文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:POKER( 116 )

エベレストポーカーカップ
エベレストポーカーカップ

エベレストポーカーカップに今日突然参加することに決め、さっき帰ってきた。

今回も目標は最終テーブルに残ることだった。
も一つ、タイトそしてアグレッシブ(両方とも昨日覚えた単語、w)にプレーすること、
だった。
ところが今回もあとわずかなところで、最終テーブルはお預けとなった。

プレーが始まり私は順調に、チップも推移していった。
決して、チップ頭になることはないものの
確実にチップを増やしていった。

4テーブルが2テーブルに絞られ私のいたテーブルは残り5人。
隣が、6人なのであと一人飛べば、最終テーブルに集約される所だ。
私のテーブルでは私がテーブル内においてチップ量が
3位くらいのまずまずのポジションで、ここまで
タイトにプレーしていたおかげなのか、そこそこスチール、
そしてブラフまでも決めることができ、
チップを減らさないできた。

ところが、残り11人になってからはなかなか、人が減らない。
私の心のどこかに、この点数ならば最終テーブルには残れるはずだ、という慢心と
早く誰か飛ばないかなぁと言う焦りが同居していた。

そして突然、最後の場面は訪れた。

それであっても「あわてることない、このチップ量ならば
待てば必ず誰か飛ぶからそれまでは
我慢すればいいのだ」、と思っていた矢先に、KsKh。
ブラインドは600-1200だったはずだ。
しかも私がボタンだ。ポジションは良い。

最初の人、コール、次フォールド、
私コール、SBフォールド、BBレイズ2400点。
これで3人勝負。

この勝負が始まる時点での
私の持ち点は、約11000点。
BBの持ち点約13000点。
もう一人の人、5200点。

もう一人の人、コール。
ここで、なぜなのか、早くこの点数の少ない
前の人をとばしたい、そして早く
最終テーブルに残ったという結果を出したいと・・・、
もう一つの気持ちが出てきていた。

ここで私、コールせずにレイズ5000点。
つまり前の人にオールイン要求だ。
BB迷いながらも、コール。
前の人、もっと迷ってコール。

フロップAh,Qc,Jd。
ぐー、Aはきつい。
けど、Tが来ても私はストレート完成だ。

BB、お約束で打診の1200点、ベット。
そしてポットはすでに、16000点を超えている。魅力だ。
前の人200点しかないけどオールイン。
アグレッシブに行きたい
心のどこかで、悪魔の掛け声が聞こえた。
そして私、その魅力に負けてコール。。。

ターン、8d。
BB、チェック、私もチェック。

リバー、ここで運命の、Kd。
私3カード完成だ。
BBオールイン。
BBがAAならばもう仕方ないなぁ、という気持ちで
私も、オールイン。

ショウダウン。
BBの手はなんと、予想通り1枚はAd。
そして2枚目は、2。ヤッタ!
けどそのスーツは、d。
BB、フラッシュ完成だ。

終わったとき、
ものすごく悔しかった。
なぜこんな勝負をしてしまったのだろうかと・・・・。
なぜなら、BBのあのターンのチェックに、
すっかりだまされてしまっていたからだ。

ポーカーの実戦は、これでまだ4回目だが
初めて悔しい、という気持ちになった。
[PR]

by bbstar2005 | 2006-03-11 00:59 | POKER | Trackback | Comments(0)
初上野、見参!
昨日、日本ポーカープレイヤーズ協会ストラドル杯
参加してきた。
ストラドルとは、STRADDLEでexciteによると
1. 両足を広げる; またを広げて立つ[歩く,座る].
2. 《米》 ひより見をする.
ことらしい。
転じて、「時の過ぎゆくまま~に」ってことなんだろうか。
協会のポーカー用語集には、出ていなかった。

ま、それはいいとして
この日昼過ぎまで仕事をし、一段落ついたから
ガンバー浦和の試合でも見よーかと思ったのだが
金曜、土曜はポーカーを打てる所があるという情報が、まえからあって
(from せりかさん)
急だったが、ネットで申し込みをして、噂の上野ルームにおじゃますることにした。

が、ちょっと早めについたから良いものの、場所がわからん。
「現地へ行けば看板ぐらいでてるだろ」とタカをくくったのが良くなかった。
カンバン、全くない・・・・・・。
事前に地図は頭に入れてきたのだが、ビル名までは覚えていなく
結局その建物の前を、行ったり来たりした。
104で「日本ポーカープレイヤーズ協会おねがします」といっても
「ご登録ございません」とニベもない。
まだ仕事中のバンジーかみさんに電話しネットで見てもらい
電話番号を入手し、場所をお伺いしやっとたどり着いた。
はっきり言って、よく調べていかないと、わかりにくいので、要注意。
目安は、有名豚骨九州ラーメンが2件並んでいる間のドアが
ここへの入り口ですわ。

入ってみると25-30坪ほどの広さだろうか。
テーブルは4卓あって、今回はほぼ満員だったろうか。
4番テーブルに着席し時間を待つ。
リゾカジでお会いした方なども、ちらほらいらっしゃるところに
せりか姉さん、登場。せりかさんはお隣の3番テーブルだった。
ご挨拶もそこそこにゲームは始まった。

今回も目標は最終テーブルだが、ここの強者どもに通用するわけはないと
思いつつも、最初の3ハンドに良いのがくる。
勝負すれど、どれも負け。
その後もいい手が入っても、負けが続く。
(緊張のせいか、この後のオールインするまで、手にあまり記憶がない)
これは、まずい展開だ。
ツカンポ状態だ。
静かに潜行せねば、といい聞かせて
A7cといった手でも、フロップすらも見に行かずフォールドしていく。
このフォールドの時、ショウダウンを見てみると
勝たれた方には、結果負けている手だったので、良かったのだが・・・。
って!良くねーよ!
イカナクッテ良かったのだが、こんなノリじゃ、良い手でもイケねーじゃん!
どうしたもんか・・・・。
しかし、残るためには、ここは深く静かに潜行するしかない・・・。

ステールなどがいくつか出来たので、しばらく潜行するものの
フロップ見に行こうとすると、ガンガンこられてまた潜行・・・。
潜水艦の船長になった気分だ。

みなさまが自然死や、オールイン死されるのを横目に見ながら
ひたすら耐えて、残り2テーブルまでたどり着く。
ところが、リゾカジと違いここはどんどんブラインドが上がる。
しかも、アンティをとられるから、ここまでくるとガンガン削られる。
このままでは自然死確実だ。

ここでご臨終前の唯一しっかり覚えている手を・・・。
600/1200で私の残り、2200点。
一手前の私がBBの時、T6o。
ちゃーんとフォールドしました。
けど残金は、アンティが100点あるため、1500点。
そして次のゲームが始まる。
私SBで、おみては87s。
ふつうは行かないが、1週回るまでに500点をアンティで削られるから
ここで、特攻オールイン。
お二人ついてきていただいて、そのうちおひとり同じくオールイン、
のためオープンハンド。
ほかの方、KQo、A6o。
完全やばい・・・(汗)。だから行きたくなかったのにぃ。

運命のフロップ。
なんと、965o。
ありえない。。。ストレート完成!!
ターンQ、リバーA。(だったと思う)

私がファーストポットいただき、オールインの方飛び、
で、もう一人が残ったポットを持って行かれた。

勝った!とはいうものの、ツカンポ状態は変わらず
ガンガン削られ最後、88oでオールイン。
ほか2名オールイン、チップ頭コールの4人勝負。
ターン、リバーでは何も起こらず、あえなく終了。

勝負には、な~んも関係ないのだが、うれしかったこと。
室内は完全禁煙なこと。(なぜか灰皿があったけど。)
ビールやつまみがセルフだが「安い」こと。
カンビール300円、サーバー生ビール400円(自分で注げる)。
結構種類のあるおつまみオール100円。
そしてソフトドリンクは、ロハ!恐るべし・・。

それにしても
うーん、ポーカーの勝負所がわからない。。
[PR]

by bbstar2005 | 2006-03-05 11:21 | POKER | Trackback | Comments(2)
ああ、KK
またはまりました、PP。
手持ち25点。私SB。
手は、「KK」。
イタダキと思った。

多くがフォールし1人チェック。
その次(私の前の前)がレイズ1点。
(このとき、この人の持ち点は26点)
次のボタン君コール。
私レイズ3点。
BBフォール。
これで残4人。
次フォール。
これで3人。
次レイズ5点。
ボタン君フォール。
これでヘッズアップ。(これで言葉、あってますか?)

私レイズ10点。
彼、オールイン。
私もオールイン。

フロップ、QJ7o。
ターン、T。
次Aでもストレート。
が、リバーで落ちたのは3。

ショウダウン、彼AA。

ハイ、またやられました。


ご意見、お願いします。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-03-03 19:05 | POKER | Trackback | Comments(2)
第2回リゾカジポーカーオフ会
第2回リゾカジポーカーオフ会

前回のオフ会に引き続き、昨日馬喰町DUKE
第2回リゾカジポーカーオフ会に参加してきました。

前回のオフ会までのポーカー経験は、わずかに去年の秋に行った
テニアンで遊んだリミットポーカー(だったような気がする)の1回だけだった。
そして今世界的にブームになっているポーカー熱は
やはり、リゾカジにまで及んだのだろうか。
1月に第1回ポーカー大会が催された。

当然行き当たりばったりで出場し、スキルなんて全くない私のような
ずぶのシロートが勝てるほど世の中甘くなく、39位であっけなく終わった。

その後、オンラインのPPを初め、最初は疑似マネー、そして今はリアルで
この第2回のオフ会の為に、毎日家に帰ると数時間がんばってルールを覚えに
スキルを上げた(つもりだった)。

このブログでもポーカーのわからないことを質問させて頂いたりして
いろいろな方のご教授を頂きながら、未だに知らないルールはおおいものの
「ハッタリ」だけでがんばってみようと出かけてきました。

この日の目標は、最終テーブルに残ること。
初級者講習には少し遅れてしまったのだが、
そこでビッグ師匠の薫陶を受け、いざ出陣。
ついたテーブルは、1番テーブル4番スポット。
そしてこの日は最後までこのテーブルでのプレイとなった。

最初クラクラさんがお隣で、お互いバカラプレーヤーだけに
縦でカードを見るときついつい、右端から見て「違う!」などと
声を掛け合って笑っていけたので、結構リラックスすることができた。
途中15時頃の休憩迄で、かなり疲れたのだが、
あと何人いるのかざっと数えたら
まだ20人以上いることがわかり、ため息と、気合いが同時に入り交じった。
その後ラッキーな展開もあり、オールインを1回しかしないで
最終テーブルまで生き残ることが出来た。
ただし、その時手持ちは700点。

だが、最後の9人で始まったとき、ボタンが私の左の人から始まったこと、
私より点数の低い方がまだいらっしゃったこと、などで
何とか1巡目のボタンまで生き残ることが出来、さらにその時点で既に
3名の方が飛んでいたので、6位以内は確定していた。
ただ、その時手持ち、300点。
サスガに200/400点だったので、「これで仕舞いだ」と思い、
それまでなら絶対に降りていた、
フラッシュ、ストレート狙いの9,10Sでオールイン。
そしてBBにあっけなく飛ばされてジエンド、6位で投了となった。
終わったときは、よく頑張ったという気持ちと、疲労感を感じていて
悔しい気持ちはなぜか起こってこなかった。
MITさんから5位以内は入賞です、商品が出ます、とアナウンスされても
その気持ちは変わらなかった。

ところが、その後の展開を見ていると夏子さんの粘りや、
チップ頭がどんどん変わっていく様を見て、
「そうなんだ!」と思い正された。
そして、優勝者が決まったときには
自分が勝てるとかそういう言う意味では決してなくて
「もっと粘ってみたかった」という悔しい気持ちが沸々と湧いてきたのだった。

あの9,10Sのときの私のポジションは、自分のボタンだった。
だから、確かに手持ちが300点しかなかったのだが、
BBが回ってくるまであと3回は有ったわけだ。
ホントに9,10Sでオールインの場面だったのか?
なんで、なんで!、あそこで諦めてしまったのか…。
2次会に行くまで、行った後、そして帰るときまで
その気持ちを引きずっていった。
ドローン


あー、ポーカー、にはまるのか、おれは。
でも、コンプは付かないらしいし…(笑)。

PS
シャークさん、GWのお宿、よろしくお願いします。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-02-27 12:08 | POKER | Trackback(1) | Comments(10)
質問! PARTYPOKERにはまって
質問!PARTYPOKERにはまって

リゾカジポーカーオフ会以来、ポーカーを研究している。
そこである方のHPをみて、PARTYPOKER(ネットポーカー)を始めた。
ダウンロード後、それまではただで遊べる、お遊び(練習)の画面で
1日2時間くらいやっていた。
そしておととい、意を決して(大げさか?)
カードで「実弾」を買い参戦し始めたのである。
始めたばかりのおとといは、チャラだった。

そして昨晩、事件は起きた。
会社のアルバイトの女の子と、例のバンジーカミさんと3人で、
近くの行きつけの居酒屋に行き、アルバイトの子の最近別れた彼氏のことや
なぜか靖国問題!とかで、ひとしきり飲んだ後、自宅に帰った後、
何の気なしにPPを始めました。

選んだテーブルは、
ホールデム、$1/$2の、6人ノーリミットテーブル。
デフォルトでは「$100バイインしませんか?」と画面に出るのだが
ビビリ症候群の私と致しましては、$50バイイン、と画面をなおして
ゲームを始めると満員でした。
1ゲーム目、私はいきなりボタンでしたが
ブタ手であっさりフォールした。
そしてそれは、その直後の出来事でした。

私の左にがボタン動き、私Kc、Adのナイスカード。
まず私までの2人がコール(いいねぇ)、
私$5のレイズ。(残$45)
ボタン、SB(でいいですか?ホントはPBですか?)ともにフォールド。
BBはコール。
次の人、コール。
私の前の人フォールド。
これで残り3人勝負。

フロップは、7c、Kh、4a。
むふふ、よいねぇ。
私の前の人、$2レイズ。

私は読んだ、冷静に、そして、正確に。
~ほほ、コイツ自信は有るんだ。デモ掛け金はちっちゃいねぇ。
てことはワンペアか? 最初、フロップの前ではコールしていたし、この掛け金じゃ、
手持ち2枚ではペアは出来ていなくて、フロップにあるどれかとワンペアか?
2ペアか?
だけど、手元でワンペアが出来ているなら、最初からコールでは入らないよねぇ。
(と、有る初心者講習で自手カードで既にワンペア、
特に強めのワンペアが出来ていると、
ストレートやフラッシュ狙いのヤツにじゃまされたくないから
手持ち2枚が強めのワンペアがある時は最初から強めにいくといっていたしなぁ)
だとすると、あってもKのワンペアかな?
もちろん2ペアモアるモンなぁ、けどK絡み2ペアでもAが出てくれれば
全然怖くないし。
けどあの賭け方からすりゃ、2ペアの線はウスイね。~

私、とりあえずコール。(残$43)
下強気に、$1レイズ。
前の人$5リレイズ。
私$3レイズ。(残$40)
下の人、フォールド。
前の人コール。
これで残り2人勝負。
 ~こりゃ、勝てるかな~
と内心ほくそ笑んだ。

ターンは、Js。
前の人、コール。
 ~やっぱ、コイツはワンペアに違いねェ。~
私、$15レイズ。(残$30)
前の人、なぜか$10リレイズ。
強気に返したいが、手持ちも少なくなっているので
私コール。(残$20)

リバーはナント、As。
 ~キターッ!!いただきダッーー!~
前の人、$5レイズ。
私、余裕の$10レイズ。(残$5)
前の人、$5リレイズ。
私、$5コール(残$0,つまりオールインですわ)

私は勝った。
至福をかみしめつつ、そして赤ワインを一口飲んだ。
おいしかった。メチャクチャおいしかった。

デモ、そんなことお構いなしに画面は、ショウダウンだ。
なんだかウチのPC、ちょいと困って、数秒固まった後、
チップを相手に動かす。
エッ-----!!!
ど、どいうことYO????
私A、Kの2ペアよ。
と、ということは・・・・・。

前の人のカードを見ると、アッ----!!
そこには燦然と輝くAAではないか。
ナニッー!!3カード????
しかもAで???? まじ?

クッ-、痛恨。
やられた。

私は、前の彼が最初のコールと
フロップの最初のベット$2(このとき少ないと感じたら)で
すっかりフロップを含めた5枚でワンペア以外は無いと、
決めつけてしまっていたのだ。

私はすっかり、手玉にされ転がされ、あっという間にスッテンテン。オケラ・・・。
しかもこの場合、3カードでなくとも、AAvsKKだけでも負けていることや
それを読めない自分に対し、かなり激しく落ち込んだ。

ここで、皆さんに質問。
わたしはどうしたらよかったのでしょうか。
1.どの段階で相手のカードを見破ることが出来たのか?
2.どこで、降りておくべきだったのか?
3.私の賭け方に問題はなかったのか?

どうぞ、ご教授下さい。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-02-07 13:29 | POKER | Trackback | Comments(6)
第1回リゾカジポーカーオフ会
昨日、かの有名なここでポーカーのオフ会が開かれ、いそいそと参加した。

ポーカーは大変気になる、カードゲームだ。
ライブでは、テニアンのリミットポーカーしかしてないので、
早速初心者講習から参加した。
講師になっていただいたビックさんから大変身のあるお話をしていただき、
非常に参考になった。

結果は私は47名中39位。
AJでオールイン勝負に行ったところ(アホです)、
2プレイヤー勝負、相手のAQでジエンド。

最後の決勝、残り時間1分の時
d0057029_17294737.jpg

観客も白熱する。

優勝はLUPINさん。
優勝の表彰を受ける。
d0057029_17302030.jpg


沢山の賞品。
d0057029_17311589.jpg

これらは、皆で持ち寄ったモノだそうだ。
次回は私も何か持って行かねば。

その後2次会で、SHISYOUさん、SHISYOUの弟子さん、美人の天領さん、TESHI
さんなどと、楽しく談義。帰り際、GAKUさんとも初対面。

楽しかったから、また参加したいものです。
その前に、腕あげないとね。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-01-16 17:38 | POKER | Trackback | Comments(2)