もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

つけめんとポーカー
つけめんとポーカー

先日の大森で取った権利行使の日がやってきた。
神保町で、決戦なのだ。

でも
腹が減ってはイクサが出来ないのだ、w。

というわけで、
神保町「麺者、服部」に、開始前に腹ごしらえ。
d0057029_138859.jpg


券売機で、『盛り合わせじゅーしーつけめん』(940円)を買う。
店内はカウンターのみのこじんまりとした店で、BGMはボサノバだった。

およそつけめんを食べてことがないので、どんなモノか、
興味があった。
d0057029_1383284.jpg


見ての通り、海苔、味付き卵、メンマ、ちゃーしゅうが乗っている。
面はいたって普通の中細麺だ。
ちゃーしゅう、メンマがお疲れで、減点か。
スープは焦がしネギ(?)も入ってる、魚介系豚骨だが、
ぬるい。で、塩辛い。
スープ割りも、悪くないけど印象に残らない。

ま、腹ごしらえもできたので現地へ行くとすでに1stは始まっていた。
ただ、ラストテーブルバブルでさっくり飛んだ。

問題は、2ndで優勝しなければならないのだ。
全部で4テーブルたった。

何とか凌いで、平均チップより少し下で最終テーブルにたどり着く。
新たにボタン決めをすると、ラッキーにもカットオフに。
ところがディーラーのミスで、9枚めくらないといけないのに
8枚しかめくらず、他のプレイヤーからクレーム。
こっちも「もう決まったん、ジャン」とクレーム返しをするが
あっさりもう一度、めくり直しに。
で、UTG。
オイオイ・・・。

ところが、カードはAK。
オールインをすると、2人ついてきて、K落ちで、ガッポリ建設。
セカンドか、サードチップリに。

で、1周回ってきた1000/2000のSBで、QQが入る。
ミドルのダントツチップリが、ミニマムレイズ。
私、上に2600点載せて、オールイン。

BBのN○co様、考えてフォールド。
チップリはコールで、出てきたハンドQJo。

ま、普通に私90%対、相手10%で勝ちですわ。
フロップK9xでダイヤ2枚。
ターン、xd。
相手のハンドにダイヤなし。
わたし、しっかりQd押さえてます。
この時点で93%対7%で勝ちですわ。

リバー、T。
しかも、ダイヤじゃないし、w。





ちょうど昨日、アメリカでライブを
しゃかりきに打っている方のブログを読んでいた。
その方もバッドビートの嵐に遭遇していて
メンタルコントロールに苦心されているとのことだった。



で、今日の負け方。
ま、ポーカーではまま、あることだとは思う。
でも、帰路の電車の中では、本を読んでいても
このことばかり考えていた。

「もしこの状況が、リアルマネーで、しかも
デカイ勝負だったら、メンタル崩壊しないでいられるか?」
ということを・・・・・・。

すべての勝負を勝ち続けるポーカープレイヤーはいない。
こんなバッドビートを、喰らうのがイヤだったら、
ポーカーなんて、出来やしない。

だから、こんなことぐらいはリアルマネーであっても
乗り越えられないと、自分のポーカーの腕前は決して上がらない、
ということを、ずっと考えていた。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-07-31 23:59 | POKER
豚カツとポーカー
豚カツとポーカー

昨日、EJPCのサテのサテの権利取りで、
初めて大森のここに行って来ました。

で、ゲームの前に腹ごしらえしようと思い、ネットで検索すると、
美味しい豚カツ屋があるという。

大森・とんかつ「丸一」

前回蒲田の豚カツを食べて美味しかったこのお店と同名。
これは姉妹店かと思い早速、行ってみた。

大森の駅からはホントに近く、東口から歩いて数分。
おもしろい店で、夜は19:30で営業終了という早じまいの店なのだ。
で、ゲームも19:30からなので18:50頃に店に着く。
店前
d0057029_12431784.jpg


ところがっ!!
入り口にはこんな札が・・・。
d0057029_12433579.jpg


「本日は閉店いたしました」

あれーーっ。やば。


ところが店内には、人が沢山いる雰囲気がある。
で、のぞいてみると、やはりほぼ満卓で客がいる。

「あの~、もうおしまいですか?」と声をかけると
おばさんと若い店主風の人が顔を見合わせ、
「ホントはおしまいなんだけど、とんかつ定食で、ならいいですよ」
といってくれた。
ラッキー。

で、でてきたのがこれ、一番ベーシックなとんかつ定食1300円。
d0057029_12441780.jpg


蒲田と同じようにみそ汁は、豚汁だ。
コロモの付け方が、蒲田のに良く似ている。
なかなか美味しい。
でも辛口甘口のソースが、どちらも甘め。

まぁまぁ肉厚もあるのだが、蒲田と比較すると
むこうは上ロースだったので、高いけど肉質がよいことがあったのと、
揚げ方が、大森の方が仲間でしっかり火が通ってしまっていることを考えると、
私は蒲田の方が好みだし、食べたときに新鮮な驚きがあった。
でも、美味しいことには間違いはない、チャンスが有れば
もう一度きて、違うメニューも試したいとおもった。

店の方に蒲田と同名な事を聞くと、
「向こうの方がここで修行していて、親父さんと懇意なので同名の店舗にしたらしい」
とのことを聞いた。

調べてみると、ここで修行して今独立している繁盛店がこの他も
鈴文、蒲田
丸和、関内
という店があるらしい。

で地元、関内の豚カツ屋を調べてみるとこの他にも
有名な勝烈庵や伊勢かつ、かつ半等という店も丸一とはちがう
美味しい店らしいことを知る。ま、勝烈庵は、たまにいくけど。

で、お腹もいっぱいになり、ゲームをしに行く。

入店チャージ 300円
ポーカーチャージ 700円/日
エントリーフィ 500円/回
で最初に合計、2,000円を払う。

この日2ゲームあり、どちらも上位2位までが7/31の出場権を得る。
1つ目、参加11人で、既に出場権を得ている人もいるので安心していたら、
権利の繰り下がりは無いという。
目の色、変わりました。
上位2位以内が、絶対条件です。

が終わってみると、1つ目で優勝。
任務終了でした。
豚カツ喰うと、やっぱ縁起がいいのか?

ここで帰っても良かったけど、それではお店がかわいそうなので、
2nd、おまけの3つ目も出てしまいましたが、1stで任務終了では
結果はもちろん、ぐたぐた。

費用ですが、3rdのエントリィフィ500円と、ウーロン450円で、
チケットや、コインのバックはないので
都合2950円+交通費と、なりました。

ま、とりあえず7/31は、頑張らねば、ということになりました。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-07-28 12:51 | 食べ物
書かねばなるまい、日本代表
書かねばなるまい、日本代表

暗黒のジーコ時代のおかげで、すっかり代表には冷めていた私です。
オシムになって、ホントなら諸手をあげて、と言いたいところでしたが
どうも乗り切れずにいました。

そして今回のアジアカップ。
ちょっと斜め入っていたけど、ちゃんと見ようと決意し、スト杯もお休みしました。

メンバーだけど、
登録23人中、ナントDFは4人しかいない。
3年後のワールドカップを考えれば
世代交代を進めるべき日本が(オシムもそういってる)、
その4人のうち、中沢(実質30才)、坪井(28才)がはいっており
しかもこの2人とも、CBなんですけど。
残りの2人はSBの駒野、加地と言うメンツ。

オシムはポリバレント(複数にポジションをこなせるの意)な
選手がいるから大丈夫だと言うけど、ホントにそうか?
なんて思っていたら、やっぱ、失点の嵐。

阿部をCBなんて、残り10分とかいうなら良いけど
1試合フルに使うなんて、そりゃむりだろ。
かわいそうに、失点はほとんど阿部のところだったネェ。

それとボランチ。
なんであの2人なんだろか。
フルコートで見れないから、何とも言えないけど、
私の希望は、今野、阿部で決まりなんだけどナァ。
運動量、守備、シュート力、判断力ともに
あの中では、この2人を使わないでどすんだろ。

FC東京もリーグ序盤、CBいなくて今野に回したけど
やっぱり失点が多くて、今の日本代表みたいだったネェ。

遠藤は予定通りの動きを見せていたけど、シュンスケが
試合をおうごとに疲労からか、ちょっと物足りなくなっていったナァ。

FWはなかなか頑張っていた。
高原はもちろんだけど、巻も役割を果たしていたね。

それと川口はやっぱり、川口だった。
PKは抜群に強いね。

なんか全部結果論になっちゃったけど、
あんな試合中、怒っていたオシムは初めて見たナァ。
やっぱ相当にプレッシャーかかるんだろうな。

それにしてもオシムは、ジーコよりも
メンバー固定にこだわっていたな。
このクソ暑いところで、中3~4日で試合が続くんだから
ターンオーバー制に近いものでいかないと
まずくねぇのか?

ま、初戦カタールに引き分けて
そんなこと言ってられなくなっちゃった、
っていうところなんだろうけど。


さて次は、次回11年大会のシード権もかかる負けられない戦いの韓国戦。
しかも今回移動があって、通常7時間でいけるところが30時間かかっているらしい。
30時間有れば、日本から、ブラジルまでいけちゃよ、w。

とはいえ、日本もフレッシュなメンバーがでてきそうだし、
相手も相手だからおもしろいかも。

こりゃジャンプス、いけねぇかも?
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-07-27 10:54 | サッカー
マニラ 4日目
マニラ 4日目

朝、目が覚めて床にいると電話が鳴り、
コパちゃんから、ブランチしようと誘いが来た。
全員カジノ集合だという。

シャワーを浴び、カジノに降りていくと
ほぼ皆居る。で総勢10名で、いつものお粥屋へ。

しっかり食べてその後、エアポートカジノ組と
ハイアット組に分かれる。
ポカするつもり無かったので一端、ハイアットに戻るが
すぐに、数人でエアポートに行くことに。

エアポートでは、先発隊がすでにポーカーをしていた。
そのとなりでコパちゃんらと、バカラる。

結局夕方7:30までここで、バカラったが-4500P。
都合、1万P負けている計算だ。

で、ハイアット組と、いつものスペイン料理屋で、合流。
シャークサンの愛馬完勝記念祝賀会で、完全ゴチになった。
スパークリングワイン、何本空いたろ?w
シャークサン、おめでとうございます&ごちそうさまでした。

で、御食事後はハイアットに戻り今まで、ごりバカラ。
途中万ペソ賭が成功したのが効いて、都合21KP勝ちに復活して終了。
勝って終わるって、やっぱ気持ちいい。

明日昼便で、勝ち頭のシャークサンにPを両替して貰い部屋に戻る。


やっぱ、バカラは楽しいなぁ。
お酒呑んでもやれるし。
それでもポカも楽しいけど。


で、明日は帰国。
ヌーボーさん、サノさんが一緒の早朝便。

台風の影響はないか、ちょっと心配だけど。
と言うことで、マニラ編、終わります。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-07-16 03:00 | 旅行
マニラ 3日目
マニラ 3日目

昼過ぎにパンパシをチェックアウトをして、
またもハイアットにチェックインしに行くが、
今日は混んでるようで、部屋がまだ空いていない、とのこと。

荷物をクロークに預け、ロビンソンへお買い物に出かける。
狙うは、DVD・CDとサングラス。

ねらいのモノをいくつかゲットして食事をしていると、
コパッチから到着の電話が入った。

ハイアットに戻るとちょうど彼らもチェックインするところだった。
私も鍵と荷物をピックアップして、部屋に行き、カジノへ行く。

今日はAPPTのサテライトだ。
でも、いいところなく負けてしまった。
ナント、サノさんが4位に入った。

この日は結局バカラの出入りでー5500点くらいで終了。


あー、眠い、w。







なんだか眠くていい加減な記事になってしまいました。
スイマセン。

では又明日。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-07-15 03:50 | 旅行
マニラ 2日目
マニラ 2日目

昨晩、元々あった3万Pを元手に、バカラに。
時刻はすでに1:30だったので、あまり長居はしたくない。

見渡すと、どのテーブルも満席なので1Fの新しいテーブルを開けさせた。
華人は、テーブルを開けさせた者は負ける、と言うジンクスがあるらしく
なかなか新しいテーブルを開けたがらないが、一端開くと人が集まってくる。
この日もそうだった。

しかしなかなか賭けてこない。
私の人間罫線を見ているのだろう。
この日の私は良くも悪くもなく、ほぼ1KPのフラットベットで
増えも減りもしない状態で、10ゲームぐらいを終えた。
遠巻きにしてた博徒達も、開始からほぼ五分のホシを見たのと、
罫線がだんだん出てきたので、次々に座り初めて賭け始めていった。

私は相変わらずのフラットベットだったが、2つとなりに座ったおじさんが
持ち玉7万Pのうち、5万Pの大勝負に出た。
そしてそれを取ったのを見て、私も追いかけ勝負に出たが1回目は負け。
しかし2回目以降は、たびたび勝負玉を取って、
しかし様子見小玉で負ける、まずまずの展開になっっていった。

このとき、時計を見るとすでに2:50。
持ち点は41KP。
ここで良い罫線が出てたので最後、Pに4KPを賭け、取った。
そして、シューも終わりそうだったが、初日だったので手じまいにして
15KPの勝ち確定で終わらせた。


そして一夜明けた今日、3Fのカフェで朝食を取る。
ここハイアットは何度も来ているが、初朝食だった。
d0057029_32186.jpg


バイキングで、和洋中のなかなかの品揃えで
泊まりの場合これで$10なら、その価値はあると思った。
ちなみにPだと850みたい。

そして部屋に帰りパッキンを済ませ、バックはおいたまま、
両替屋のエドゼンへ。
で、エドゼンだがいつもいるはずの、
ショットガン携帯のガードマンが居ない。
以前このエドゼンは、強盗に襲撃されたことがあったはずだ。
ちょっと怖かったけど、仕方ない。

レートは3752。過去最低だ。
ホント円が今、弱い事を認識する。

両替を終え、ホテルに戻りチェックアウト。
今日は斜め前のパンパシに宿換えだ。
で、又明日から2泊このハイアットに戻る。

なぜこんな面倒なことをするかと言えば、ポイントだ。
今マニラはポイントが大きく、今回の2滞在で
次おそらく1泊分がタダになるかも知れない、からなのだ。

で、パンパシに移り、ジムに行き自転車などで1時間ほど汗をかき
部屋に戻ってみると、外は雨。
すると電話が鳴る。
日本人スタッフからで、何かありますか?と聞かれたので
ポーカートーナメントについて情報を集めてくれ、とお願いしてみた。

するとハイアットの情報がすぐに来て、
毎週水曜日が8:00から
毎週土曜日が4:00から
APPTのサテがあるという。バイインは1800Pだ。
なお、8/18には、2500ドルイベントを組んでいるという情報も入った。
ただしエアポートは連絡がつかずもうちょっと時間が欲しい、とのこと。

少し休んでいたが、連絡がないので、食事に行き
その後ハイアットに行った際、再度確認をした。
サテはリバイトナメで、1R30分、4Rまでリバイが出来る@1500P。

で、ここでは打たずエアポートに移動。
前にあったポーカールームはもう使っていなく
その前の広場のようなバカラ台をどかし、
全12台の即興ポーカールームが出来ていた。
話を聞くと、今日はレディストナメで
今週は少なくともAPPTのトナメはないようだ。

で、聞いてる矢先に「25-50」が開いているから入らないかと
半ば強引に、ライブを打つことに。

2000バイイン+2000おかわりで、7:00~1:00まで打って
全溶け、w。
ポカやるつもり無かったのに、なにしてんだろ、オレ。

ま、これでP国仕様も少し解ったから
明日のサテの準備だったということにしよう。

業務連絡:明日来られる方へ
トナメ参加ならハイアットで4:00ですから、
気を付けてくださいねー。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-07-14 03:06 | 旅行
マニラ 1日目
マニラ 1日目

年初以来、今年2度目のマニラだ。
特典で来ることになったので、今日出発だ。

新しくできたラウンジ。
d0057029_1593314.jpg


ここにはシャワーもある。
で、まったり。
d0057029_1595793.jpg


軽食も改善されている。
d0057029_20173.jpg


出発は1時間20分遅れ。
更に台風の影響で、西から回り込むルートになるらしい。

食事。
d0057029_202964.jpg



これも改善されている。味は良くないけど、w。

今回は、ポカ漬けから、バカラに浸ろうと思っている。
でも、来月のAPPTのサテとかやってるらしいんだよなぁ。

さてさてどうなる事やら。
今から出撃してきます。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-07-12 23:58 | 旅行
厚顔無恥?それとも頭脳プレー?
厚顔無恥?それとも頭脳プレー?

先日、APPTの日本サテの最終出場権利獲得のため、
私は、六本木まで行ってきた。
このトナメで3位以内に入れば、その出場権利をゲットできるからである。
だから参加者のほとんどは、この3位以内を意識してプレーしていた。

今日の記事はこのときのA君のプレーが目立っていたので、それを書いてみた。

この日は、4テーブル立っていた。
ルールはNLでリバイが4ラウンドまで出来るテキサスホールデムである。

A君が最初座ったテーブルは、激しくチップが動き、そのためリバイが行き交い
他のテーブルを遙かに引き離すほど、テーブルチップ量が多かった。

A君は序盤KK、JJなどが来て順調にチップが増えた後、
結局最終テーブルの9人まで運良く、残ることが出来た。

この時点でA君の持ち点は、約16,000点くらい。
アベレージが多分12,000点位か。
1000/2000でゲームは再開。

A君、SBでA9。全員フォールドで来たので
BBに対しブラインドの2000+残り5000でオールイン要求し、
BBのJ8に負け。

残り8人となり、2000/4000に上がって
A君BBで89c。
残6000点のミドルの女性がコールで、彼女残2000点。
全員フォルドで、A君のこり4000点。チェック。

ボードAJ8o。
A君チェック、彼女ノータイムオールイン。
A君、コール。
彼女、Q6。
ターン、T。
リバー、K。   マジ?

で、A君残2000点。
次のSBでは強制オールイン。
ところが全員降りて、BBとヘッヅ。

笑っちゃうことに、ここでチョップとなって、
残り2000点のまま、ブラインドをなんとか越すことができ、
ボタンになることに。残り8名はかわらず。

しかしここで事件は起きたのだ。

この間にブラインドが3000/6000に上がっており、
次のブラインドは4000/8000で、残り4分ほど、という。
その次もたしか、10分間隔で5000/10000に上がるという。

皆のアベが12~13000位なのだから、
チップリ、セカンドチップリを除いて、
次やその次の上がったブラインドならば、
ほぼ全員、自然死状態になるのである。

で、このときA君はボタンの位置でした。
A君が今日、ここに来た理由は3位以内奪取です。
なので、A君はある決断をします。

「毎ハンド、時間いっぱい長考の末、プレミアハンド以外マック作戦」

です。

つまり、2~3分黙ってじっと動かず、
長考のポーズを取って、動かないわけです。
ただ、テーブルの進行を遅らせて、ブラインドが上がるのを待ち、
自然死により人数を無理矢理、少なくさせていく作戦です。

テーブル周辺には総勢20名以上、ギャラリーがいます。
長考作戦1回目は、ギャラリーもプレイヤーも
「しょうがないなぁ」みたいな感じでした。

しかしギャラリーは皆、ゲームの進行を見たい、次のハンドが見たい人たちです。
さらにプレイヤーともなれば、さらにブラインドが上がるのが怖いはずです。
なので長考作戦は、本人以外はかなりアタマに来ると思います。
なので2回目、3回目になると明らかに周りの反応や視線が厳しくなります。

プレイヤーのひとりからは
「オンラインならzzzzzzzzzって書かれるよね」
などと言われてしまいますが、じっと我慢しています。


視線が厳しい?

いえ、もうそれは、

イタイ

と言った方が適切なくらいです。

でもA君は、結果を手に入れるために、
心を鬼にして「長考作戦」を実行しました。
毎ハンド、与えられた2分30秒をしっかり時間を稼いでマックしていきました。
しかし、この「長考作戦」には、ディーラーまで切れて、
「持ち時間は1分に、短縮します」と告げられてしまうほどでした。

でもA君はめげずに、続けていきます。

そのうちA君の思い通りに他のプレイヤーに自然死が訪れ
一人、二人と飛んでいきますが、まだまだです。

そして残り4人となったところで、遂にA君にBBがやってきます。
今飛ぶと、バブルです。
5000/10000で、2000点ですから、当然強制オールインです。
一人リンプしてきます。
なので、6000点がファーストポットとなります。

そして、A君は予定通りこのファーストポットを手に入れます。
なので残り4人は変わりません。

次のSBでA君は、ブラインド支払い後1000点残しでしたが、
UTGのSさんがレイズ。
A君は、あっさり降りて、BBがジャストオールインコール。

SさんKQ。BBはQ8。

フロップ
Q8x。
ターン
K。
リバー
rag。

ということで、BBが飛んで、A君1000点残しで、3位以内確定。

結局A君は、最終的には2位となりました。



皆さん、賛否両論、お有りになると思います。
この「ブラインドアップのための長考作戦」

結果重視、ルールの範囲内であるのだからこのプレーは、お見事?
それとも、潔くないし、周りも待ってるんだから早く決着しろ!
って方ですか?

どしどしご意見、お待ちしております。

あ、A君がだれか、ってコメントはご容赦下さい。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-07-11 02:31 | POKER
サッカーデイ
サッカーデイ

昨日は久しぶりに、1日2試合を観戦。
サッカー漬けになった。

朝9:00からU-20日本代表戦を、TVで観戦。
やっぱ、サッカーは生中継がいいね。
録画はどうも、臨場感が、ねぇ。

確か、きのうやったナイジェリアには、つい数週間前に
1-5(?ちっと怪しいけど)くらいで、
こてんぱんにやられてたはずだった。
しかし、昨日はしっかり0-0で締めていた。

でもこのU-20。なかなかだねぇ。
なんか日本が目指すべき方向性が、しっかり体現されていたように思う。
しっかりした技術、相手を上回る運動量、最後までとぎれない集中力、などの
ベースにたった上で、フィジカル面で負けがちな日本人が
相手の弱点を探してそこをつく、といった戦術面に磨きをかけることで
まだ若く抜群のフィジカルと個人技術を持つ、ナイジェリア代表と
しっかり戦えていて、大変好感を持った。

さて今日はA代表のアジアカップ初戦だが、
今ちゃんが出るみたいだ。ちょいと楽しみ。


で、夕方からバンジーとスクーター2ケツで三ツ沢に。
ナビスコカップ マリノスvs東京

2,3日前にローソンなどで券を探すと、SS以外アウエィは売り切れ。
仕方なく、柄でもないけどSSで見てみる。
満員かと思いきや行ってみると、SSはまだかなり空いていた。

試合は、ノリ~オちゃんが4試合連発でのゴールで1-0で快勝。
ようやく、テンポのいいサッカーを見ることが出来たかな。

三ツ沢にいってみて、昔フリエの時代は、
こんな近くで毎回、サッカー見ることが出来たんだなー、って
改めてあのときの贅沢さを、思い出した。

しかし、リチェーリ、当たってなかったね。
ポジションも中途半端だし。
ま、あれじゃ、パス出てこないの、解る気がする。

で、フクニシ。
なんだよ、あれ。
時たま重要な局面では顔を出すものの、
頻度は高くないし、相変わらず運動量、最低だし。
あれなら、まだババを見ていたいな。
フクニシのせいで1-0。
で、彼でなかったら2-1。(失点はしてるかも、w)
どっちがいいのかな。

やっぱサッカーは楽しい。
今日、ポーカーに行くか、代表見るか、悩んでます。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-07-09 16:10 | サッカー
ポーカーキャッシュゲームで喰っていく その1
ポーカーキャッシュゲームで喰っていく その1


前回の記事の食い付きが良いので、w
このポーカー○○で喰っていく、続けてみます。



ネット、リアル問わずこのキャッシュゲーム
(リングゲーム、ライブゲームという人もいる)で
喰っていく、ということを、今回取り上げてみる。


キャッシュゲームで喰っていく(生活していく)基本ラインは、こんな感じか。
1日300ドル × 労働日数20日@1ヶ月 × 12ヶ月
=72,000ドル(年収900万円)
これを下回るくらいなら、いろいろ保障があるお勤めの方が、いいんじゃない?

もう少し上見て
1日400ドル  96,000ドル(年収1200万円)
1日500ドル 120,000ドル(年収1500万円)
て、とこか。
ま、この上はキリ無し。

じゃぁ、1日300~500ドル稼げますか?
ってことを検証してみる。

1-2 NL 10人テーブルで考えてみる。
(かなりアバウトなので、ご意見お待ちしてます)
1時間25ハンドと想定する。
@1ポット、40ドルとする。
レーキ、高めに10%。ディーラーチップ@1ドル。

そうすると、
1時間、25ポット×40ドル=1,000ドル。
レーキ100ドル、チップ25ドル。
差し引き 875ドル。
平均すると、一人当たり 100ドル出して、87.5ドル受け取れる、
と言うことだから、普通の腕じゃどないもならへん。
やればヤルだけ、赤字を食らう。

で、スキルがある人(年収ベースで考えているので、単に運がいい人ではない)が
どれくらいの勝率で、トントンになるかと言えば、
人より11.4%勝率がよくて、ようやくトントンになる。

ではもっとスキルがある人、人よりの50%、勝率が高かったとしよう。
(これはかなり高いスキルですけど、w)

とすると1時間当たり、100ドル出して131.25ドル貰うことになる。
つまり、31.25ドルの儲け。
300ドル稼ぐのに、ぶっ通しで10時間やらないとならない。
400ドルには、13時間弱のプレー時間が必要になる。
コリャ無理だ。

レーキ5%のテーブルでも
300ドル稼ぐには7時間45分。
400ドル稼ぐには10時間20分くらいやらないといけない。
人より50%も勝率の高い人(1-2レベルで)が、こんな調子だから
1-2というテーブル選択で喰っていこうとするのは、至難の業じゃないか?
と思っている。

で、テーブルレートをあげる。
この上は2-4,または2-5ということになる。

そこで、2-5 NL 10人テーブルで考えてみる。
(これもかなりアバウトなので、ご意見お待ちしてます)
1時間25ハンドと想定する。
@1ポット、100ドルとする。
レーキ、高めに10%。ディーラーチップ@2ドル。
1時間、25ポット×100ドル=2,500ドル。
レーキ250ドル、チップ50ドル。
差し引き 2200ドル。
平均すると、一人当たり 250ドル出して、220ドル受け取れる、
トントンにするには、やはり人より勝率が11.4%よくないといけない。

しかし現実はもっと厳しい。
レートを上げれば、プレイヤーレベルは絶対に上がるのだ。

なので先50%勝率の良い人も、30%勝率がよいこととすると、
300ドル稼ぐのに、ぶっ通しで8時間20分。
400ドルには、11時間強のプレー時間が必要になる。

レーキ5%で、ようやく
300ドル稼ぐには5時間45分。
400ドル稼ぐには7時間40分くらいやらないといけない。
これでほんの少し、現実的な数字になってきたか。

長いので
ここまでをまとめてみると
1.レーキに低いところを探せ
2.1ポット平均100ドルになるところを探せ。
3.勝率を上げるために、ヘタッピのいるテーブルを選べ
というところか。

でもさ、平均ポット100ドルになるNLテーブルではさ、
500ドルくらいのオールインって、平気で飛んでくるからネェ。
3日間も連続してオールイン受けて負けても良い、位の精神力と
バンクロールがないと、やってけないよな。

プロって、大変だよな。



それでも、プロになりたい!!

じゃぁ、どうすんのよー???

ていうのは、また今度。

(あ、妄想で書いちゃっているところもあるかもしれないので、ご容赦)
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-07-06 16:31 | POKER