もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:旅行( 251 )

2010 南アフリカワールドカップ観戦 6日目&7日目
朝起きてから、プレシャスに朝食を用意してもらう。
d0057029_4452579.jpg


コーヒーや、オレンジジュース等飲み物以外に、
まず、シリアル。
d0057029_446394.jpg


ヨーグルトをかけると、こんなに美味しいのは、初めて知った。
トースターで、パン。
d0057029_446332.jpg


オムレツを作ってもらった。
d0057029_4465736.jpg


今日と明日は観戦する試合がない。
ただし、宿は替えるので、今日帰国の若者二人を空港に送ってから
新しい宿に行く。

チェックアウトの時、
宿の女主人、ノーマと記念撮影。
d0057029_4474349.jpg


二日後には、また来るのだが。


若者を空港に送ったあと、
タカシ君と次の宿、メルキュール・ミッドランドに向かう。
d0057029_4482010.jpg


200号室。部屋。
d0057029_449169.jpg


水回り。
d0057029_4495799.jpg


平面図。
d0057029_4525574.jpg


ただのビジネスホテルなのに、さすがにW杯期間中&開催都市なので
@15,000円もしやがる。ちょっと遅れて予約したタカシ君は
@22,500円になっていた、wなし。
普段は半額以下なのに。W杯特需だな。


で、
ちょっと仕事などをこなし、休憩後、夕食&カジノへ。

ここヨハネスブルグ周辺は、5カ所以上のカジノがある。
それぞれ、面積も大きい。

まず今日は、宿から一番近いモンテカジノへ行ってみる。
車を止めるとき、駐車料10Rを取られる。セコイ。

ここは結構広く、ホテルも併設されていて
ベネチアンのように、カジノの周りにレストランなどが
数多く配置されている。
d0057029_4545556.jpg

d0057029_4552615.jpg


その中の1軒に入ってみた。
d0057029_4563858.jpg


店内。
d0057029_5542137.jpg


カジノもレストランも、従業員はマネージャークラスをのぞくと
ほとんどが黒人で、客は、ほとんどが白人だ。

d0057029_5284694.jpg


ポークチョップと、付け合わせ。
d0057029_5295071.jpg


さて腹も埋まったので、カジノへ。
カジノは、禁煙と喫煙でエリアが分かれている。

南アフリカはやっぱり、スロットが人気のようだ。
面積の大部分を、スロットが埋めている。

テーブルは、
ルーレット(0のみ)、数字ミニマム10R(約120円)
BJ(ESM、Dスタンドソフト17、サレンダーあり、
いつでもダブルOK、パーフェクトペアあり)
ミニマム25R(約300円)または50R(約600円)、スプレッド40倍
喫煙の所のみ、
18人座れるコミッション絞りバカラが、
ミニマム200R(約2400円)が2台、あり。

ポーカーは、昼の2時から、朝の5時まで卓が立つらしい。
シットアンドゴー1卓。(1100R、約13200円)
キャッシュは、5-10が2卓。
10-25が1卓立っている。



タネ銭が薄いので、BJへ。
タカシ君は、完全初心者なので、コマの上げ下げだけを教えて、卓を囲む。

2000Rバイインしてみるが、勝負所のベットをはずし、
-600Rになった時点で、タカシ君を残してポーカーへ移動。

5-10は満卓で、10-25に入る。
バイインは?と聞くと1000Rといわれて、ちょっときついかな、
と思いつつも、まずは座ってみる。
(その後もっと大きい金額で入ってくる人がいるので、
もしかしたらミニマムなのかも知れない)

卓は、8人で一人をのぞくと、全員白人。
W杯に来ている客と、地元客のようだ。

暴れるのがおらず、みなそれなりにハンドが堅い。
プッシュの強いのもいないので、気は楽だ。

一度、AQでボードQで、うまい具合に引っ張られてしまい、
リバーで、Aが出たのに、オールイン要求してきたのがいて
かなり迷ったが、コールしてみると、相手Q8(フロップ2ペア)で
捲って、ダブルアップ。

それを維持して、もう一度はJ9sで、フラッシュが来て終了にする。
+1600。

トータル+1000で、タカシ君は、+1600とのことで、
二人とも勝ち逃げにすることにした。



7日目

昼過ぎに起きて、近くの中華料理屋へ行ってみる。
d0057029_531568.jpg


店内。
d0057029_532525.jpg


タカシ君は26才の若者で、食事も量を食べれるというので、
好きなのを頼んで良いよと言ったら、これら4品出てきた。

チャーハン
d0057029_5324480.jpg


ヤキソバ
d0057029_5331843.jpg


餃子
d0057029_5335873.jpg


四川蝦
d0057029_535755.jpg


久しぶりに、炭水化物三昧。
一休みしたあとに、カーニバルカジノへ行ってみる。
d0057029_5374896.jpg



ヨハネスブルグは広い。
宿からこのカーニバルカジノまで、距離で約70Kmくらいある。

パーキングはやっぱり10R取られる。
d0057029_5391582.jpg


カジノ正面。
d0057029_5395812.jpg



この日、W杯で南アフリカチームが、ベスト16をかけ、
フランスと試合の時間だったので、お客のほとんどは、
テレビのあるようなバーやカフェ・レストランなどに集まっていた。

カジノはそこそこ広い。
雰囲気は、ベガスのサーカスサーカスのようで
家族連れをターゲットにしている造りだ。
やはり禁煙エリアと、喫煙エリアに分かれている。
やっぱりスロットの面積が大きい。
テーブルも、ルールや出来るゲームなどは、
モンテカジノとあまり変わらないが、バカラがない。
ポーカーも週末に、トナメがあるとき以外に、卓は立たないと言う。

なので、
ゲームもせず、早々に撤収。

今度は、宿へ戻る方角で、
空港近くのエンペラーパレスカジノへ行ってみる。
d0057029_5405733.jpg


ここも駐車場10R取る。
ヨハネスブルグ周辺は、皆こうなんだろうか。
d0057029_542446.jpg


正面。
d0057029_543194.jpg


中にある銅像。
d0057029_5432850.jpg


やはりカジノを囲むように、レストランがありその中で1軒、入ってみる。
量がありそうだったので、2品を二人でシェアした。
d0057029_5441479.jpg

d0057029_5444161.jpg



ポーカーが充実していて、ポーカールームがきちんとある。
キャッシュは、5/10と、10/25の2種類。

この日、7:30から550R(約6600円)のトナメがあるというので、
エントリーしてみた。
大抵、60~70人の参加があるという。

持ち点、5000点。フリーズアウト。
最初50/100を1時間やらせ客を楽しませる。
その後は、20分回しで。

結局、6卓立っていたが、黒人は二人のみだった。

序盤、一人飛ばして、勢いに乗ったが、
Jトップヒットの降りれないのが、私の58ツーペアに
うまく付いてきてくれたのだが、リバーで、2がボードでかぶり
ガッツリ減らし、次のQセットを、4枚フラッシュに捲られ、致命傷。
そのまま良いところ無く終了。


で、
バカラをやってみる。
喫煙の所なのだが、ミニマム50Rなので、タカシ君も混ぜて
初めてみるが、ミニバカラで絞りなし。
展開が早すぎて、罫線がつけられず、±0で早々に終了。

で、
BJに再度挑戦。

ここで、タカシ君が爆裂。
単純勝率が高い上に、ダブル、スプリットが、ことごとく決まる。
俺のボックスは、吹かないので、タカシ君のバックベットで、
勝ちを積み上げる。

タカシ君に勝ち分全部オールインを教えたら、
日和っていけなかったけど、w
そのかわり、勝ち分半分オールインを敢行。
それがあっさりAKでBJに。驚いた。

で、
1時間経ったところで、タカシ君お疲れモード。
タカシ君500バイイン→4600に。
俺、2000→3800の、頂点のところで打ちやめ。


*ヨハネスブルグポーカー情報
エンペラーのトーナメントの最中に、隣のプレイヤーと話したのだが
ヨハネスブルグで一番大きいポーカールームは、エンペラーパレスで
2番目が、モンテカジノらしい。
彼に、カーニバルカジノの話をしかけたら、
「ああ、あそこはトナメ以外ないでしょ」と彼が言い出したから、
まぁ、そこそこ知っているんだと思う。

それと、南アフリカはまだまだ、
ポーカーが始まったばっかり、という印象を受けた。
ただしTVでは、ESPNなどでポーカーを流していて、これから
盛り上がる可能性もありそうだ。
10月のWSOPサーキットが、一つの鍵になるのかな。
今回は、このサーキット会場が我々のいる位置より遠く、
時間を割けなかったので、行けなかったのがちょっと残念だった。

追記
やはり高いテーブルがないので、10/25は
ざっくり、USD1-2だから、上が目指せない。
ここらは、きついかとおもうな。
ただ、ハンド数は稼げるし、プレイヤーの質は
まだまだなので、このレートなら、安定的に稼げるとは思う。

今日のお姉ちゃん
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-06-28 05:47 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
2010 南アフリカワールドカップ観戦 5日目  ブラジルvsコート・ジボワール@ヨハネスブルグ
昨晩寝る前に、あまりに寒いから、ドア下の隙間をタオルで埋めた。
d0057029_22162316.jpg


ここはドアの外は廊下が無くすぐに外だから、
ドアからの寒気が、強い。

幾分良くはなったがそれでも朝、目が覚めたら
やっぱり寒かった。

9時過ぎにチェックアウトして次の宿泊地、ハイデルベルグを目指す。
2時間半ほどのドライブだ。

ここハリスミスは、周辺にこのようなエアーズロックのような奇岩が
売り物になっている。
d0057029_22164960.jpg


移動は暇だ。

ダカラ、
車内では、カラオケ大会だ、w。
マシャ、登場です、w。




で、
相変わらず迷いながら、目的地のBri-Shel Manor - Bed & Breakfastに着く。
d0057029_2219273.jpg


部屋。
d0057029_2220464.jpg

d0057029_22202963.jpg


洗面台の手前には、この部屋だけバスタブがあった。
d0057029_22204834.jpg



宿のプレシャスという名の子(心優しい子です)に、ズラをかぶってもらう、w。
d0057029_22214026.jpg


20:30の試合だけど、
アパルトヘイト博物館に行くために少し早く出る。
アパルトヘイト博物館は、今回のパークアンドライドに指定されている、
ゴールドリーフカジノの目の前に、ある。
d0057029_22231446.jpg


ダーバンでは駐車場で買うことが出来た、20R駐車券は、ヨハネスでは
ショッピングセンターなどでしか買えず、100R払うことになってしまった。

入り口。
d0057029_2224373.jpg


館内は撮影不可。
表記は全て英語なので、いちいち時間がかかってしまうが、
予習していくとおもしろいと思う。
予習なしでも、特に動画などは、見る価値はあると思う。

館内のお土産や。
d0057029_22244360.jpg


外に出たらすっかり日が暮れていた。
d0057029_22251134.jpg


ほぼ予定時間通りで、目の前のバス乗り場へ行く。
d0057029_22254452.jpg


バス内で、若者はフェイスペインティングで、盛り上げていく。
d0057029_2226984.jpg


バスから降りて、スタジアムに向かう。
d0057029_22264698.jpg


スタジアム脇にあるチケット売場。
d0057029_22272211.jpg

この日は売り切れのはずなのに、煌々と明かりをつけているので、
勘違いして、買いに来る人も多い。。

Hゲートで入場を待ったが全く前へ進まない。
d0057029_22282129.jpg


実はここでは入場に際して、飛行機張りの身体検査を
一人一人に行っているのだ。

その混雑で動かない様子を動画で。


で、
ようやく通れたときには、開始30分前。
後ろにもかなりの人がいたので、このままでは
入場が間に合わなくなると判断したのか、身体検査はおろか、
荷物検査もなしに、スルーさせ始めた。8万人以上はいるのだから
仕方ないだろう。

その流れ始めたときの様子。


この動画の後半には、まだ一人一人の身体検査の様子も撮れている。
隣同士なのに対応が違うのが見えておもしろい。


更に、最終チケットチェックがある。
d0057029_22293560.jpg


スタジアム内で、自分の席へ向かう。
d0057029_2230131.jpg


試合開始前の盛り上がりを、動画で。


ほとんど最後列だったが、ゲームは見やすい。

で、
左前にいるブラジリアン親子のノリが凄く、
周りも見るし、若者は、その様子を動画で納めている。

国歌斉唱の時の様子を動画で。


もうこのハイテンションなノリで、
試合の最後まで、歌も歌うし、声を張り上げてノリノリだった。

試合中のウエーブの様子。


試合の方は、ブラジルが余裕の3-1で勝ち。
カカ退場や、ハンドでのゴール。
ドログバのゴールなど、見所は多かった。

試合後、若者がブラジル人とユニフォーム交換。
d0057029_22321956.jpg

d0057029_22323910.jpg


記念写真。
d0057029_22325832.jpg


で、
宿へ帰る。

今日のオネエちゃん
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-06-22 22:36 | 旅行 | Trackback | Comments(5)
2010 南アフリカワールドカップ観戦 4日目 オランダ戦@ダーバン
飲み過ぎなのか、ワクワク病かはわからないけど
なぜか朝早く目が覚めて、ブログ更新などしてみた。
それにしてもこの部屋、寒い。
暖房をつけても、あまり効かない。

結局3時間ぐらいネットをやっていたが、回線が微弱で
途切れ途切れで苦労した。
携帯WIFI増幅器、みたいなのないかね?

朝7:00に車のところで、全員集合する。
ご紹介します。
今回8日間お世話になる、ルノー君。ミッションです、w。
d0057029_841259.jpg

d0057029_8415032.jpg


ホテルの朝食は7:00からなので、食べられず
目の前のコンビニで、パンなどを仕込んで出発。

まだ少し薄暗い。
d0057029_21355791.jpg



朝7:21で外気温、-1℃と車には表示されていた。
d0057029_8435638.jpg


今日は片道3時間半、ドライブだ。
9時過ぎに休憩で、ケンタによる。
d0057029_993758.jpg


気合いが入ってきた、若者たち。
d0057029_9102040.jpg


お腹も張って、再度出発。
1時間強で、PARK&RIDEの地点、
パビリオンショッピングセンターに着く。

PARK&RIDEとは、車で来場する観客を指定場所に集め、
バスで競技場まで運ぶことで、競技場周辺の混雑緩和をして
スムーズな入場をさせようというものだ。
ドイツ大会でもやっていたな。

車を駐車場に置き、こんなテントのあるところへ行く。
d0057029_9111970.jpg


気温は上がってきており、半袖は少し肌寒いが、
長袖1枚で十分だった。

テント内で、チケットをチェックされる。
すでにズラも装着し、気合いが入っている若人。
d0057029_912574.jpg


こんなバンに乗らされる。
d0057029_9133276.jpg


もちろんタダだが、これでスタジアム行くのじゃ、
効率よくないよな。

車内。
d0057029_9145698.jpg


で、
到着。
d0057029_916756.jpg


???

簡易トイレとかはあるけど、周りにスタジアムは見えない。
d0057029_9172839.jpg


うげ~、
視野に入らないほど遠いスタジアムまで、歩くの?

屋台で、ブブゼラを見てみる。(1個65R=780円)
d0057029_9184490.jpg


しかし若者は「高い!空港でも35Rだったのに」と、見送る。

で、
またもやテントで、チケットチェック。
d0057029_9194475.jpg


テントを過ぎると、今度は大型バスに乗るのだ。


なるほど。
数カ所あるポイントから人を集め、
ここから大型バスに乗り換えさせて輸送なのか。
d0057029_92112.jpg


早速バスに乗ると、日本ではない光景が目にはいる。
d0057029_9222791.jpg


南アフリカらしく、運転席は厳重に囲われている。


車内。
d0057029_9264529.jpg


で、
降ろされるが、スタジアムは見えるが結構遠い。
d0057029_9314653.jpg


でも気分はウキウキだから、苦にならない、w。

だんだんスタジアムが近づいてくる。
ここでチケットもぎりのテントがある。
d0057029_9463097.jpg


やっと来た。スタジアムに到着。
d0057029_9471467.jpg


オレンジ軍団、多いし一人一人、体がデカい。
d0057029_948487.jpg


動画で、どうぞ。



W杯でよくある、写真のとりっこ。
侍ズラは、人気あるな~。
d0057029_9491427.jpg


最後、スタジアム入場時に、チケットのバーコードを読ませる。
d0057029_9503874.jpg


スタジアムは綺麗だし、見やすい。
d0057029_9511466.jpg


いよいよ始まる。
d0057029_952456.jpg


国歌斉唱。
d0057029_9534149.jpg


結果は、目の前でゴールを決められ0-1で敗戦。
残念。
この試合内容のことは、出来ればあとで書きたい。

来た道を戻る。
d0057029_9542627.jpg


すぐ隣には見えないけど、カジノがあるはずだが、
若人の引率者として、自粛、w。
バスに乗り込む。
d0057029_9552837.jpg


で、
日もすっかり暮れてきたが、3時間半ドライブで、宿に戻った。
d0057029_9561540.jpg


今日のオネエちゃん
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-06-21 09:59 | 旅行 | Trackback | Comments(7)
2010 南アフリカワールドカップ観戦 1、2&3日目
いよいよGWに予行演習した、本番がやってきたよ。
待ちに待った、4年に一度のお祭り、
ワールドカップがやってきたのだ。

ある意味、今回は南アフリカという立地で、
毎回苦しむチケット争奪戦がなかったのは、印象的だし、
チケット取得の準備段階で無駄な労力が少なく、ありがたかった。

しかも、このあと現地で日本代表を2試合見る前に、
1戦目のカメルーン戦に勝ったことで、俄然気分も盛り上がる。

とにかく日本からは遠いし、時差もあるし、
幸か不幸か乗り継ぎの問題もあるので今回も、
GWの時同様、バンコク1泊する事になった。
お陰で時間とお金はかかるが、体は楽だ。
そしてその後、ナイロビ経由で南アフリカへ向かう。

6/16
午後、いつものバスで空港へ向かう。
d0057029_12272622.jpg



空港へのバスアクセス。
ホントに開港後の頃、一度、フライトに乗り遅れそうになるという、
痛い目にあってから、バス利用は回避していたのだが、
ここ最近、定刻に遅れて到着、ということがない。

これは、バス自体が以前に比べて本数が多く走っていて、
バス相互に無線で道路状況をやりとりしているからなのかと思う。

私自身がバス利用を再開した当初、
電車利用との利便の差をあまり感じていなかったのだが、
まず本数が多いので、いつでも飛び乗りできること。

次に、混んでいないので、ゆったり座れる。

更に最近強く感じてきているのが、空港到着時以降の空港内での移動距離。

バスだと、チェックインカウンターのほぼ目の前に着くので、
下車後、歩くのが少なくて済む。荷物が多いときは、楽だと思う。
最近これに慣れてくると、ちょっとだけ快適さが増してきた。

ま、
俺自身、荷物が多いことは、まず無い。
なぜなら、荷物預けたら心配~wなし、のデルタプラチナなんで、w。

で、
空港でチェックイン後、銀行でTCを作る。
銀行員  「BBSTAR様、去年の7月1日以降、TC手数料2%を頂戴しております
BBSTAR 「ナヌ~~??
      それじゃ、キャッシュと変わらないか、むしろ高くなるんじゃね~の?」
銀行員  「はい、そこで当三菱では、キャッシュバックキャンペーンをやってまして
      両替金額に応じて、キャシュバックさせていただくので、どうかお怒りを
      お鎮めいただけませんでしょうか?」

いや、知らなかった。
つか、TC最近買ってなかったし。
両替戦略、考え直さないといけないな。

このキャンペーンも見ての通り、沢山替えないとメリットが薄い。
1000USDだと、500円しかバックが来ないので
1250USDにしないと、1000円バックにならないのだ。
(空港での両替は、250USD単位になる)

通関後、中のみずほ銀行に聞いてみるも、手数料の2%は一緒だ。
d0057029_12301367.jpg



まだ三菱は、キャッシュバックがあるだけましなのだな。
つか、キャッシュバック、振り込みしてくれるらしいけど、
振り込み手数料負け、しないのか?

で、
ラウンジ。
d0057029_12311482.jpg


時間もないから、今回お茶のみ。
搭乗率90%位。ほぼ定刻で、出発。

列島に沿って西へ。
富士山が見えてきた。
d0057029_12314214.jpg


大阪港も、関空も夜景が綺麗だ。
d0057029_12322850.jpg


バンコクへは、少し遅れて到着。
今回のホテルは、
リージェント スワンナプーム ホテル (Regent Suvarnabhumi Hotel)

前回のと同様、金額が安い空港周辺ホテル。
空港では、すぐに迎えのものを見つけ、ホテルへ。
d0057029_12332818.jpg


フロント。
d0057029_12335715.jpg


部屋までボーイが荷物を運んでくれる。
d0057029_2185117.jpg


ボーイ 「BBSTAR様は、どちらからお越しですか?」
BBSTAR 「日本だぜよ」
ボーイ 「それは、それは。このたびはW杯でカメルーン戦のご勝利、
    おめでとうございます。私も興奮してしまいました。」
BBSTAR 「ほー、キミは良い青年だな。
     ほら、ちょっと多いけど、このチップを持って行きなさい 」
ボーイ 「へへー、有り難うございます。」

ヤっべ、
あげすぎちゃった、w。

部屋。
d0057029_2192749.jpg

d0057029_2212067.jpg


ミニキッチンもついている。食器はない。
d0057029_2195844.jpg


平面図。
d0057029_220353.jpg


前回と同じような広さで内容。
プールとかはないが、ここは小さなレストランがあった。
d0057029_222399.jpg

このクラスは、皆どこも同じなんだろうな。

歩いて、5分くらいの所にコンビニ。
ビールを買おうと思ったら、ダメだと。
どうやらタイの法律で酒販は、11:00~24:00らしい。

前回は、問題なく買えたんだけどな。
ま、いいや。

部屋のビールは、街売りの倍もするだけど
@60B(170円)だし。

さっくり寝る。


2日目
昼前に起き、外を眺めてみる。
d0057029_1037935.jpg

ま、
なんて事はない。


ダラダラして過ごす。

夕方になり、近くのマッサージ屋へ行って、タイ古式マッサージを受ける。
d0057029_10391615.jpg


1時間半で、400B(約1150円)。

で、荷物をまとめて空港へ行く。
空港では、今回一緒に回るタカシ君、
前半の2試合だけ一緒になる大学生のI君H君と、合流し、
軽く飯を喰う。

彼らはこのあと、タイ航空でヨハネスブルグへ直行なのだが
私だけ修行のためケニア航空なので、いったんここで分かれて
先に出発の俺は、搭乗することになった。


3日目

もちろん、非常口席。
d0057029_10411493.jpg


搭乗率は、75%位かな。
d0057029_10424435.jpg


左隣のおっちゃん、

恐れていたものが来ました。。。。。


それは、
体臭・・・・・・。



スマン、オッサン。

でも、キーマ系なのでギリギリ・・・、w。
ホントのアフリカンはこんなもんじゃない。

おっちゃんの体が揺れるたびに、風向きが変わり
こちらの鼻孔を攻めてくる。
そのたびに、息を止める、wなし。

ま、
どうしようもないので、我慢するしかない。

さらに、画面はブッ壊れて動かない。
d0057029_10452480.jpg

仕方ない、スカイチームだから、w。

飯が出てくる。
フィッシュを選んだが、近年まれにみる不味さ・・・・・。
d0057029_10464677.jpg


でも、絵はカワイイ、w。
d0057029_10474255.jpg


ま、
断続的な体臭攻撃は喰らうけど、
がんばって、寝てみる。

うつらうつらして、気がつけば、アフリカ大陸上空手前まできた。
d0057029_10494936.jpg


やっぱこの時間(日本時間あさ4:00前後)は、寝付けるんかな。

で、
映画「カイジ」なんぞ見て時間を過ごす。

到着1時間前に、朝食。
d0057029_10552732.jpg

パンもむき出しだから、乾ききっている。

で、
ほぼ定刻で、ナイロビ到着。
d0057029_1057321.jpg


ナイロビ空港通路。
d0057029_10573092.jpg


ラウンジ。
d0057029_1058212.jpg


あまり時間が無くて、あわててこのブログをアップしようとすると、
大失敗、wなし。

で、
搭乗時間が来て、ブログアップ断念。

ナイロビ空港から離陸します。


搭乗率は、50%位か。
再度餌付け。
d0057029_1104678.jpg


メインディッシュなしで配られる。
追っかけ、メインディッシュ、登場。
d0057029_111295.jpg


不味い・・・・。
前回は、そうでもなかったのに・・・・。
はずれだな、今回。

つか、
機内食って、いらなくね?

映画、「レスター」なんぞを見てみる。

到着前の大地。
d0057029_1125973.jpg

ほぼ定刻通り、到着。

暖かかったバンコクのあとだから、なのかも知れないが、
結構、冷える。

通関後、3人に合流し、レンタカー屋へ。

レンタカー屋 「BBSTAR様、いつもご利用有り難うございます。しかし、、、、」
BBSTAR 「なに?(また問題発生かよ・・・・・・)」
レンタカー屋 「はい。BBSTAR様、あいにく今、ご用意できる車がありません。
       しかし、30分後には必ずご用意いたしますので、
       ご勘弁ください、ヒィ~。」
BBSTAR 「あ~、そ。
       解ったよ。でも良い車無かったら、アップグレードしてもらうで。」

ケニア航空には3度も餌付けされたけど、
どれも満足に食べられなかったので
空港内で、4人で飯を喰うことに。

空港内のカフェ、カペッロ。
d0057029_1144332.jpg

名前が良くないな、w。

コーヒー。でかい。
d0057029_1151722.jpg


ハンバーガーを頼むが、これまた外れ、wなし。
d0057029_1163712.jpg


そして、お会計をすると、1つしか頼んでいないバーガーが
2つ計上されている。
早速、南アフリカの洗礼を受ける、w。

アブネックス!

で、
間違いを指摘しお会計後、車を取りに行く。
車はルノーのミッション4ドア。写真は明日あげます。
装備の操作方法が最初解らず、バックギアの入れ方が解らなかったり、w。

4人も野郎がいるけど、運転は俺のみ。仕方ない。
宿泊地のハリスミスを目指す。
3時間ドライブ。

宿に行く前に、ハリスミスの街で、
シャンプーとか、水とかを仕込む。

EGGシャンプー
d0057029_119036.jpg

名前につられて買ってみる。
スーパーには、ワインはあるけどそれ以外の酒はない。

大学生君たちがビールを所望される。
なので、リカーショップを探し発見。

外観。
d0057029_11103937.jpg


店内
d0057029_11111953.jpg


アメリカでもこんな感じのとこ、多いけど
どこいっても、酒屋って危ないんだなぁ~~。
d0057029_1112651.jpg


で、
宿に移動。
Mountain View Inn
d0057029_111814100.jpg

d0057029_1119047.jpg

d0057029_11193045.jpg


部屋前。
d0057029_1120074.jpg

すぐ隣には、高速にGS。
ま、普通のモーテルだな。

部屋。
d0057029_11213131.jpg


水回り。
d0057029_11221412.jpg


お湯も沸かせる。
d0057029_11225125.jpg


平面図。
d0057029_11232063.jpg


ネットもWIFIで、かろうじて部屋で使えるけど、
微弱な上に、遅い。仕方ないな。

ま、
わざわざここまで泊まりに来る人も、いないと思うけど、w。

やっぱ冬だ。陽が暮れると、マジ寒い。

暖房をつけるけど、寒いな。

これから、4人で食事に行ってみまーす。

いよいよ明日は、オランダ戦です。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-06-19 11:58 | 旅行 | Trackback | Comments(1)
2010 GW 南アフリカ旅行 5日目
もう今日が、帰る日だ。
早いね。

ま、
2泊3日だから、そりゃそうか。

ここから2時間くらいで空港に着くはずだ。
昼過ぎのフライトだから、9時に出りゃ間に合うか。

外。
d0057029_14153021.jpg


そっか、ここはゴルフも出来るのね。
d0057029_14154962.jpg


あとで、下見にいこ。

まずは飯だ。
なかなか良い造りでしょ?
d0057029_14161289.jpg


バフェも豪華だ。
d0057029_14163421.jpg

d0057029_14164868.jpg

d0057029_141707.jpg

d0057029_14171234.jpg


卵焼き担当もいる。
d0057029_14174163.jpg

d0057029_14175680.jpg


取ったもの。
d0057029_1418104.jpg


普段は朝食を食べないんだけどね。
でも味もいいし、気に入ったぞ、南アフリカの朝食。

その後、ゴルフ受付に行ってみる。
d0057029_14184575.jpg


宿泊パッケージも、あるようだ。
d0057029_1419296.jpg

d0057029_1419166.jpg


もう少し話を聞いてみた。
18Hグリーンフィー  145R(約1740円)
キャディー        80R(約960円)
カート         180R(約2160円)
クラブレンタル     100R(約1200円)(デポジット200R)
ボール(買、3コ)    75R(約900円)

安いワナ。

ここは、まずまず、かもね。

チェックアウトの時、W杯の時の空き状況を聞いてみた。
すると、ほぼ一ヶ月間、台湾とメキシコの団体客(旅行会社)が
全室を抑えているらしく、一室たりとも空いていないんだそうだ。
残念。仕方なし。

でも、この手のリゾート、南アフリカには多そうだし、
サファリもあるし、まあ来たくなったな、南アフリカ。

10月には、WSOPのサーキットも開催されるようだ


どこぞの、ヘタレサッカージャーナリストどもは、仕事なのにもかかわらず
治安の風評を聞いただけでビビって、腰砕けになり
南アフリカ、いけないらしい・・・。
いちど、こんな南アフリカに、来て見りゃいいのに。食わず嫌いだね。


フロントを出ると、今日も快晴。
向こうには、発電所らしきものが見えるね。
d0057029_14204787.jpg


車に乗り込んで、メーターを見た。
d0057029_14212614.jpg


ここまでの移動距離、844.5km。
今日は150km位走るだろうから、この2日半で、
1000km走ることになるんだな。

で、
時計を見たら、9:57。
d0057029_14215372.jpg


あら~、余裕コイてた。
ちょと、焦る。

で、出発。

今日も、バス待ちの人たちは、いるわけだ。
d0057029_14225773.jpg





だいたい空港近くまでは、一本道なので、
今日はさすがに迷わないだろうと、たかをくくってた。

ところが時間も押していたこともあるんだけど、
1時間ほどで出てくるはずの、通過地点としてみていた街が、
いつまでも出てきません。

さらに、今走っている道の名前が、
全く違う名前に変わっていきます。

南アフリカの教訓、再度おさらいです。

地図を当てにするな
、です。

地図を見てみましょう。

<基本編>
これはヨハネスブルグ北部とプレトリア南部の拡大です。
d0057029_14245048.jpg


高速道路N1(赤色でマル&矢印)とN14(緑色でマル&矢印)が、交差してますね。
普通は、矢印の色の通り、N1ならそのまま西へ、N14ならそのまま南へ、と
思うじゃないですか。

ブー
、です。
そんなことでは、
南アフリカの地図を読んだことになりません、w。

答えはこれです。
N1は、この交差で南に曲がり、N14は、西に曲がるのです。
d0057029_14265236.jpg


つまり、
プレトリアからN14で南下して、そのままぼ~っと南下しつづけると、
N14からはずれ、とんでもないことになっちゃうのですよ。
こわくない?



次は<応用編>

高速道路N1(ピンク色でマル&矢印)と
N3(黄色でマル&矢印)が、交差してますね。
d0057029_14275237.jpg


普通は、矢印の通り、N1はそのまま南へ、N3はそのまま西へ、と
思うじゃないですか。

ブー
、です,w。

答えはこれ。
突然!!M1が現れます、w。
d0057029_1450585.jpg


N1は、西に方向転換し、N3は消滅
そして、南下する高速道路は、M1と言う名前になり
新しく出現するのである。

ボーっとしてN1を真っ直ぐ南下して走っていると、
道の名前がM1に変わり、気がつくと今自分がどこにいるのか、
解らなくなります。

はい、
こんなのは、日常茶飯事ですから。


なので、
今走っている道はいったい何という名前の道なのか、怪しくなり
はたして自分は、空港に近づいていっているのか?すら、
それすらも疑わしくなり、腕時計に着いている方位磁石だとか、
太陽の位置だとかで、だいたいの見当をつけて走るという、
まるで地図なしの航海術のような感覚で、
しかも単身で、
時速120Kmで走るのは、なんか、
新感覚ですよ、w。

つか、高速道路で、地図見ながら走るの、
大変ですから、w。

もちろん、この車にナビなんてものは、当然ありません。

さてさて
時間ばかりが、過ぎていきます。。。。。

エアコンは効いているのに、
妙な汗が出ますよ、マジで。


ただ、
だんだん市街地になってきているから、少し安心するけど、
こないだみたいに行きすぎて隣町に来てしまう場合もある。

だから、
ここがヨハネスブルグかどうかは、解らないままだ。

で、
街にはいると、交差点には物売りが出てくる。
d0057029_14311984.jpg


ナンダカンダいってもまだ、この国は
そうゆう国であることは、間違いない。

で、
私はといえば、13:20発の飛行機なのに
すでに、11:30を回っても、まだ空港がどこにあるのか、というより
自分がどこにいるのかすらも、解っていない。
さらに、返却時の満タンのガソリンを入れていない。



そんなときに、、、、、、



何だか凄い轟音。。





これ、
頭の上を747(ジャンボジェット機)が、
着陸のために、足を出して飛んで過ぎていったのだった。

着陸間近の証拠だ。
しめた、空港は近くだ。

なんとか、
飛行機を追いかけるように走り、
12:00過ぎに、空港に滑り込む。

レンタカー屋の兄ちゃんに
「ガス、満タンに入れ忘れてんだけど、どないしよ?」と聞くと、
「へい、空港内にGSありまっせ、ご案内しましょ」と
彼が運転してくれて、一緒にGSへ。
d0057029_143414.jpg


で、
出発の所まで送ってくれた、w。
メーターを見たら、ちょうど1017Km走っていた。
2日間で、1017Kmか。
まぁまぁ、だな。

ヨハネスブルグ 
KQカウンター
d0057029_14342967.jpg


復路の、非常口席が取れていないので、お願いすると、
お金を請求された。こんな事、初めてだな。

むかつくし、疲れてたから、もうそのままで、発券してもらい、
ラウンジ利用権をもらうう。

とりあえずラウンジに行く。
複数の会社で共同運営のだ。
d0057029_14344817.jpg


あとで調べてみると、俺はエールフランスのラウンジが使えたはずなんだが、
後の祭り。

内部
d0057029_14351333.jpg

d0057029_1435348.jpg


食い物
d0057029_14355089.jpg

d0057029_1436816.jpg

d0057029_1436244.jpg

d0057029_14363612.jpg


シャワールームもあった。
d0057029_14364933.jpg


と言うことで、この足でケニア経由、バンコクに2泊し、無事帰国。

バンコクは、ちょうど赤シャツ隊(反政府デモ隊)が小康状態で
緊迫した雰囲気は、市街地になはないが、
こんな軍隊の方々が、パトロールに回っていて、
いつものバンコク、ではなかったかな。
d0057029_14372170.jpg

d0057029_14373740.jpg


しかし全員長袖、暑くないのかな?w

ようやく、この旅もこれで完了。
読んでいただいて、ありがとうございました。




帰国して感じたのは、旅の疲れが移動距離に比べて薄かったことがありました。
やはり、バンコクで前後泊しているのが、いいのかも。

それと、
出発から西の方角に行くというのも
体にはダメージが少ないのかも、と考えています。

ということで、
いよいよ今週16日から、これと同じバンコク・ナイロビ経由で
2010ワールドカップ参戦!!
南アフリカに行って来ます。

見る試合は、

6/19 日本-オランダ
6/20 ブラジル-コート・ジボワール

6/23 ドイツ-ガーナ
6/24 日本-デンマーク
6/25 ブラジル-ポルトガル

の5試合を予定。

一応
6/22 韓国-ナイジェリア
もチケットあるんだけど、移動とかが難しくて、断念かな。。。。

旅程は
往路
6/16 成田発
6/18 ヨハネスブルグ着
復路
6/26 ヨハネスブルグ発
6/27 バンコク着
6/29 バンコク発
6/29 成田経由ラスベガス

と言うことになりました。
復路、じゃないね。
復路+往路だ。

成田滞在2時間、W。



え~、
一応権利取りで、
WSOP緊急参戦となりました、w。(サブイベントですが)


どうなるんでしょうか??

あ、
あなたが聞きたい?w

地図話、つづき
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-06-13 15:00 | 旅行 | Trackback | Comments(11)
2010 GW 南アフリカ旅行 4日目-2
で、
腹も減ってきたし、途中街で飯を取ろうかと思ったけど、
この街のスーパーはこんな感じで、チト怖い。
d0057029_04032.jpg


この街はパスして、もう少し先に行こう、w。



ま、
相変わらず120kmで、走ってます。



で、
次の街のケンタを見つけ、入ってみる。

中身は何だか分からないけど、
「ハワイアン・ツイスター・セット」ツーのを、頼む。

ジンジャーエールと、ポテト。
d0057029_013989.jpg

d0057029_0134188.jpg


この丸い物体が、メインです。
d0057029_0143615.jpg

剥いてみます。
d0057029_015125.jpg


ナン、のようなもので巻かれています。
d0057029_015329.jpg


中身は、唐揚げですか。
d0057029_01718.jpg

締めて41.9R(約500円)
d0057029_0173654.jpg



ま、
別に普通のとこだったんですが、ビビリ過ぎかも知れないのですが、
怖くて店内や、店外観などは撮れませんでした。

で、
また走り出します。

あまりに暇で、動画とりまくってました。
もちろん音楽を載せる、なんてワザは出来ません、w。

で、
この動画。


向こうは所々、道路に穴が空いています。
車から降りて見たわけではないので、
どの程度の大きさなのか分からないのですが、
たまに乗っても、そんなに大きな衝撃はないのですが、
ちょっと怖いですね。

見ての通り、街灯なんかないので、夜間の走行は
注意が必要?

って、昨日はそんなのわからんで、ばんばん走ってましたが、w。

で、
また迷子に、w。

こんな動画ばっかとっていたから、かも知れないのですが、
まず、標識が少ないし、あっても意味が分からないものが多い、w。

なので、日も傾きはじめ、少し焦ります。


で、
ようやく目的地のGRACELAND HOTELに着いた。
d0057029_0242698.jpg

d0057029_0244322.jpg

d0057029_0251060.jpg


これはいいかも。
d0057029_0252767.jpg


外観では結構広そうだし、客も多そうだ。

早速、内部を歩いてみる。

カジノそのものは、ニューキャッスルよりは大きいが、そこそこ。
でも、やはりスロットの配置が多く、テーブルはBJ4台、ルーレット3台程度だ。
で、ポーカーテーブルも1台あった。ただ誰もプレーはしていない。

これだけか、と思っていたら1階は禁煙フロアで、2階が喫煙フロアになっている。
2階は、1階ほど大きくはないが、BJ3台、ルーレット3台あった。

カジノ横には、小さなバー兼舞台などもある。
d0057029_026132.jpg


ワールドカップ用に、参加国の国旗が飾られていた。

更にカジノの奥には、コンベンションセンターがあり、のぞいてみた。
d0057029_0265157.jpg


見ての通り、ビリヤードの大会が開かれていた。
South African Pool Chanpionships
d0057029_0274437.jpg


ポーカーと同じようにバイインゲームのようだ。
d0057029_0281228.jpg

このときプレーしているプレイヤーもいたが、少ないし、熱気もないので、
サイドイベントか、キャッシュゲームみたいなものをやっていたのかな。

ポーカー不毛のカジノではないみたいだし、
d0057029_0284959.jpg


外も暗くなり始めたので、
ここに泊まることにしようと思い、ホテルフロントに
部屋取りの交渉に行く。

BB  「今日、部屋取れる?」
黒人フロント 「はい、一部屋1200R(約14,400円)でご用意できます」
BB  「はぁ? 高いんじゃね~の?」
黒人フロント 「それでは、一部屋1000R(約12,000円)でご用意します」
(お!? 安くなるんだ。言ってみるもんだねぇ、もう一回レイズしてみっか)

BB  「はぁ? 高いんじゃね~の? 基本の2度押しで、w」
黒人フロント 「え~、キビシいです。」
BB  「はるばる日本から来たゲストに、ちぃーったぁ、気ぃ使えや」
黒人フロント 「BB様も、交渉上手ですね。それでは一部屋900R(約10,800円)でご用意させていただきます」

というのを繰り返し、結局一泊、750R(約9,000円)で、手を打った。

部屋へ向かう。
廊下。
d0057029_0301650.jpg


315号室。バカラ的にも、ポーカー的にもオーケーね、w。
d0057029_0304694.jpg


d0057029_0311937.jpg


お湯も沸かせるし、セーフティーボックスもある。
d0057029_0314810.jpg

d0057029_032539.jpg


水回りも普通だ。
d0057029_0322136.jpg

d0057029_0323961.jpg


で、
カジノへ向かう。
バカラはないし、この日は日曜ではないので、トナメはないんだろうけど、
キャッシュゲームはやるのかどうか?まだ始まっていない。


ま、BJをやってみる。
ESMである。
ソフト17は、ステイであった。
そのほかのルールは、、、、、憶えてない、w。



出だしで、12連敗、wなし。
やっぱ向いてないんだな、w。

で、
ミニマム打たれ越しで、継続。
数少ないベットアップシチュエーションで
2連発取って、原点までやれやれで、浮上。

その後、
やっぱり連敗 →ベットアップ勝ちの、苦しい展開も、
強めのベットアップを取ったあと、ディーラーが変わってから
流れが来る。

ディーラーが、気持ちよくバストしてくれるので、
基本額をアップして、ベットアップは負けても2度押しで取り返し、
気がつけば、バイインの3倍になった。
2~3時間やったかな。

酒も回ってきたので、連敗したときに打ちやめ。
元々南アフリカで、両替したお金以上に儲かった。
これで滞在費はチャラな上に、お小遣いまでいただけたよ。ウシシ。

で、部屋に戻ろうとしたら、ポーカーのキャッシュゲームが始まっていた。
レートは安い。
しかも6人くらいしかいないので、すぐに入れた。

どんなもんかと眺めていたんだけど、これがヌルい。
めちゃくちゃヌルい。
ウマ~なテーブルに着いたな、と思ったね。

つかね、
だれもルール知らないのよ。

しかも、
ハウスも、よく分かってないのね、w。
だから、もめるもめる。

ハウスもひどいのよ。
ミスブラインドなしで入れたり、ひどいときは、
サイドポットを作らずショートに全部ポットをわたしたり、と。

ま、みんな解ってないから、文句も出ないのよね、w。

美味しいでしょ???


で、
あまりにヨダレが出て、たまらなかったから、
6時間もやっちゃったよ。










結果は、

















さっき勝った分の半分溶かしましたけど、何か? 完全wなし。








寝る。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-06-11 00:37 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
2010 GW 南アフリカ旅行 4日目-1
この日、朝早めに起きた。

何つっても、今日は月初めなので、ルーティンな仕事が
朝からあるので、ホテルでこなさなければならない。

昨晩、
部屋ではネットが使えないので、昨晩白人女性の支配人にネゴって、
ネット使わせてくれ、とお願いしたら、
「朝9時からネットカフェが開くから、そこでどうぞ」
といわれる。

しかし、
おれの仕事は、朝の7時にはスタートでないと、
朝の10時過ぎまでに終わらない内容なので、それでは
チェックアウトの時間が過ぎてしまう。

そこで、
その理由を説明しつつ、結構若いその白人女性支配人に
「このホテルは、素晴らしい」とか「ここを日本に紹介したい」とか、
終いには「キミのイヤリングは、キュートだね」とか・・・・

とにかく持ち上げまくって、口説きまくった。



そしてなんとか、事務所のPCを使わせてくれる許可を
取り付けることに、成功していたのだ、w。



ま、

あの娘は、
俺に惚れたな、マジでw。





まず、
ネットメールで来たデータを、フラッシュメモリに落とし
部屋に持ち帰り仕事。

出来上がったデータを、再度フラッシュメモリから
ネットメールに載せることで、完了するので、
2回使わせてもらうことになっている。

朝食前に、フロントのおねーちゃんに挨拶して、
昨晩の女性支配人とのやりとりを説明し、事務所に入れてもらう。

で、
データをダウンロードして、一安心。
で、朝食をとることにする。
夜パブになるところの隣に、朝食のレストランがある。
d0057029_2024890.jpg


数組の黒人客がいるが、最初ちょっと怖いかと思ったが、よく見てると
皆、富裕層らしくそれなりに上品で、ギラギラしていない。
d0057029_20245215.jpg


そして驚きだったのは朝食の内容だ。

これらヨーロッパ形式のホテルは、たいてい朝食が貧弱なものが多い、
と思っていたのが、、、、、、
その予想を完全に覆し、相当に充実している。
d0057029_20252733.jpg


d0057029_20254339.jpg


パン、ヨーグルト、果物、ハム、ソーセージ、野菜の炒め物、鰯の漬け物
数種類のサラダ、生野菜、鶏そぼろ風挽肉、数種類のジュース、etc・・・

どう見ても忙しそうでないこの宿泊客数で、採算とれるのか、と
こちらが心配になってしまうほどの、種類や量ともに充実ぶり。

d0057029_2026420.jpg
ピンぼけだがこの黒人のお姉ちゃんに言えば、
オムレツ、目玉焼きなどを目の前ですぐに作ってくれる。







で、
取ったもの。目玉焼きも2枚焼いてもらった。
d0057029_20261929.jpg



食べ終わってから部屋に帰り、仕事に専念。
10時過ぎに終わって、再度事務所のPCを借りメールを送って、
仕事は終わった。

ここのホテルのお値段だが、
朝食込みで、530R(=約6800円)。
まぁまぁじゃない?
11時にはチェックアウトする。


で、
レディスミスのメインストリート。



で、
実はこの日、泊まるところを決めていない。
なんと、飛び込みで宿を探そうと思っている。

前に「カジノ巡り」の話を書いたが、WC本番の時、空いた時間に
サファリを巡ろうか、それともゆったりした時間を過ごすか(含むカジノ)
迷っている。

これは、その時の体調にもよることもあるだろうし、
WC期間中は、人の集まりそうなところは、非常にいろいろなものが高騰すると
予想できるので、サファリ見物も相当数の人が、来る可能性があるわけだ。

で、
サファリ情報は入りやすいが、カジノ情報が少なくそんな中、調べてみると
どうもポーカーがまだまだ浸透していなく、テーブルも、BJ、ルーレットが
主力のようなのだ。

だから、
今回はカジノを回ってみて、ポーカーに力を入れていて、更にバカラが出来る、
そんなカジノを探し、そこを中心にWC本番時には、
宿の手配をしようと考えていたんだ。

で、
明日はもうヨハネスブルグから、帰国になるので
ヨハネスブルグまでの帰り道にあるカジノにいくつかよって
W杯本番でメインに使うカジノを決め、その周辺に宿を取る、作戦にした。

で、
まず一つ目の街、ニューキャッスルに向かう。
距離は100Kmくらいか。1時間ちょっとだな。

時刻は11時を過ぎている。
こんな風景。
d0057029_20312739.jpg


暇だから、こんな動画をとってみました。


もう一丁!!




道は、長い。





で、
12時過ぎに、目的地のニューキャッスルに着いた。
ホテルの外観。
d0057029_20321520.jpg


カジノの外観。小さい。
d0057029_2033499.jpg


中にはいると案の定、狭い。
スロットのみ駆動中。
d0057029_20333649.jpg


テーブルは、ブラックジャック2台と、ルーレットが2台のみ。
しかも動いてなかった。

隣には、ゲーセンも、w。
d0057029_20341251.jpg

d0057029_2034295.jpg

d0057029_20344385.jpg


一応ホテルで部屋を見せてもらうが、普通のホテルだ。
ただし宿泊費がちょっと高い。
カジノにはバカラもポーカーもないし、ここはちょっと期待はずれだった。

テーブルはどこも動いていないんで、即撤収。
時間はお昼の12時半頃か。でもまだ空腹感はないので、
次の街、スカンバまで、約200Km。
途中の街とかで、適当に喰えばいいか。

で、
走り始めたら、雨が降ってくる。



で、
そんな道ばたを歩いたり、立っている人たちが多い。
d0057029_20353318.jpg


近くに街はおろか、家すらも建っていないのに、この人たちは
どこから、どこへ行こうというのだ?
不思議でしょうがなかった。

ヒッチハイク?
d0057029_20362570.jpg


それにしちゃ、スゲー、多くね?
d0057029_20365544.jpg


そしたら疑問が、とけてきた。

この人たちは、「バスを待っている」人たちなんだと。
d0057029_20372626.jpg


向こうのバスって、こんな感じのバンなのね。
d0057029_20375245.jpg


近距離用なんだろうけど。
で、
ギュウギュウ詰めに、乗っている。
d0057029_20405699.jpg


車内のニオイは、想像したくないな、w。

運賃がいくらなのかは分からないけど、
こういったミニバスが沢山走っていて、
バス停など無くても手を挙げればとまってくれて、
必要な場所まで、乗るんだろうね。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-06-08 21:00 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
いよいよやってくる、格安航空会社の雄、エア・アジア
いよいよ、この時が来た。

エア・アジア、羽田就航へ…海外格安会社は初
 マレーシアの格安航空会社(LCC)大手のエア・アジアが、10月以降に初めて羽田空港に就航することが2日、わかった。
 羽田に海外のLCCが乗り入れるのは初めて。同社が羽田路線に参入することで、競争が激化しそうだ。関係者によると、エア・アジアは羽田を深夜出発するクアラルンプール便を週3便運航する計画という。
(2010年6月3日13時22分 読売新聞)

ついに格安航空会社(ローコストキャリア(LCC))で、
アジアナンバーワンのエア・アジアがやってくる。

格安航空会社なのに、黒字営業なのだ。
運賃といえば、まるでバス感覚。

どれだけ安いかというと、例えば、
7月3日発7月5日帰りのクアラルンプール-シンガポール間
往復で 69.30USD(約6400円) 
7月3日発7月5日帰りのクアラルンプール-バンコク間
往復で 151.19USD(約14000円) 

片道だけなら、単純にほぼこの半額。
安くない?

とはいえ、
サービスも、有料なものが多い。
飲み物とか、ひざ掛けとか。

チケットとかも、ぺらぺらな印刷物だったりする。
使用料が高いボーディングブリッジを使わずにタラップを使用しての
搭乗(いわゆる「沖止め」)を行なうから、階段の上り下りがある。
整備設備を自社で持たず、整備を他社に委託する。
飛行訓練に対するコストを削減するために、すでに乗務資格を取得している
運航乗務員だけを、中途採用する。
などなど、徹底的に合理化、効率化をして、運賃を抑えるようにしている。
(日本の仕分けも、エア・アジアの役員にやってもらえばいいのに)

それでもこういうの、個人的には好きです。
高い料金をだして、まずい機内食やコーラ、
うす~いひざ掛けをもらうくらいなら、
そんなもん要らないから、安くしてほしい時も多い。

ビジネスモデル的にも、既得権益層に切り込みをかけて、競争を促し、
消費者利益に努める、っていう、固定概念にとらわれないで行動できることって
尊敬する竜馬さんも大好きだったし、オレも大好き。
このようなある種、パライダイム転換的なこと、ほんと好きぜよ~。

世の中が変わる、変えられる。
既得権益層には、脅威だろうけど。


そうゆう飛行機って、落ちやすいんじゃないの~、とかいう人も要るけど、
飛行機事故にあえば、船で漂流とか、
雪山で遭難とかに比べて、結構楽に逝けるし、w
死亡率は高いから、
車とかの交通事故みたいに、下手に生き残って障害が残ったりしないから
親族にも迷惑かけないですむし、w
だから落ちた後のこと心配しなくって、
いいんじゃないかと思う。(ちと言い過ぎか)

つか、エア・アジア、落ちてないんじゃね?

過剰包装を好まない、その分安くしてほしいターゲットは
決して小さくないと思うし。

もちろん、
旅や移動に対して、付加価値を求めるターゲットも
絶対的にいるのは間違いないでしょ。

これから日本の航空業界も、選択肢が増えるから、
面白くなってくることに、期待です。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-06-03 14:45 | 旅行 | Trackback | Comments(3)
2010 GW 南アフリカ旅行 3日目-2
空港から出て、すぐの高速道路に乗ります。
d0057029_1343316.jpg


市内にはチケット発券場所が2カ所あり、
より空港に近く、治安が良さそうな方のに向かいます。

運転そのものに問題はなく、車や高速道路の整備もそれなりに
しっかりしています。

ワールドカップ(以下WC)に向けてなのか、
高速道路の車線追加の整備中なのか(間に合うのか)?
d0057029_13435062.jpg


でも、ルンルン気分は、必ず、
落とし穴が、人生には待っています。







そうです。いきなり迷子になりかけます、w。

予定の場所まで、いくつかジャンクションがあるわけですが
一つ目のジャンクションは乗り換えられたのですが
2つ目の標識が全く出てきません。

走れど、走れど、そんな標識はでてこないのです。

ま、
それでも大丈夫だろ、と軽い気持ちで
狙ってた所とは違うのだが、思い切って高速を降りてみると

ハイ、
完全迷子に、w。
(結局、旅の最後まで標識に悩まされた。
日本のように、至れりな感じではないのだヨ~。)

南アの教訓1:標識を信じすぎないように
早めに地図を入手すること


で、
1時間以上ガンガン走って、四方が野原の中から、
ようやく街が顔を出してきて、その街を回ってみるが、
自分がどこにいるのかが、全く分からない。

レンタカー屋でもらった地図を取り出し、見比べるがいま、
ホント、どこなのか判らない。

南アの教訓2:レンタカーやの地図は
当てにしてはいけない


仕方なくGSの黒人のお兄ちゃんに道を聞いてみるが、
ま、基本で、訛ってて、よくわからん。

でも、ここで分からないままだと、笑えない。
必死に食い下がり、地図を車内から持ってきて示すと、
なぜか笑われる。


お兄ちゃん 「アンチャン、こりゃヨハネスブルグの地図だべさ。
         ここンは隣町のプレトリアですぜ、あははは~」


なんと!


言うならば、だ!
東京に行くつもりが、横浜まで来ちゃったようなもんだ。

で、
なんとかヨハネスブルグへの道を聞いて、その通り行くが、
しばらくは順調だったものの、教わった先からは、
またもや行き先の標識はないし、職業柄、
自分じゃ鍛えられていると思っている、方向感覚と距離感で、
ぐるぐる走ってみるが、時間ばっかり経って、どうにもならん。

が、
1時間以上走ってようやく、気がつくと、狙ってた通りの名前が出てくる。
で、その道を走っていると、ようやく目的地周辺に到着。

車をパーキングに入れ、歩いてみてようやく目的の建物に。
やれやれ、だよ。
d0057029_1350577.jpg


見ての通り、袖看板的なものがないし、窓のポスターも
少し引っ込んでるから、道路を突っ走ってると、判りづらい。

で、
空港から通常なら1時間くらいの所なのに、
3時間半、かかってしまった、wなし。
早く着いた分は、ぜ~んぶ帳消しになってしまったな。

2階が発券会場。
エスカレータであがるとこんなポスター。
d0057029_13504472.jpg


着いた~~、と実感したね。
会場。


発券の機械。
d0057029_1423360.jpg


この機械に、カードを読ませると、自動的に券が出てくるはずだ。
まず、バンジーのカードを読ませてみる。

なんだかわかんないけど、チケットを持ったとき、うれしかった。
ま、
これの為だけに、南アまで来たんだもんな。

で、
次に自分の分。
でも、カードは機械に、ささない。
なぜなら、この大会から郵送を廃止した以外にFIFAは、
リセールシステムを取っている。

これはいったん決済したチケットを、売りに出し、
他の人が買ってくれるなら、手数料はかかるんだけど
買い戻しましょう、というシステム。

全部で9試合取っていたものの、かぶっていたり
時間的にいけない試合もあり、ちょっと困っていたのだが
このシステムはある意味、ありがたい。

で、
再販以外のものだけを発券したかったので、
どうすればいいのか、窓口のお姉ちゃんに相談した。
パスポートと、クレジットカードを提示して、話したら
普通にトラブル発生、wなし。

なんと、
パスポート番号が登録されているものと違う、と言われた。

頭のアルファベットがFとHが違う、と。
それ以外の番号は、あっているんだけど。
どうやらおれ、
入力ミス、出てしまいました、wなし。
どうなるのか待っているとき、動画で会場の様子。



が、
その一字以外、写真、番号、クレジットカードなどが
全部一致するので、発券できることとなった。
アブネックス!!だな。マジで。

で、
撤収しようとしたら、売れ残り試合の一覧が
手書きのボードで、掲載されていました。
d0057029_14112264.jpg


d0057029_14113422.jpg



で、
このままホテルへ、と思ったのですが、ここから先、
まだ300Kmは、運転しなければなりません。

夕方なので、初めての場所だし
出来るだけ明るいときに、距離を稼いでおきたかったのですが
持病が・・・・・。



腹減って、目眩がしてきた、w。

でもさ、喰うとさ、眠くなるんだよな・・・・・。
















お約束ですが、w
食いしん坊が誘惑に勝てるわけもなく、喰いました、w。
d0057029_14135998.jpg


南アの方々は、鶏好きという私と趣味が合うので、
なかなか良いです。

ええ、
どうせ、クランベリーも飲みましたよ。
d0057029_14144153.jpg



お腹も張って、パーキングに戻り宿泊先へ走り出しますが、
また標識に惑わされながら、あっちでもこっちでもUターンとかを繰り返し、
ようやく狙いの高速に乗る頃に、すっかり日は暮れて、、、、、。
d0057029_14153422.jpg

更に1時間も渋滞に巻き込まれて・・・・・。

渋滞を抜けて、動画でどうぞ。



ま、
街を抜けて主要幹線の高速道路を走っても、街灯が全然ありません。

フランスでは、電灯用の銅線がカッパわれて、高速道路の
街灯が消え、修理が完了する期間、交通事故の死傷者が30%減ったらしいから、
ワザとか?
な、わけーねーよな。

で、

基本で、、、、、
眠い、、、w。

さっき喰った飯のせいか?
それとも、バンコクを出発して、途中飛行機で少し寝たものの、
エコノミーだし、ほぼ一日寝てないからか?
それとも、ヨハネスに着いてから、職業柄ほぼ方向感覚や地図を見るのは
プロだと自負しているのに、これだけ迷った自尊心の疲れからか?w

眠すぎる~~~!!!

マジ寝落ちしそうなので、
2回ほどパーキングで、仮眠、w。

で、
そんなこんなの主要高速道路を抜けて、1泊目のレディスミスという街に
行くところですが、動画でどうぞ。



で、
ようやく目的のホテル、ロイヤルホテルに到着です。
d0057029_14205044.jpg


写真は昼撮ったものですが、もう夜の11時を回っており
田舎町なので、周りもすっかりお店はクローズ。
ホテル内にあるパブも、客がいなかったから、11時で閉めたそうな、w。

廊下。
d0057029_14211687.jpg


1号室に、アサイン。
d0057029_14214223.jpg


室内。
d0057029_142263.jpg

d0057029_14222967.jpg


水回り。
d0057029_14224435.jpg


ま、
部屋としては、全く問題ない。
初めての南アフリカの宿は、ドキドキものだったのだが
ほとんどヨーロッパのB&Bと変わりはない。
ま、
明日は宿は、どこも予約をしていないので、
もっとドキドキなのだけども、w。



しかし、、、
ネットが使えない。
やばい、明日は仕事があるのだ。

更に、これ。
d0057029_14231445.jpg


初めてみる電気コンセントの形状だ。。
持っている海外旅行携帯用のコンセントアダプターにも、
これが無くて困った。

南アの教訓3:
コンセントアダプターを手に入れる


そこで、小腹が減ったのと、このアダプターを手に入れたいので
フロントへ行くと、食事は数百メートル行ったところに、
GS兼軽食屋があるという。アダプターは、貸してもらうが、
しっかり補償金40R(約500円)を取られる。

で、
車で行ってみるとコンビニと、
ローカルのサンドイッチ屋と、ハンバーガー屋がGSに併設されていた。
向かいには、簡単なスーパーがあった。

そこで、ハンバーガーと、氷を仕込む。

氷は、これに使うのだ。
d0057029_1424942.jpg
d0057029_14242193.jpg

ヨハネスの空港で買ったワインを、
洗面所に水をためて、冷やしておくのだよ。ウフフ。






で、
一人で喰らって、
飲んで、寝る。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-05-27 14:39 | 旅行 | Trackback | Comments(11)
2010 GW 南アフリカ旅行 3日目-1
アフリカ・ケニアの大地が見えてきました。
よ~く見ると、ライオンがいるの、判りますか?
d0057029_1155411.jpg


ケニア・ナイロビ到着は30分くらい遅れてますが、
乗り換えには3時間取ってあるので、
まぁ、問題無いでしょ。

と、思っていたら、
飛行機から降りると係員が立っていて
ヨハネスブルグ行きの人は、14番ゲートへ行けと。
現地時間09:10出発予定なのだが、現地06:45です。
早めに飛ぶのだとしても、ちょっと早すぎでは?
と思っても、出口付近にも、ちょっと周りを見渡しても、到発着の電光掲示板もない。
なんチュー田舎空港なんだ?

でも、
目的地の南アフリカ現地では多めに時間が欲しいから、向こうに早く着く分には、
別に問題ないので、とりあえずゲートに行ってみる。
むしろ、なんとか早い便に乗れれば、それはそれで嬉しいかも。

搭乗口に行ってみても、木の板で、w、張り紙がしてあって
「JNB(ヨハネスブルグ行き)」としか出ておらず
便名や出発予定時刻などの表記はない。

でも、チケットを見せると、
チケットを切られ、「中に入れ」、と。

ウホホ!
早い便に乗せてくれるの?
ちょっと、ラッキーだな、w。

でもさ、席についてから、誰かに
「違ってますよ」って言われるの、いやだな。

待合い室で。
d0057029_11115515.jpg


で、
いよいよ搭乗開始
もちろん素知らぬ振りして、乗り込む。
ここでチケットのチェックはないから
あっさり機内へ入れちゃう。いいの?

で、
ちょっとドキドキしながら、席に着く。
ホントは非常口席だったはずだが、違った。
もう、そんなことは、キンチョーで
ド~でも良くなってきた、w。


でもいつ、「そこは私の席です」って言われるんだろ??
ドキドキしちゃうぅ~、w

で、
全員乗り込んだのに、なかなか離陸しない。

ドキドキは続く。

なかなか飛び上がらない原因は、もしかして、



「おれ?」











でも、
ずるずると、機体は動きだし、
あっさり離陸。いいのかよ?w

なんかラッキーだな。

機材は、737-800。
d0057029_11122083.jpg


搭乗率は、90%以上ありそう。
d0057029_11134146.jpg


ここでさすがに、黒人の搭乗率は高くなった。
50%くらいはありそうだ。
それでも50%なんだな。

でも、ま、席はフツーに狭い
d0057029_11143974.jpg

でも、4時間くらいなら、我慢できないレベルじゃない。

機内食。
d0057029_11153091.jpg


美味しい訳じゃないけど、普通のレベルだ。
ま、
ケータリングだろうから、そうなんだろうな。

で、
いよいよヨハネスブルグに到着。
d0057029_1116456.jpg


マジで、早く着いちゃったよ。
いや、ラッキー。











でも、
パスポートチェック後、電光掲示板を見て
なぜあの飛行機でよかったのか、が判った。
d0057029_11165287.jpg


どうやら、
私の乗る便はキャンセルされ、前の便を遅らせて、
二つの便を合わせて、飛ばしていたようだ。

ここまで、誰からも、何も説明がなかったけど。
ま、
早く着いたので、いいのですが。

出口。
d0057029_11174663.jpg


d0057029_11183480.jpg


まずは、ランド(R 南アフリカドル)に両替。
空港の両替屋で、デカ目に替えると、あとをつけられ、
盗られる、という暗黒情報を聞いていたので、小さめに。

ほいで、
ここでかるく、失敗。
レート表を確認する前に、両替をしてしまった。
d0057029_11193741.jpg


500USDを南アフリカランドに両替。
x7.1967=3,598.35R
手数料 71.97R
VAT 10.08R
行政FEE445.00R
VAT 6.30R

手取り 3465R
となった。

で、
日本円を見ると、13.371になっている。
たとえば、5万円替えると
¥50,000
x0.13371=6685.5R ってことか??

ん~、こんなことありえるの??
ないよね?

試しに1万円でも、替えてみれば良かった、と後から後悔。
6月には、両方やってみよう。

で、
レンタカー屋に行く。
d0057029_11204191.jpg


ここではAVISと、写真に写ってるEUROPCARがハバを利かせてそうだ。

で、
今回はDollar'sで予約していた。安かったから。
ま、一番小さい事務所でしたが。

ところが、
海外レンタカーを借りるとき、
いつも金額と、保険でもめる。

まず、トータルの金額が2日間で680.98Rだったのに
約760Rになっている。
なぜだか聞くと、予約書にEstimated Chargesとあるのだ。
つまり「見積金額」で、確定金額ではない、と。

それと保険だが、複数の複雑な内容が複数存在しており、
その場で何度聞いてもよくわからない。
前もって、予習する必要がある。
で、一つ高いのだけかけなかったら、
depositで5000Rカードを切らされた。
その高い保険をかければ、1000Rで良い、とのこと。
よくわからん。
次回は、マジで勉強してみようと思った。
しないんだろーけど、w。

借りたのは、日産TIDA。
しかも、ミッション、w。
d0057029_11213984.jpg




やっと着いたね、南アフリカ、w。

で、
いよいよ、街に出ます。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-05-24 11:27 | 旅行 | Trackback | Comments(8)