上。
    00が無いこと、ですね。」

AOさん、私「オッケー!!」
 
で、ハイリミットコーナーを見ると、ルーレット台が有るじゃないですか。
もうその時、普段しないルーレット台が、換金台に見えてきましたね。

そして、先ほどのチェックポイントを確認。
1点マックス賭け制限や00の有無、問題有りません。

さてまずは、AOさんが持ってきたキャッシュをチップに替えます。
そして手にした8100点のキャシュチップと、プロモーションチップを
合わせてから、賭けやすいように1000点ずつ37つに分けて、
鮫氏、0から12まで担当。
私、13から24まで担当。
AOさん、25から36までを担当、で
ひと勝負、3万7000点のまず負けることがない
大勝負に出ることにしました。

鮫氏 「いやー、こんな大きな勝負見たこと無いから、
    頼んで記念写真、撮っちゃいますかー?」
なんて、チップ整理しながらも、ノリノリです。

そして、チップも分け終わり、いよいよ勝負の時が来ます。
皆で一度深呼吸。

そして黙々とそれぞれの数字の所に、賭けて初めていきます。
他にお客は居ません。
我々だけでこのテーブルを独占します。

コレでもう数分後には、
ほぼ全額をキャッシュチップを手にすることが出来るわけです。



ところがー!!


この作戦は失敗に終わります。
なぜなら、それは・・・・・・。







ええ、いつものように長くなりましたね。。。。。。
では、この続きは次回、と言うことで。。。。。






はい?
ダメだった理由が解る、って?

はい?
それは掛け金の総額、つまりテーブルマックス超えたから、でしょ?って?



いいえ、違います。
そんな簡単なことで、こんなに引っ張りません。



もっと、

ドンだけ~


っていう、
全く想像もできない理由で、失敗に終わるのです。




はい?
ハウスが一気に回収するために、ルーレットの白いボールが無くなった、って?

違いますよー。
それじゃ、ギャグですよー。

そうでは、ないんですよー。







あっ、別にこれはクイズでは有りません。
でも勝手に予想して、コメントしていただけるのには、拒みません、w。


ということで、この話の続きは又明日。。。。

(引っ張りすぎ?)
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-10-02 23:14 | 旅行 | Trackback(3) | Comments(4)
ベガス SEP'07 4日目&最終日
ベガス SEP'07 4日目&最終日

モンテカルロホテル&カジノ、
バカラトーナメントの決勝は午後5時から。
準決勝終了から開始までは、まだ1時間くらいある。

それまで完全、暇な私。
と、完全やられモード(持ち金の85%やられ、wなし)
と鮫氏と明日の帰国までに、彼がどう取り返すのか、二人でミニ会議を開く。

鮫氏 「実は良い考えがあるのです」
私  「へ?バカラオールイン?」
鮫氏 「ここは一発逆転しかない!!」
私  「どすんの?けどさバカラのオールイン1回や2回じゃ負けはとりもどさへんで」
鮫氏 「そうです。だからそんな事はしないです。
    だから・・・それは・・・・
    ポーカートナメ、なのだーっ!!

そうです。
バイイン高めのポーカートーナメントで、運良く1位になれば、
その賞金は曼陀羅は超えるわけで、そりゃ取り戻せますわな。

けど、このバカラトナメが終わってから始まる、
そんな都合のいい大会が有るのかどうか?

ネット環境がない鮫氏は、私がPCを持ち込んでいることを知っています。
鮫氏「ではBBさんのPCで調べましょう」

ということで彼は私の部屋に乗り込んできた。
ところが、鮫氏はお疲れなのか、来るなりベットに俯せで、
はたまた、過去を振り返りなのか身じろぎもせずに完全反省モード、w。
その間私が、シコシコと検索をしてみた。

で、そこはやっぱりベガス。
週末と言うこともあり、そんな都合のいいトナメが有るんですよね。
でも、そんな賞金が高いトナメというのは終わるまでに
普通7~9時間くらいかかります。
で、明日帰国の鮫氏は迷い始めますが、とりあえず
アオさんのトナメが始まりそうなので、一足先に彼が先に会場へ。

鮫氏の迷い具合を見て私も、もう少し他にないのか
引き続きネットで検索をしてみます。
で、いくつか該当を見つけそのメモを手に、ちょっと遅れてトナメ会場へ。
すると、アナウンサーの声がマイクを通して聞こえてきます。
で、なんだか盛り上がってます。
よく見ると、AOさんを含むプレイヤー同士が握手を交わしています。
ちょうど着いたときには、トナメが終了だったのです。

(ホホー、AOさん、こりゃ結構良い順位、獲ったかなー?!)
私は直感的に、そう思いました。


で近寄って様子をうかがうと、

オイオイ!!なんと!!









AOさん、優勝~!!




スゲー!!



カシノが手配しているプロらしきカメラマンが、
AOさんを撮り始め、そこに鮫ちゃんも肩を組んで
写し始めてるじゃないですかーー!!

モチロン!!

私もダッシュで駆け寄り、記念撮影に収まる、w。
そして今度はカシノ内でしたが許可を得て、私のカメラで撮影。
d0057029_2142558.jpg



AOさん、販促とも記念撮影。
d0057029_214368.jpg



彼の手にあるのが、3曼陀羅分のプロモーションチップですわ。
やったねー!!AOさん!!

私ら3人の気分はモチロン↑↑

今晩のディナーには、「ドンペリ様」が必ずお供であることを
私は確信していました。


ところが!

ある危険な事実が発覚します。
それはこの賞金のプロモーションチップの利用方法なのです。

確か、貰ったチップ構成は
1000点チップが10枚、500点チップが30枚、100点が50枚
位の割合なのだが、
まずこれは、キャッシャーに持っていっても現金にならない、ということ。
いわゆるノンネゴ、なのだ。
つまり何らかのゲームをして、勝ってキャッシュチップに変えなければならない。

まぁ、でも、ここまではいい。


しかし!!

ここのルールはそれ以外にも、
1000点チップを100点チップ10枚に両替できない、
と言うルールがある、ということが解ったのだ。
ということは、1000点チップはそのままの、
1点=1000点勝負をしなければならないというわけだ。

高いー! 高すぎるーー!!

さらに悪いことに、賭けたプロモーションチップは、
勝とうが負けようが、回収されてしまう、ということ。
つまりルーレット(0や00と賭け金制限ががないとして)で言うなら、
赤と黒に1万5千づつおけば掛け金は合計、全額の3万点。
で当然、どちらかは勝つのだが、賭けた3万点は全部回収され
戻ってくるキャッシュチップは、1万5千点にしかならない、
つまりは賞金が半分になってしまう、ということなのだ。

ナント、言うことだーーー!!

貰った賞金は、普通にローリングすると
半額になってしまうのかよーーー!!


コレを聞いて、我々3人の衝撃はもう・・・・・↓↓↓
気分はすっかりブルーです。


これじゃ、優勝賞金は、
3曼陀羅じゃないじゃないかー


と、やり場のない怒りを販促に喰いつくと、、、、


さすがは販促、解っている。

販促「実はいい方法があるのですよ。私がアドバイスした方法通りにプレーすれば
   間違いなく、ほぼ3曼陀羅のキャッシュチップを手に出来ますよ。うふふ。

   それでは皆さん、私がコーヒーおごりますから、コーヒーショップへ行きましょう!!」

ともう、その時は彼女がなんかの宗教の教祖様に見えまして、
イソイソと3人は後を付いていきます。

そして彼女は我々3人を従えて、フードショップのスタバで
コーヒー4つを買い込み、皆で雁首をそろえミーティング開始です。

さてその方法とは・・・・・。









しかしこのあと、我々は思いもかけない事態に遭遇します。











ええ、いつものように長くなりましたね。。。。。。
では、この続きはまた次回、と言うことで。。。。。





はい、
この話の続きはもっとおもしろいので、遠慮なく引っ張らさせていただきヤス。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-10-01 21:54 | 旅行 | Trackback(4) | Comments(10)