文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007 3月ポーカー遠征であった出来事
2007 3月ポーカー遠征であった出来事

インザマネーから早1週間。
なにやらちょっとした達成感と、
もっとやれたのでは、という悔しさが同居しています。

ルパンさんに写真取ってもらってました。

d0057029_22151857.jpg




いまの時代、ポーカーをやるのには
オンラインとリアルという二つの方法があると思います。
オンラインは短時間でハンド数が稼げます。
リアルは、ハンド数は稼げませんが相手との駆け引きを
リアルに感じることが出来ます。
さらにそれぞれには、CASHゲーム(平場)とトーナメントがあると思います。
CASHゲームは文字通り現金の奪い合い、トーナメントは
生き残りゲームとでも言えばいいでしょうか。
これらのたすき掛けで、ゲームは4種類選択があるわけです。


先日のアトランティックシティーでは、リアルでのハンド数を稼ぐため
日本ではやれないCASHゲームを行ったとき、ある出来事が起きました。

2/5のノーリミットのテーブルです。
あるインド系の方と、中国系の若いお姉ちゃんのヘッヅになり
かなり打ち合いますが、ショウダウンになりお互いAハイで、
何も当たってません。

で、チョップとなりました。
この時、お互いに見合ってにこやかに、
そして苦笑いをしあっていました。
さっき打ち合っていたときの
緊張感からはうってかわって
和やかな雰囲気になりました。



その後20分後くらいでしょうか。
再度彼らが打ち合うことになります。
ボードは、プリフロップお互いレイズでヘッヅに。
549。Fもあります。
互いのリレイズしあいます。
ターン、5。3枚目のF目が出ます。
ここで若い姉ちゃん、オールイン。
インド系、悩み抜いてコール。

リバー、J。
ショウダウンとなるとお姉ちゃんAハイフラッシュ。
ナッツです。
インド系は、それを見てマックします。

そこで事件です。

若いお姉ちゃん、ふんぞり返って腰に手をおき

「OPEN!」

とディーラーに命じます。
そうするとディーラーは彼のカードをめくろうとカードを持つと、
インド系
「NO!」

と拒否します。

しかし何か、やりとりがありディラーが強引に開けようとすると
インド系は、消え入りそうな声で

「PLEASE・・・」

開けないように懇願します。

しかしそれ振り払うかのように中国系のお姉ちゃん、立ち上がって

「DO IT!!」

インド系は諦めて、
ディーラーがゆっくりとカードが開けます。

それは94。ツーペアだったのです。

そしてそのインド系はゆっくり立ち上がって、
残りわずかなチップを持ってテーブルを去ります。

テーブルは静まり返っいてました。









ん~~~、厳しい・・・・・。
CASHゲームの厳しい一面を見せられました。
CASHゲームはあんまり日本人には向かないゲームかもしれない、
とも思いました。



今でもこのことを想い出すと、少し胸が痛いです。
オレは、甘いなぁ・・・。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-03-13 22:21 | POKER
<< 磐田戦 (ナビスコ杯) 2007 アトランティックシテ... >>