「ほっ」と。キャンペーン

もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
お気に入りブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ポーカートーナメントで喰っていく
ポーカートーナメントで喰っていく

なんて偉そうなお題目なのだが、
その道は厳しくそして、険しい。

ちなみに1年生の私の戦歴を
恥ずかしながらご披露する。

1/8 WSOP   NL Texas $500+$50    ほぼバブル、w
1/9 WPT   NL Texas $500+$50     寝坊で、失格、ww
1/10 WSOP  NL Texas $500+$50    早飛び
1/11 WPT  NL Texas $1000+$70    これまた早飛び


3/6 WSOP NL Texas $500+$60    入賞 40位 $762獲得
3/7 WSOP NL Texas $300+$40    早飛び
3/6 WSOP NL Texas $500+$40    粘ったが、着外


4/25WSOP NL Texas $500+$50  着外 
4/28WSOP NL Texas $500+$50  入賞 24位 $1426 獲得

6/6 WSOP NL Texas $2000    着外
6/7 WSOP NL Texas $1500    ほぼバブル、w 
6/8 WSOP NL Texas $1500    早飛び             

悔しいからこれを追加、w
6/11 Mirage NL Texas $430    入賞 5位 $1620獲得

合計 支出  $10690
収入   $3808

完全赤字

マイナス$6882!!


この他、旅費交通費、食事代、諸々かかるわけです。

ま、金額自体はバカラに比べりゃ、大したこと無いけど、
精神的、体力的にポーカーは来るからネェ。
補填になるコンプなんて、全く無いし。

まぁ、この経費について、当初から念頭にはあったモノの
今年は初年度だけに、実感が湧いていなかった。


しかも、よく眺めてみればバブルですが
これも、ぎりぎりの入賞だけでは
この赤字が解消されるわけではない、ということ。
つまりこのバブルにおいて
すべてぎりぎりでの入賞をしたところで赤字解消はされず、
やっぱり大きくインマネ、
つまり少なくても1回はファイナルテーブルには残らないと
しっかりプラスに転じる事が難しい、
のではないだろうか。


毎回の堅く、そしてぎりぎりインマネより、1回の優勝。
これが難しい。
トーナメントプロになるって、ホント難しい。

まぁ、プロになれば、スポンサーなんかがついて
またそれはそれで、違う次元が訪れるのだろうけど。

この平均着順が高い(毎回ぎりぎりのインマネする)ことより
1回の優勝の方が価値がある、って、
スト杯のシーズン戦に出る感覚に近いのか???





で、今後も

ポーカーで稼ぐ

ということを題材で
取り上げていこうかな、
と考えてます。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-06-26 14:00 | POKER
映画漬けの日々
ヴェガスへの飛行機がエコノミーだと、機内がヒマなので
最近レンタルDVDをするようになっている。

今回借りたもの

父親たちの星条旗
d0057029_13202287.jpg


硫黄島からの手紙
d0057029_13204463.jpg


ミュンヘン 
d0057029_1321462.jpg


ALWAYS 3丁目の夕日 
d0057029_13212557.jpg


滞在中の1週間でこの4本を見た。
上二つは、太平洋戦争の日米双方から見た硫黄島の戦いを
あのクリント・イーストウッドが監督として2本仕上げた。
特に日本側から見た「硫黄島からの手紙」は、
アメリカ人らしい作り方でなく、日本映画っぽい。
戦争映画好きには、なかなか良い映画だと思う。

ミュンヘンは、1972年のミュンヘンオリンピック事件後の
モサド(イスラエル特殊機関)による黒い九月(テロ組織)に対する報復を
描いている。

ALWAYS 3丁目の夕日 は、昭和33年(1958年)の東京の下町が舞台で
3丁目のその街に住む人々の交流を描いている。
小雪、薬師丸博子、吉岡秀隆、堀北真希、堤真一などが出演。
原作となったマンガに良く似た設定が楽しかった。



さらに帰国後、2度押しで
この1週間で3本、ロードショーを見た。

300(スリーハンドレッド) 
d0057029_13214560.jpg


しゃべれどもしゃべれども  
d0057029_1322198.jpg


ゾディアック 
d0057029_13221854.jpg


300は、紀元前480年、スパルタ王レオニダスの元に大帝国ペルシアの使者が訪れ、スパルタに服従を要求する。レオニダスはこれを拒否。わずか300名の軍勢で100万のペルシア軍を迎え撃つ、という何とも凄い話し。
最初から最後まで肉弾戦の戦いと飛び散る血しぶきのアメリカ版殺陣映画だ。
ムキムキの体を見たい人にも良いかもしれない、w。

しゃべれどもしゃべれども は、国分太一扮する見習い落語家のがひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は、美人だが無愛想で口の悪い五月、口は達者だが関西弁のためクラスになじめない少年・村林、そして、元野球選手の湯河原、といった設定で
予算をかけない割りにおもしろく仕上がっているが、ま、普通の邦画。
おひまならどうぞ、ってかんじか。

ゾディアック は、カリフォルニア州サンフランシスコで、現在に至っても解決していない1960年代後半に実際に起きた連続殺人事件を題材にしている。この映画のタイトルは、本件殺人犯が地元新聞社「サンフランシスコ・クロニクル」や警察に送りつけた犯行声明文に書いた「Zodiac(ゾディアック)」という名前(偽名)に由来しているらしい。
ま、とにかく長い映画だ。途中あまりテンポが上がらず(最後までそうだが・・・)
かなり気が抜ける。サスペンス、と言うにはちょっと迫力不足。




ん~、ちょっと見過ぎか?

てことで、コパチャン。
あれ、もうちょっと貸しといて、w。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-06-22 10:53 | 映画
WSOP2007  7日目(最終日)
WSOP2007  7日目(最終日)

さて今日がベガス最終日。

昼のベネチアンの330ドルトナメに出場しようと
現地に行くと、かずさん、ながっち、ユタカさん、K-1夫妻に会う。

ところがこの日、70人マックスに200人が押し寄せたらしい。
とりあえず整理券が配られたが、これは控えの人たち、
つまり飛んだ所に入れていく人たちなのだ。
それが120番まで配られても、まだ欲しい人たちが居た。
私が貰ったのが99番、w。

全く当てがないので、K-1夫妻以外は、シーザースのトナメに移動。
私はK-1夫妻と、シーザースに行くも百味で寿司を堪能。
で、夕方からのサテ80ドルに参加し、2位までの参加権を
3位でバブりました、w。

もうポーカーもお腹いっぱいになり、
さえちゃん、かずさん、まおすさん、ながっち、めぇ社長で
フラミンゴの$1生ビールを呑みに移動。

しばらくするとお腹もすき、ハラスのオイスターバーへ移動。
生ガキを堪能し、お腹も満たしたので、
やっぱりインペリで、ライブポーカー。

そして、覚え立てのクラップスをめぇ社長と、合流したまりさんと
ひとしきり楽しむ。

12時過ぎにはバイバイし、今ホテルの戻ってパッキング中です。
長くて短かった1週間でした。

又近々まとめでも書こうかな。
読んでおつきあいいただきました皆様。
どうも有り難うございました。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-06-12 17:49 | POKER
WSOP2007  6日目
WSOP2007  6日目

今となっては、アホのようだけど昨日のWSOPは
3daysイベントなので、決勝に残ると明日まで居ないとならない。

で、昨日負けたオレは、今日明日は何をするのか。
朝、目覚めて、やっぱりサテの参加は止めて
大和撫子達のレディースの応援に行くことにした。

現地へ着くと、すでに試合は始まっている。
あけみん、せりかっちが偶然にも同テーブル。

後ろで見ていると、今話題の方も来たので
レディースに参加しないマリさんと、マスターの4人で、
テーブルに背を向け、事件のことを
べらべら楽しく大声で笑いながら、井戸端会議をしていた。

すると、後ろのテーブルの方から
「お話し中、スイマセン」とあけみん。
あ、やっぱうるさかった?と聞こうとしたら


あけみん「皆様お話に夢中でしたけど、今飛んだんですけど・・・・。」


応援するはずの私たち4人一同、顔を見合わせ、唖然・・・。
どうやって飛んだのかさえ、見てないんだから解らなかった。

完全、wなし!!

仕方ないので、
プレー中のせりかっちは、放置して
あけみんと二人で、ミラージュの430ドルバイインのトナメに行くことにした。

食事後、会場に行くと、K-1サンも旦那さんと来ていて
このトナメに出るとの事。
旦那さんは昨日のWSOPに残ってインマネをしていた。
ここは夫婦揃って、凄いねー。

で、この試合63人参加で、9位からインマネ。
それで、どうにか5位インマネを果たしました。
まぁ、4倍くらいの賞金を頂き、ほっと一息です。
1位になれば賞金は9200ドルだったので、
延泊してでも、もう1試合出るつもりだったけど、
これではまだまだ赤字なので、全く無理です、w。

ま、嬉しいことは間違い有りませんが、ホンネを言えば
こっちでなくWSOPで、インマネしたかった、w。

で、29食事会に遅れて参加。
食事後は、JOの講師のもと、クラップスに初挑戦。

100ドルバイインで、1時間強で425ドルになりました。
いやー、ビギナースラックって、怖いね、w。

明日は、ベネチアンのトナメに出る予定です。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-06-11 19:49 | POKER
WSOP2007  5日目
WSOP2007  5日目

朝、目が覚めて食事もとらずに会場のリオへ、
試合の40分前に着いた。上出来。

で、受付に行くとすでに長蛇の列。
間に合うか?と一瞬不安になったが、
選択肢はないので、並ぶ。

で、終わったのは開始の10分前。
試合が始まろうとしていたが
トイレに行ったり、
ハンバーガーを買ってお腹に流し込み、
こんなカードでテーブルを探す。
d0057029_20104851.jpg



ところが!!

テーブルがない!!

あちこち歩くが、400番台なんて全く無い、wなし。

オイオイと思いディーラーとかに聞いてもらち開かず
結局TDにきくと、座れきれない人たちのナンバーが
400番台です、と。

400番台は指定の廊下に出て、待ってください。
お呼びします、とのこと。

廊下で待っている人たち。
d0057029_20102684.jpg


そのうちフロアからお呼びがかかり、
「テーブル410番から418番の方、こちらへ」
なんて言われてぞろぞろその人達が移動。

カードを見ての通り私は421番テーブル、まだ先だ。
イスに座って一眠りすると、ようやく呼ばれる。
このときすでに試合開始より45分が過ぎていた。

このシステムは、早飛びした人数分、テーブルを開けて
待っている人たちを流し込む、ってことの様だ。

ところが会場に入っても、手はずが悪く(ま、メリケンだから、w)
すぐに座れない人たちで通路が埋まる、w。
d0057029_2011768.jpg



で、ようやくテーブルに着くと皆、待っていた人達だから
全員スタートチップ3000点で全く引かれないで始まる。

数ハンドで1:00を廻りすぐにブラインドアップになる始末。
ま、プレーできるだけでも感謝なのか?

こんな遅い始まりだから最初休憩は、
プレー開始後1時間でやってきた。
この時点で+350点。まぁまぁ、か。

そして次の休憩までに、途中6500点くらいまで点数をのばす。
しかし、忘れられないハンドが来る。

ATcで、BB。75/150。
ミドルから450点レイズが入り、SBまで全員ダウン。
私コール。相手の持ち点は私より2500点くらい少ない。

フロップ、4、2、2 Dが2枚でF目あり。
私チェック、相手メイク850点。

私ちょっと考え、メイク1700点、リレイズ。

相手間髪入れずに、リレイズオールイン。
上に約1000点。

私、まだ3000点以上残るので、ダウン。
相手ハンドを見せると、出てきたのはA9o。
やられた。

これが結構痛く、その後すぐにテーブルブレーク。
移った先は、ま、1時間も先に初めて居るんだから
当たり前だけど、1万点以上のチップの多い奴が3,4人居る。

で、休憩の段階では1700点まで落ちていた。

アンティも始まりどんどん削られていく。
2回目の忘れられないハンドが来る。
私の残り、約1250点。ハンドは鬼門のJJ。
私カットオフで、アーリーミドルからレイズ800点入る。
私まで全員降りて、私リレイズオールイン。
アーリー以外全員降りて、アーリーコール。AK。

で、フロップ、K84、w。

むかつくー!!

ターン、5。

リバー、

お待たせしました、Jの登場

でした。
で、ダブルアップ。

その後も、点数が苦しいのは変わりないけど
99のレイズを、私AQoでリレイズオールイン。

ボードにあっさりAが落ちて再度ダブルアップ。
これで6400点くらいまで上がってきた。

で休憩になる。
JOさんと話すと、2万点オーバーだという。
羨ましい。

で、休憩後忘れられないハンドが10個目くらいに来る。
右隣のボタンは、すでに数万点もってビッグスタック。
しかしここまで、ショートにぶつけられても、無理無理受けて
勝ったり負けたりで、彼の勝率が少し落ちてきていたときだった。

私AQc。150/300、アンティ25。
ボタンまで降りて、明らかにスチールっぽい
レイズ900点に、私コール。BBダウンでヘッヅ。

ボードは742。2枚クラブ有り。

私、オールインに、奴瞬時にコール。
奴のハンド64、Cは1枚。
現状負けているが、14アウト。

ターンJs。
リバーJd。

と言うことで、あっさり負けました、wなし。

いじけてホテルに帰り、休憩。
で、夜食事会で、マンダの中華屋「上海リリー」で御食事。
この日着いた、せりかっちや、あけみんなど14名くらいか。

スパークリングワインで乾杯し、
春巻き。
d0057029_2012111.jpg


ポークリブ。
d0057029_20121528.jpg


モンゴリアンビーフ(牛の炒め物)
d0057029_2012345.jpg



このほかにも海鮮の炒め物やいろいろ出して貰った。
で、デザート。
d0057029_2012547.jpg


で、マンダのポーカールームで1-2NLを4,5人で打つ。
ま、私は200溶かしましたけど、何か?

明日は、懲りずにリオのサテにでも出るか。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-06-10 20:18 | POKER
WSOP2007  4日目その2
WSOP2007  4日目その2

さっき反省したので、
腹が減り、w
宿の中華に。

ワンタンスープ。
d0057029_20194389.jpg


麻婆豆腐。
d0057029_2020291.jpg


辛いけど、挽肉ゼロ。りょうは多い。
で、サテライトのアルバイトに出かける。

まず、$225。
あっさり上位2位でチョップ。
$1000ドルゲット。楽チン。

で、調子にのって$525。
これにでると、食事券$10クーポン付きでお得だ。(って、どこがだっ!!)
このクラスになると、マジな方がほとんどで、4位負け。

次に$225を2回やって、1回目3位負け。
2回目、腹減って7位負け、wなし。

1回目はやっぱりチップリだったのに、オールインして負けて
調子を狂わせた。やっぱ、オールインって、あぶないね、w。

で、結局、


赤字かよー!!


腹減ったのでブルー氏と飯にベラへ。
プライムリブ。
d0057029_2021033.jpg


ベラだと、写真も写りが良いね~。
で、おごってもらっちった、コンプが有るから、
と言われたけど、ちょっと悪いな。


その後、バーで、まったりとポーカー談義。



あ、しもた。
明日のエントリーしてないし。
遅れたらやべーなー。
も、ねよ。

(ちょっと酔ってますので、悪しからず)
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-06-09 20:23 | POKER
WSOP2007  4日目その1
WSOP2007  4日目その1(昨日の反省文)

昨日は宿に帰って、気持ちが落ち着く前に
すぐに書いたので少し文章が荒かったな。

で、少し振り返って反省したところを書いてみる。
あ、完全負け犬の戯れ言なので、読み流してください。

1.序盤、かなりショートの苦しい所から
  きっちり取り返し、その後は常にテーブルチップリを維持していた。
  はっきり言って少し調子に乗っていたと思う、wなし。

2.飛んだ場面だが、テーブル移動の初手だったので
  全くテーブルの状態が解っていなかった。(各人のチップ量や個性等々)
  特にチップ量は普段やっているネットではすぐに解るのだが、
  リアルではそうはいかない。

3.あれだけ注意していたテーブルに着くタイミングが、BBで入るという、
   初歩的なミスをしてしまう。

4.KKに舞い上がっていた。これで再度テーブルを支配できると勘違いした。

5.プリフロリレイズまでは、問題ない。だがこのリレイズの打ち方が悪い。

6.このローポケやAx排除のためのプリフロリレイズの打ち方が悪いせいで、
  ローカードだけのフロップがでた時は、セットを全くを考えていなかった。
  1枚でもハイカードが出れば、
  それでも、かならず考えたはずだ、、、、(と思っている)

7.それでもチェックレイズまでされてしまえば、セットは考えられなくとも
  Aポケは、充分想定でき、おりれたはずだ。

8.Aポケ、Kポケで降りられなくて、最近2度も負けているのに
   いい加減覚えろ、BBのアホ!!

9.Aポケ、Kポケで降りられないのは、初心者と知るべし。

10.自分が入れたチップ量を惜しむ必要は全くない。
   なぜなら、いつでも取り返せるからだ。
     でも死んだら、取り返せない。

11.チップ量がほぼインマネ確定だったから、心のどこかで
   「インマネなんていつでも出来る」なんて慢心していて、
   インマネ後の戦いやすいチップ量を、考え過ぎていた。
   もっと、インマネの重要性を意識しておくべきだ。

12.オールインの使い方を、もっと整理しておくべし。

13.ポーカーに見栄はいらない。結果が全てだ。


とまぁ、反省している次第です。
どのような状況であれポーカーで負けること、
それはすなわち自分の実力不足である、
ということを、改めて感じました。

でも負けて、ますますポーカーの奥深さに気づき
ますます好きになっています。

今から昼飯喰って、明日の出場費稼ぎにサテでもしてきます。




番外言い訳編


ホントはね、

ホントはディナーブレイク前で目茶、腹へってたんだ、w。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-06-09 05:35 | POKER
WSOP2007  3日目
WSOP2007  3日目

3時間寝て目が覚めて、1時間起きて又寝て。
コレはやっぱりワクワク病、ですか?

で、宿で今日も朝飯はスープ
d0057029_12242237.jpg



スパゲティ。
d0057029_12244230.jpg


美味しくはないが
リオより安いのが、良い。

リオに移動し、自分のテーブルを探すが見つからない。
実はこの会場だけでは収まりきれず、駐車場に
サーカスのテントの様なモノを設営し、クーラーを効かせて
会場を増設していたのだ。

今日は持ち点3000点でスタートだ。
序盤、なかなかハンドが来ない。

500点くらい少なくなっていた、
レベル2、50/100で事件がおこる。
私、BBでQ6。

ボタン、SBがコール。私チェック。
フロップ、Q64。
2ペアだ。

SBチェック、私ベット300点。
ボタンコール。
SB、ダウン。
ターン、2。
私チェック、ボタンチェック。
リバー、3。
私1200点ベット。
ボタン、コール。

ボタン、A5ストレート、wなし。
コレで残り950点しかなくなった。
2日続けて、2ペアでやられる。

しかしその後、スチールしてもブラインド低くしれている。
しかし、99が来てオールイン。
AJに受けられるが、何も起こらずダブルアップ。
でも2000点にもならない。
その後、少し減らして約1500点で最初のブレークを迎える。

M氏と会って伺うと、5000点有るという。さすがだ。
休憩後正念場で、KK到着。
しかしタダのスチールで終わる。

そしてAQで、オールインをかけるとAJが受けてくれて、
ダブルアップ。
ここでこの日初めての、3000点原点オーバーになる。

その後、99セット、AK、QQ、78でストレート、等々で
一気に15000点まで登る。

ブレークも過ぎ、本会場にテーブルが移ったときには
約3万点にまでになっていた。

この日の参加者が、1450人くらい。
この時点で残り200人。
つまりあと5,60人でインマネだ。

で、事件は起こる。
再度、テーブルブレークで移動すると、いきなりBB。
アベレージ23000点くらいで、私3万点くらい。
300/600 アンティ75。
まぁ、点数は有るので焦ることはない。

座ってチップを整理しながらハンドを見ると、KK。
UTGがレイズ1800点。
SBがコール。
私レイズ、上に3600点。
UTGダウン、SBはナント、コール。

フロップは642。2枚S。
SBチェック。
私メイク4800点。
SBリレイズ9600点。
私オールイン、SBコール。

SBは4のセット。
ターン、J。

リバーも、J。

ガーン!!


SBの方がわずかにチップが多く、

私終了。

又バブッちゃったよ、完全wなし。



多分、あと1時間も我慢していれば、インマネだったはずだ。

Mサンにお別れして、ホテルに戻った。



あ~、なんてアホなんだろ。
全くコレじゃ、シロートだ。

インマネにしがみつく気持ちはなかったけど、
こんなプレーでは、インマネの資格など全くない。

何でも有りのポーカー。
それに、何とかして勝つのが、グッドポーカープレイヤー。

だから惜しかったなんて、思ってない。
全ては私のスキルのなさが、こうさせたのだ。
書いていて、恥ずかしい、マジで。


でも自分への怒りは収まりそうにないので、
これから暴飲暴食しちゃおっかな、w。


明日は1日休んで、あさっての試合に備えることにします。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-06-08 12:32 | POKER
WSOP2007  2日目
WSOP2007  2日目

1:00頃寝て6:00頃いったん目が覚めるが、
もう一度寝直して、10:00に起きる。

リオに移動し朝飯。
チキンヌードルスープ。
d0057029_1636032.jpg


やっぱでかい。隣の携帯と比べてみて、w。
で、スパゲティ。
d0057029_1636189.jpg


ゆっくり食べてたら、試合が始まっていた。
原点4000点が1周分、削られていた。

ハンドはまぁまぁで4000点より少し上でキープしていたとき
事件は起こった。
50/100。私、カットオフでATc。
レイズ 300点。
BBのみコール。

フロップ
Ax Tx 6c
BB 300点来る。
私、メイク750点。
BB、コール。

ターン 4c。
BB チェック(残1800点くらい)。
そこで私F目も出たので強めに、メイク1500点。
BB、コール。

リバー 8x。
BB チェック。
私 オールイン。
BB コール。

BB 88、w。

いやー、やっぱブランドが低いときは、こうゆう奴がいるのよネェ。
これでしっかりショートに。

その後、KQスチールオールインをあっさり受けられ、終了。
休憩まで持ちませんでした、w。

でもねー、いいハンド来てるのよね。
降りたやつも、いってればほとんど勝っていたし。
でも負けちゃぁ、しゃーない。
良い勉強になりました。

で、席を離れトイレに行く途中、Mさんとばったり。
彼も早飛びだったようだ。
彼は翌日のバイインを済ませ、帰宅。
私もそうしようとしたが、所持金が明日のバイインに約50ドル足りない、w。

仕方ないのでバイインは当日して、
これからホテルに帰って、バカラるかなぁ、と考えていたが
どうも良いハンドが来ていたのが忘れられず、サテライトに。

まず225点に出るが、4位。
でも、いい感じだったので、もう一度325点に出る。
で、あっさり1位。
ホントは、3000点もらえるのだが、コレくらいバイインが高いと
だいたいディールになっていく。
このときは1位、1500点+キャッシュ100点?(くらい)
2位1000点
3位 500点て事にしたので、1500点頂き。

精算をしているときに、John Juandaが通りかかるので
d0057029_16481387.jpg




呼び止め、「オレのこと覚えてる?」ってきいたら
「え~と、マサさん?だっけ?」って言う。

何でも、マサさんか!!っつーの、w。



なぜかちょっとむっときたので
「ちがうよ~、
BBだよ~、覚えておけよ~」


って言っておいた。

話を聞くと、どうやらオマハのファイナルに残っていて
トイレタイムだったらしいので、かわいそうだから解放してやった、w。


で、精算が終わりさっき見かけた、青大将の様子を見に行くと、
まだ残ってるし、チップも余裕だ。
話しかけると、あと10分でディナーブレイクだから飯喰おう、
てことになり、外人2人(あ、こっちじゃ俺らが、外人か、w)を加えて
4人で飯に。

プライムリブを、レアで16オンス、喰らう。
d0057029_16374561.jpg


なぜか知らないが、外人が払ってくれた、w。

目ヂカラか?

食事後、青大将は試合に戻り、私はもう1試合サテライトに。
レジストで待っていると、脇では7スタッドで凄いテーブルが。

ミーハーじゃないオレでも知ってる
Doyle Brunsonのおじさん、Daniel Negreanuとその左隣がJennifer Harman。
d0057029_16453454.jpg


やっぱ5000ドルバイインのチャンピオンシップにはこういう人たちも
出るんだな。しかもシード権なんてナシで、w。
隣のテーブルでは、2000年チャンピオンのChirs Fergusonも参加してる。
d0057029_16455162.jpg


相撲と同じで各年のチャンピオンは、写真が大きく飾られているが
目の前には本人が過去の栄光なんて関係なく、
シードナシで、パンピーにまじって
本気で予選から戦っているというのが
ホントの選手権ポーカーじゃない?
少し離れたとこには、Phil Hellmuthなんかもいるし。

で、325点のサテライト出場。3位。500点。
結局この日のサテは、875点バイイン、2100点バックって事になった。
まぁ、このいい調子は、本番で出さなきゃね。
でも今まで1回もサテライトで勝てなかったのに
なんか調子乗ってます、w。


ってことで、明日M氏と1500点ショートハンドに出てみます。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-06-07 17:01 | POKER
WSOP2007  1日目
WSOP2007  1日目

1年のシーズン総決算ともいえる、
WSOP(World Series of Poker)に参戦するため、
6月5日~12日の旅程でベガスに行くことにした。
とは言っても、メインイベントはまだ敷居が高く
ポーカー1年生の私は、サブイベントに参加することにしている。
サブイベントとはいえ、今まで参加したことがないほど高い
バイイン額になるので、自分の実力をはかるには、
もってこいだと思っている。

さて、5日も朝から事務所や銀行廻り、PC2台注文など仕事を精力的にこなし
12:30横浜発、成田エキスプレスに滑り込む。

今回のキャリアはいつものノース。
が、まりさんのおかげで安いチケットが見つかったので
今回はロス乗り継ぎでエコノミーとした。

空港で、アップグレードをネゴるが担当者力無く、
国内線のみのアップとなった。

で、ラウンジでまったり。
d0057029_15201423.jpg


機材は747-400。
が古い。以前よりはましになったってはいるが・・・。
d0057029_15203990.jpg


で食事が始まる。
d0057029_15205781.jpg


コレがうまい!!
ホホが落ちるほどだ!!



















なんて事、有るわけもなくただ、空きっ腹に押し込むだけだ。
どうして機内食って、こんなにまずいんだろ?
やっぱり納得のいくモノを食べてから、飛行機に乗るのが
正解っていうものか。

機内の映画も、「61」っていうのをやっていたが日本語が無く
更に音楽は一切、運営されていなかった。
さすがノース。慣れっこだ。

で、借りたDVD「父親達の星条旗」をPCで見る。
む~、イマイチか。

でロスに。現地は曇りだった。
d0057029_15215019.jpg


ラッキーなことにパスポートチェックは、他の便の乗客が誰もおらず
すんなり一番前で通れた。これからは、LAX経由が良いかな。

空港。
d0057029_152282.jpg


ラウンジで暇つぶし。
d0057029_15222351.jpg


定刻通りにベガスへ。
機内よりマッキャラン空港とストリップを望む。
d0057029_15224926.jpg


タクシーで今回のホテルパレスステーションホテルへ。
d0057029_15231189.jpg


部屋は19階。
d0057029_15242394.jpg


WSOPの会場、リオも見える。
d0057029_15244247.jpg


で、明日のエントリーをしに行く前に
アルバイトでバカラを少し・・・・、w。
最初飛ばしたのに、途中でハワイ在住の日本人おばさんが来てから
調子を崩す。
だってこのおばさん、外すかわりにタイで稼ぐ。
しかも一度250点、とかおいて当てて2000点にしちゃったり、w。
気が付くと1000点バイインのおばはん、4000点オーバーになってるし。
けど、本線は張りがうすいが、完全人間罫線、w。
なのでお下劣に張るとおばはん、張りを変えて来るんだよね。
で、こっちも負けじと張りを変えると、やっぱのってくるんだよね~。
で、こっちが諦めると、はずれ、wなし。
結局アホらしくなって、150点アップで終了。まいった。

リオについて、会場前。
d0057029_1525726.jpg


会場。
d0057029_15252111.jpg


さすがに大きい。もちろん今までの経験では一番デカイ。
報道陣もいる。
早速レジストへ。列が出来てる。
d0057029_15253611.jpg



レジスト終了後会場を見回すと、どのイベントか解らないが
決勝のヘッヅが始まっていた。
d0057029_15255372.jpg


あ~、ここに座ってみたいね~。
で、サテとかやってるけど、疲れているはずだし
明日のために今日はホテルへ帰ることに。

ホテルのステーキハウスで夕食。
まずサラダバーから取ってきた、サラダ。
d0057029_15261232.jpg


オニオンスープ。
d0057029_15263084.jpg


メインはポークチョップ。
d0057029_15264730.jpg


コレが異常にデカイ、w。
骨も入れて推定、650g。イモも、めちゃでかい。
食べきるのに、はぁはぁ言ってしまった。
オレもかなり食が細くなったな、w。


さて、明日の試合ですがどうなることでしょう。
出る試合、2000点バイイン。
4000点スタート。60分/レベル。
得意のストラクチャーだが、アンティが少し早い。
1日目、12時スタートの夜中2時まで。
2日目、昼2時スタートで、ファイナルテーブルが絞れるまで。
3日目、ファイナル。
て、感じか。

寝坊だけは避けたいな。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-06-06 15:31 | POKER