もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:サッカー( 143 )

2017 6月 ロシアコンフェデ 1日目 03
で、空港内のレンタカー屋に行く。

ところが受付カウンターに人がいない。
ここが問題のスタートだった。

隣のカウンターの人が電話で呼んでくれて、
10分後にようやく係員の二人が来た。

自分の予約のことを話すと、予約した車はもうない、
もっと安い車しかない、というではないか!

それでは話が違う、とまずはここでひと悶着。
でもこちらもミスをしていたのがあった。
到着時間を出発時間と間違えて入力していたのだ。

しかしいくら揉めても、予約した車がないなら仕方ない、
安いのでいいから前払いした分との差額を返せ、と悶着その2.

ところが係員二人は、代理店経由なので(楽天経由、レンタルカーズドットコム経由)
お金のことはわからない、というばかりで、どうしようもない、と。
やはり旅は代理店を通すと、問題が起きた時、面倒だ。

じゃ安いのでいいから、値段をまけろと悶着その3。
でも2と同じ理由で埒があかない。

結局こちらが帰国後、楽天に連絡することで折れて、安いのに決まった。

ところがっ!

係員が「どこまで行くの?」というのでカザンそのほか、沢山都市を回って
計算上では4000km走るんだ、とこちらは楽しそうに話しているのに、
なぜか、向こうの表情が曇る。

聞いてみると、このレンタカー会社は
1日250km制限がある、というのだ。
10日間だと2500kmしかだめだ、と。

なぬーーーっ!

ここで、悶着4。

で、超過したら超過量を清算する、と。
1kmで20rb(約40円)

計算上の4000kmでも、
1500km X40円 =60,000円
10%増しで、66,000円。
20%増しで、72,000円になる。

もとに払った金額にこれを足したら、ベンツが借りられるじゃんw。

隣のハーツやエイビスに聞くと距離制限はない、と。
やっぱ、こういう安いローカル会社には罠が多めなのを、思い知った。

で、いろいろもめた結果、向こうの提案が出てきた。

安い車の一日料金は1500rb(3000円)だと。
必要な距離を逆算して、その期間を借りることにして、支払いをしてしまえば
早期に返したとしても問題はない、と。

なるほど。。。

計算すると、現行2500kmに計算走行距離の約20%増しだとすると
プラス9日間。(9日間 X3000円 =27000円)
となるが、超過料金に比べれば約半額にはなる。

で、考えた。

今からこの会社のをキャンセルして、
エイビスなどと交渉して、帰国後にこの会社の窓口楽天に返金の交渉をする、
のが面倒になって、この案で手打ちにして、その場で9日間の支払いをした。

で。
借りたのはワーゲンのポロ。

いろいろあったけど、こいつと10日間、共にすることとなった。
d0057029_05045161.jpg



[PR]

by BBSTAR2005 | 2017-06-22 05:11 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2017 6月 ロシアコンフェデ 1日目 02
さてと、ロシアに到着。
d0057029_05045057.jpg

懸案のイミグレへ向かう。
ほんとにFAN IDがビザの代わりになるのか?

自分の順番になり、FAN IDとパスポートを出す。
FAN IDを見て係員は、
あー、ハイハイ、みたいな反応。
これはいけるんだな、って思った。

すると「チケット」って言われる。
コンフェデのチケットもか?
って試合のチケットを出すと「違う」と。

実は航空券の座席チケットを言っているのだ。
これ、機内に捨ててこなくてよかったー。

で、特に何事もなく入国出来た!

空港内。
d0057029_05045149.jpg

まずは両替だ。
空港の両替は率が悪いと思うが、背に腹は代えられない。
イミグレまでに一軒あったが、どう見ても
ゲキ悪レートだったのでスルー。

空港内をざっと見ても銀行らしきのが見えない。
そこで、
タクシー、って呼び込みをしてきたのに
両替どこにあるの?と聞いてみると、
1階奥と2階にあるけど、2階は混んでるよ、と。

1階のレート。
d0057029_05045096.jpg
2階のレート。
d0057029_05045172.jpg

混んでいるのには訳があるのだねw

で、
レンタカー屋に行く前に、SIM屋があったので購入。
d0057029_05045082.jpg

確か5G30日で700rb,
10G30日で1000rbだったので1000出して
アクティブまでやってもらう。

脇には、コンフェデレーションカップ用のブース。
d0057029_05044931.jpg
d0057029_05045169.jpg
チケット発券とかをしてくれるはず。

最後これからの旅の最大のお友達、
レンタカー屋に出向く。

しかしここで、大問題が出てしまう。。。








[PR]

by BBSTAR2005 | 2017-06-20 05:07 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2017 6月 ロシアコンフェデ 1日目 01
さて、長旅の始まり。

10:45成田発モスクワドモジェド空港行きに乗るので、
成田エキスプレスに乗る。
前まではこの朝の電車は結構混んでたけど、
最近安いのが多いからか、かなり空いてる。
まぁ、早くないし高いよね。

今回の旅用にWIFIルーター2つ借りた。
ワイホー https://www.wi-ho.net
ユーロデータ https://www.gmobile.biz/euro/

これ以外に、アップルsimも試してみようかと。
ドコモは9月までのキャンペーン対象に
ロシアが入らないので除外。

ルーターを受け取り、甥っ子と待ち合わせて、両替。
ロシアルーブルは換金率が悪いと踏んだのと、
現地ではドルが両替しやすいとみて、次のベガスもみて、
大きめに替えた。
112円だった。

サクララウンジで
d0057029_15135791.jpg
つまみ、な。
d0057029_15140283.jpg

今回はJALでは初めてのビジネスクラスだ。
ANAに比べても足元が広い気がするし画面も大きい。
d0057029_15163124.jpg
d0057029_15174290.jpg

離陸後、メニューが来る。
ワインはこんな感じ。
d0057029_15251226.jpg

飲み比べてみる。
d0057029_15251271.jpg
ピノタージュとか面白いけど、
品揃えが偏っているかな。
お味もビジネスクラスにしては、イマイチ。
もうちょっと頑張って欲しい。

お食事
d0057029_15251308.jpg

d0057029_15251241.jpg
d0057029_15251291.jpg


ま、普通かな。
デザートチーズ
d0057029_15251316.jpg

今回の機材は787なんだけど、窓が例の電子カーテンなのよね。
寝てたらやはり日差しを感じて目が覚めちゃうのよね。


で、致し方なく映画。
日系は米系に比べて弱い。
米系だと日本公開前のを、
日本語吹き替えとかで見れるんだけどな。

とはいえ、3本観たw

ローガン https://youtu.be/Vuh8n7AbT_o
パッセンジャー https://youtu.be/8b3jJuyyiJA
グレートウォール https://youtu.be/QiSIctdcc5w

到着前の食事。
d0057029_15251253.jpg
いよいよ到着だ。

ビザなし、FFN IDだけで、入国できるのか?







[PR]

by BBSTAR2005 | 2017-06-17 15:31 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2017 6月 ロシアコンフェデ(準備編)

さて、相変わらずさぼりまくっていたブログ更新です。w


<再開のきっかけ>

思い出作りが人生だ!と思っているのに、(いきなり重いw)

いつかその出来事を思い出そうとすると、

どうしても思い出せなかったこととか、あったりする。


でも、

ブログがあると写真付きとかで鮮明に思い出せる、

ということに少し気が付いたんだよね。


なので、大事な思い出づくりの記録として、ブログ更新をしようかと。


それとブログが滞った理由は、書くのに数時間かかること。

旅行先ではそれが大分負担だったのと、旅行が終わってからは億劫に。

なので、手間をあまりかけないようにして、

気負わず、自分のためになるブログにしていきます。

でも、また筆が折れたら、すんませんw



<ロシア遠征のきっかけ>

で、今年6月から来年のサッカーワールドカップを控え、

コンフェデレーションカップがロシアで開かれる。

日本代表は参加しないけど、

未知の地ロシアを一足先に経験(下見?w)すべく、

ロシアに行くことに。


でだ、まず観戦チケットの取得。

ネットであっさり4試合を仕込む。


愛人を連れていくために、もう一枚仕込んでおくw

(ちなみに嫁もこのブログは見てるw

d0057029_09114713.jpg



やっぱりw

愛人にはフラれw仕方ないから、

免許取ったばっかりの大学生の甥っ子をアゴアシで

運転助手として連れていくことにした。




FAN ID取得編>

まずロシアは、前回のブラジル同様、ビザがいる。

報道などでチケットを取った人は、無料でビザが下りるとあった。


FAN IDでロシアビザが免除に 

http://govenue.blogspot.jp/2016/12/fan-id.html

ロシアW杯に必要なサポーターID 

https://jp.rbth.com/arts/sport/2016/12/09/654859



とされていた。




FAN IDってなに?


今回からチケットを取った人だけに発行されるものらしい。

これがないと、試合観戦もできないし、ビザも無料では下りない。

https://www.fan-id.ru/?locale=en


早速、発行するためにトライ。

これが見本の、サンプル。

d0057029_09114974.jpg



住所氏名など、必要事項を埋め込んでいく。

ところが、自分の写真をアップロードするところで苦戦。

何回やっても、顔がはっきりしない、とか、背景がだめだ、とか

で、はじかれる。

やけくそで、上半身が全部写っているのを上げると、なんと成功!


数週間後に送られてきたのを見た。

サンプルと全然違うんだけど、出来てみるとこんな感じ。

d0057029_15005061.jpg
d0057029_15004958.jpg


<ロシアビザ取得編>

さて、実際のビザ申請だ。

このFAN IDで、ビザ無料になるはずなんだが、

実際それで取った人のブログなどは見つけられず、

大使館に電話してみるが、



誰も出ない、、、w

国内の他の領事館にも電話するが出ない、、、w


ようやく一件出たが、どうもロシア人らしく、要領を得ない。

「オカケナオシテクダサーイ」と。

「何時ころなら?」と聞くと、

「ヨジコロニー」と。

電話切って、その領事館の受付時間は16時となっている、w


こら、電話じゃ埒あかないな。

仕方ないから

必要そうなものをそろえて大使館まで行ってみるしかない。


ネットで普通の観光ビザで調べてみると、

結構面倒そうで、旅行社の紹介状が必要とかいるみたい。


こちらはレンタカーで巡る旅なので、そんなものはないw


でも FAN IDがあれば、無料でビザは下りるはず、とたかをくくって、

電子査証申請書(EVA) 

https://visa.kdmid.ru/PetitionChoice.aspx?AspxAutoDetectCookieSupport=1

で、書類を作り、

パスポートやチケットやらホテルの予約書、顔写真などをもって、

いざ大使館に突撃。



6月2日(出発まで2週間w、なめてるww)に、神谷町のロシア大使館に。

朝の開門時間の930分にめがけて行ってみると、すでに人が並んでる。

d0057029_09114932.jpg



受付番号は15番だ。

d0057029_09114865.jpg


しばらくして、自分の番が来るので窓口に。

受付には3人の女性がそれぞれのカウンターの窓口にいるのだが、

やはり全員ロシア人っぽい。やはり少し日本語はあやしいw。


「ショルイヲダシテクダサーイ」

で、パスポート他の一式のを手渡すと、

「ショウカイジョウヲクダサーイ」

「サッカーのコンフェデレーションカップに行くのですが」

と言ってみると、怪訝そうな顔をしたものの、何かひらめいた顔になり、

奥から分厚いバインダーを出してきて、熟読を始めた。


しばらくして、こちらを見て

「ビザハイリマセーン、コノFAN IDガアレバオーケーデスー」

「えっ?マジですか?なんも書類なし?空港ではどうするの」

「コノFAN IDガ、ビザノヤクメヲシマース。

コレダケデダイジョウブ、ハイオシマーイ」


なんと!

FAN IDは、どうやら葵の御紋のようだ。w


「シアイノジュウニチマエ、シアイノジュウニチアトマデ、

イツデモダイジョウブ、ハイオシマーイ」


周りの申請者も、俺の話が聞こえているらしく、

一生懸命に作ってきた書類に比べて、俺のあっさりさに、

なんかすげえひかれてる感じw



後で調べてみるとロシアは飛行機の乗り換えですら、

ビザがいるみたいじゃん。


普通の観光ビザも入出国の飛行機をはじめ泊まるところ、

交通手段とかその日程まで

決まっているみたいで、そんなまるで鎖国されているところ、

能天気な俺と大学生の二人で巡って大丈夫なんだろうか、この国は、w


出発まであと2日。

入国できるのか、道中職質からの連行、とかされないか不安は募る、w


[PR]

by BBSTAR2005 | 2017-06-15 09:27 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2016 ACL 上海第2戦
久しぶりの投稿、よろしくです。

【上海の悲劇】ともいえる、
2016 ACL 上海上港第2戦 
を現地観戦して帰国しました。



試合終了時には、言葉も出ませんでしたね。
あと数分で次に行けたのに、、、。

映像見てわかる通り、失点シーンは
37番の橋本が残っていたため、オフサイドにならなかったためです。

ディフェンダーは、シュートを跳ね返したらすぐにラインを上げる、
という作業はもう、体に張り付いています。
3番森重、5番丸山はCB(センターバック)が本職なので、
失点シーを見てもわかる通り、一つ目のシュートを跳ね返したら即座に
前に出る(ラインを上げている)のがわかると思います。

しかし、
橋本はSB(サイドバック)が本職ではありません。
おそらく最後急造であって疲労のため
このラインを上げる本能的ともいえる作業ができなかったんだと思います。

FC東京は4バックのシステムで、1試合で左右の二人のSBが必要となります。
チーム内には4人の本職のSBいるのですが、うち3人が
けがなどで出られなっかため、右SBが本職の2番徳永を
左に回して、橋本が右SBとして出場となりました。

今までも数回公式戦にSBで出ているのでそつなくこなしたかったですが、
映像でも見るとわかる通り、残念ですが橋本からのピンチが
試合中数多く、そして最後の失点につながったのだ、と思います。

失点の原因はこれですが、問題の根本は違うところにある、
と思ってます。

FC東京を10年以上見ていて今までも良い選手もいて、
更に今の選手層はかなり良いところまで来ているのに
何度も同じようなこと繰り返してる。
それは、

大事な試合で勝てない。

SBで出なければならなかった橋本の不運さはあるものの、
上海戦見てて思ったのはもう、選手の個人能力ではもう、
どうにもならないとこまできてるのではないか、と感じた。

問題の根本は使いふるされているフレーズではあるけど、
チームとしての勝者のメンタリティが足りないだと思う。

それは、そもそもそれを知らない選手に求めても土台無理な話で、
戦略的にチームを成長させられる手腕のある監督やフロントの
仕事なんだと思う。

具体的には、今必要なのはドゥンガみたいな経験やメンタルがあって
それを伝えたり、回りに影響与えられる人か、
それが出来る選手や監督をつれてこれるフロントなんだと思う。
JFKみたいな監督では、ここはブレークスルーさせられない、と思う。

例えば、
試合を通して、橋本の穴の修復をせず放置。
アウェイだしここまで押し込まれることを想定していたのに、
ピンチで、特に後半は高校サッカーのような大きくけりだす「とりあえずクリア」
ばかりを繰り返すのみ、相手に何の脅威も与えられない。

フロントもアカンのは、なんで同じ日本人監督を繰返し起用するんだろ?
原さん熊さんJFKと、どれも2回やらせた。

純血主義も結構だけど一回使ってみれば
そのメンタルを伝えられるかどうかわかるだろ、と思う。

確かに彼らで過去にナビスコカップや天皇杯は獲った。
でもそれは、1発ラッキーがはまれば勝ち上がれる
トーナメント戦だからなのであって
安定的に強さを発揮しないとならないリーグ戦がさっぱりなのは、
チーム力(監督、フロント力)がないからなんだと思う。

過去クラブ史上最高のリーグ成績を二年で出してくれて
ACL出場の足掛かりを作り守備のメンタルを作り上げてきてくれていた
マッシモ監督を辞めさせて、
J2に落としたJFKを再度起用するフロントのメンタリティが今後、
改善されることはこの先あるのだろうか、かなり不安。

各国ともに、首都チームは強いといわれているけど、
うちはどうなんだろか。
フロントのメンタルや推進力は、変われるかな?


今シーズン、ACLで世界を目指した旅は終わったけど、
まだリーグ戦(特にセカンドステージ)、ナビスコカップ、天皇杯と
巻き返すチャンスはあるから、巻き返せれば、来年また、
ACLに出られるわけだから、がんっばって欲しいね。


追加で。録画してきたのを。

選手入り待ち



試合開始前のスタジアム

[PR]

by BBSTAR2005 | 2016-05-27 13:20 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2013GW ジュビロ戦
ジュビロの

ヨシカツ! コールが、


トンカツ!


に聞こえる今日この頃ですが、
いかがお過ごしですか?w

d0057029_15572970.jpg





勝てば、3位も見え、相手は監督解任直後という、絶好の勝ちごろですが、
うちは昔から、弱気を助け、で、w。

案の定、前半終わって、0-2、wなしですわ。

さてさて、飲んで後半待ちますか。

d0057029_15583040.jpg

[PR]

by BBSTAR2005 | 2013-05-06 15:50 | サッカー | Trackback | Comments(3)
2013FC東京 ホーム開幕戦
d0057029_160785.jpg


柏相手に、3-0完封で快勝!

チームも、練れてきたかな!

選手層も厚いし、

今年期待して、いいかな?
[PR]

by BBSTAR2005 | 2013-03-09 15:59 | サッカー | Trackback | Comments(2)
10年目
2013 Jリーグも昨日、
開幕しましたね。
我がFC東京も、逆転勝ちして、
白星発進しました~!003.gif

思い返せば、早いもので、
FC東京のファンクラブにはいって、
10年になります。

なぜ私はサッカーが趣味なのか、
と言えば
実は私は自分自身が、
サッカーをやってたわけでは、
ないのです。

その昔w、1996年に仕事を独立して、
全くプライベートの時間が
取れなかったリーマン時代からの
脱皮として、趣味も欲しく、
色々探していました。

もともと旅行は大好きでしたから、
世界で誰とでもすぐに
友達になるには、共通項の趣味が
いいわけで。

で、世界で行われているもの、
と言えば、サッカーでして。



ふと、
開設した事務所で、ボーッとして、
目の前のビルに目をやると、
可愛いおねー様が目に入りまして。

実はそこが、Jリーグの
横浜フリューゲルスの
球団事務所でして。

下心の有無はおいといて、w
そこで私が、サッカーと
付き合うスタートになりました。

さらに言えば、
スポーツはやっぱ生で観戦するのが、
一番楽しいから、
サッカーそのものは、絶対レベルが
高い欧州も、生では、なかなか
観戦する機会が少ないので、
やっぱ身近なJリーグを
チョイスしたのは、私の中で
自然な流れでして。

ただ、
巡り会えたそのフリューゲルスも、
1999年の元旦に天皇杯に
優勝してチーム解散。

そこから、3年間、
後をついだ形の
横浜FCのファンクラブに入りました。

初戦の保土ヶ谷競技場にも足を運び、
年間チケットはまるで、
夏休みのラジオ体操の
出席に判をもらう用紙のスタイルが
また、手作り感満載で、
おらたちのクラブぽくて、
気に入っていました。

しかし、J2に上がる前後から、
運営スタイルに疑問をいだき、
さらに、J1並みの入場料金やら、
フリューゲルスの名前も
返してもらえないなど、
が引き金となり、
横浜FCには、サヨナラしました。

そんなとき出会ったのが、
J1に上がったばかりのFC東京でした。

都会っ子で、
多分地方の方にはカラすぎるであろう
個性的な応援を繰り返すサポが、
私には、とても魅力的でした。

チームも、体育会系の走りまくる
スタイルで
サポの都会っ子ぶりとのギャップが、
また新鮮で、年チケットを買うように
なりました。
そして、10年が過ぎました。

この10年には、色々ありましたが、
まだ、J1優勝がありません。

ナビスコ杯て、初優勝したときは、
ワールドカップで日本が勝つのとは、
また違う、しかしメチャメチャ興奮したのが、自分でも驚きました。

J1で優勝したら、どーなっちゃうんだろ?
なんて妄想するのも、ファンの楽しみですね。

そんな10年目にクラブから、
毎年銀バッチだったのが、お祝いのか、
写真のような
金バッチが送られてきました。
右のが、いつもの銀バッチ。
d0057029_13282426.jpg


金バッジに昇格って、、、、
ヤのじ、みたい、じゃね?w


ま、
今年は、ブラジルでコンフェデ杯にも
呼ばれているので、
忙しいサッカー年になりそうです。

サッカーファンの皆様、
今年もヨロシクです。

バンジーに業務連絡
[PR]

by BBSTAR2005 | 2013-03-01 10:33 | サッカー | Trackback | Comments(9)
ナビスコ杯 準決勝 第2戦
d0057029_14111930.jpg

さてと、東京には
サックリ勝ってもらいましょう!

で、
決勝イクドー!
[PR]

by BBSTAR2005 | 2012-10-13 14:11 | サッカー | Trackback | Comments(4)
今日は、マリノスVSレッズ 観戦
d0057029_18563316.jpg

タダ券あって、見に来た。

しかし、レッズ集客力減ったなー
[PR]

by BBSTAR2005 | 2012-09-15 18:56 | サッカー | Trackback | Comments(4)