文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:旅行( 251 )

2010 GW 南アフリカ旅行 2日目
目覚めて外を見てみる。
ま、
原っぱです。
d0057029_1733834.jpg


で、
シャワーを浴びてビックリ。
d0057029_17333313.jpg


このシャワー室は外壁が無いんです。。。。
上の写真で見る左側が、室外との目隠しになっているだけなんです。

しかもその目隠しの一部に、
開閉の窓らしきものがあって、外が見えます。
d0057029_17335430.jpg


つまりここは、
もともとベランダだったところを、改築したんでしょう。
日本じゃ、建築基準法違反になるんじゃない?w

でも、、、、
コレなら部屋は広く使えるし、設備も少なく初期投資も少ないから
事業者にすれば宿泊代も安く設定でき、競争力は増すワナ。

確かに、
火事などがあれば、問題になるわけだが、
いちベンチャーという目で見れば、いろいろなアイディアがどんどん出て、
そのアイディアにチャレンジできる環境は、商魂をたくましくさせるワナ。

ま、
この改築自体が良いか悪いかは別にして、お上が力を持って厳しすぎる規制をし、
マスコミもそれに乗じてチャレンジャーやベンチャー、あるいは
すでにそれによって成功している人に対して、何かがあると
一斉に叩く今の日本の体制だと、そのお上の顔色をうかがい、
コンプラばっか叫んでいる企業っつーのは、どうなるんだろ?

こんな環境で、ベンチャー企業は育つのか?
既得権者ばかりが、のさばりはしないか?

なんだかどーでもいいんだけど、、、、
こんなところで、最近の日本のひ弱さ(国際競争力の低下)を
感じちゃったな。
今年の正月に上海に行ったときにも、同じ事、感じてたんだけどさ。


また、話がずれたな。
最近、オヤジだな、w。

で、
ホテルの並びのジモティーの飯屋で、昼飯。
これが、完全オープンカフェ方式(ま、かっこよく言えば、ダw)
ビールは持ち込みOKで、まったりモード。

空港近くだからか、市街地の喧噪や例の赤シャツのデモなどの影響は
全く感じられず、いつもの、のんびりとしたタイの風景だった。
(復路時には、市内に宿を取りました。)

ほいで、
満腹になり部屋に戻って、昨日の飲み残しのワインを飲みながら
昼寝したりネットいじったりで、何もしない楽しさや、喜びを噛みしめてみる。

で、
夜10時に空港に送ってもらう。
レイトチェックアウトというには遅すぎるし、
宿泊代自体も、メチャ安いから、2泊分払っていた。
宿側はあまりに早いチェックアウトに、ビックリしてたけど、w。

空港でチェックイン。
ラウンジ券をもらい、ラウンジへ。

ここのラウンジ面積自体は大きいのだが、
細かく仕切がされていた。
d0057029_17404781.jpg

d0057029_174113.jpg

d0057029_17411374.jpg

d0057029_17412936.jpg



ラウンジ食い物
d0057029_17414941.jpg

d0057029_1742471.jpg

d0057029_17421584.jpg


飲み物
d0057029_17425668.jpg

d0057029_17431192.jpg


取ったもの。
d0057029_17432666.jpg


で、
搭乗口へ向かう。
搭乗口付近には、乗客が100人もいない。



こ、これならば・・・・



機体に比べて搭乗数が少ないから、
エコノミーフルフラット(EFF)に出来るか~~?w



しかし出発15分前になっても、クルーすらもまだ乗り込まない。
d0057029_17442199.jpg

ディレイかな?

で、
飛び立つ時間になってほどなくして、搭乗開始。
機内に乗り込むと、


ナント!





機内には、すでにたくさんの乗客がいる。



そうです。

これは広州からやってきて、ここバンコクで
お客を少し入れ替えるのです。
なので、EFFの夢は、はかなく消えました。

機材は767-300。
d0057029_17453478.jpg


見た目の搭乗率は、90%以上かな。
d0057029_17461058.jpg


意外だったのは、黒人率の低さ。
もっと高いかと思ったけど、ざっと25%位かな。

実は、
個人的に南アに行くのに、恐れていることがいくつかあったんだけど
そのうちの一つが、




「黒人の体臭」




知ってる?
ナマの「黒人の体臭」w





え~、
ガキの頃海外にいて、そこで友達になった
「先週までアフリカで暮らしていました!!」といった
生粋のアフリカーナ少年から漂っていた、体臭、
すごかったんです。

ま、
おれもガキでしたから、その子ん家に遊びに行ったら、
大人はそのガキンチョの、4乗くらい凄い体臭を発していたんです。
これが、文章に出来ないほど、

キョーレツなんですよ!!
 奥さん!!


子供ながら、倒れるかと思った、w。
いや、まじで。


その後大人になって、
なかなか生粋のアフリカーナ黒人に会うことは、無かったんで、
私自身、あの臭いに対する「免疫低下」が、どの程度なのか、ちょっと怖かったんです。


でも、この機内では、黒人率の薄さからか、
セーフでした、w。


で、
いつものように、非常口席。
d0057029_17493441.jpg


写真にいる左となりのオヤジ、、、、、

広州から来たんだろうけど、実は違う席から移ってきていて
シメシメだと思ったんだろうが、離陸前にCAにばれちゃいまして、w
元の席の戻らされ。
俺的にはお陰で、最後まで隣が空席で、楽チンでした、w。


ほいで、
左を見ると、赤ちゃん。
d0057029_1750499.jpg


最近よく見かけるけど、
飛行機なんて気圧の変わる乗り物に乗せて大丈夫なのかな。。。
余計な心配か。

で、
扉は閉まってから、これがまた
なかなか動かないんだ。

なんのアナウンスもなく30分くらい待ってから、
ようやく動き出す。

で、
飛び上がってから、こんな感じ。
なんか違和感、わかります?
d0057029_1752112.jpg




え~、
全席パーソナルTVあるんだけど、
どれも作動せず。

この日は不調で見られず。
さすが、スカイチームです、w。

ルート。
d0057029_17532026.jpg


機内食が出てきました。
d0057029_17534619.jpg


どんなのが出るのか、かなり心配でしたが、
ま、
普通です。

それと、
調味料などのセット。絵柄がカワイイ。
塩は、バッファロー。胡椒は、象。
d0057029_1754351.jpg


砂糖は、ライオン。クリームは、象です。
d0057029_17545878.jpg


実にアフリカン、
いいですね~、w。

食後寝て過ごし、起きてみるとムンバイを過ぎていました。
d0057029_17552764.jpg


乗り継ぎのケニアのナイロビまで、
あと3時間45分。
d0057029_1756742.jpg


9時間半ぐらいのフライトですから、結構寝られましたね。
しばらく読書後、朝食がサーブされます。
d0057029_17571224.jpg


炭水化物&甘いもの攻撃が激しいですが、w
ま、
お味は、普通です。

そして、いよいよナイロビです。
d0057029_17573513.jpg


いや~、













文章長いクセに、

まだ、、アフリカ着かないのよね、w。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-05-18 18:03 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
2010 GW 南アフリカ旅行 1日目
昼過ぎまで、通常の月末の仕事やら、
現地で仕事をやらないとならないので、
その準備だとか、忙しく仕事をしてから、成田に向かう。

GWスタートとあってか、第一ターミナルも結構混んでいる。
d0057029_16401947.jpg


でも、
今回はエコノミーなのにステータスのお陰でこの列に並ばないで、
ビジネスクラスでチェックイン。
空港のチェックインに並ぶって、かなりストレスなんだよな。
時間が無駄で。
d0057029_16403869.jpg


で、
チェックインしようとしたら、
「おっ!!BBさん!!」
と声をかけられた。

振り向くと、そこには
ヌーボー師匠!!

聞けば、いつもの彼の国巡礼だそうで。
ご苦労様です。
ヌーボー師匠とラウンジで会いましょう!
と言って別れ、都合を済ますことに。

まず、ジェニ。
銀行へ行きATMからおろした円を、USドルに両替。
世界的にどこに行ってもこの通貨には、信用がある事が多い。
南アの事情も判らないので、日本円よりはドルで用意がいいのか?

ところが、
ちょっと円安に触れていて
94円台。チッ!

手持ちの米は結構持っていたのだが、
なにせ、アータ!!
南アはギョーサン、カジノがありますさかい、
軍資金はタ~ンと、用意しとかんと、w。

そして読み物をさっさと選び、一部常備薬も購入。

入国審査後、ワイン購入&忘れていた保険手続き、
していたら出発時間に。

ヌーボー師匠とラウンジで語り合う時間が無くなってしまった。
すいません、師匠!

で、機内へ、。
もちろん非常口席。
シャーロックホームズなど2本ほど鑑賞。
d0057029_16415192.jpg


ノース時代から、このエンターテイメント番組は、
ロードショウものが多く、満足している。
他社では、ショボイものしか用意していなところもあるらしいから。

到着はやはり30分ほど遅れて12時過ぎ。
d0057029_1644965.jpg

これでは多分ナイロビ行きには、やはり乗り継げなかっただろう。

そういえば、
バンコクの新空港、初めてだな。
d0057029_16443235.jpg


でも、なんか、新しさを全く感じない。
RC打ちっ放しなんだけど、仕上がりが、イマイチ。
天井も、薄汚れてるし。
例のデモで、空港が閉鎖になったときの影響かな?

で、
往路の宿は空港近くの、キングワンアパートメント。
d0057029_16445897.jpg


新しさと、値段で選んでみた。
事前に迎えをお願いしていたら、
ボード持ったマルちゃん(=係員の意、w)が、すぐに見つかった。

ま、
解らなかったら柱番号5番あたりを探して、いなければ
同業の他顧客を迎えに来ている人に、聞けばいいらしい。

このマルちゃん、
ま、フツーの中年なんだが
微笑みの国らしく、笑顔で迎えてくれた。
少し怪しい英語でも、一生懸命話しかけてくれる。好印象。

空港からは車で15分ほどか。
暗いし街灯もほとんどないような場所で、
もちろん周辺に繁華街など無いので、ちょっと怖いけど、新空港周りは
まだ未開発地が多く、こんなものなんだろう。

車内で迎えのおっさんに聞くと、先週は忙しかったらしい。
例のアイスランド火山の影響で、長い人で8日間足止めを喰らった人もいるらしい。

フロント。
d0057029_16455413.jpg

こぢんまりとしていて、個人店の様相。
でも、華僑かな。所々、漢字がある。

部屋は2階の一番奥。エレベーターもあるけど、
ボーイが荷物を持ってくれた。

部屋のドアはコレなのだが、
d0057029_16463251.jpg


部屋番号は、これ。
d0057029_16464560.jpg


タイ文字なので、解りません。
(赤い文字のところで214と読むらしい)
なので、場所を憶えておかなければなりません、w。

室内。
d0057029_16473520.jpg

d0057029_16492795.jpg


新しいけどいたって、簡素。
インターネットは無料でスピードもまぁまぁ。
ドライヤーはない。貸し出しらしい。

水回り。
d0057029_16501058.jpg


シャワーは次の日に利用したのだが、ちょっと笑った。
d0057029_16503087.jpg


小腹が空いたので、目の前にあったファミマで
d0057029_16505985.jpg

カップ麺と水を購入。

成田空港で買っておいたワインを飲んで寝る。

さて、明日からいよいよ、
アフリカへ向け出発!!

でんがな。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-05-15 16:53 | 旅行 | Trackback | Comments(3)
2010 GW 南アフリカ旅行 計画編

え~、
日本人として1年のうち、
長期で休めるゴールデンウィーク到来です。。
どこに行くのか、マイラーとしては、重要な時期です。

今回私は、治安劇悪と言われる、南アフリカに行くことにしました。
というのも、
今年はサッカー馬鹿の4年に一度の祭典、
ワールドカップが6月に開催されます。

もちろんいままで、連続してどの大会にも行った私が、行かないわけいかない。

で、
いままで大会のチケット入手は困難を極めていましたが、
今回は初のアフリカ開催、しかも噂では治安激悪の南アフリカとあってか、
今回ばかりはあっさり、チケットをゲットすることができ、
もちろん支払いも済ませていました。

ところが今回のワールドカップのチケット争奪戦、勝ちぬけたのは
実は治安ばかりが問題ではなかった。

今回から、FIFAはナント!!
チケットを郵送しなくなったのだ。

で、
チケットの入手方法というのは、
チケット権利者が現地で発券しないとならないのだ。

これは、一大事!


なぜなら、知り合いにチケット譲る約束もあるし、あわよくば
余ったのを売ってしまおうかと考えていたのだが、、、、、
ヤヴァイでしょ、これ。

もし譲ったり売ったりして、前日とか当日とかに南アフリカの現地で
何らかの事情で発券出来なかった場合、(世界中から何十万人と来るんだから)
私はまだしも、私からチケット入手予定の人も
南アフリカくんだりまできて、試合が見れない、なんてのが起こったら、
信用問題、つーか、フランス大会の再現みたいになり、その人たちに顔向けできない。

全部で9試合分抑えていたのだが、
特に人気の日本戦の3試合はTSTを
バンジー名義でとっているので、
バンジーは現地に行かないし、まじヤヴァイ。

で、
発券は4月の中ごろから始まるらしいので、GWを使って

WCチケット発券+マイル修行+治安などの下見
GWに南アフリカに行くこと決定!!
となりました。

まぁ、ぶっちゃけ・・・・・

そこまでして、南アフリカに行く必要があるのか、と・・・・・、w。
治安は良くないらしいし、何より
今回の代表は、どうなのよ、と。

なので、
出来るだけ客観的に、今回の日本代表を占なってみる。(ムリだろうけど、w)


ま、
岡田監督の能力の限界は以前にも書いたし、その能力の証明は、
たとえば
ワールドカップベスト4発言があり、マスコミとかも
とりあえず乗っかってみたものの、
本人も言及していた新戦力を試すはずの2010年の東アジア大会の初戦で負けて、
マスコミバッシングにさらされてなのか、イジリー岡田、もとい
ビビリの入った岡田はまったく新戦力を試すことさえ出来ず、結果も完全惨敗。

その後、
日本中を唖然とさせたのが
本大会のメンバー発表前の最終戦、2軍相手のセルビア戦で、
なぜかサプライズで大学生を初招集したくせに防戦一方の試合で
結果的に0-3で負けただけでなく、新戦力は全く試合に使わない、使う度胸がないw

それなのに今でもいとも簡単に「ワールドカップベスト4を目指す!」とのたまう、
(ま、引っ込みつかなくなっちゃったんだな、きっと)

などなど、もうその実力は、すっかり証明されているので、
改めて、日本代表のワールドカップの結果予想は説明の必要はないと思うけど、

ま、
皆様の予想通り、すでに日本代表の3連敗は決定的か、と。

ま、
一つくらい引き分けて、かなり上出来、なのかな、まじで。

向こう20年のうちで、選手のタレント的には
前回大会と今大会が一番可能性のあるメンバーがそろっているにもかかわらず、
まだまだFIFA世界ランク40位辺りをうろうろしている、
弱小サッカー新興国の日本サッカー協会が、何を勘違いしたのか、
指導者(監督ら)を純血主義にしちゃったもんだから、まず間違いなく
2010ワ-ルドカップ
日本代表虐殺ショー


になるはずなので、ある意味、
遠い南アフリカくんだりまで来て、虐殺ショーを見ることになるのは、
相当なドMか、サッカー馬鹿でないと、
我慢できないだろーねー、ウンウン。

まぁ、
どの国もゴールデンエイジなんて呼ばれている世代は、
ぜんぜん結果を出せないのは、お約束だとはいえ・・・・。

でも、

ま、

おれてきにはどっかでマイル修行も必要だし、w

という事を理由にでもしない限り、この気持ちのやり場がありません・・・・・(涙)

あというなら、
治安劇悪と言われる南アフリカに飛び込んだサッカー馬鹿として
20年後、ジジイになったときのネタ準備として、w
酒の肴にでもなるのかな、と。。。。。。w


とりあえず、
行って、この目にその負けっぷりを「ナマ」で
しっかり焼き付けたいと、おもってます。

で、
今回の旅行で一番の心配は、
日本戦がバンジー名義なので、手に入るかなので、
そもそも日本戦が見られるのか、心配ではありますが、w。


さて、
旅程をたてるにあたり、南アフリカに行くには、
デルタがアトランタ-ヨハネスブルグの直行便を飛ばしているのですが、
WC期間前後が、めちゃくちゃ高い、ので断念。
次に、ヨーロッパ周りだけど、これまためちゃ高い、ので断念。

残るは、スカイチーム所属のケニア航空が
バンコク発・ナイロビ経由ヨハネスブルグ行きというのが、安く出回っている。
同じバンコク発では、カタール航空、エチオピア航空も安いのが回っているが
マイル修行にならないので却下。

もうひとつ、スタアラの南アフリカ航空が、
香港-ヨハネスブルグの直行便が出ており、これがまた安い。
香港やバンコクまでは、特典で行けば、かなり旅費が抑えられる。

いいかも・・・・・。

なぜ、ここでスタアラなのか。

スカイチームのプラチナ維持って、毎年必ずマイル(参るw)修行をしないとならないので
えらい時間と金がかかる。

最近LCCとか、乗り付けていると、ステータス維持とLCC利用との
費用対効果の差というか、ステータス維持の必要性そのものにまで
ちょっと迷いが生じてきている。

で、
毎年毎年、金と時間をかけて乗らないと
ステータス維持出来ないデルタに比べ、
1年間で5万マイルを、たった1回クリアするだけで
高いステータスを一生約束してくれているのは、
ワンワールドの日本航空か、スタアラのANAくらいなもので、
JAL好きでない私的には、この際、スタアラに乗り換えてしまおうか、
という、選択肢が浮上しました。

でも、
実はANAのマイルを、少し持っているんだけど、
まったく特典が取れない、wなし。
国内旅行や韓国便などで利用したいのだが、いつも取れない。
これはむかつく。

それとスタアラは、普通のエコノミーに乗ると、
マイルが50%~70%とか、せこい事するのも、いただけない。
(ま、カード併用でほぼ100%とかになるらしいけど)
あと路線網が、太平洋線が少なくアジア路線が弱いなど、いまいち
使い心地が悪い。
日本人による日本語でのサービスって、心地良いのは間違いないけど
外人の英語によるサービスに、ストレスを感じますか、
というと、おれはあまり感じない。

ま、
ノース様で鍛えられましたからねぇ、ハイw。

なので、
ほかのアライアンスに乗り換えを計るときは、
年間でスカイチームと双方維持できるくらい、
多く乗れそうなときに(ま、金はかかりますけど)
計画してみようかと。

で、
今年は、仕事が忙しく、お仕事で飛行機を乗らない私は
結構乗る機会が少なそうなので、
今年も、スカイチームで、プラチナ維持に努める事にしました。

ついでに
スカイチームのプラチナ維持の理由もちょっと書いてみるかな。

ま、
いくつかある理由のうち、
マイルが貯まりやすいのは言うまでもないですが、
最近発表された、デルタのこれ
ちょっと気になってもいるんです。

太平洋路線のビジネスが全てフラットシートになる、、、。

ポーカーを今後まじめにやるならやっぱ、欧米に行くべきだろうし。。。

ま、
未だにHPの使い勝手が向上しないデルタだから、
いつまでに、どこまで、ホントにやれるのか、
かなり疑いの目で見てはいるんですが。


次に、
これからアジアの2社が、スカイチームに入ってきます。
ベトナム航空 

中国東方航空 

そもそも航空券が安い両社の加盟によって、
ますますマイルが貯まりやすく、便利になると予想されます。


なので
成田-バンコクはデルタ特典で。
バンコク発・ナイロビ経由ヨハネスブルグは、お初の
ケニア航空を利用することにした。

日程
4/28 バンコク泊
4/29 深夜バンコク発ナイロビ経由ヨハネスブルグ(機内泊)
4/30 レディスミス泊(南アフリカ)移動はレンタカー
5/01 宿泊未定(南アフリカ)移動はレンタカー
5/02 昼ヨハネスブルグ発ナイロビ経由バンコク着(機内泊)
5/03 バンコク泊
5/04 バンコク泊
5/05 早朝バンコク着成田昼過ぎ着


で、
よーく見ると、なんで8日間も日程があるのに、
目的の南アフリカにたった、2泊3日で
バンコクに3泊もするのか、と。

え~、
乗り継ぎが悪いんです。
往路は、乗り換え時間が、1時間もない。
成田-バンコクとヨハネスまでは、別切りです。

つまり別切りでは、乗り継ぎなどに、保証がありません。
デルタの定時性に自信がないので、
安全を見て、24時間バンコク滞在決定。

復路ですが、
昼過ぎ着だと、その日に乗り継げるエアーに限りがあり
特典で考えていると、少なくとも1泊しないとならない。

さらにケニア航空、
狙ったように5/03に、バンコク行きの便がない、w。

なので、
5/04発にすると、5/06帰国となり旅程がのびるし、特典も取りづらい。
で、こうなってしまった。

ま、
初の訪問国だし、治安が悪いと言われてるし
WC杯のチケット発券&南アフリカ初体験、ということで
コレで決定にした。

え~、
かなり長文だし、
全く絵がないので、読んでる人、辛いんだろ~なぁ~。
つか、ちゃんと読んでる?ww

さて次回からいよいよ、旅行開始です。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-05-12 19:26 | 旅行 | Trackback | Comments(11)
2010 マレーシア旅行 8日目

朝の7:00に上海に到着。
お昼の12:00の飛行機まで時間があるので市内へ出て、
朝飯に行く。

空港の両替だが、手数料がおれにとっては高い。
d0057029_16471973.jpg


1回につき50元(680円)。
朝飯代だけの両替なので5000円だけ、替えるのに
680円取られる、つーことは、10%以上だ。。。。
ま、日本の成田はもっと高いだろうけど、w。

で、
ここ上海は、上海浦東国際空港と龍陽路駅の間約30キロを
7分間で走るリニアモーターカーあるので、市内に出るのが早い。
上海磁浮列車 Shanghai Maglev Train
最大で430Km出るらしい。


チケット売場。
d0057029_16484410.jpg


航空券提示で、普通車で往復100元→80元(1100円)に割引。
d0057029_16493318.jpg


車体。
d0057029_1650334.jpg


車内。いすは固定式だ。
d0057029_16502022.jpg


で、
この時間は制限速度が300Kmに制限されているようだが、
十分早い。
d0057029_1653318.jpg



こんな感じ。



で、
あっという間に到着。

で、
地下鉄に乗り換える。

改札口。
d0057029_16551169.jpg


で、
人気の焼き小籠包屋に向かう。
小楊生煎館
d0057029_16554199.jpg


1階にも食べるスペースがあるのだがホントに小さく、
2階で席取り。スペースは小さい。
2階店内。
d0057029_16564877.jpg


ここはまずチケットを買って、並んで待って受け取る、
オールセルフ方式だ。
ま、中国人が列を守れるわけもないので、w
ちゃんと目配せしないと、あっさり抜かれるので要注意だ、w。

で、
お目当ての焼き小籠包。
d0057029_16572717.jpg

d0057029_165839.jpg


お勧めらしい、カレースープ。
d0057029_16582876.jpg


ま、
B級グルメとしては、無問題でしょう。
ただ個人的には、いつものように辛口なので、w
最近炭水化物にますます興味を失っているとはいえ、
印象として、皮が厚い、w。

小籠包はそもそも、鼎泰豊(台北本店)のが忘れ難いのだが、
ここのは焼いているのである程度厚いのは仕方ないけど、
それでもいつも行っている横浜のB級中華の
焼小籠包のほうが、まだ薄い。

ま、がっちり朝食べたい! 人向けかな。
スープは、コメントの必要なし。

で、
最近登場多めなバンジーに
事件発生!!

なんと、
小籠包の汁をズボンにぶちまけてしまうという
初歩的なミスが出てしまった、、、、。
d0057029_1741131.jpg


バンジーにしては、珍しいミス。
コレで彼女のテンションは一気に↓↓↓モード。


↓↓↓モードのバンジーを励ましつつ、
次の店にハシゴ。

王家沙
d0057029_1764312.jpg


メニュー
d0057029_1772859.jpg


小籠包を頼むが、イマイチ。
写真がない。
そのほか、坦々麺。
d0057029_1783798.jpg


それと素直に、ラーメンを頼んでみる。
d0057029_1791561.jpg


食い過ぎだな。
炭水化物に興味のない人が、何でこんなメニュー?
と言う質問は、なしの方向で、w。

お会計全部で、30元。(410円)
d0057029_17104572.jpg

ね、空港の両替手数料って、高いでしょ?

地下鉄に乗る。
d0057029_1711102.jpg


上海の地下鉄は慣れが必要か、というか少々ビックリすることがある。

と言うのも、まず運転が荒いし、
乗り降りの時の合図が、刑務所の非常ベルみたいに音が大きく、
しかも長い。

ビィービィービィー

ウルサイなんてもんじゃない。
某Hもビックリだ、w。

それよりもビックリなのは、
乗降客には全くマナーがない。

世界的に車内で携帯なんて当たり前だけど、
ここ上海は運転が荒いので、
乗っている人もよろけてしまうのは仕方のないことだ。

ところが!!
よろけて体が触れあうと、
当たられた側はメンチキりまくりです。

さらに!!
よろけた側まで、睨み返します!!

マジ、怖いです。


そしてなんと言っても、乗り降りの時です。
降りる人が先とかのマナーなどは

全く!!
関係ない


老若男女、全員が日本のおばちゃん状態でw
駅に到着すると車体の出入り口で、出る人と入る人で、
毎駅で、おしくらまんじゅうです。

なので、次の駅で降りる人たちの知恵として、w
前の駅を出発した時点で総員出入り口に集まり、
スクラムを組みドアが開くのを待つのです。

で、
駅に到着したときは、
全員全力で力を合わせ
出口を突破せねば、
降りることが出来なくなりますので、どうぞ
万博などで上海に行かれる方は、ご注意ください、w。

コレを通して
高度経済成長中の中国をかいま見たようで、また
昔の日本もこうだったんだろうなぁ、と思うと
ハイソと言うか、ひ弱になり過ぎているように感じる今の日本は、
こんな人民パワーに圧倒されやしないか、チト心配になりますわな。

リニアのホーム。
d0057029_17205792.jpg


さすがに空港行きは人が少ないせいか、
おしくらまんじゅうは起きません、w。
でももちろん、列なんか作りませんが、ww。
d0057029_17214014.jpg


成田まで、中国東方航空のCクラス。
d0057029_1722789.jpg



エコノミーは満席だが、
ビジネスはガラガラ。
2~3組しかいない。
d0057029_1722508.jpg


飯も良くない。
d0057029_17231397.jpg


それにサービスも悪い、wなし。


だから、
スカイチームに入るのか、www。

China Eastern to join SkyTeam

つーことで
よ-うやく、1月終了です。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-05-04 17:35 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
2010 マレーシア旅行 7日目

朝、目が覚めると、外はいい天気。
d0057029_17524257.jpg

今日は帰国への、移動日だ。

ブランチで、近くのイタメシや、
「リトルイタリー」に行ってみる。
d0057029_1753185.jpg


店内。
d0057029_17533796.jpg


まず、ビール。
d0057029_17553744.jpg


スープ。
d0057029_1756223.jpg


バンジーが食べた、パエリア。
d0057029_17564277.jpg


俺が食べた、子羊。
d0057029_17571078.jpg


お値段も結構する。
なので、CPが良くないように感じる。
観光客向けなんだな。もう行かないかな。

で、ホテルへ帰り、チェックアウトして空港へ。

混んでる。
d0057029_17574614.jpg

ま、安いし、バス感覚なんだろうな。
d0057029_1758436.jpg


飛行機での旅行も、コレも大あり、だと思う。
リッチなのと、チープなのと、
選択肢が広がるのはとてもうれしい。

なのでLCCの機体は、広告になるのだ。
d0057029_17585785.jpg

d0057029_17583274.jpg


最近登場多めな、バンジー。
d0057029_1801660.jpg


席はもちろん、乗り降り楽な一番前。
d0057029_18105.jpg


搭乗率は80%以上ありそうだ。
d0057029_1813237.jpg


クアラルンプール到着後、バスにて、国際線の方へ移動。
出口を出て左に行けばすぐに解る。
d0057029_182664.jpg

d0057029_1823295.jpg


張り紙があった。
d0057029_1825774.jpg


24時間運行で、30分おきに出ているらしい。
ただし、有料。細かいお金を用意しておこう。
海外のバスで、お釣りが出るところは、珍しいから。


ちょっと待ったけど、バスが来る。
d0057029_1832183.jpg

クアラルンプール国際空港まで30分ほどかかる。
高速道路を通行なのだが、手を挙げている人とかも載せる、w。

クアラルンプール国際空港は、やはり新しく綺麗だ。
d0057029_1835721.jpg


上海行きの飛行機の時間まで、結構あったので市内へ出ようかと思ったのだが、
市内までは、バスで片道1時間かかる。
荷物は預けない派なので、結局空港内の、
イタメシ屋で食すが、美味しくないのにメチャ高い。
イタメシ屋の看板背負ってるのに、ワインは在庫切ればかり。
ま、空港でCP高いところって、どこへ行っても当たらないなぁ。

で、無事搭乗。

夜行なので、マレーシア航空のビジネス。
フラットにはならなかったが、しっかり寝た。
ビジネスクラスは、ガラガラだった。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-04-29 18:05 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
2010 マレーシア旅行 6日目-3
一休みして、夕食へ。
ここに来ました。

d0057029_1515041.jpg


さ、
この写真を見て、ここがどこだか、わかったら、
あなたも立派な、BBSTARブログ通、です!!







答え:



二夜連続で、セドコスクエア(海鮮レストラン)です、w。


オーダーした後、厨房を見学。
d0057029_1532090.jpg

d0057029_1534670.jpg


プロパンむき出しです。
d0057029_154537.jpg


席に戻って。
d0057029_1543186.jpg


まずサバベジ。
d0057029_1555178.jpg


で、
かに。
d0057029_1561324.jpg

d0057029_1564826.jpg


で、カレー味のコレ。
d0057029_1571426.jpg

d0057029_1572848.jpg


なんだか解りますか?





答えは、コレ。
d0057029_1575365.jpg



サメです。
サメも食えるんです!>サメチャンw

で、
ムール貝を頼んだら、
昨日に続いて、ミル貝が出てきた。
d0057029_1585713.jpg


発音が悪かったかな。

でも、
店員とも仲良くなった、w。
d0057029_1593599.jpg


だから
サービスフルーツも来た、w。
d0057029_1510221.jpg


お会計、235.2RM(=約6580円)。
d0057029_15103943.jpg



帰りにホテルの1Fにあるバー、シェナニガンに行って
d0057029_1511173.jpg


生バンドを見ながら、ビール飲んで帰った。
d0057029_15114339.jpg




これにて、ようやく
2010年元旦が終わった、、、、、w。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-04-19 15:13 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
2010 マレーシア旅行 6日目-2
で、
着いた先がこんな建物。
d0057029_19222713.jpg


カワイイテーブルを皆で共有。
d0057029_1923671.jpg


バフェスタイルで。
d0057029_19233943.jpg

d0057029_19234915.jpg


ここで参加者らと楽しく、自己紹介かたがた談笑。
定年した独身イギリスおっさん、とか
パースから来た新婚カップルとか、
シンガポールから来た夫婦とかと、お国自慢なども、w。
東京都民が1000万人要ると要ったら、驚く国のひとと
以外と少ないのね、と言う国の人もいた。(今1200万人だっけ?)


で、
食事が終わったらまたバスに揺られて次の目的地、
アクティビティは、キャノピーウォーク。
d0057029_1928515.jpg


ま、
吊り橋わたりです。

キャノピーにも入場料がかかります。安いけど。
d0057029_19282319.jpg


ま、
こんな路も歩きます。
d0057029_1930492.jpg


カメラの持ち込みも、お金を取られます。
d0057029_19305227.jpg


着きました。
d0057029_19311948.jpg

d0057029_19313527.jpg


ビビリながら渡るバンジー、w。
d0057029_19321251.jpg



動画で。
http://www.youtube.com/watch?v=FzhmAWFMl1Y


で、
定年のエゲレスのおっさんに写してもらう。
d0057029_19324681.jpg


もう少し奥に、滝があるというので、行ってみる。
d0057029_19331331.jpg


ま、こんな滝だったけど。
d0057029_19333645.jpg


そして、同じ園内にある期待のポーリン温泉へ。



温泉!!

裸で入れるわけではないらしいが、足湯は出来るみたいだ。

期待です!!














ところが、、、、、。

こんな、なのよ。
d0057029_1935088.jpg

d0057029_1935163.jpg


まぁ、裸で入れないにしても、ガキンチョっばっかで、
足湯する気にもならない。
d0057029_19353162.jpg



この日は1月1日で、学校が休みだったからなのか・・・・。

ま、
オジサン的には、このガキンチョどもに、混じれません、w。
日本で温泉に来るようなつもりでは、
XXのようです。

で、
日も暮れたので、ホテルへ帰ります。
d0057029_1938192.jpg

[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-03-26 19:40 | 旅行 | Trackback | Comments(3)
2010 マレーシア旅行 6日目-1
この日の朝、珍しく朝食をとる。
なぜなら今日は、バスツアーで
簡単なトレッキング&温泉(足湯程度らしいが)をするからだ。

ラウンジでの朝食。
d0057029_1442619.jpg

とったもの。
d0057029_1444523.jpg


目の前の海が、干潮で
干潟のようになっている。
d0057029_1452034.jpg


浅いんだな。
d0057029_1453488.jpg


今日のバスツアーは、
「世界遺産のキナバル公園とポーリン温泉」というコースで、費用は
昼食込みの、英語のガイド付き。(@180RM=約5,000円)

日本語だと同じコースで倍もする。(@360RM=約10,000円)


朝8:30にホテルにピックアップしてくれるので、
ロビーに降りてみたが
30分経ってもそれらしき人がこない。

ほぼ45分遅れで、ようやく来て出発。
おおらかなのだ、w。

こんなバス。
d0057029_1461928.jpg


搭乗率は、25%あるのかな?
日本の乗り心地の良いバスに比べると、、、、、、だな。

走り出してしばらくして、
おもむろに一番前に座っていたガイドが、
マイクなしで本日の説明をしてくれる。
d0057029_1472295.jpg


が、一番後ろに座ったため、
ほとんど聞こえないし、訛ってるし、
専門用語多めで、ほとんどわからん、w。

まず連れて行かれたのは、キナバル山麓の、土産屋、w。
d0057029_1481696.jpg

まぁ、トイレ休憩もあるんだろうけど。
トイレは、有料のような感じだが、「ブッチ」でも平気かな。

ま、デフレ国日本から来た我々に、
欲しいものなど無く、手ぶら。

でも、
どこから来たか解らない(多分北欧)6人組家族は
お揃いの麦わら帽子で、ご満悦。カワイイ。
d0057029_149688.jpg


景色を見てまどろむ、バンジー。
d0057029_1494072.jpg


(仮称)北欧6人組家族はどうやら、
宿泊して本格的トレッキングを楽しむ模様。
途中で下車していった。
d0057029_14101676.jpg


さて、
ついた先は植物園。
d0057029_14105977.jpg

ガイドについていく。
d0057029_14112235.jpg


世界で一番、小さい蘭がある。
解ります?
d0057029_14115137.jpg


これです。
d0057029_141293.jpg


こんな風に、ガイドが説明をしてくれる。
d0057029_14124095.jpg

d0057029_14125783.jpg


食べれる葉っぱを試す、バンジー。
d0057029_14132120.jpg


もちろんほかにガイド付きグループが園内には、たくさんいます。
d0057029_14135578.jpg


ちゃんといろいろガイドは説明をしてくれ、
そのたびに写真を撮りましたが、
もちろん覚えているわけもなく、w。
ダラダラ、出してみます、w。
d0057029_14145036.jpg

d0057029_14151041.jpg

d0057029_14152792.jpg

d0057029_14154216.jpg

d0057029_1415578.jpg

d0057029_14161416.jpg

d0057029_14162952.jpg


もうちょっと、載せようか?
もう、お腹いっぱい?w


じゃ、
バスに乗って昼飯に移動。
バスを降りて少し歩く。
d0057029_14171487.jpg

[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-02-18 14:18 | 旅行 | Trackback | Comments(3)
2010 マレーシア旅行 5日目-2
お腹いっぱいで、ホテルへ戻る路を少しお散歩をします。
といってもタダで歩くのも、アレなので
今夜の夕食を考えているセドコスクエアを、下見しに、w。

セドコスクエア
d0057029_21171045.jpg


昼間は、営業店がなく閑散としている。
d0057029_2117421.jpg


唐辛子を仕込み中。
d0057029_2118193.jpg


仕入れのトラックも来る。
d0057029_21181860.jpg


晩飯用に、水槽を見ておく。
d0057029_21184883.jpg

d0057029_2119361.jpg


ワインもあるけど、大したものはない。
d0057029_21193331.jpg


帰り道、コンビニでビールを見てみる。
タイガービール 6.35RM(約175円)
d0057029_2120086.jpg


カールスバーグ6.7RM(約185円) アンカー5.35RM(約150円)
d0057029_21201784.jpg


ん~、マレーシアはタイに比べ
ちょっと酒が高いなぁ・・・。
これでお酒が安く、種類も豊富なら良い国なのになぁ・・・、w。


スコールの雨が降ってきて雨宿り後、1時間ぐらいで止んで
フィリピンマーケットへ行ってみる。
d0057029_2120517.jpg

d0057029_21212275.jpg


サバベジもある。
d0057029_21214017.jpg

d0057029_2122752.jpg


うず高く積まれた鶏肉。
d0057029_21222141.jpg




一休み後、夕食前にタダ酒で盛り上がるために
ラウンジへ。
d0057029_21241853.jpg


夕日が綺麗だ。
d0057029_21234836.jpg


ワインで、勢いをつける、w。
d0057029_21244440.jpg



さて、
ボルテージも上がったので、w
下見済みの、セドコスクエアに出陣。

さすがは観光地。夜は人出があります。
d0057029_21253011.jpg


こんなおっさんがついて、説明&オーダーを取ります。
d0057029_21255818.jpg


で、まずはビール。
d0057029_21284445.jpg


まず、ソフトシェルクラブ。
d0057029_21291391.jpg


元々は、こんなの。
d0057029_21293487.jpg


そしてミル貝。
d0057029_2130794.jpg


元々はこんなの。
d0057029_21302793.jpg


青菜の炒め物。
d0057029_21304830.jpg


そして、これ。なんだか解ります?
d0057029_21311612.jpg



シャコ(だと思います)
皮をはげば、オレンジの美味しそうな色味が出てきます。
d0057029_21314558.jpg







実はこれ、、、、、














問題は
買うときなんですが、、、、、










コレなんです。
d0057029_2132419.jpg



結構大きいペットボトルに入っているんです。
ペットボトルの口は、体より小さいから、稚魚の頃から
ペットボトルで暮らしているんでしょうか、、、。


水槽には、、、、、、、、
こんな感じで、全部ペットボトルに入ったままの状態です。
d0057029_21332727.jpg



お兄ちゃんに
「どうやって出すんだ」と聞きました。
まんまで「破いて出す」との答えが返ってきました。


広場は、開閉式天井で、夜空もかいま見えます。
d0057029_21341177.jpg


一通り食べ終わり、ホテルに戻り、飲み足りなく
カフェで一番安いワインを買う。
d0057029_2135483.jpg



マレーシアのアルコール事情に、くだをまく
飲酒が趣味のバンジー、w。
d0057029_21353498.jpg


そんなこんなで、2010年の1月1日元旦の夜は更けていきます・・・・・。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-02-09 21:36 | 旅行 | Trackback | Comments(3)
2010 マレーシア旅行 5日目-1
2010年1月1日になりました。

目が覚めると、外はいい天気。
バンジーはすでに一人で朝食後、買い物に行っていたらしい。

で、お昼を取りに外出。
コタキナバルの市街はそう大きくなく、大概どこへでも歩いていける。
d0057029_20563754.jpg


行った先はここ。
d0057029_20571482.jpg


コタキナバル・マレー料理「Sri Melaka」
Tel: 088-224777, 213028 Fax: 088-255136
No.9, Jalan Laiman Diki, Kg. Air, 88000 Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia.

店内。
d0057029_20573933.jpg


まずは、ビール。
d0057029_2058080.jpg


そして、食べてみたかったサバベジ。
Sayur Manis Dry Shrimp (樹仔菜蝦米) 小 8RM(約220円)
d0057029_20583039.jpg


これは、なかなか美味しい。
まずこのような茎ものは、口に多かれ少なかれ、苦みが出るのが多かったが
これは全く出ない。コリコリした歯ごたえで、それでいて
繊維質がほとんどない。ふ~む、はまるかも。

で、ネーミングだけど
サバ州のベジタブルで、サバベジかと思いきや、
実は野菜じゃないらしい。
サバベジは、野菜ではなく2mほどの低潅木の若い枝の先っぽらしく
まだ柔らかい枝と葉を摘み取ったものらしい。

次には、
Chicken With Lemon Juice(檸檬鶏球) 小 7RM(約195円)
d0057029_2059220.jpg

d0057029_2059188.jpg


美味しいと評判だったんだけど、至って普通。 

で、オヤジだから、ビールのお代わり。
d0057029_20594017.jpg


カン、かよっ!!w

Rendang Beef(任當牛肉) 小 8RM(約220円)
d0057029_2102016.jpg

d0057029_2113694.jpg


カレー味で、これまた普通かな。

珍しくデザートを頼む事にする。

しかしどれがいいのか解らず、これを選ぶ。
Cendol 2.5RM(約70円)
d0057029_2122149.jpg


Cendol(千ドル?)だから、名前で選んでみた、w。
稼げそうな気がしませんか?
ギャンブラーとして・・・・。
d0057029_213388.jpg


初めて食べてみました。

Cendolとは、米粉とサゴ椰子の乳汁を凝固させたものらしい。
それとかき氷をココナッツミルク、黒蜜をかけたもの。
Cendol自体、少し粉っぽい感じがしましたねぇ。
d0057029_2132525.jpg



で、問題の読み方は、、、
帰ってきて調べてみると、
「チェンドル」と読むらしい、w。

お腹いっぱいで、ホテルへ戻る路を
少しお散歩をします。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-02-04 21:04 | 旅行 | Trackback | Comments(5)