もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
テニアン10K、そしてマニラへ
テニアン10K、そしてマニラへ

8/8-11の3泊で10K利用のテニアン旅行に
バンジーと行って来た。

朝便の成田発。
ラウンジでまったりしていたら、ヤフオクで出品していたモノが
ようやく今日、入金されたのを知る。
が、もうラウンジなので、何も出来ず、
失礼なこと承知の上で、コパちゃんに電話して協力して貰うことに。
彼は快く受けいれてくれた。
コパちゃん、ホント有り難う!!

汗だくでゲートへ行くと、
NWは相変わらず古~い機材の、747-200を使っている。
ビジネスクラスだったが、オンデマンドでないのだ。
ワインが趣味のバンジーが、ワインリストでワインを頼んでも
「それはない」てな始末。

サイパンに着いてカジノスタッフに手伝って貰い、少し待ってから
フリーダムエアーでテニアンに向かう。
このセスナに初めての人もいそうな人も含む
乗客は全て日本人だけで、満席だった。
助手席には、この後起こることを考えると
ある意味アンラッキーでバンジーが乗った。

滑走路へ向かい、離陸寸前に、ドア上部が閉まらないことが発覚。

機長「問題無いんだけど・・・」
オレ「平気?」
機長「(元気よく)ノープロブレム!!」

てことで、不安感満載の客席関係なく、機長はスロットルを上げる。

ブオーン!!

とセスナのエンジン音が機内に響き、ゆらゆらと飛び上がった。
が、ドア上部だけは、もちろん閉まっておらず、
風がビュービュー機内に吹き込む。
助手席のバンジーの髪は、見事に舞い上がっている。
このドアが吹っ飛べば、バンジーや私も一緒に吹っ飛ぶかも知れない、w。
隣の30台女性二人組は、瞬きもしないで
バンジーの巻上がる髪の光景を見ていた。
d0057029_1528565.jpg


そして、韓国人の可愛い販促がテニアンにお出迎えで、
車には我々二人と販促だけでホテルへ移動した。
荷物をベルボーイに預けデポジット後、部屋に移動。
もちろん!荷物はまだ着いていなかった。

軽く絞りに行くがあっさり、-1500。
飯喰いに、部屋にいたバンジーを呼びにもどると、
バンジー「荷物がいつまで経っても来ないから、フロントにいったら放置されていた」
と、不満たらたら。ま、ここはテニアンだから、となだめ「嵯峨野」へ。
d0057029_15292988.jpg


と、この日水曜日で定休日だった。
しかたなく中華料理を食べ、再度カジノへ行き、
BJ、カリビアンポーカーで+800。
この時点で、すでにノンネゴ残り3000くらい。

さっきの負けを取り戻しに絞る。
すぐにローリングは、解消されるが、水面下をうろうろ。
一度水面に顔を出すが、結局、水面上に浮上したのは、この旅では
この1回のみだった。
結局、-1500のまま、この日を終える。

2日目、朝起きると、外は南国。
d0057029_15294716.jpg


そんな南国リゾート地、には関係なく私はカジノへ出勤、w。
もちろんいいところは無く、終わる。
完全wなし。

バンジーは、27日に試験があるので、ホテルから一歩も出ることなく
お勉強に勤しむ。
d0057029_15302724.jpg


私は、7月末に手術したアテロームの傷口がまだ閉まっていないので
プールも海も禁止。
む~、お互い何しにテニアンに来たのか、w。

3日目金曜日なので、ポーカーをやる。
1-2NL、ミニマムバイイン100、マックスバイイン200。
「嵯峨野」でいい感じでワインを飲み、酔いに任せて
Zutaプレーをすると、しっかりおかわりさせられた、w。
ここはNLになったところで、全員がコーリングステーション、w。

酔いも醒めれば、廻りも見えてきて徐々に勝ち始める。
一度ボタンでJJが入るが、一人が上に5点レイズで、全員コール、w。
私も更にレイズしても、どうせ誰も降りないから、コールで。

ボードJT7。全部クラブ。
BB30点。ミドルが二人コール。
私、上に200点レイズ。
BB悩んだ末に、コール。他フォールド。

ターンTd。
BB75点、レイズ。
私オールイン、BBコールで、AQc。
もちろんKcで捲られるが、そんなこと起こるはずもなく、ガッポリ建設。

その後も66で、セット。
QQやKKで、ガッポリと、
終わってみればトータル5時間くらいで+1100点、w。
美味しかった。

で、収支はトータルで、-3000点、完全wなし。

次の最終日、ホテルを販促の指示ででて、
それでも1時間近くテニアン空港で待たされ、
後から来た韓国人客はさっさとタガエアーで出発してしまう始末。
販促に文句を言うと、タガエアーはいっぱいだったからと平謝りだが
その後、すぐに出発、w。
どうやら、お客が居なくてフリーダムが飛ぶのを嫌がっていたようだ。

70は超えようか、という青いアロハを着た白髪の婆さんと
赤ちゃんを抱えたローカル母さんと我々4人で、飛行機に乗り込むと、
パイロットの席にその婆さんが、堂々と座っている。

何かの間違いだろ?と思っていても、彼女は堂々とヘッドフォンをかぶり   
エンジンを回し始めるではないか!!

滑走路まで出て、よろよろの婆さんもシャキッとして、空路サイパンへ。
途中、脇のスコールが走っていた。ちょっとだけ婆さんが写っている。
d0057029_1531067.jpg


出発まで2時間半有るはずだったのでガラパンの免税店まで、
販促にお願いしてダイナスティーホテルの車で移動する。
しかし、買い物などは全くせずに、ハードロックカフェでバンジーとビールを呑む。
アッという間に1時間が過ぎ、迎えの車で空港へ。
ところが出発時刻が、考えていた時間よりより30分早くなっていた。
というか、完全、勘違い、wなし。
しかし、何とか間に合い、搭乗。 アブナイ。

機内のサービスは相変わらず悪く、食事も最悪。
食事も終わると機内が暗くなり、
私が寝ていると、ナント!!
あまりにうるさいから、目が覚めてしまった。
その声の出所は、やっぱり!!
スッチーの私語と笑い声であったのだ。
そのスッチーは、その冗談を言い合うと、
かいがいしく日本人スタッフが機内を回わって
お客の世話をしているのを横目で、着陸まで着席し、
足を組んだ上に、ハリポタを熱心に読書していた、w。

こんなスタッフ、NWでは普通の行為だ。
文化の差、ってことだけで埋まる事なのかなぁ、、、、これって。

初めてNWに乗ったバンジーすら、「もう乗らない」、と一言。
当たり前だな、w。

で、横浜まで戻ると、西口の狸小路で、串揚げをたらふく食べて帰る。



で、明けて今日、午前中のマニラAPPT、サテライトで優勝してしまい
アゴアシ付きで、来週マニラに行くことになった。
この$2500イベントで入賞できれば、テニアンの負けも取り戻せるね。
行かれる方、よろしく~!!
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-08-12 15:56 | 旅行
<< 今年のお盆は、映画三昧 みそラーメンと上野でポーカー >>