文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:旅行( 251 )

2011 11月 マカオ 1日目
11月のマカオ(通称わんわんマカオ)に行くことにした。
この時期ポーカーでは、APPTマカオだ。

私自身、アゴアシコミコミがあるわけではないのだが、
前回ハチマカ2位の航空券の権利を行使して、アシ、だけは、
補助を出していただいている。

いつものようにバスで、成田へ移動だ。
d0057029_15291057.jpg


いつも通り、バスはガラガラで、ターミナルチェックインの前に
横付けしてくれるから、空港内のチェックインまで移動が少なく、
また、気がかりな車特有の到着時間も、
しっかりコントロールされているから、遅れることなどほとんどない。
だからNEXより本数が多く、安く、むしろ早く、便利なのだ。

成田がアジアのハブのデルタはこの夕方の時間、出発が多い。
そのためエコノミーは、長蛇の列だ。

でも、プラチナだからエコノミーだけど、
スッとチェックインして、保安検査場も、プレミアラインで楽々なのだ。
d0057029_15293226.jpg


で、
ラウンジで物色。

最近、充実してきている。
d0057029_15295972.jpg


炒飯等もあったりする。
d0057029_15302364.jpg


でも、味はご愛敬だ。

で、
レッドアイでマッたり、w。

座席は、いつもの非常口席。
d0057029_15304855.jpg


搭乗率は70%位かな。
もちろんインボラ無し、wなし。
もちろんスッチーもいつも通り、やる気無し、wなし。

香港へは定刻より30分早く着く。
この時期の偏西風は気まぐれなのかな。

マカオフェリーまでバス。
$40(片道)。往復なら+$20ですむ。
タクシーだとざっくり$350。
複数人数だと良いのかも。

しかしバスは、お釣りが出ないので要注意。

私は大きいお金を水などをコンビニで買って、
くずしてから乗るようにしている。
d0057029_15311943.jpg



40分ほどで着く。
乗り場のチケット屋で、
定価$185→$160+おまけのミネラルウォーターを買う。
d0057029_15314593.jpg


さらに、表記の時間とは関係なく、
30分早い出発の、直近の便に乗り込む。

大型船だった。
d0057029_15321774.jpg


揺れが少なくて助かる。

ほぼ満席だった。
d0057029_15323385.jpg


今回の宿は、通称コリアンハウス。
韓国人オーナーが所有するマンションの一室を借りるものだ。

前回8マカ
オギサンの所と同じ感じだ。

ホントは再度オギサンの所をお借りしようかと考えたのだが、
予約時期が間近だったことや、オギサンの個室には、常宿の方がすでにおり、
リビングに新設の2段ベッドが空いていた(激安!)のだが、
私もオジサンにつき、そこまではいけない、w。

若ければ、合宿所のノリで楽しいと思うのだけど。

個室は空けてくれるとのお申し出を頂いていたのだけど、
常宿の方を押しのけるガッツもないので、前回6位という縁起もいいから
魅力的だったのだが、今回は失礼させていただいた。

部屋はこんな感じ。
d0057029_15361754.jpg


外は、こんな感じ。
d0057029_1542366.jpg


Wynnが目の前だが、左下の建設工事がやかましい。

到着後、近くのコンビニで安ワインを買い込み、
カックらってから、寝る。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2011-11-23 15:45 | 旅行
マニラに行けなかった!! だけでは無い話
9月の3連休を利用してコパチャン達と
マニラに行くことにしていた。

まずは旅程を組むのに、
マニラから日本へのデルタ特典の残りがあるので、
これを使うか、新たに往復の特典をとるか思案したけど、
最近デルタも特典の安い枠が抑えてきており、
安いマイルで乗れないことがホント、多い。

そこで、国際線のLCC初挑戦!と思い、
羽田-関空(ANA利用)
関空-マニラ(セブパシ利用)
で、往路の旅程を立てた。

ただ乗り換えがちょっとタイトなのだ。

ANA145便関空行きの到着時間は、19:25。
セブパシは19:55迄にチェックインする事ををルールにしているので、
タイトではあるけど、ANAなら遅れないだろうと言う希望的観測を持っていた。

しかし、
今回関空は初体験というのもあり、
一本前の便に振り替えてもらえないか、を期待しつつ
かなり早めの4時間前に羽田に到着しておいた。

まず発着ボードを確認すると、
ANA145便にディレイの表示は出ていなかったが、
まずはチェックインをして、前の便のカウンターへ向かって
交渉してみた。

しかし、前の便は満席で、キャンセル待ちも10人近くいると言われ、
さらにチケット変更するには1万円以上必要、と言われて断念。

仕方ないので、カードラウンジに行ってビール068.gif飲んでからひと寝入りした。
気持ちよく寝れたのだが実は!これが良くなかった。




搭乗の40分ほど前にごそごそと起きて、搭乗ゲートへ向かう。
その道すがら、発着のボードを見ると、そこにはANA145便の
60分ディレイの表示が出ているではないか。

既にこの時17:30を回っている。

慌てて、セブパシの到着状況をネットで見ると、セブパシ自体も
25分ほど到着にディレイしているようだ。

まずはセブパシに連絡して、ANAがディレイしていること、
既にオンラインチェックインをしているとか、
預けの荷物はないなどの事情を話し、セブパシも到着が遅れているでしょ?
と切り返すがLCCらしく、掃除もあんまりないから、定刻出発であるとか、
あまりいい返事をくれない。

このままでは関空20:25着。
セブパシは20:40発。

かなり苦しいわけだ。

LCCは、チケットが安いかわりにほぼ、キャンセルに払い戻しをしてくれない。
なので、セブパシ側から「キャンセルしますか?」と聞かれたけど
この時点では、ディレイの状況も分かっていなかったし
(ANAが間違って早く飛ぶかも知れない、w)
返事したら一部でも返金してくれるか確認したけど「ダメ」とのことなので
返事は保留にして、ANAのカウンターに行って事情を聞いた。

ANA「昨日の台風の影響で遅れております」
オレ「何言ってるの、昨日の夜半には台風は通り過ぎて今朝から快晴や、ないけ~」
ANA「え~っと、台風の影響となっております」
オレ「だったら15:00の段階で既にわかっとるわけや、ないけ~~」
ANA「え~っと、多分台風の影響となっております」
オレ「15:00にわかってたら、伊丹に振り替えもしくは
   新幹線でもギリで間に合うっとるんや、ないけ~~」
ANA「え~っと、多分台風という不可抗力の影響にしておけば、
   補償問題が回避できるので、台風の影響にしているんだと、なっております」

と色々やりとりをしているところへ、
綺麗なキャリアウーマンと目が合う。


(お、美しい方やナ~~)


と思ったら、おもむろに彼女が近づいてきて、


053.gif「BBさ~~ん」053.gif


と、手を振りながら、愛らしくオレを呼ぶではないか!!





オレも、
スミにはおけんな




と、思うよね~~~、w。








思わずハグしそうになってしまった、
この美形キャリアウーマンは
なんと、

ヨリチャンだった

、のだ。



ヨリチャン「BBさん、どうしたんですか?」
オレ「カクカクシカジカで、交渉中なんよ~~。でヨリチャンは?」
ヨリチャン「これから仕事で大阪です」
オレ「は?3連休やんか」
ヨリチャン「ええ、おとといまでコペンハーゲンでお仕事、今日から大阪です」
オレ「さすが才色兼備の方は違いまんなぁ~。そんなん働いておったら
  そのうちいかれるで。それよりオレとデートしよ!」

とまぁ、こんな会話をして、どさくさ紛れに
ヨリチャンの携帯番号ゲットしてw、
彼女は別便の伊丹行きに搭乗していった。


で、
その後ANAと交渉している最中に、さらに40分ディレイ決定。
合計100分ディレイが決まった、wなし。

これで完全に、セブパシには乗れないな。

追加の40分ディレイが決まったとき、
ANAから1,000円分の食事券が出るとアナウンスがあった。

カウンター前にはそれを聞きつけた多くの人が来たが、
クーポンなどを渡すのではなく、
保安検査場で渡されるレシートがそれ代わりになるので、
それを行った先で提示してくれとのこと。

しかし、搭乗券はあってもレシートを無くした人や、
もう既に1回目のアナウンスで食べちゃった人には、
保証しないと対応していた。

しかし驚きだったのは、ANA職員の腰の低さだった。
「スイマセン、スイマセン」を繰り返し平身低頭で対応する。
それでも引っ込まない人には、土下座しそうな勢いだった。

その他にも色々なクレームに対応しているが全て、平身低頭だ。

お客の中には
「オレは22:00までに和歌山に行かなければならない。21:00の
和歌山行きのバスに乗りたいから、そのバスを俺が乗るまで停めておけ。
とか言っているのもいる、w。
これにはウケたけど。
じゃ、オレのマニラ行きも、停めといて欲しいわ、w。

で、結局出発時間になり、搭乗はせずにそのまま職員と話し合い、
ANA航空券全額返金+足代+食事代をもらって、空港をあとにしたのだ。

帰り道、ゴンチにメールして、小杉で
オレの愚痴を聞いてもらう飲み会開催、w。

結局おれは、マニラに行けなかったわけだ。


ここでの損失は、
・セブパシ航空券代
・マニラ宿泊費
ま、ここまでは旅行を組んだときには、ある意味想定内だった。

しかし
マジで痛いのは、帰路のデルタ特典航空券のマイル破棄だ。

8/27の私の記事にしたけど、こんなに早く
自分自身がこの犠牲になるとは思わなかった。

そもそも
この72時間ルール、
って、おかしいだろ。


マイルを渡したお客というのは、
既に金を払って乗ってくれた健全なお客なのであって、
72時間ルールで空いた席でトクするのはデルタ航空自身じゃないか。

72時間ルールというのは、
お金を既に払ってくれた健全なロイヤリティーの高いお客を、
ないがしろにする行為、そのものだろ。

つまりだ、
既に支払い済みの健全なロイヤリティーの高いお客を泣かせて、
事業者である自分がトクすると言うことを、平気でやるわけだ。

ここにWIN-WINの関係は存在しない。

むしろ、だ
72時間前までにキャンセルしてくれるなら、
自分は商売のチャンスが増えるわけだから、
お客に500マイル出すくらいでも良いのではないのか、つーの。
(ま、そんなコトしたら繰り返しキャンセルして
稼ごうとする馬鹿が出るんだろうけど、w
年間通してノーキャンセルの客には、500マイルでも良いかもね)

ま、
和歌山バス便のクレームを付けるモンスターなお客を
日頃から対応しているとはいえ、今回のディレイでの
ANAの職員の対応を見ても、デルタ航空の職員とは
基本姿勢が違うのを、感じたな。

まぁ、
経営陣が72時間ルールなんてぇのを、
平気で作るんだから、デルタ航空の質も、こんなで仕方ないのか。

ま、
デルタ航空は安いから、というのは有るんだけど、
どうなんだろう、ネェ。
最近安くないこと、多いし。
例えばアジア路線ね。

ま、
何年にも渡ってプラチナ会員を維持してきた人に
こう言われちゃうなんて、
デルタ航空、解ってないんだろうナァ~~~、wなし。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2011-09-27 12:05 | 旅行
デルタ特典航空券 72時間ルールに改悪
いままで特典旅行券は、直前まで変更できるので、
予定の見えない旅行をするときに、大変重宝していた。

例えば今回のマニラなどでも、
サテライトに通過できたら特典の予約を変更して延泊、
通過できなければ予約通りに即帰国、
と言ったような旅程に、フレキシブルに対応できて、
大変有り難いものだった。

ところが!!
旅行中の8月12日に突然このようなお知らせが来た。

d0057029_11275732.jpg


72時間以上前に変更の連絡がない場合は、
マイルを全て捨てなければならなくなってしまうのである。
しかも変更適用日が8月15日であると。

メチャクチャ、タイミング悪し、wなし。


マニラの乗り込みが8月16日。
サテライトが8月17日から毎日。
サテライトが獲れなかったら、即帰国の特典手配していたのが8月20日。
サテライトが獲れれば、8月の24日に変更しようと思っていた矢先だった。

なので、
仕方なくサテライトは出場せずに、(サテキンなのに!w)
8月20日に帰国となった。


デルタが満席率を上げたい気持ちは分かる。
しかし、72時間ルールを適用するとなれば、
せっかく貯めて得た特典航空券(マイル)を
全て捨てなければならない(変更不可になる)
というのは、いささか酷すぎないか。

満席率を上げたいというデルタ側の思いも、
どうしても予定が変わってしまって、
72時間以内の変更が出来ない人がいれば、
その席は結局空席のままになるわけだ。

その上、その変更したい人は大変損した気になり、
デルタへの忠誠心が薄れるだろ。
何のためのマイレージなんだ!と言いたい。


繰り返しになるけど、
間際になって空席を作ってしまったペナルティを、
せっかく貯めたマイル全額で負うのは、
顧客に対して余りに酷いと思う。



例えば・・・・
ライバルのユナイテッド航空では、

変更の場合
出発の21日前までの変更であれば無料
出発の20日前からは、以下の手数料がかかります。
無料          :1K会員、グローバルサービス会員
25 アメリカドル   :プレミアエグゼクティブ会員
50 アメリカドル   :プレミア会員
75 アメリカドル   :一般会員

キャンセルの場合
無料           :1K、グローバルサービス会員
100 アメリカドル   :プレミアエグゼクティブ会員
125 アメリカドル   :プレミア会員
150 アメリカドル   :一般会員

第一区間の出発前に限ります。第一区間出発後、残りの区間分のマイル返却は不可。
キャンセルした場合、全てのマイルが戻ります。


となっており、規定時間は21日と早いけど
マイルを戻さない、なんて事は、さすがにしない。

私みたいな上級会員を目指して、
毎年乗っているマイラーからすると
今回の変更はかなり痛い。


やっぱ、

そろそろなのかナァ~~。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2011-08-27 11:31 | 旅行
8マカ 8~12日目
さて、
今回のポーカー遠征中で
もっとも参加人数が多い(賞金額が大きい)
Red Dragon(以下、RD)のDay1Aに出ました。

知り合いの日本人も、ちらほら居ます。

チップが少し増えで途中、87Cで、スチール敢行。

BBからリスチが来るがコール。

フロップAJ5 の、私のフラドロ付き。
私レイズに、相手リレイズ。私コール。

ターンで6cでフラッシュ完成。

私ポットベットに、相手オールイン。
私コール。
相手まんまの、AJ。しかもcなし。

が、

リバーで無情にも、A。w、なし。

何とか持ち直しを計るも、
ラウンド8くらいで、飛んでしまい、
初日で終了。 ショボーン。

その後やっぱりいたるゲームをやり尽くすが、
負のオーラ満載で、APKで取った賞金は激減。

bayさんの
「bayラインストラテジー」で、
少し助けられたけど、焼け石に水、w。

皆が帰る月曜日の早朝、飛行機の関係で、
皆が帰るたびに、バカラのホットロールが出て、
かなり勝ったけど、しょせん失った額の1/3くらい、w。

結局マカオで賞金がなかったら、えらい火の車になるところでした。

で、
月曜日夜に、マカオから直接マニラに向けセブパシ乗ったら、
ナント!!

さいゆうきさん(旧、テニアン大好きさん)に会う、w。

APTの話をしたら出たいという。
ヘッズアップトナメで会うことになった。

マニラは初日パビリオン、次からヘリテージ宿泊です。
よろしくでーす!!




<タクシー話 マカオ編>
毎度の事ながら、タクシーについて。

マカオも発展とともに、メータータクシーのみがほとんどになって、
値段交渉なんて、最近トンとお目にかかってなかったけど、
実はまだ、
しかも驚くべき所に生き残っていた。

そこは、
「旧リスボアホテルフロント下の正面玄関」でだ。

マカオに移動する日、HAKU君と晩飯喰って、
預けていた荷物を受け取り、空港へ向かう。

リスボアで外に出てそこにいた、
若いドアマン(こいつが問題か?)に、タクシーをお願いする。

すると
目の前にいたタクシーのおっちゃんに声をかけてくれた。
車外で他数人でたむろしいたそのおっちゃん、
臆することもなく
「空港まで、100HKD」と、言ってきた。

なんか、久しぶりに会う珍獣を見る思いがしたが、
メーターなら多分30HKD面倒だし、早く行きたかったから
オーケーして、乗り込んだ。

ま、
今振り返れば若いドアマン、
彼らに呑み込まれているのか、袖の下なのかは解らないけど
今のマカオの発展具合から見れば
いつか巻き添えを食って、痛い目にあうことになるだろ。



<タクシー マニラ編>
マニラに到着すると、第3ターミナル。
新しく綺麗だ。駐機場の隣はANAだった。

外に出て、値段は高いけど
昔から信用できる白い料金固定制のワゴンタクシーと
最近で来た黄色い、安い(といっても市内よりは高いけど)タクシーのうち
黄色いタクシーを最近は選んでいる。

で、
乗り込み初日の宿、
パビリオンホテル(古くから有る有名なカジノ併設ホテル)
の行き先に告げた。

運転手は移動中に、「マニラは初めてか?」とか「前回はいつ来たの?」とか
聞かれたのでオレも、「カジノはやるのか?」とか聞くと
「やるけど勝てない」とか、
ま、普通に会話していたのが、実はくせ者だった。

マラテあたりで、「パビリオンホテルを知らないか?」などと、突然
道ばたの人に聞き始めた。
「どしたの?」と聞くと、「パビリオンホテルを知らない」との賜るではないか。

さっきはカジノはヤルといっていたくせに、
市内に数カ所しかないカジノを、
知らない訳無いはずなのにだ。

仕方ないので、オレが道案内。
着いたら運転手
「あー、ここがパビリオンホテルですか~~」
w、なし。

まぁね、
黄色いタクシーにもこんな奴が出てきたのかと、
やっぱマニラはマニラなんだと、改めて感じました。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2011-08-16 14:14 | 旅行
8マカ 1日目
成田空港18:50発の香港行きにのるべく、
急いで仕事を終わらせ、荷物をとるのと、着替えで、
家路を急いだ。

家の前にタクシーを待たせ、
急いで着替えて再度タクシーに乗り込む。

思いの外、順調にここまでことが運び、
予定していた成田EXに乗らなくとも、
在来線で、間に合いそうだ。

在来線ならグリーン車を使ってもまだ、成田EXよりやすい。

成田に行くまでの間、ツイッターで遊んで、
出発一時間ちょっと前に到着し、チェックイン。
なんと、エコノミー満席で、特典だったけど
ビジネスクラスにアップグレード。
幸先良いね~。

この日は夏休みもあってかチェックインも混んでいたけど、
出国前のセキュリティーも混んでいた。
しかし、20分はかかろうかという長蛇の列を、ショートカット。
d0057029_1692726.jpg


ラクチンです。

パスポートコントロール後、
まいけるをゲート前で捕獲してラウンジにチョットだけよる。
d0057029_1695528.jpg


15分ほど滞在して、搭乗口に向かう。

フルフラット機材で。
d0057029_1610185.jpg


飯は、、、ノーコメントで。
映画を2本ほど鑑賞。

空港から上環までまいけるとタクシー。
安いフェリーチケット($20安い)をゲットして、
01:00にマカオ着。

8/4-11まで、
ogisanマンションにおじゃますることになっている。

ogisanは、現在マカオにいらっしゃらなく、かわりに
太一くんとスターワールドで待ち合わせして、案内してくれた。

入り口。
d0057029_161176.jpg


お部屋。
d0057029_16112616.jpg


リビング。
d0057029_16114266.jpg


景色。
d0057029_1612024.jpg



なかなか、快適です。
プールあります。

遅くまで太一君と話をして、この日は就寝しました。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2011-08-05 16:13 | 旅行
8マカ 出発前夜(準備編)
8マカ(8月マカオの意)に、明日から出発する。

もともとこの8月はずいぶん前から、マニラに行くことが決まっていて
エアーの手配も済ませていた。
プラス、マニラ発券でマイル修行も計画していた。

ところが、
この8月は1週目にAPK、2週目にRed Dragon(以下RD)と、
アジアのメジャーポーカー大会がマカオで開催されることになった。

そこで、
マニラに一緒に行くコパちゃんらとは、
「誰かがどっかのサテライトを取ったら、全員マカオに変更しよう」
と話し合って決めていたのだ。

すると、
6月12日のWingサン主催のサテライトで、私が
あっさりAPKまたはRDの権利ゲットしてしまった。
そこで急遽、全員がマカオにエアーを取り直しすることになったのだ。

結構な人数でいつも行くので、JALの航空券もその前後の日付で
われわれが買ったら、ついには安いのがなくなってしまったほど、w。

その後、
俺も相変わらずのサテキンブリを発揮して、w
(サテキン=サテライトキングの意)

月ナビでも優勝して2本目の権利獲得。

次に7月24日のギルド(Wingサン主催)でも、
権利獲得してしまい、
合計3本の権利を取ることが出来た。

月ナビは、有効期間1年間なので次回以降のマカオシリーズに回すとして、
Wingサンの2本を利用して、APKとRDを2週連続して挑戦することにした。

が、
8月は本来、マイル修行に当てる月。
そこにコパちゃんから「もういい加減、DLは卒業しても・・・・」と
アドバイスをもらい、一考してみた。

これだけポーカー漬けになるならいっそのこと
第3週にはAPTのマニラ大会も開催されるので、
自腹にはなるが、これのヘッヅアップトナメと、現地サテライトに
参加し、マイル修行は見送ることに決めた。

<余談>
これによって、来年からDLの上級会員は維持が難しい見通しになる。
年内はまだDL主体で乗るので、これからDLに乗るときに
相当個人的にサービスが良くなれば、来年DL継続を考えてもいいかな、w。


ま、
そんな個人的にサービスをあげてくれることなんて、
無いんだろうけど、w。



で、
話を旅程に戻すと、

8/ 4 香港経由マカオ
8/15 マカオ発マニラ
8/20 マニラ発成田、帰国

16泊17日と、長旅になる、w。
しかも、マニラで現地サテに通ったら、さらに延泊予定、w。

俺、サテキンだし、現地サテ通ったら、ウケるな、w。

で、
本日パッキンも終了したので、
帽子にワッペンをつけた。

d0057029_0455852.jpg


ど?
カッコいいでしょ?

バンジーにかぶらせてみた、w。

d0057029_046189.jpg



このワッペン、実は
アヤチャン(タキザワの奥さん)のお手製。

俺の知っている限り、
RDのバカラサテ(小額でバカラに2連勝してバイイン代を稼ぐ、負けたら即撤退)を
一発で通過したのは彼女しかいなく、
2連勝目したカードも、もちろん自分で絞り、
見事ナチュラル9、しかもA8(アヤ)で勝ちきった。

勿論ポーカーも強い。
私が月ナビ優勝したときには、最後3人まで残られ、
苦戦した記憶が強い。
このように、カードゲームにおいては、かなりの豪腕の持ち主。

このバカラサテを通過したときにのマカオ滞在中、俺は、
ストーカーのように彼女の後ろをついて廻り、w
彼女がバカラでベットするときには必ず乗って、大勝させていただいた。

アヤチャンは今回、残念ながら8マカ、参加されないのですが、
このワッペンつけて、彼女の分までがんばってきます!!

つことで、
この旅行は出来るだけオンタイムで、記事にしていきたいと思ってます。

よろしくです~~~!!
[PR]

by BBSTAR2005 | 2011-08-04 00:48 | 旅行
スカイチームの行方
私は世界3大航空ネットワークのひとつ、
スカチームメンバーのデルタ航空でプラチナ会員なので、
スカイチームの行方が気になります。

先日の6月21日に、中国東方航空加盟の発表がありました。

見出しも

中国東方航空がスカイチームに加盟
子会社の上海航空も加盟航空会社に加わり、
スカイチームの大中華圏へのネットワークは他の追随を許さないものに

と、気合い充分です。


私は、マカオによく行く可能性があるので、
特に上海航空加盟は、私にとって朗報です。
(経由便にはなりますが)

で、
上海航空の日本語ホームページを見てみます。


かなり、違和感有りますよネ~~、w。



そそ、

トップページには、
スターアライアンス塗装の機体が、いまだに

ド~~ン!


d0057029_11593769.jpg




ウケますね~、w。

さすが、
スカイチームに加盟しようとするだけのことは、ある、w。

スカイチームに加盟しても、
未だにスターアライアンスの宣伝を
ホームページのトップでおこなうなんて・・・・、w。


開いた口がふさがらん・・・・、w。




まぁね、
上海航空も忙しいんだろ・・・・、
とアマ~い目で見ていましたが、実は、


スターアライアンスを、去年の10月末日をもって脱退済みで
スカイチームにおいても去年の11月1日に加入の
プレス発表
をしてあったんで、時間はあったはずなのにが、
このザマです、ww。


まだまだ、ツッコミドコロはあって、
マイレージの詳細ページを見ても未だに、スタアラ仕様だし、w
d0057029_1201342.jpg


englishページをクリックすると、リンク切れだし。
d0057029_1204012.jpg


情報化社会なのに、雑なんだよなぁ。

スカイチーム本部も、どんなアドバイスしてるんやろ?

一事が万事、と想像され、
定時運行にこだわりがないのでは、とか
安全運行という基本的なところまで抜けはしないかと、
客を疑心暗鬼にさせはしないだろうか?といった発想は、
出来ないんだろうナァ・・・、w。

ま、
乗らなきゃ良いんですけど!


と言う結論に落ち着くのは、
スカイチーム会員としては、
あまりにも痛すぎます、wなし。



さて、
スカイチームの方にに話を戻すと、
UAとの合併によりコンチネンタル航空の脱退はあったものの
2007年に中国南方航空の加盟に始まり、
去年のヴェトナム航空、今年の東方航空加盟と
アジアの加盟が続いているのは嬉しいことです。

さらに今後発表があるだけでも、
・チャイナ エアライン
・ガルーダ・インドネシア航空(大丈夫かよ)
・ミドル・イースト航空
・サウジアラビア航空
と、アジア勢の加盟が続きます。

その他の地域を見ると
アルゼンチン航空
タロム航空(加盟済み)
も加盟してきます。

ただマイラーとしては、
利用について幅が広がるのは嬉しいことですが
マイル獲得について、もかなり気になります。


デルタ航空のホームページから、
最近加盟してきた航空会社順に見てみます。

まず、2007年加盟の中国南方航空について、
d0057029_121263.jpg


まず気になるのは、対象外クラスが異様に多いことです。
さらに獲得マイルが40%のクラスがある、ということ。
大抵のクラスで獲得マイルが100%つくのが、
スカイチーム良いところだったのに、これには驚きでした。


次に去年加盟した、ヴェトナム航空を見てみます。
d0057029_1212984.jpg


最低獲得マイルが上がってはいますが、
やはり対象外ブッキングクラスは多いですね。

さらにショッキングなのは、
メダリオン ボーナスマイルが全てのクラスで、
対象外、とされていることです。


メダリオン ボーナスマイルとは、上級会員に付くボーナスマイルで
ダイヤモンド - 125%;プラチナ/ゴールド - 100%;シルバー - 25%
と、通常マイルにプラスして付くものです。


かなり痛いですね。


このメダリオン ボーナスマイルを対象外とした航空会社は、
スカイチームメンバーの中では、このヴェトナム航空が
はじめてのことです。


では、
今回の中国東方航空を見てみます。
d0057029_1223567.jpg


50%マイルのクラスがある上に、
メダリオン ボーナスマイルは、全て対象外になっています。

これでは、
メダリオン ボーナスマイル対象外の航空会社には、
有償では、乗りたくないですね。



そもそもマイレージ制度は、航空会社の顧客囲い込みの一環として、
発展してきました。
しかも、それが経営の重石になることは覚悟の上で、
各アライアンス同士がしのぎを削ってきたわけです。

ただここへ来て、
LCCと呼ばれる違う価値観を持つ格安航空会社が現れ
そもそもハイリスクな事業と思われているところに、
安売りの攻勢をかけられ、既存のアライアンス加盟の航空会社が
苦しい立場になりそうなこと(なっていること)は、想像に難くないですね。


なので、
2月に記事にもしましたが

デルタ航空 アジア圏内の特典航空券 改悪・・・・・

再検証  デルタ航空 アジア圏内の特典航空券 改悪・・・・・

続・デルタ航空 アジア圏内の特典航空券 改悪・・・・・


その防御策として、こんな改悪が出てくると思うのです。


これは今後もどんどん改悪されるのかと思っていたのですが、



もしかしたら・・・・・・、



実は違うのかも知れませんね。

アライアンス本部と、加盟する航空会社の思惑を考えると、




アライアンス本部としては、加盟航空会社を増やしたい。
 ↓
航空会社は、アライアンスに加盟したいのはヤマヤマだけど
競争のために運賃を下げないとならないのに
マイレージ負担まで出来ない。
 ↓
ならば、
最低獲得マイルを下げさせ、さらに
(メダリオン)ボーナスマイルを対象外にすることで、
マイル付与の負担を軽減させる。


この流れで、
いままで、どこのアライアンスにも加盟しなかった、
というより加盟できなかった航空会社に対して、
加盟のハードルを下げた、ことによって
(もしかしたら加盟料やランニングコストも、下げているのかも知れない)
スカイチームに、続々と加盟航空会社が増えてきているのかもしれないよな。


では他のアライアンスに目を向けてみると、
マレーシア航空、ワンワールド入りを発表-2012年後半に

といった報道もある。

マレーシア航空などは、スカイチームに入る有力候補かと思っていたけど、
最近の高級路線を標榜している姿を見たり、
これだけ(貧乏、失礼w)アジア勢の加盟が続いているスカイチームに
紛れ込むのは得策でないと、判断したからなのであろうか。


いままで、

キチンとマイレージを付与するアライアンスから始まり
それに対抗する、LCCが割って入った構図が出来ていたけど、
スカイチームは生き残りを賭けて、そのちょうど、
中間辺りで生きていこうとする政策
転換しようとしているのかも知れないな。
(マイレージは与えるけど、他アライアンスほどはマイルを出さないことで
マイレージによる顧客囲い込みの継続と同時に、
航空会社のマイレージ負担の軽減させる)


ということは、私にとって
今後加盟してくる航空会社は、デルタ航空の
メダリオンボーナスマイル対象外である可能性は高く、
勿論獲得マイル数の足切りは、想定しておかなければならないな。

下手すると、既存の加盟会社からも不平が出て
改悪されていく方向も充分あり得るだろ。
もしかすると、デルタ航空そのものですら、
ボーナスマイルを辞めるかも知れないよな。

ああ~、
スカイチームの加盟会社が多くなるのも、
単純に喜ばしい事態、といった側面だけでもなくなりそうだな。



さてさて、自分にとって何がお得なのか、
よく考えてみるか。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2011-06-28 12:11 | 旅行
続・デルタ航空 アジア圏内の特典航空券 改悪・・・・・
さて、
日本の行政をも動かしかねない、今回のデルタの改悪ですが、
(もしかして、動いた、の?)
慌てて特典のアワードチャートを発表しましたね。

もちろん、全くアナウンスなんてありませんが。

なので、日本語ページから英語ページに飛びます、w。


さて、
肝心な内容ですが、
やはりかなりの抗議があったのか、一部緩やかになりました。

やっぱり、エリア分けをしているようです。

北アジア:日本・韓国・中国(香港含む)・台湾・グアム・サイパン・フィリピン
中アジア:アフガン・バングラディッシュ・インド・ネパール・モルジブ・スリランカ
南アジア:ブルネイ・カンボジア・マカオ・マレーシア・シンガポール・タイ・ベトナム
南太平洋:オーストラリア・ニュージーランド・サモア・ニューカレドニア


それと北アジアの中でもさらに細かく
日本-韓国、韓国国内、中国国内は3種類に分けている。

ここでは、日本発着で以下で表にしまた。
 ↓↓ (クリックすると大きくなります) ↓↓

d0057029_1294535.jpg


前回の変更から、主な改善部分は
・フィリピン・グアム・サイパンが北アジアに属したこと。
・韓国便が下がったこと。
・北アジア内の通常期ビジネスが、少し下がったこと。

でも、どれもまだ、高いんですけど。


ナメてんな。(怒)


そして依然、南アジアは激高。
シンガポールとかタイとか、行けねーじゃん。
海外発券を、締め出す気か。
そーか、そーなのか?


まぁ、
普通の感覚なら、どうせ東南アジアはLCCに喰われるんだから、
アジアを南北に分ける必要、全くないのに。


デルタの失策だけど、
例えば、だ。

日本にはまだほとんど、LCCが就航していないでしょ。
なので、東南アジアの遠距離を乗るマイラーなお客は、
仕事以外のバカンスとかで使いたいマイルほしさに、
今まではあえてデルタを選んでいたわけだ。
(前回も書いたけど、マイラーは近距離でマイル消費したいから)

でも近距離なんて、ある意味稼げるマイル数なんて知れてっから、
ホントは、他のキャリアでも良いんだけど、今までの流れとか、
マイルが良かったデルタを利用している客も多いと思うのね。
(マイルが客を惹き付けていた、成功例だよね)

ところが、この改悪によって、
こんな近距離(アジア圏内)での特典マイルが悪い
(サービスの悪い)会社なんだな、と感じれば、
デルタにはもう乗らず、にだ、
最寄りの都市からLCC使って、アジアのハブといわれる、
香港・バンコク・シンガポール・ソウルなどに行って
もっとも自分にとって条件の良い、或いはサービスの良いキャリアを選ぼう、
という思考を、開花させることになるよね。
だって、彼らにとっては東京にストップオーバーする義務も
メリットも無いし。
LCCに乗ってマイルはつかなくても、金額はバス並だし、w。

もちろん、
他のメガキャリアさん達だって、このデルタの改悪は、
今までデルタに獲られていたお客を、デルタから引き剥がす、
大チャンスなワケで、どんどん、その辺りを突いてくるだろ。

つまり、だ、
東南アジアの、デルタにとってそれこそ美味しい、
アメリカに来てくれるLCC利用なんて考えていなかった、
つまり言い方変えれば、今まで眠っていた顧客に、
LCC利用の思考回路をわざわざオノレの手で開花させて、
さらには、ライバルに、そのチャンスカードを与えたことになるだろ。これは。
(ま、LCCではなくても良いんだけど)

もちろん、
ハブである日本人顧客らもが、そっぽ向く可能性、大だろ。
だって日本人、もともと航空券安くせに、アジア諸国から見れば金持ちだモン、w。
おまけに東南アジア大好きなのに、かなり乗らないと特典じゃ行けなくなるし、w。
それならチケットはチョッチ高いかも知れないけど、特典必要マイルが安く
母国語の使える自国のキャリア、選ぶでしょ。


デルタ、アホちゃうか。


つか、
こんなことやる前に、
プラチナの俺様のところに聞きに来い、チューの、ww。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2011-02-26 12:19 | 旅行
再検証  デルタ航空 アジア圏内の特典航空券 改悪・・・・・
前回ブログにアップした、
デルタ航空 アジア圏内の特典航空券 改悪・・・・・


マイル無期限に変更、の通知の裏側に隠されていたモノ・・・・・。



まぁ、私にしては、w
少し柔らかめに書いてみたのですが、
実はハラワタはグツグツ、していました、w。

ここ数日、ポーカーでお会いする人で、海外によく行く方とは、
この話題で持ちきりだった。
やっぱり、マイルの関心は高いんだと実感。

私は個人的に、ノースとデルタの合併以降、デルタは様々な前向きな施策を
打って出ている印象があり、私の中では結構、信頼残高が上がってきていただけに、
今回のアジア圏特典改悪ねらい撃ちのは、本当に残念なことでした。


今回の改悪を私も、
もう少し検討が必要だと思っています。

マイラーの基本戦術は、長距離を有償で乗って短距離を特典で、
というものですよね。(国際線メインなら)
でも短距離の必要マイル数が高いと、やる気を失いますよね。
すると他の航空会社に移籍するなりして、自分のマイルをプロテクトしたくなります。

逆に航空会社にしたら、短距離が売り上げや距離単価が稼げる路線なわけで、
そこを安い特典に獲られたらたまらん、という思いも
判らないではないですが・・・・。

でもな、
その短距離はこれから、LCCに圧されていくわけだし。

マイラーは、チェックイン、ラウンジ、などのサービスや、
席の位置取り、特典の取り易さ、必要マイル数の安さ、機内でのサービス、
座席、飛んでいる路線数、有償チケットの安さ、上級会員へのハードルの高さ、
などなど、人によって重点は違うと思いますが、やはり稼いだマイルを
何に活かすかというのは、最大の楽しみだと思うのです。

今回の改悪は、特にミドルマイラーにとってみると大打撃で、
やはり、消化したい近距離で、無告知でのこの値上げは、
デルタへのロイヤリティーが、薄れますね。


日本をハブにしているくせに、
こんなコトするなんて。(怒)


どうも最近のデルタは、欧州方面に力入れてるようで、
例えば、機材も、最新はどんどん欧州路線につぎ込むし、
便名も、若い便名は全部向こう側だし、ホームページは相変わらず
使いづらいし。必要なことは乗ってないし。

まぁ、デルタが元に戻すことなど無いでしょうから、
他社のもよく検討しないと行けませんね。


つーかさ、
デルタも特典の必要マイル数のチャート表を
発表しろよ!
今は、アメリカ発着のチャートしか出していなし。
これ、公取とかで問題にならんのかね。




そこで、
チャート表をデルタが出さないから、


いきなりですが、


他社との比較、w。

↓↓画像をクリックすると、大きくしてみることが出来ます↓↓


d0057029_1255382.jpg


実は私は、昔、キャセイでマイラーデビューしました。
ま、
ほぼ毎月マカオに行ってたので、w。

でも、特典の必要マイル数に音をあげて、
ノース(現デルタ)に移籍しました。

比べてみるとやはりキャセイは、未だに高いですね。

目を引くのは、全日空。

でも、実はデルタと同じように、ピーク時まで
3段階で必要マイル数を設定しています。

で、
それを出してみました。

↓↓画像をクリックすると、大きくしてみることが出来ます↓↓

d0057029_1262782.jpg



それでも全日空、
必要マイル数が、安いですね。

つか
デルタ、やりすぎだろ!

私も一時期、全日空でマイルを貯めたこともあったのですが
有償チケットが高いこと、国内の特典旅行が取れないこと、マイル期限がある、
マイルが70%しか付かないこと、海外の路線数が少ない、などで
断念していました。

ただ、
年間75,000マイル(地球3周分w)も乗らないと上級会員を維持できないデルタと、
年間50,000マイルでSFCになれる全日空を比べると、
路線数が増えてきたこと(マニラ線が出来た!)などを考慮すると、
再度挑戦しても良いかな、などという思いも、頭をよぎりますなぁ。

もう少し検討は必要ですが、おそらく今年一年はすでに始まっているので
アジアのデルタマイラー(特に日本人)たちが、
今年すぐに移籍するかどうか判りませんが、来年はどうなるでしょうか・・・・。


P.S.
で、
ゴールド(年間50,000マイル)は、
2011年3 月01日からスカイチーム・エリートプラス特典が
使える様に変わったので、(ラウンジが利用できるなど)
ゴールド止まりも視野に入りますね。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2011-02-21 12:10 | 旅行
デルタ航空 アジア圏内の特典航空券 改悪・・・・・
月末のレッドドラゴンのチケットを、
次の大会へ振り返るべく、
特典航空券のカレンダーを見ると
最安の席が空いており、
とってもラッキーな気分に。053.gif053.gif

ところが、いつもと違うマイル数がPCに表示された。

一旦キャンセルして、再度PCで獲るのも面倒なので、
コールセンターに連絡して、「変更」出来ないか、確認した。

BBSTAR003.gif「ども~、月末の特典航空券、振り替えてくれる?」

コールセンターのオネエちゃん010.gif
     「BBSTAR先生、かしこまりました。ただ・・・・・・」

BBSTAR013.gif「ただ?」

コールセンターのオネエちゃん008.gif
     「BBSTAR先生、少しマイル数が変わります・・・・・」

BBSTAR015.gif「何それ?」

コールセンターのオネエちゃん008.gif
     「BBSTAR先生、実は大変申し上げにくいのですが
     昨日より特典航空券の必要マイル数が変更になりました・・・・・・」

BBSTAR002.gif「昨日から・・・・?
                なんつー間の悪いタイミング・・・・・」

コールセンターのオネエちゃん046.gif
     「でもBBSTAR先生、香港はまだいい方ですよ。
      グアム/サイパン/バンコク/シンガポールは、悲惨ですよ・・・・、wなし」



で、
どうやらアジアを南北にエリア分けするよう、だな。


変更後の必要マイル数はこちら ↓

d0057029_181938.jpg




まぁ、
今回、俺はギリギリ5000マイル増加の被害で済んだからまだ良いけど、
南アジアは最悪の改悪だな。

間違わないで下さいね。
コレ、片道分ですから。

旅行にはコレの、2倍
マイル数が必要になりますから、完全wなし。



デルタも、ボーナスマイルを、バンバン出すかわりに
この手を打ってきたか。
俺みたいなマイラーには、かなりイタイな。


現状は、アジア圏内の改悪に止まっているけど、
以後は、他地域も改悪する可能性大だな、コリャ。


デルタの特典で
旅の検討されている方は、どうぞ早めに!!
[PR]

by BBSTAR2005 | 2011-02-17 18:18 | 旅行