もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ちょっと、マジメな話( 9 )

2010 あけましておめでとうございます
今年も一年、よろしくおねがいします。

いま、コタキナバルにやってきてます。

d0057029_13204942.jpg



ゴルフとか、しちゃってます。
d0057029_13215329.jpg




今年1年、皆様にとって良い一年でありますように。

あ、
もちろん私にとっても、いい年でありますように、w。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-01-01 13:22 | ちょっと、マジメな話 | Trackback | Comments(5)
日本航空がデルタ航空と提携?
日本航空がデルタ航空と提携?

昨日、マイラーにとってみて、
大変興味深いニュースが駆けめぐりましたね。

日航・デルタ提携 国際再編の荒波へ

それにしても、ワンワールドの日本航空が、
なぜ?スカイチームのデルタ航空に?
と思って調べてみた。


日航再建:緊急融資、政府80%保証

政府監視下で日航の再建支援へ/政投銀融資に保証

日航経営再建へ、政府が融資保証

もともと日本航空は、2009年4~6月期に
過去最悪の990億円もの最終赤字を計上し、
この業績悪化からこの6月に2000億円の緊急融資を希望していた。
そのうち、先のニュースの通りの1000億円の融資を取り付けた。
このうち80%が政府保証だ。(潰れりゃ、国民負担だ)

でも、あと1000億円が足りなくなるのに当たって
国交省の後押しでこの動きが出てきたようだ。



日航再建、思惑が交錯 デルタとの提携、国交省後押し

文中に、デルタ航空から申し出があった、
とあるので、両国高官=デルタ航空間では
基本的な合意が出来ているのかもしれないな。

それにしても何故、デルタ航空がご指名を受けたのか?
勿論世界最大の旅客数をを誇るから、というのもあるだろうけど
おそらく同じワンワールドのアメリカン航空や
スタアラのユナイテッド航空はともに、近年太平洋路線に近年、
減便などをして力を入れていない。
比べてデルタ航空は積極的に行って来ていた。
特に日本をそのハブ空港として、拠点を築いている。

また、日本の航空行政を見ると、アジアのハブ空港争いを、
韓国、バンコク、シンガポール、香港などど日本は行っており
デルタ航空にもし、そっぽを向かれれば、かなり痛いはずだ。

さらに
エールフランス―KLMも

またデルタ航空を取り込めれば、
同じスカイチームのヨーロッパ最大のエールフランス-KLMからも
お金を引き出せるかもしれないという、「オマケ」が出てくるかもしれない。

スカイチームとの提携を進めることが出来て、
太平洋路線・ヨーロッパ路線で強力な路線網が築ければ
日本航空にとっても大きく収益改善効果が高まるはず、
と国交省もふんでいる。


それと先の文中に「オープンスカイ」という文言が出てきた。
調べてみると「オープンスカイ政策」

これを民主党が推し進めると、
アジア路線に力が入っていない米国の2社、つまり
ANA加盟のスタアラのユナイテッド航空と
JAL加盟のワンワールドアメリカン航空が漁夫の利を得ることになる。
これはデルタ航空にとっても、国交省にとっても、よろしくない。

日本航空・デルタ航空:提携検討 デルタも赤字体質、「アジア」強化にらむ

このようにデルタ航空にとっても、他の航空会社のご多分に漏れず赤字であって、
今回の融資は、デルタ航空もかなり痛いはずだ。
しかし、先々の「オープンスカイ」ではじき出されそうなことを考えてみても、
或いは長い時間と費用をかけてアジア戦略を行ってきた、
つまりそういった今までの莫大な投資がオジャンになる、と考えれば
それを押してでも、何としても提携したいのではないだろうか。

そう言った意味でも、デルタ航空にとって今回のアジア強化は、
社運を背負う、くらいの気持ちがあるかもしれない。




そんな中、ようやく取り付けた1000億円の融資をわずか3ヶ月間で
赤字で垂れ流してしまった日本航空自身の対応は、どうか?

日本航空のホームページ

火消しに躍起だ。

日本航空の社内的には、どうなっているのだろうか?
日航、米デルタが出資打診 300億~500億円、交渉は流動的

社内的には、ワンワールドに傾いている勢力もあるようで
「日航は今後アメリカンへの出資要請を検討する見通し。」という記事も出ている。

米航空大手、全5社が赤字 航空需要減で 

ところが当のアメリカン航空は、ここ最近デルタ航空以上に赤字のようで
そんな力を入れていないアジアのテコ入れに協力できるのだろうか。

当事者意識が欠如した日航の姿勢に、銀行団のいらだちは募るばかりだ

いまだに親方日の丸体質から、抜け出せないんだろうか。
まぁ、日本という国の歴史上、大きな転換が起こるのは、
明治維新にせよ、太平洋戦争にせよ、海外からの圧力などでしか変われない。
日本航空の変化に、海外の資金が入るのは良いことなのかもしれない。


そして、お目付役の国交省にうながされて、副社長が渡米した。
日本航空・デルタ航空:提携検討 500億円出資協議、日航副社長渡米

文中には、日航社内にはデルタとの提携に慎重論も根強い、とあるが
加盟してからたった2年しか経っていないワンワールドに、
なんでそんな義理立てしないと行けないのか、よくわからない。


一方、我々マイラーとしては、この提携は歓迎すべきだろう。
日本に住むスカイチームのマイラーは言うに及ばず、
日本航空のマイラーにとっても、旅程に選択肢が増えることは
喜ばしいことだと思うし、そもそも日本航空が潰れてしまっては
元も子もないでしょ。


日本航空の企業体質は、相当昔から色々ととりたざされていたよな。
沈まぬ太陽





しかもタイミング良く(?)w

この秋にナント、映画化される、w。





さてさてこの提携問題。
今後の成り行きには、目が離せんませんナァ。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2009-09-13 14:49 | ちょっと、マジメな話 | Trackback(2) | Comments(9)
久しぶりに更新。
久しぶりに更新。

久しぶりに更新させていただこうかと。
振り返ると去年の6月以来という事だから、
実に1年、放置だったのか。

思い返せばブログって、それなりに大変だった。
1年も更新しないと、その労力の大きさがわかった。
毎日更新してらっしゃる方は、ほんとエライですよ。

でも、
記憶力の悪いオレは、前に自分が書いたブログを読み返すことで
忘れていたその時の記憶が、蘇ってきたりもして、それなりに楽しかった。


再開にあたって負担を減らすという狙いもあって
試しに、毎日更新はしないとか
即時性・速報性をなくす(ちょっと前の過去のモノを書く)方法で
しばらくやってみようかな、と。

そうすると、少しおもしろさは無くなろうかと思うんだが
人におもしろいブログ、と言うよりは、自分の記録、としてのブログと言うことに
主眼をおいていこうか、と思っております。(自己中で、スイマセン)


まぁ、ようは
ダラダラと更新していく、ってことになろうと思いますが
お暇で有れば、これからもお付き合いよろしく、です。029.gif
[PR]

by BBSTAR2005 | 2009-06-24 12:38 | ちょっと、マジメな話 | Trackback | Comments(5)
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

今回の広島遠征中に大変な読み物を読んでしまった。

d0057029_1140622.jpg

「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」
安部 司 (著) 東洋経済新報社(発行) ¥1,470円


もともと岡山のグルメ大将の記事、これに私の食の裏側に対する興味は始まった。
発ガン促進作用の疑いがあるエコナ


ウチでも、わたしのダイエットに伴って
「体に脂肪が付きにくいエコナ」
を使っていたが、健康の対極にある、じつは発ガン促進作用がある?
なんてことを知ってしまって、驚いたのである。

そして、何の気なしにTVを眺めていると、この安部 司氏が出てきて
盛んに添加物について、話をしているのに興味を持った。
「いくら、というのは実は、添加物だけで作ることが出来る」
「水と添加物だけで、ジュースは作れる」
「食品の色づけの原材料(コチニール色素)とは、昆虫をすりつぶしたモノですよ」
とかきいて、ビッくらこいて、この本を買うに至った。


読み進めていくと、コイツは衝撃の連続だ。

添加物って、こんな世界だったのか、と。
梅干し、かまぼこ、漬け物、ハム、ソーセージ、ミートボール、ふりかけ、○○のたれ
これらすべて、添加物まみれ。
しかも、味の基本になる
塩も、味噌も、砂糖も、しょうゆも、みりんも、酒も、天然だしの素も
これらもすべて、添加物が入っていると思ってイイらしい。
しかも袋に書いてある、「天然」=添加物なし、ではないらしいのだ。
ではどうやって、それを見分けるのか。


私が大好きな明太子も、10種類以上の添加物が入ってると言う。
明太子はたらこが原材料だが、たらこは堅くて色のいいものが高級品、らしいが
軟らかくて色の悪いたらこも、添加物の液に一晩漬けると、
たちまち透き通って赤ちゃんのような、つやつやな肌に生まれ変わるという。
そのたらこを加工して作る明太子は、味付けと保存のために10種類以上の
添加物を加えているそうだ。

筆者は、
みんなが「美味しい」と言って喜ぶ、たらこや明太子、かまぼこ
それは化学調味料の味なのです。
いわば添加物の味を食品の味だと思って食べていて、
化学調味料を「美味しい」といって喜んでいるのです。
と断言する。
スーパーなどで売っている「無着色明太子」も決してヘルシーではなく
着色料だけ入れずにそのほかの製造方法は、従来通りだから
ヘルシーだと思っていては、メーカーの思うツボだと。
そんなメーカーの「誇張表示」に表示にだまされてはいけないと、言う。

さらに、
どちらが多くの添加物を摂取しているのか対決、を実験している。
コンビニ弁当VS普通の家庭の食事
じつはどちらも同じ量の添加物を、知らずウチにとってしまっているのだと。

最近、子供の糖尿病が増えているのを聞いたことがある。
実はいま、清涼飲料水に、砂糖、は使わないらしい。
なぜなら、砂糖を使うと、
飲みゴシがさわやかでない、材料費が高い、加工に手間がかかる
からなんだそうだ。
かわりに、加工がラクで、安くて、さわやかな甘みの
「ブドウ糖果糖液糖」というのを使うらしい。
これがくせ者で、これを摂取すると、血糖値を急激に上げてしまう、そうだ。
砂糖も血糖値を上げるが、摂取しても体内でブドウ糖と、果糖2つに分けて
吸収されるのだが、「ブドウ糖果糖液糖」は最初から2つに分かれているので
あっという間に吸収されて、血糖値がはねあがる、と。
つまり、点滴と同じなんだ、ということらしい。
そしてこの「ブドウ糖果糖液糖」は、清涼飲料水には
滅茶苦茶入っているだけでなく色々なお菓子、
アイスクリーム、グミ、キャンディーなどにも使用されている、と。

そっかー、そこで解ったことがあった。
最近、私の知り合いの体の細いゴルフ好きが、糖尿になったと聞いた。
彼はこの夏も暑い最中、せっせとゴルフに通っていた。
で彼は、体にいいとか、熱射病にならないためとか、水分吸収が早い、とかで
例のアミノ酸入り飲料を、やるたびにがぶ飲みしてたっけ。
彼の主治医が言うには、これが原因だと。


コンビニといえば、私もよく買うおにぎり。
あれも味、見た目、保存を利かせるために、添加物のオンパレードらしい。
だから最近のガキたちは、「お母さんのおにぎりより、コンビニの方が美味しい」
と、のたまうのだそうだ。

筆者はここ、子供の成長=将来の日本、
添加物が食品の味、食べ物のありがたさを忘れはしないか、
といったところに、警鐘を鳴らす。

私もちょっと前のことだが、知り合いと新幹線に乗るときに、
横浜名物のシュウマイを肴にビールを飲もう、ということになり
駅の売店に行ってみると、そこには2種類のシュウマイが売っていた。
日持ちのする安いモノと、日持ちもしない上に高いモノと。
両方買ってみたが、味の違いは、明らかだった。


最近ウチに入った社員に、こんな話をしたら
「聞きたくなかった」といわれた。
バンジーに読ませたら、読んでからは、しっかり裏面を見るようになったが
添加物の入ってないモノはスーパーにはない、と。
さてさて、我々の食生活はすでにこの添加物から完全に逃げることはもう、
不可能なのかもしれない。

では、知らないまま、今まで通り生きていくのがいいのか、
だって、日本は長寿国家なんだし、
ということでもいいし、
いやいや、色々知識を持った上で、取捨選択したい、
ということでも、いいのではないか。


あなたは、さて・・・・・。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-10-22 11:54 | ちょっと、マジメな話 | Trackback(2) | Comments(3)
ライブドア事件  堀江裁判
ライブドア事件  堀江裁判

激やせした堀江モンが拘置所から出てきたのを見て
うらやましく思ったダイエッターは、結構いたはずだ、w。

そんな堀江モンの裁判が超スピードで行われていることは知っていても
どんな内容なのか知らないでいた。
ところが昨日、バンジーが買ってきた「アエラ」(朝日新聞社発行)10/16発売号に
その関連記事が出て、新聞・TVなどでは見落としていた(書いていなかった?)
事実を知ることが出来て、かなり興味深かった。

もともと宮内亮治が、何で堀江モンを売ったのか、よくわからなかったし
「自分の彼女がかわいそうだよ」という一言で、堀江モンを売る気になったというのも
どーも、しっくりこなかった。

実は今までの公判で判明した問題点とは、
宮内、中村長也及び自殺した野口英昭、ら3名の、
「会社のカネをつまんでいた横領背任疑惑」らしいのだ。

それは例の投資事業組合を通して、
ライブドア本体の売り上げに還流し決算粉飾したのが
今回のライブドア事件だか、
このとき還流するはずのトライン売却益の一部、1億6500万円を、
この3名で「ほぼ4000万円ずつ個人の懐に入れていた」ということが、
暴露されているらしい。

しかもこれだけではなく
「一回、味をしめた宮内と中村はこの後、秘密のカネを流用するようになる」

「二人は英領バージン諸島にエバートン・エクイティという
ペーパーカンパニーを設立しライブドアの会社の預金を担保に
クレディ・スイスから3億円を借りている。
本来は会社に帰属するカネだが、このうち一部4000万円で
宮内と中村はフェラーリを買った」

「ところが、中村はフェラーリを購入直後、全損事故を起こして大怪我をし、
昨年のニッポン放送騒動のさなか長期入院をしている」

「エバートンには東京地検特捜部の強制捜査前、
堀江が知らない26億円もの秘密のカネが眠っていた。
宮内は東京拘置所で拘留中にもかかわらず、
自身の弁護人を通じてクレディ・スイスにこの26億円を「動かさないよう」指示し、
保釈後「堀江を除く、起訴された4人で山分けしよう」と
ライブドアのメンバーに打ち明けていた」

「こうした高井の繰り出すパンチに、宮内はノックアウトされた。
しどろもどろになって「覚えていません」を連発してダウン。
小坂敏幸裁判長の投げたタオルにすがって、
「これ以上証言できません」と途中退廷する珍事もあった。」

しかもこの記事によると東京地検特捜部らはこの横領を知っていて
検事が宮内にただすと、「これは借りたカネで返すつもりだった」といったら
理解してもらいました、と法廷で証言したらしい。
カネをつまんでおいて、返すつもりだった、で通るなら
世の中、横領なんて存在しない。
つまり東京地検は、
「横領背任疑惑は隠し通すよ、代わりに堀江を刺せ---。
そんな取引があったのではないか。」としている。

「宮内と中村、野口は、トラインに関しては
発行したライブドア株を横領した疑いが濃い。
検察は、証券取引法違反(最高懲役3年)よりも重い業務上横領(同10年)、
特別背任(同7年、新会社法では10年)を見逃しており
反社会的・反司法的な捜査が行われていたことは明白
(高井弁護士の法廷での発言)」

「裁判長の小坂も、途中から宮内の証言に不信感を抱いたらしく、
「あなたが計画して堀江が了承したのか、それとも堀江の指示に基づいて
あなたが実行したのか。どっちなんですか」と、宮内に直球を投げている。
宮内は、突然の質問に驚きながら
「ファンド(投資事業組合)のところは私です」と、自身の責任を認めた」









こんことがあったなんて、知ってました?
詳しくはアエラを買って読んでもらうにしても、
ライブドア事件つまり堀江裁判の公判では、こんなことが起こっているんですなー。

想い出せば、マスコミも、堀江モンのことを持ち上げるだけ持ち上げておいて、
一旦逮捕されれば叩くだけ叩いて、宮内からの内部告白みたいな報道を
してきてた印象がどうしても拭えない。
でもどうやら、その宮内が実はいちばん小悪党な感じもしますなー。
ある方の話では、「宮内は告白して、立派だ」なんて賞賛も聞いたことがありますが
どうしてどうして。


私服を肥やしていたくせに、自分の親分を売った子分と、
都合のいいところだけ、喰いつきそうなところだけ大きく取り上げるマスコミ。
そしてそれを演出する、正義なんぞはどこへやら、東京地検特捜部。
どっちもそら恐ろしいデスなー。

これから、誰を信用して生きていけばいいんだろー?
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-10-08 12:22 | ちょっと、マジメな話 | Trackback | Comments(13)
吉村昭さん 逝く
吉村昭さん 逝く

作家の吉村昭さんが、7月31日に亡くなっていたそうだ。

恥ずかしながらこの方の作品を読んだのは
ここ3,4年前のことであった。

実家の本整理は、私に流れてくることが多く
その中に吉村氏の「関東大震災」が、入っていた。


歴史物、動乱モノ、戦争物は好きなジャンルなのだが
何の気なしに読んでみると、のめり込むように
一気に読んでしまった。
聞くところに彼は、徹底した史料調査と現地取材によって
様々な歴史小説を生んでいるのだそうだ。

便利な世の中の今からは、なかなか想像できない大正時代。
そこには、地震の恐ろしさ、集団の恐ろしさ、
日本人が在日にしてしまった残虐性などが、刻銘に描き出されていた。


またバンジーと網走に行った際、網走刑務所にもおいてあった
「破獄」。

刑務所脱走の天才日本人、を描いた小説だ。
どういう手口で脱獄していったのか、
当時の刑務所はどんなモノであったのか、など
実におもしろい。女性にもかなりおもしろく読めると思う。
バンジーとは今でも、この小説の話題が時々、出る。


吉村昭氏は晩年、戦争体験者が少なくなったりして
取材が難しくなってきた、とこぼしていたらしい。
これらの小説を通して、我々の世代は、
学校では教えてくれなかった近代日本を知るのは、例えば
アジア近隣の言い分報道(歴史観)などを
冷静に解釈するのにも、必要なのではないかなぁ、と思っている。

吉村昭氏の最後も、壮絶だったらしい。
自ら、点滴などのチューブを抜いて、傍らにいた長女に
「死ぬぞ」といって翌日、亡くなられたらしい。
死因は、膵臓(すいぞう)がん。79歳。


吉村昭氏の冥福をお祈りしたい。



8/25 ダイエット進行状況。 
     前日比体重±0.0kg、トータル-4.5kg →目標まであと、9.5kg
     前日比体脂肪率-0.4%、トータル±0.0%
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-08-26 15:25 | ちょっと、マジメな話 | Trackback | Comments(5)
真夏の夜の夢
真夏の夜の夢

いつだったかは、ちょっと思い出せない。
けどそれは飲み会の、アトでの出来事だった。

しっかり深夜の2時過ぎまで皆で飲んで、
だけど、誰と飲んでいたのかは、解らない。
皆とバイバイした後も、
なぜか帰る気にもなれず、時間も時間だし、
ヒトリだったけど、オネーチャン系の飲み屋に、
顔を出すことにした。

その店は、ビルの2階にあり
大きな半円型の外階段を上りきると
正面にある。

今までに、数回は来ている程度の、
余り馴染みのある店ではないのだが
まぁ、軽く飲んで、帰ろうとドアを開けた。

店内は、かなり薄暗く、ちっちゃいけど
カラオケステージがあって、そこだけ妙に明るい。
もう、盛り上がっている客が、オネーチャンの肩を抱いて
ステージで熱唱しているのが見えた。
それを横目で見ながら案内される席に座って、
時計を見ると、もう2:30を過ぎている。






少しウトウトしかけていたところに
「有り難うございマシたー」の
オネーちゃんの甲高い声に、後ろを振り返ると
お会計を済ませた客が、出ていく後ろ姿が見え
その客がドアを開けると、薄暗い店内に
ワァーっと、光が射し込む。

もう、夜が明けたのだ。
もう一度時計を見れば、
もう朝の5:30を回っている。
夏だし、太陽が昇るのも、早いもんだと思うのと
何で、こんな長居をしていたのかが、思い出せないでいた。

「お会計して」と頼んで、席を立ち
一旦外の空気を吸ってくる、と言い残して外に出ると
外はすっかり、「朝」をしていた。

すぐに店内に戻ってみると、席には
お会計の用紙をもって、ボーイが待っている。

お財布をだしながら、ぱっと見たその数字の上二つは
¥27 だった。

ありゃー、2万7千円か。
長居したし、仕方ないかな、と思って
カードを出そうとしたその瞬間、
もう一度、先頭の数字を見ると
¥270,になっている。

?ナンダ?
カンマの位置が、おかしくねーか?




















もう一度眠い目を凝らして見ると、そこには

¥270,680-
の文字が・・・・。

ん?

27万円ーーーン????

ナンダそりゃ!?

思わずカードを取ろうとした
自分の動きが、止まっていたことに気づく。


もめるのもイヤだし、今までお会計に
文句を付けたことはあまりない、オレだったけど
サスガに、私1人だけで飲んで27万円には、驚愕だ。



「コリャ、高すぎだろ」とボーイに言うと、
ちょっといやな顔をして
「少々お待ち下さい」といって奥に下がった。
隣にいた、今日初めて会ったオネーチャンも
なんだか所在なさげだ。

すぐに黒服の男が出てきて
「ちょっと高いかなぁーとは思ったんですけど~
 皆でセット数とか確認して~、お出しした金額なんですよ~。
 コレでもお安くしたんですけどネェ~」
等と、ほざく。

頭の中で考えた、
(半分にしろ、っていうか?それでも13万以上だゼ。)

(ところでその1セットって、いくらなのよ!)

(それとも警察呼ぶか?それも、ウザいなぁ)

(いくらなら、払っても良いのよ、オレ)



(どうするよ!オレ!!)



もともと眠たくて、モウロウとしている脳に、
この飲み代の27万円は、
メガトン級のハードパンチだった。



かーっ!!しっかり目が覚めたよ!!










と、目が覚めたのは、
その27万円にビックリして目が覚めた、
今朝のベットの上だった。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-07-29 12:27 | ちょっと、マジメな話 | Trackback | Comments(4)
阪神タイガース/身売り
阪神タイガース/身売り


あの阪神タイガースが、身売り?!



というのは、阪神電鉄と阪急との合併を巡って
プロ野球オーナー会議で、合併会社の所有球団を
新会社と見なすか
、ということでの話だ。

新会社(例えばダイエーを買ったソフトバンクなど)が
プロ野球に算入するには、
保証金      25億円
野球振興協力金   4億円
加入手数料(ナンダ?コレ!) 1億円
の全30億円を納入しなければならないのだ。
阪神側は、当然全額免除を要求したが、
オーナー会議では、否として納入させることに決定した。

過去には、西武の親会社が鉄道からプリンスに移動したり
ベイスターズの時は、TBSが親会社になったときには
全額免除している。

少し考えてみれば、この代金を支払わせることで、
少しでも有力な選手を集めにくくしようとする
かつての楽天参入時と、同じ発想に見えてくる。
その後の楽天の惨状は、言うまでもない。

このオーナー会議での腐臭は、このほかにも
楽天のTBS株保持問題など、あげるとキリがない。
独占・独裁がもたらすジジイの腐臭、そのものじゃないか。

ファン・サポにとって、
自分の好きなプロ野球球団を応援することが
こんな野球を食い物にするオーナーらを、
直接・間接を問わず、肥やしてしまうことは、
ホントに、ご愁傷様としか言いようがない。
このままいけば、野球の凋落は間違いないものになるだろう。

が、かつての大御所名(迷?)選手が、新興・改革勢力を圧殺する発言や、
それに同調する一部のファンなどがいることなども、
これらオーナーらを有る意味、援護する動きとなることも、言及は必要だろう。

是非、サッカー界だけは、こんなジジイ腐臭のないものにしていただきたいものだ。
但し、サッカー界(特に日本サッカー協会)の金満思想がはびこりそうな現状は、
いつかこのブログでも、書きたいと思っている。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-07-06 20:35 | ちょっと、マジメな話 | Trackback | Comments(2)
今日の日経新聞一面「日本を磨く」の奥田トヨタ自会長、経団連会長
今日の日経新聞一面「日本を磨く」の奥田トヨタ自会長、経団連会長

ちょっとまじめな話になるかもしれん。
この記事おおざっぱにまとめてみる。

1.日本は今後、科学技術創造立国になるべき
2.よその国から、尊敬され、憧れられる国を目指すべき
3.拝金主義が台頭してきたが、努力を惜しみ金儲けだけをする
  「心のバブル」は、健全ではない。
4.拝外主義も同様で、他国に対してヒステリーを起こすのではなく余裕を持とう
5.格差社会といっても凍死や餓死する人はいなく、共産主義ではないから
  多少の格差はおかしくない
6.問題は成功者に嫉妬し、引きずり降ろす力が日本社会に強いことだ。それでは
  経済社会全体が沈滞する。成功者を尊敬し、それを目標に自分も頑張ろうという
   『称賛の経済学』に転換すれば、今以上に社会が活気づくだろう。
7.M&Aが増えることは基本的に良いことだ。但しM&Aを成功させるのは容易でない。
  成否は人間関係がカギを握ると思う。
8.日本は新企業を生む新陳代謝の力が弱いと言う指摘では、ライブドアはああいうことに
  なったがまじめな若い企業はたくさんある。ベンチャーはもともと成功の確率が
  非常に低い世界であり、一度失敗しても再挑戦できる仕組みを持つことだ。
9.今後政府と企業は世界的に見ても連携しているのだから、それ自体に後ろめたさを
  感じる必要はない。
10.民の構造改革を加速する動機付けの提供も政府の役割だ。技術立国にむけた
  税制優遇など制度整備をきちんとしてほしい。
11.トヨタは経費節減の手をゆるめない。利益を出したら税金をきちんと払ってこそ、
   国が成り立つと思う。

ベンチャー零細企業のオレとしては、大きな会社自体のことを、
あまり好きじゃないんだけど(寄らば~、が好きでない)
この記事は、読んでみて、激しく共感した。

海外に行くとホント、日本人が好かれていないな、と感じることが多い。
また海外に対しての、ヒステリックな本もよく店頭に並ぶ。
かといって明治以降の近代日本の歴史は、未だに国民同士や
海外の人とも共有出来ていない。
あるいは、成功者に対する嫉妬感、足の引っ張り合い、それを転換させられない構造。

どんな国でも問題点はあるけど、ネェ。
ホントは日本って、イイ国だと思うしすばらしい国だと思うんだけど。
もうちょっとね、良くしていきたいよなぁ。



このおじさん、73才らしい。  
この年になったら、こうゆう風になりたいものだ。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-04-07 10:26 | ちょっと、マジメな話 | Trackback(3) | Comments(1)