もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
厚顔無恥?それとも頭脳プレー?
厚顔無恥?それとも頭脳プレー?

先日、APPTの日本サテの最終出場権利獲得のため、
私は、六本木まで行ってきた。
このトナメで3位以内に入れば、その出場権利をゲットできるからである。
だから参加者のほとんどは、この3位以内を意識してプレーしていた。

今日の記事はこのときのA君のプレーが目立っていたので、それを書いてみた。

この日は、4テーブル立っていた。
ルールはNLでリバイが4ラウンドまで出来るテキサスホールデムである。

A君が最初座ったテーブルは、激しくチップが動き、そのためリバイが行き交い
他のテーブルを遙かに引き離すほど、テーブルチップ量が多かった。

A君は序盤KK、JJなどが来て順調にチップが増えた後、
結局最終テーブルの9人まで運良く、残ることが出来た。

この時点でA君の持ち点は、約16,000点くらい。
アベレージが多分12,000点位か。
1000/2000でゲームは再開。

A君、SBでA9。全員フォールドで来たので
BBに対しブラインドの2000+残り5000でオールイン要求し、
BBのJ8に負け。

残り8人となり、2000/4000に上がって
A君BBで89c。
残6000点のミドルの女性がコールで、彼女残2000点。
全員フォルドで、A君のこり4000点。チェック。

ボードAJ8o。
A君チェック、彼女ノータイムオールイン。
A君、コール。
彼女、Q6。
ターン、T。
リバー、K。   マジ?

で、A君残2000点。
次のSBでは強制オールイン。
ところが全員降りて、BBとヘッヅ。

笑っちゃうことに、ここでチョップとなって、
残り2000点のまま、ブラインドをなんとか越すことができ、
ボタンになることに。残り8名はかわらず。

しかしここで事件は起きたのだ。

この間にブラインドが3000/6000に上がっており、
次のブラインドは4000/8000で、残り4分ほど、という。
その次もたしか、10分間隔で5000/10000に上がるという。

皆のアベが12~13000位なのだから、
チップリ、セカンドチップリを除いて、
次やその次の上がったブラインドならば、
ほぼ全員、自然死状態になるのである。

で、このときA君はボタンの位置でした。
A君が今日、ここに来た理由は3位以内奪取です。
なので、A君はある決断をします。

「毎ハンド、時間いっぱい長考の末、プレミアハンド以外マック作戦」

です。

つまり、2~3分黙ってじっと動かず、
長考のポーズを取って、動かないわけです。
ただ、テーブルの進行を遅らせて、ブラインドが上がるのを待ち、
自然死により人数を無理矢理、少なくさせていく作戦です。

テーブル周辺には総勢20名以上、ギャラリーがいます。
長考作戦1回目は、ギャラリーもプレイヤーも
「しょうがないなぁ」みたいな感じでした。

しかしギャラリーは皆、ゲームの進行を見たい、次のハンドが見たい人たちです。
さらにプレイヤーともなれば、さらにブラインドが上がるのが怖いはずです。
なので長考作戦は、本人以外はかなりアタマに来ると思います。
なので2回目、3回目になると明らかに周りの反応や視線が厳しくなります。

プレイヤーのひとりからは
「オンラインならzzzzzzzzzって書かれるよね」
などと言われてしまいますが、じっと我慢しています。


視線が厳しい?

いえ、もうそれは、

イタイ

と言った方が適切なくらいです。

でもA君は、結果を手に入れるために、
心を鬼にして「長考作戦」を実行しました。
毎ハンド、与えられた2分30秒をしっかり時間を稼いでマックしていきました。
しかし、この「長考作戦」には、ディーラーまで切れて、
「持ち時間は1分に、短縮します」と告げられてしまうほどでした。

でもA君はめげずに、続けていきます。

そのうちA君の思い通りに他のプレイヤーに自然死が訪れ
一人、二人と飛んでいきますが、まだまだです。

そして残り4人となったところで、遂にA君にBBがやってきます。
今飛ぶと、バブルです。
5000/10000で、2000点ですから、当然強制オールインです。
一人リンプしてきます。
なので、6000点がファーストポットとなります。

そして、A君は予定通りこのファーストポットを手に入れます。
なので残り4人は変わりません。

次のSBでA君は、ブラインド支払い後1000点残しでしたが、
UTGのSさんがレイズ。
A君は、あっさり降りて、BBがジャストオールインコール。

SさんKQ。BBはQ8。

フロップ
Q8x。
ターン
K。
リバー
rag。

ということで、BBが飛んで、A君1000点残しで、3位以内確定。

結局A君は、最終的には2位となりました。



皆さん、賛否両論、お有りになると思います。
この「ブラインドアップのための長考作戦」

結果重視、ルールの範囲内であるのだからこのプレーは、お見事?
それとも、潔くないし、周りも待ってるんだから早く決着しろ!
って方ですか?

どしどしご意見、お待ちしております。

あ、A君がだれか、ってコメントはご容赦下さい。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-07-11 02:31 | POKER
<< マニラ 1日目 サッカーデイ >>