文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

予想に反して ドイツ戦終了
予想に反して ドイツ戦終了

ビックリしたー!
まさか2点もとれるなんて!

ドイツは、それにしても動きが悪かった。
中2日の日程はやはりきついのか、それとも
日本をなめていたのか、棒立ちの選手が多かった。

チャンスメーカーとして
ヒデ、俊輔は、計算通りだったが
柳沢も、予想以上に出来が良かった。
シュートは入らなかったけど。

得点シーン
1点目は俊輔-柳沢-高原とダイレクトにつないで
あのレーマンと1対1でゴール。
2点目はヒデ-俊輔-駒野-高原とつないで
バラックをぶっちぎって、左ゴールポストに当たるシュートで、ゴール。

まさかの2-0。

ところがこのあとようやく、気合いの入ったドイツ。
左サイドのFKから、問題の宮本がクローゼのマークが甘く
高さではなかったモノの、ファーサイドで
足下でダイレクトシュートが決まって、失点。
2点目は、右サイドからニアに柳沢、福西のマークが甘く
走り込んだシュバインシュタイガーにうまくあわされ、
今度はやはり高さで、失点。
いずれもセットプレーからの失点だった。


2-2で試合終了し、ホームよりのレフェリングだったとはいえ
日本としては、沢山のチャンスを作ることが出来た。
大黒絡みの2チャンスは、惜しかった。
それ以外にもチャンスは多く,
だからもう少し点を、とれていたかもしれない。
ダイレクトで回った1点目は、日本の一番いい形であり
ダイレクトプレーというのは、難しいプレーだけに
世界に通用するプレーであることを、証明していた。


守りきりたい2点、
もっと、とれていたかもしれない3点目。
出来の悪いドイツとはいえ、
日本代表、惜しかった。


それにしても、日本が点を取る、チューのは気持ちいいもんだ。


途中カジが、負傷退場。ちょっと心配。
代わりに入った駒野も、最初緊張もあったかもしれないが
なかなかいいプレーがあった。
もしカジ、ダメならSB、追加召集するなら、だれ?


P.S.
それと、モニワ、田中に変わって追加召集されたらしい。ヤッタ!
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-31 07:14 | サッカー
ドイツ戦 展望
ドイツ戦 展望

昨日のお約束通り、今日はドイツ戦展望です。

初めに断っておく。
今回の記事は、マスコミが書くような
耳障りの良いものではないです。
だから、もし気に障ったのならごめんなさいね。

あ、誰も期待してない?
そだよね。
一応、サントスのことは、キッチリ叩くからね。w





さて中継も明日の朝4:30という、本番と同じ時間帯で、
見る側にとっても、まさにテストマッチだ。
(早すぎだ!ちゅーの!)



日本チームは、本番の6/12のオーストラリア戦までに、このドイツ戦と
6/4のマルタ戦を残すだけとなったジーコジャパン。
果たしてどんな戦いとなるのか。


まずドイツだが、
【FIFA世界ランキング(4月度)】ではドイツ19位となっており
ちなみに日本は17位。
じゃ、日本、楽勝?
なんて事が、あるわけないでしょ!!!
前回のワールドカップの、準優勝国ですよ!!!


どのような経緯でこのマッチが組まれたのかは、解らないが
開催国との直前でのテストマッチは、かなりきついものだと思う。
ドイツもちょっとした問題があって
まだ若いクリンスマン監督は、現在カリフォルニアに住んでおり
国内メディアからは、アメリカの自宅から「通勤している」という批判があり、
更に悪いことに今年3月にチームがイタリアで4-1の惨敗を喫すると、
批判の声は、更に広がりを見せたらしい。
只直近の親善試合では、先の5/28に行われた、ルクセンブルグ戦で
7-0で快勝し、国内メディアも小康状態になっているはずだ。
だからこの日本戦で、きちんとした結果を残したいと
チーム全体で渇望していること、もちろんホームであるから
無様な試合は見せられないので、ドイツはかなり本気モードで来るのではないか。
もし日本に負けたり、引き分けたりしたならば、
ドイツ国内は、もう大変なことになると思われる。



なーんていうホームのドイツとの一戦は日本にとって、
どのレヴェルで位置づけする?
まぁ、仮想クロアチアなのか?
というより、フィジカル的にはオーストラリアなのか?


ちなみにイギリスのブックメーカーがつけた
ワールドカップ優勝国のオッズは、こんな具合。
Brazil 11/4 - Argentina 7/1 - England 7/1
Germany 7/1 - Italy 8/1 - France 12/1 - Holland 14/1
Spain 14/1 - Portugal 22/1 - Czech Republic 33/1
Sweden 40/1 - Mexico 40/1 - Ukraine 66/1
Croatia 66/1 - Ivory Coast 80/1 - USA 100/1
Australia 100/1 - Serbia & Montenegro 100/1
Poland 125/1 - Switzerland 125/1 - Paraguay 200/1
Ghana 250/1 - South Korea 250/1
Japan 300/1 - Ecuador 350/1 - Tunisia 300/1
Togo 500/1 - Angola 500/1 - Costa Rica 750/1
Iran 750/1 - Saudi Arabia 1000/1
Trinidad & Tobago 1000/1

(訳)
ブラジル2.75倍、ドイツ、アルゼンチン、イングランド7倍、イタリア8倍
クロアチア66倍、オーストラリア100倍、韓国250倍、日本300倍だそうだ。

イイとこ突いてくるよなぁ。


ちなみに日本は過去に、
ノリノリのヨーロッパ強豪チームと相手のホームで
試合をしたことは、何度か有る。

記憶に新しいのは、1998年のワールドカップフランス大会に優勝し
2000年は欧州選手権でも優勝したジダン率いるフランスチームと
2001年3月24日、雨になか超満員のサンドニで行われたゲームが、それだ。
今でもこの試合は「サンドニの悲劇」として、憶えている人も多いと思う。
トルシエ監督が本国に凱旋すべく、翌年の日韓大会を控えた日本チームを、
強豪フランスとのマッチメイクをしたのだった。

結果は見るも無惨な、0-5。
チンチンにやられた。
トルシエの試合後のコメント、
「フランスチームは宇宙人だった」
も、あまりに悲しかったのだが。。。。

ということで、はっきり言って、
この試合、


勝ち目無し。。。



奴らがマジで来れば、0-5。
お遊び出来てくれて1-3。かな。



前回の日韓大会で、ドイツの初戦は日本と同じ
アジア代表のサウジアラビアだった。
結果は憶えてますか?



0-8でした。


ゲルマン人、やりすぎです、w。
手加減を知りません。w



ついでに明日の試合における、日本チームの「 見所 」を書いておこう。

ドイツチームは、先の事情により後半には、楽に試合が流せる状況を作るべく
特に前半15分間には、ガンガン来ると思われる。

だからまず守備について。
相手の狙い目は、3バックで来るはずの日本の弱点、
サントスの守備と宮本の高さを突いてくるはず。

まず、サントスの裏サイドをロングボールでも
ワンツーでもイイから突いてきて多分、左バックの中澤(又は坪井)を
ゴールから遠ざけるため、サイドライン近くまで引っぱり出して、

1.空いたスペースに選手を走り込ませて数的優位を作り、シュート

2.早いボール入れて宮本を、オロオロさせる。

3.ハイボールを入れて9番マイク・ハンケ(身長184cm)と
  11番クローゼ(182cm)を、ちっちゃい宮本(身長176cm)と競らせる。

なんなら190cm級の選手は何人もいるから、
もちろんセットプレーでは徹底的に、ハイボールで攻める。

ちなみに、日本チームで身長が183cmを超えるのはキーパーを除くと
中澤187cm、、巻184cm、の2人しかいない。

毎度言っているけど、このサントスのサイドとDFの高さは、
このチームの
根本的な欠点だ。

ここをどうカーバーするのか、
(今まで散々指摘されてきていて出来ていないのだけど。。。。
カバーしようとすると、相当中盤のバランスが崩れてしまう。
日本の中盤の強さは、生命線なのに、それがまるで
骨抜きになってしまうのだよ、彼のお陰で)
ここが、毎度のことだけど守備の見所だ。

なんだか報道によると、

ヒデ 「もっと最終ラインあげて、コンパクトにして
     守備と攻撃に、一貫性を持たせようゼ」
宮本 「ザケンじゃねーよ!じゃなくたって3バックでサイドすかすかなのにだよ、
     最終ラインあげたら、サントスのお守りは誰がみんのよ?!
     ぜってーヤダかんね」
ヒデ 「サントスの話はその通りだし、おまえのカバーリングもまぁまぁだけどさ、
     おまえの対人の弱さと、あとその背の高さ、どうにか何ネェかなぁ」
宮本 「いまから背、伸ばせ、てか?」
ヒデ 「無理?」
宮本 「ムリに決まってんだろ!
     じゃなくてさ、今はさ、最終ラインの話してんだろ!」
ヒデ 「オー、そうだった。だからさ、ウチラ遅攻、だめじゃん。
    おまえらDFのフィード力もさ、アテにならねーじゃん。
    ドイツ人、ガリバーみてーに、デケーしさ。
    だからさ、前目で取らなきゃさ、点取れねーわけよ、解る?」
宮本 「知るかよ。でもぜってーヤダかんね。
   放り込まれて裏取られてさ、オレの足、遅いのばれんの。
   引退後の芸能生活にシショーがでます・か・ら。」
ヒデ 「背だけじゃなくって、足も伸ばしとけ!ちゅーの」

チャン♪ チャン♪




って話があったかどうかはっきりしないけど、
DFのライン取りも見物だ。
とはいえ、押しこまれっぱなしで、ラインを上げるヒマは
そんなには、ないと思うけど。







では、こんな問題点の対処方法は有るのか?


はっきり言って


















あります!












実は、その対処方法はいたって簡単なのだよ。











答え↓



























問題の選手を替えればいいのだよ。


タダ単に。
それだけ。
マジで。w






でも、サントスをどうしても使いたいのなら、
もうどうしても、
それでもどうしても(しつこい?)使いたいのなら
MF登録にしてくれ。
3バックの左サイドでは、使わないで。
そんな体力無いでしょ。守れないでしょ。
4バックの時だけ、左ウイングで使ってチョーダイ。
4バックの左DFは、中田浩二でいいから。


あ、言い忘れてた。
ドイツの攻撃の特徴は、



サイドから崩す




なんだよねーーー。










次に攻撃だが、流れから取る、なんてチャンスは多分、
90分間の試合全体を通じて、1回又は2回有るかどうかだろう。
後半終了間際で電柱として(ならないとおもうけど)巻も出るだろうけど、
さして意味は、なさないだろう。
だから、日本の得点チャンスはセットプレーしか、ないのではないだろうか。
俊輔のピンポイントに掛けたい。
だから、ゴールに近いところでファールを是非もらって欲しい。


あ、でもサントスはやめてね。


きみのはシュミレーション、バレバレだから。w
それと、FKも蹴らなくていいからね。



じゃま、しないでね。



トルコ戦のバーに当たったのなんて言うのは、もうイラナイから。
あと、もしかしたらば相手が気を抜いたときに、CKで中澤のボンバーヘッドも
ない、とはいえ無いかもしれないけど、ちょっときついかな。



とにかく試合全体を通じて、攻められっぱなしで、見ている方は
相当ストレスがたまるはずだ。
わざわざ早起きをして、そんなストレスを貯めるのは、私のような


サカオタ


だけの方がいいのかもしれない。
録画で、いいっしょ。
シンゼン試合だし、w。
バラック、出ないらしいし。w


もし、この試合で引き分けることが出来たのなら、もう100点満点だろ。
本大会も、相当期待できるんじゃない?
というのが私の、辛口試合展望でした。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-30 17:13 | サッカー
グループリーグ 3試合の勝ち抜け方
グループリーグ 3試合の勝ち抜け方


ワールドカップ本大会でのグループリーグは、
4チーム総当たり戦で、勝ち点で上位2チームが勝ち残る。
勝つと勝ち点3,引き分けて勝ち点1,負けると0である。
勝ち点で並ぶと、次に得失点差、次に総得点数で判断となる。

過去の日本は、初めてワールドカップの出たフランス大会では
3連敗で、勝ち点0という結果だった。
次の日韓大会では、2勝1分け勝ち点7で、トップ通過をし
ワールドカップ開催国の連続グループリーグ突破というジンクスは、守られた。

そして今回3回目において、オーストラリア、クロアチア、ブラジルと同組で
どう、勝ち残れるのか考えてみたい。

もちろん3連勝で勝ち点9を取ることが、ナッツ、で有ることは言うまでもない。
が、ブラジルと同組であることを考えればそれは難しい。
では最少勝ち点で生き残るためには、どうすればいいのか。

私が知っている印象的な勝ち抜けチームは、
1970年メキシコ大会におけるイタリアチームだ。
スウェーデン、ウルグアイ、イスラエルと同組となり
このイタリアチーム、グループリーグ3試合通算で
得点1、失点0でトップ通過した。
つまり勝ち点4、しかも驚くのが3試合の総得点が「1点」だけで、
しかも、1位で通過したのだ。

初戦のスウェーデンに1-0で勝ったあとの2試合はいずれも
0-0で引き分ける。
ウルグアイは、イスラエルに勝つものの、スウェーデンに負け勝ち点3。
スウェーデンは、イスラエルに引き分け、同じく勝ち点3。
イスラエルは、2敗1引き分けで勝ち点1という結果になった。
この結果、勝ち点4のイタリアが1位通過となる。
そして勝ち残ったイタリアは、この大会で準優勝をすることになる。

しかし去年、もっと凄いことが起こった。
オランダで開催された20歳以下(U-20)のワールドユースにおける日本チームだ。
なんと、1敗2分の勝ち点2で、グループリーグ2位で通過したのだった。
日本は、開催国のオランダと、ベナン、オーストラリアと同組になり、
オランダは3連勝し1位決定、残り3チームはそれぞれ泥沼の1敗2分。
ここで得失点差、総得点数がものを言う。
オーストラリア総得点2,失点5、得失点差-5。
ベナン、   総得点2,失点3、得失点差-1。
日本、    総得点3,失点4、得失点差-1。
得失点差は、ベナンと並ぶも総得点数が上回る日本が2位となったのだ。
多分このワールドユースの歴史上、
勝ち点2で勝ち抜けたのは日本が初めてだと思う。


その反対の、勝ち点を沢山とっても、勝ち抜けないこともある。
悲劇的なのは、2勝してもグループリーグ敗退ということも起こるのだ。
この悲劇的なチームは、これまた日本チームだ。w

1996年、アトランタオリンピックでそれは起こる。
この時、マイアミの奇跡と呼ばれ全世代を通じて
初めてブラジルに勝ったことは、記憶されている。
この時日本は、前園がキャプテンで中田は確か17才(18才?)で
飛び級してこのチームでレギュラーだった。
日本の組分けは、ブラジル、ナイジェリア、ハンガリーと同組となる。
初戦はそのブラジル戦。
奇跡的に1-0で勝つが、次のナイジェリアには、0-2で負けてしまう。
最終戦のハンガリー戦では、逆転で3-2で勝ち、総勝ち点6にする。
このハンガリー戦で印象的だったのは、
後半もロスタイムに入り日本は、1-2で負けていた。
負けていた日本は、相手陣地のコーナーキックでなんと、
キーパーの川口が、相手ゴールエリアまで来て得点を狙い、
相手が唖然とする中、その隙をついて上村が決めて同点となる。
そのゴールに入ったボールを日本選手はもぎ取り、リスタート。
日本押せ押せで、右サイドからの折り返し(確か伊東?)から
ゾノが、ゴールで逆転。
この最終戦でも、ゾノはキレキレで、計2得点をする。
私はこの時テレビで見ていたのだが、逆転ゴールしたゾノが
バックスタンド側のコーナポストにめがけていき、
両膝を付けてガッツポーズをしていたのを覚えている。
と同時に、その時の解説者が(誰だか解らないけど)
「ゾノ、ガッツポーズをしているヒマはない!!!
早くリスタートして、点を取れー!!」

と叫んでいた。

普通は 「?なんで??」 でしょう。
なぜならリスタートして、逆に1点取られれば、
引き分けてしまうわけで、このままならば
順当に勝ち点3を取れる、と思うはずだ。

ところがこの解説者は、大正解だったのだ。
3連敗をしたハンガリーを除く3チームは、それぞれ
2勝1敗、勝ち点6で並んでしまう。
ブラジル、  得点4,失点2,得失点差+2。
ナイジェリア、得点3、失点1,得失点差+2。
日本、    得点4、失点4,得失点差±0。
ということで、得失点差により、日本は予選敗退となってしまった。
これがグループリーグの、おもしろいところでもある。

このアトランタオリンピックにおいては、マイアミの奇跡、と同時に
勝ち点6でも通過できないことがある、と言うことを教えてくれた。
奇跡と、悲劇が同居した、実に興味深い大会だった。
ちなみに日本を上回ったこの2チームは結局、
ナイジェリアが優勝し、ブラジルは3位となる。

もし、というのはスポーツでは禁句だが、あえて使うなら
もし、あのナイジェリア戦で負けたとしても、0-1だったのなら、
日本は、得失点差がナイジェリアと変わらず、総得点で上回ることになり
優勝したナイジェリアに替わって、予選を通過していたことになる。
そうであったのなら、日本はいったい、何位になっていたのであろう・・・。



ということで、今回、
決して強くない日本が、予選リーグを勝ち抜くためには
1.負けない(引き分けでも良いから)
2.失点しない。
3.得点をいっぱい取る
という順序になろうか、と思う。


当たり前の結果なのだが、
とにかく失点しないことを重視した監督といえば
のび太クン(岡チャン)、だろう。
あのフランス大会で日本は、3バックといいつつ、実は5バック敷いた。
しかし初戦のアルゼンチン戦、2戦目クロアチア戦では
ともに0-1で負けて、予選リーグ敗退が決まった。
のび太クンの構想では多分、アルゼンチン戦の負けは有る意味、想定内で
クロアチア戦では引き分けを狙い、最後ジャマイカ戦で3点取る
というものであった(と想像する)から、アルゼンチンのあとのクロアチアにも負け、
2連敗したときには、相当ショックだったと思う。


さて、今回はどんな勝ち点構想を、ジーコは持っているのだろうか。



ちなみに明日は、31日の朝4:30から始まるドイツ戦の予想をしてみたい。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-29 12:41 | サッカー
今月のリゾポカに参加した
今月のリゾポカに参加した

今日は月に一回の、リゾカジポーカーオフ会。
いつものDUKEについたときには、もうすでに始まっていて
ちょいと遅刻だった。

この会は、色々な人がたくさん集まっていて、
毎回楽しい会となる。
初心者から、私のような初級者、そして大ベテラン(?)の方まで
幅広い人が集まる。

私の今回の目的は、初心者との対峙と自分のアクションだった。
初心者は、私にも覚えがあるのだが、降り時や賭け時が解らない上に
相手のアクションについても、解らないことが多い。
つまりチップによる会話が、成立しづらいのだ。
だからはまると初心者は、チョーツヨイ。
そんな方と相まみえるときに、どのような対処が良いのか、
今回見てみたい、あるいは私に応用できないか、と思ったのが一つ。
自分のアクションとは、上野で覚えたお作法と、それを逆手に取るような
読まれにくいアクションを効果的に行えるか、といった点に気をつけた。

40数人で始まったテーブルも気がつくと、2テーブルになった。
私と言えば、今回は優勝者のMITさんに捕まってしまった。
私AKで、MITさん9,9(だったと思う)でぶつかり
何も落ちずに負け。
最後はその逆で
私T、Tでオールインし、MITさんAKで受けられて
Kが落ちて終了となってしまった。



どっちで行っても、負けジャン!!!



とヒトリ突っ込みも、虚しく響く。。。。。。。


最終テーブルを観戦していて
おもしろく、そして印象深いハンドがあった。
残り6名で、プリフロップで、○りかさんBB、準優勝のやっぴさんSB、
テニアン優勝者のBJさんがカットオフで
この3人は、ほぼ3人ともチップリだったのが、
私の応援している○りかさんが、
わずかにチップリだったときのハンドだ。
BJさんの前2名フォールド後、BJさんオールイン。
ボタンのMITさんフォールド、SBやっぴさん、コール。
で、○りかさん、ゆっくりカードを見るとTT。
わたしなら、降りる、のだが、○りかさんは、コール。
残り500点くらいになる。

フロップが開き、やっぴさんチェック回しだったが
○りかさんオールイン、やっぴさん同じくオールイン。
BJさんA,9。やっぴさん、K、8。
ここまで誰もボードでは当たっていないため、
○りかさん有利。
が、無情にもリバーでKが落ちて、やっぴさん総取り。

このハンドはその後の2次会でも、サンザン話に出たのだが
ほぼみなさん、○りかさんのアクションで正解だとの声が、圧倒的だった。
しかしどうしても私は、納得できなかったのだが、
色々な理由を聞いている中で、ひとつ私も合点がいくモノがあった。
それは、
「リゾポカだから」というモノであった。
リゾポカは、ウイナーテイクスオールだからだ、というモノであった。
つまりあそこのハンドで勝てれば、ほぼ1位を手中に出来るから、というものだった。
なるほど、とは思うモノの私ならやはり、
生き残りをかけて(ホントはヒヨって、だろ?)降りてしまうだろうなぁ。


P.S.
そして2次会も終わって、帰ろうとすると、
親愛なるK○paさんに捕獲され、3次会にも参加させていただく。
ここでは、今後の海外遠征のスケジュールなど、楽しいお話がたくさん出来た。
マジで捕獲されて、良かったです。






世界に人口は何人いると思うーー????
その人たちに毎日、会うのとどれだけ時間がかかると思うーー????





It’s ミラクル  だっけ?





日本語おかしいし、ミラクル、英語で書けよーーー、w。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-28 23:39 | POKER
近づくワールドカップ、エアーチケット編
近づくワールドカップ、エアーチケット編


昨日、ワールドカップに行くエアーチケットが来た。
いよいよ近づいてきたなぁ、って感じになってきます。

今時は、どこも紙じゃなくてE-TICKETなのかと思っていたから
なんか久しぶりな感じもする。
あ、JALも未だに紙だなぁ。

で、見方が未だによくわからんのだが
ヨーク見てみると左下には価格表記の欄が。
d0057029_1484612.jpg









FARE JPY 937900

TOTAL JPY 971720

と書いてある。



マジ?


そんな払ってないよ。
その半分どころか1/3も払ってないし・・・。


これって、払い戻したら(払い戻せるなら)
この金額返してもらえる、ってこと?



よくわかりまへん。




ちなみに、このエアーはマレーシア経由なので、
帰りは、ゲンティンに1泊します。w
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-27 14:10 | 旅行
エベレストポーカー 準優勝!
エベレストポーカー 準優勝!

今日のエベレスト登山、

ナント!!

準優勝しましたーーーー!!!

(この話には最後、オチがあります。最後まで読んでね)



36,7人で始まった、今日のエベレスト登山。
今日は、外人さんが少なかった。

私と言えば、今日のスタートは、良くなかった。
QQが来ても、フロップでAKがおち、
バシバシ打たれて、あえなくフォールド、みたいな・・・。

持ち点もいったんは、1200点くらいまで落ちていった。
ところが、ブラインドが上がると、勢いが出てきて
最終テーブルまで行く。

残り6人くらいの時、オールンインする方を
AAで、飛ばさせていただく。
そして一時はチップリまで行く。

ここで頭をよぎるモノ・・・・、


それは・・・・



マウスパッド!!



A,9なんかでも、はやる気持ちを押さえ込み、
フォールドを決め込んで、


3位確保に全力投球!


一緒に残っていた○hadowさんにも、
「3位になれたら、チョップでお願いしますね」
と頼み込んでいたくらいだ。

そしてとうとう、
3位確保!!
をしたときには



思わずガッツポーズ!!!



けど、今思えば、飛んだ人には失礼をしてしまった・・・。
スイマセンでした。

私を含めて残り3人。
○hadowさん、そしてMのクボタツ似の赤シャツさん、そして私。
この時点で、○hadowさん、赤シャツさんにおねがいして
念願のマウスパッドは私の元へ!!



ウレピーーーー!!



そしてゲームは続く。
私、○hadowさんがショートスタックなのをみて、
彼がBBの時に、私KQ。
オールイン要求のレイズを試みる。
○hadowさん、コールで、ハンドを拝見すると
J4o。

勝てそうだ!!!
ところがボードに4が落ちてそのまま。


失敗!!

生き返らせてしまった!!





でも、順調にブラインドが上がることで
○hadowも再び、ショートスタックへ。

私、ボタンでフォールドすると
○hadowさん、SBでコール。
赤シャツさん、チェック。

フロップで、○hadowさん、チェックするが
赤シャツさん、それを許さず、オールイン要求レイズ。
この勝負で、○hadowさん、敗退。




ということで、2位以内確定!



ここで安心してしまって、ルーズな3倍レイズを切り替えされ
フォールド。致命的だった。

次のハンドでオールインを試みるモノの
2ペアを作られ、残念、負け。
準優勝に終わった。





ところが、この話には先に言ったようにオチがつく。




この最後争った、クボタツ似の赤シャツさん。
エベレストのメンバー登録をしていなかったのだ。www



w、3連発!!!



ということで、優勝商品は、



2位の私に転がり込んでくることになったのです!



やった!


ハスラーな私としては、ある意味、最高の結果となりました。
今、家では、バンジーがその商品となるモノを探すため、
上野のHPと、「大人の週末」のバックナンバーまで引っぱり出して
首っ引きです。









P.S.
今回、こんな結果を出せたのもひとえに
ロケットコンビ(&A)とR様がいらっしゃらなかった、

オカゲ

と思っております。ハイ。




































○りかさんは、いたけどね、w。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-26 23:56 | POKER
福岡 1泊2日の旅(2)
福岡 1泊2日の旅(2)

2日目 5/21

今日、昼に目指すラーメン屋は久留米ラーメン「丸八」。
この店は、11:30開店だ。
ところがホテルは10:00チェックアウトのため、
チェックアウト後、、ホテルロビーでまったりして
コーヒーを自動販売機で買おうとするとると、
「朝食のコーヒーと、パンはサービスですよ」と初めて
宿泊は朝食付きな事を知る。
すでに10:00を回っていたため、ここで食べると
ラーメン勝負(量のね)が出来なくなるかもしれない。
だったら、とコーヒーと








調理パン3つ





をおいしく頂きました。w

目指すラーメン屋は、西鉄天神大牟田線高宮駅からバス便という
余り条件の良い立地ではないのだけど、
泊まっているホテルからそう遠そうではないため、
豪勢に、タクシーを使って行ってみた。

約1500円のタクシー代を使って、現地に着く。
しかし何か変だ。
看板はあるのだが、シャッターが閉まっている。
道路を挟んで前にあるお店の人に聞いてみると、
先月移転したのだと・・・・・。



ガーン!!



HPくらい、直しておいてくれよー!



これでこの旅行において、
目指すラーメン店がしまっているのは、もう2回目なのだ・・・・。

ラーメン紀行にならなくなる。
まずい・・・。



とっさに思い出したのは、天神の「一蘭」だ。
ところがここは、チェーン展開をしているし
家の近くでも食べれるが、評判は上々のの店だ。
そこにでも行くか、と決意しバスに乗り
駅まで行くと、こんなラーメン屋が駅前に。
「博多ラーメン おとみさん 創業昭和29年」
d0057029_20181546.jpg






本能で思いました、

行かねば・・・・!!!

しかし、おとみさん、と言っても作ってくれるのは男性なのだが・・。

こんなラーメン。
これは塩トンコツラーメン+半チャーハン。
d0057029_20191383.jpg





こんなトッピングもある。
あげニンニクと激辛からし高菜とあげたまねぎ。
d0057029_2020243.jpg





あげたまねぎ、ですよ。初めてみた。


ラーメンはスープの表面に張る鶏油が、メチャウメイ。
何使ってるんだろ。
化調を効かせているのだとはおもうのだが、香りも抜群。
そしてチャーハンも、本格的にラードを使う。
臭いのだめな人には、向かないチャーハンだけど。
そんなに強烈ではない、念のため。

私は思い切り食って、そしてそして替え玉もしました。
で、食べたあと、思い出しました。


さっき朝食、食べたやん!w


スタジアムへ向かう途中、
西鉄天神大牟田線 急行電車
d0057029_2021553.jpg





西鉄天神大牟田線 普通電車
d0057029_2022010.jpg


車内の中刷りに某銀行の宣伝を見る。
オールイン、わん。
d0057029_2023957.jpg




オールイン!に反応してしまいました。(どでもいいよ、ね。)


天神の宝くじ売場+ガードマン付き。
d0057029_2024492.jpg




ちょっと不思議な光景に、見えた。

そしてこのあと試合を見に行く。
こんな感じのピッチ。
d0057029_20245849.jpg




試合開始前のゴール裏。
d0057029_20253696.jpg




今シーズンで一番暑い日だった。

ウオームアップで、サポに選手一礼。
d0057029_20264084.jpg





試合内容はコチラへ。
試合終了後の、選手挨拶。
d0057029_20284824.jpg





控え室へ戻る選手たち。
d0057029_20293215.jpg





試合終了後、軽くネットカフェでブログ更新後
最後に狙っているラーメン屋、観光客としては是非一度は行きたい
「元祖長浜屋」まで、タクシーを使う。980円。
行った先は、「元祖長浜屋 支店」のほうだ。
d0057029_20322836.jpg




こんな感じのラーメン。400円。
d0057029_20401680.jpg







はっきり言って、このラーメンは安いし量もしっかりあるけど、もう食べません。
水っぽいスープと、粉っぽい麺。どうにもならないチャーシュー。
やばいでしょう・・・・。
(ちょっと私、   辛口かしら。。。)


そしてそのご予定通り、福岡空港より帰宅の途へ。

以上、福岡の旅でした。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-24 20:42 | 旅行
福岡 1泊2日の旅
福岡 1泊2日の旅

1日目 5/20

羽田18:00発
福岡19:45着  ANA265便

羽田は雨だった。
乗る飛行機777-200だ。
d0057029_1903012.jpg




拡張中の羽田空港。
d0057029_1912494.jpg




機内から、アクアラインの通気口。虹が見えた。(ちょっと薄いぞ)
d0057029_1921168.jpg




ランディングしてくる機体を、撮す。
(へたくそで、すいません)
d0057029_19326100.jpg






旋回中に、羽田空港が見える。
d0057029_1941372.jpg





福岡に定刻より少し遅れて到着。
ホテルにチェックインし、いよいよラーメン1回戦へ!
ホテルから徒歩圏の「八ちゃん 薬院店」を目指す。
ここは夜9:00~の深夜営業のみで、ここのラーメンの特徴は、
なんといってもそのスープらしい。話によると
そのスープの量だが、器いっぱいにつがれてきて、
そのうえ、これでもかというほどの濃厚なこってりとんこつだそうだ。
ややしょうゆ多めの味だが、とても飲みきれるものではないとのこと。
なぜなら器の底には、煮込みつづけて崩れた豚の骨が粉状になり、
1cm近くもたまっているらしいのだ!!
事前に地図でチェックしているので迷わず、お店につく。
ナント、





5/6から5/22までお休み





の張り紙が・・・・。w




しかし余りにもお腹がすいているので、やはりその近くの居酒屋
旬素材【わざわざ】 薬院店
にいく。
d0057029_1961261.jpg




こんなカウンター席にすわる。
d0057029_1972236.jpg





まずは飲み物。
最近マンガ「夏子の酒」を読み返し、日本酒に興味があるので
1杯目から日本酒へ。
d0057029_1983078.jpg




「九州」「山田錦」のキーワードで1杯目、「東一」を。
d0057029_1992246.jpg





写真で見てもわかんないよね。
純米、とのことだが私には少し味がばたばたしているというか、
落ち着きが無く感じたが、よく言えば、クチの中で
「純米です!」と主張していて、程良く暴れてくれる。
2杯目は、「万齢」を。
飲み口はすっきりしている。ばたばた感もない。
が、ちょっとアルコール感を強く感じた。



おつまみはまず「クレソンのお浸し」を頼む。
d0057029_19104388.jpg






次に鯛のお刺身。残念ながら養殖物だった。
d0057029_1912066.jpg






そして「地鶏の塩焼き」。
d0057029_1913077.jpg




こっちにありがちな「なんちゃって地鶏」ではなく
キッチリ、地鶏だった。旨みはうすいものだったけど。
しかし、鶏好きな私には、ユズ胡椒もついていて、
d0057029_19135267.jpg




なかなか、おいしくいただけた。

それに、「大海老の塩焼き」
d0057029_1915138.jpg




ホントにビッグサイズだった。

仕上げには、「金醤(商品名だと思う)の焼きおにぎり」
d0057029_19154435.jpg





これもなかなか、ビッグだった。


ほろ酔い気分でホテルへ帰る道すがら、
「サッカー日本代表」バーを見つける。
入らないわけには、行かないでしょ。
店は、10人も入れば一杯な感じのカウンターのお店。
正式名称「スポーツ角打ちF.C.HAT TRICK」

お店は、私1人だったが、マスターと楽しくサッカー談義。
ジントニックをハットトリック(3杯、このカップが結構でかい!飲みごたえ抜群!)
して、気分も良くなりホテルに帰る前に店前で、写真を撮らせてもらう。
d0057029_19165513.jpg





そしてお会計はナント、1480円。
あ、ありえない・・・。
やっていけるのか・・・。
でももう、何年か、やっているらしいのだが・・・。
福岡へお越しの際はぜひ。

ホテルに戻るともう2:00。
即終身。w

明日は、人気が高いと言われる
久留米ラーメン「丸八」に、お昼時に行くことにしている。


あ、+サッカー、ね。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-23 19:22 | 旅行
vs アビスパ福岡 菓子杯最終戦
vs アビスパ福岡 菓子杯最終戦


昨日前泊で、福岡入り。

旅行そのものは、明日以降にアップするので
今日は、試合について。
前試合同様のメンバーで、アビスパに臨む。

現地の暑さは、いよいよ日本特有の、
夏サッカーが始まることを実感する。
双方ともにシステムは、4-4-2。
伊野波がとてもよく効く。
今野とのコンビネーションがとてもいい。
ちょっと線が細いのと、経験が足りないことをのぞけば、
大化けする可能性があることを感じる。
浄も守備に安定感をもたらすし、
中に絞った守備から反転し、攻めにおいては
効果的にワイドに開き、起点となる。
徳永とのバランスもとてもいい。
茂庭も抜群の安定感を示すが、
あのショックからなのか、
たまに気の抜いたプレーでピンチを招いたりするが
相手のミスもあり、事なきを得る。

今日の問題は前線の3人だ。
暑さもあるからか、前半では目に見えて運動量を
セーブしているようだったのだが・・。
それだからだろう、今日は小澤と戸田が消えていた。
(一度そういうリズムができるとそれに流れが乗ってしまい
後半にまで、それが続く)
それと梶山の欠点=軽いプレーで
どうしてもボールキープができない&パスミスが目立つ。
信男さん自体は問題ない。
この前線4人では今日は、美しいハーモニーが全くでてこない。
やはりSBがあがるだけの時間を稼ぐ、
ボールの収まりどころがほしいところだ。

ただし前半に1回だけ、緩急を使った
惜しい場面があった。
相手サイドであったので、よく見えない部分もあったが、
ゆっくりめで、右サイドでボールキープから急転、
中に絞って、ワンツーでシュート。
はじかれても中に折り返し、
戸田のヘディングシュートが残念ながら浮いてしまい、バーに当たったシーンだ。
あれが未来の遅行からの、ひとつの完成型であったらいいなぁ。

後半では、消えていた小澤に代わり赤嶺。
その後、やはり消えていた戸田と
線審へのめずらしく執拗な抗議で
イエローをもらってしまった川口に代わり
ノリオと阿部ちゃんを同時投入。
この辺から、攻撃に勢いが出始め、一方的に攻める。
やはりうちのもともとの特徴であるスタミナから、
あの暑さでも相手の運動量を上回り、ボールを確実にキープ。
そして慣れていてやりやすいのだろう、
両サイドにウイングでノリオ、阿部ちゃんを配置して
速攻をたびたび仕掛ける。
これでもし、トップ下もしくはトップでボールを
確実にキープできる人材がいれば
相当厚みをもたらせると思うんだけど。
キープはできないものの、赤嶺がポスト役となり
ボールを受けてマイナス気味に走りこんだ選手に
ボールを置くのが効果的ではあった、が!
彼自身が反転シュート、というオプションがないと
相手は、守りやすい。
彼ならそれができると思うし、積極性もあると思うから、
Jのスピードに慣れたら、期待できると思う。

結局、0-0で試合は終わった。
前半のゲーム運び、伊野波の成長、けが人の復帰、
後半、選手交代後の勢い、
これらは、後半戦に向けて十分な期待を抱かせる
ものであった。
やはり今のうちは4-4-2で、ウイングを配置し
相手によって、強いチームでは伊野波、今野のコンビを最大限生かし
少しディフェンシブで速攻を狙い、
そうでないチームでは、ボールキープ(ポゼッション)で試合を支配し、
後半の体力勝負、というのが現実的なのかもしれない。
ただし今までどおり、ポゼッション(緩急)サッカーを
安易にあきらめることなく志向し、
強いチームにでも、その両方(緩急)が通用する、
そんなチーム力として幅のある、チームを目指してもらいたいものだ。

そしてひとつ、ちょっと先のことだが
気になるのは、ジャーンと特に浄の後釜なのかもしれない。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-21 19:00 | サッカー
エベレスト登山
エベレスト登山

毎週金曜日は私のお楽しみ、エベレストポーカーです。
上野には、少し遅れて到着。

今日の参加者はいつもより少なく、4テーブル、三十数人でスタート。
一番テーブルに、席をもらう。

今日は苦戦した。
とにかく手が入らない。
72,83,J3等々・・・・。
丸2周はフォールドしていた。
ようやくJJのポケットで3倍レイズすると
皆フォールド。みたいな展開。
ラスト、2テーブルになってでも、原点3000点辺りをうろちょろしていた。
ところがテーブル合体の2ハンド前に、オールインをすると、
BBのダントツチップリさんがコールしてくれ、
それを獲ることで、最終テーブルに参加することが出来た。

最終テーブルでは、2,3回のスチールも決まり、
ブラインドも上がっていたため、
持ち点は1万点を越えてアベレージ点数まで戻れた。
その後一人飛び、二人飛び・・・・・で、最後はやってくる。

私ボタン、持ち点1万3千点。
1500/3000でワンビッグのとき、KQでオールイン。
BBの方も、ほぼ同じ点数。
かなり悩まれて、コールされる。
相手AJ。
フロップでJがおち、そのまま何も起こらず終了。
ちょっと無理したオールインだったかもしれない。
けどあの雰囲気の中で、コールで入っても
相手のハンドがAJでは、レイズされてくるだろうし、
コールされた時点で、負けだったのかなぁ、とも思っている。
結局、5位だった。

エベレストでは前回が6位、前々回も6位と決して相性が悪くない。

早く3位以内となって、あのますパッドを獲らねば・・・。

で、明日は夜から福岡に行きます。
サッカー&ラーメンの旅、にしよう!
と思ってます。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-19 23:56 | POKER