文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007 アトランティックシティー ポーカー修行記3
2007 アトランティックシティー ポーカー修行記3

ブログをアップし、寝たのが夜の2:30。

グーグー寝たつもりで、ベッドで目が覚めた。
時計を見る。

5:10、w。
又3時間くらいしか寝れていない。
必死にベットでもがくが、寝れない。

6:30,諦めてTVなどを鑑賞。
7:30、もう一度寝ることをトライ。
8:30、やっぱり寝れなくて朝飯を食べることに。

ステーキアンドエッグ
d0057029_1619143.jpg



朝からこうでなくっちゃねー、皆さん、w。

で、9:30からもう一度トライすると、何とかうたた寝して
ルパンさんと待ち合わせて、
WSOP第2戦目(Buy-in$500+$60,EVENT#2)のために
シーザースへ向かう。
会場には、優勝者用の指輪が展示されている。
d0057029_16194015.jpg


いつかコレを取りたいなぁー。


昨日のウチにエントリーは済ませてあるので、お茶をしてから試合に挑む。
私は相変わらず、水面下だがルパンさんは快調にとばす。
彼のハンドがAKで、AフルKで相手をとばすなど
快調な滑り出しだ。レヴェル1(50分間)ですでに1万点を超えている。

ラウンド2でテーブルがブレイクした。
ここからは一人旅だ。
レベル3の時、99が入る。
今日3回目の99だが、前2回は負けている。
{今日の不運ハンドか・・・・}

しかし一応コールでリンプしてみる。
するとボードは、Jh9h7c。となる。
3本完成だ。
すると一人が、レイズ450と来る。
少し考えてオールインしてみた。
するとコールしてくれる。

彼のハンドはQTh。ストフラドローだ、w。
私の3本を見ても動じていない。

ターンは、9、w。


BB「クワッドになっちゃたよ・・・・」


さすがに彼もがっくりで、ガッポリ建設成功。

その後すぐにルパンさんがやってくる。
飛んでしまったようだ。あんなにチップ有ったのに。。。残念。
どうやらリバーで捲られたらしい。
暴れてたもんなぁ。


そうこうしているとレベルはどんどん上がっていく。
必死になって付いていく。
もうあまり何で勝ったか覚えていない。


で、TDから今日のエントリー数が発表になる。
508人、インザマネーは45位からということらしい。


昨日飛んだレベル7でも、何とか持ちこたえて
ディナーブレイクになる。
休憩直前に、こんな券がプレイヤー全員に配られる。
この券で、ランチボックスを無料でもらえるらしい。
d0057029_16215752.jpg


慌てて昨日のファイナルテーブルを観戦中のルパンさんを呼びに行き、
ルパンさんもなぜか、無事チケットゲット!!

ランチボックスの中身。
d0057029_16222035.jpg


はっきり言って、おいしくないです、w。
チュニカでは、バフェチケットくれたのに、ココはしょぼい。

でレベル8に突入。
400/800 アンティ100である。
この時点で多分、200人くらい居ただろうか。
私のチップは平均(13000点)くらいだ。
だから苦しい。
1周で、2200点無くなるのだ。

座って2ハンド目にBBが来る。キツイ・・・・。
しかしハンドはAJo。
ミドルがレイズ3200点。
SBが2500点くらいでオールイン。
む~。

私、コールしてみた。
フロップ、J76。
私チェック。ミドル4500点ベット。
私、オールイン。ミドル、コール。

開けてみると、ミドルAQo。

「なんだ?こいつ・・・??」

実はこんな人が結構居ます、w。
そんなフィッシュをルパンさんはバクバク、食べていました。

でそのミドルを私がカバーしていて、2倍以上にアップ成功。
それを何とか維持して、次のブレークまで耐えます。

ブレーク後は、レベル11、2000/4000アンティ300です。
このときに約80人が残っています。
コレが半分になればインザマネーです。

前回、行くべきところでひよって、バブルの経験をしているので
ねらいをすませ、スチールを敢行します。

隣では昨日のファイナルテーブルも終わり、ルパンさんもお疲れで、
先に帰られました。応援はナシです。
もう頑張るしか有りません。



で、その時はやってきます。
レベルも12に上がり、テーブル数が6つだったのが
5つになります。つまり残り50人という事です。

私のテーブルがブレイクになり、新しいところに行きます。
その時の私の持ち点、23000点、w。
つまりレベル8からチップは増えていないわけです。
多分全員の中でビリだったでしょう。

しかも移動先ではいきなりBB、w。
(もっと遅く行けば良かった)

初手はいつものように6,4。
もちろんオリ。

SBになって、A3が来ます。
行く気になっていると、ミドルが35000点オールインです。
もうアメリカ人、インザマネーは関係ないのでしょうか?

私悩んでフォールド。
BBは、チップリです。
悩んで、コール。
ミドル、AQ。チップリA3 。
ボードにQが落ちてミドルダブルアップ。
(行かなくて良かった~)

そうすると、TDがディーラーにプレーを止めるように命じます。
現在46人居るとのこと。
これからは、一人飛ぶまでは
1回ずつ止めて全テーブルを同時に進めるとのこと。
しかし一つだけ、インザプレーのテーブルがありました

そんなアナウンスを聞いているのに、
アメリカ人、解っていない奴が居ます。
多分全テーブルで一番のチップリがオールインしてます。
何点持っているのかすら解りません。
そんなチップリにたいして5万点は有ろうかという奴が、
ヘッヅに持ち込むか、考え込んでいます。

TDもその彼に、今行くとバブルの可能性があることを教えます。
しかしその人はオールインのチップリにコールします、w。

その人JT。


オイオイ・・・・・、w


チップリ、燦然と輝くAA様。
もちろんチップリが勝ちます。
すると会場全体から拍手。

その人の健闘なのか、自分たちの入賞なのか解らないような
拍手が起きました。

こうして、私のWSOPサーキット
(Caesars Atlantic City WSOP Event#2)での
インザマネーが、確定しました。
日時は2007年3月6日、EST11:15ころでした。



もう、夢にまで見た、WSOPでのインザマネーです。
その時は涙が出たわけではありませんが、感無量でした。
プレイヤー達もお互いに、握手しています。

なんて感傷に浸るのも束の間、
プレー再開後、3ハンドもしないウチにどんどん飛ぶ人が居て
もう5人も飛んでいます、w。
しかも飛んでいる人たちは、決してショートスタックではないのです。

やっぱり毛唐は、違います。



そして私も、もう持ち点が13000点しか有りません。
逝きどころです。


私まで全員フォールドのミドルでJT。
オールイン敢行です。
と言ってもほぼBBの2倍強。
BBはチップリなので、当然受けてくれます。
彼A7。かぶってないですし、チャンスはあるはずです。

しかしフロップは無情にもA7が落ち、この時点で彼2ペア。
ターンはラグで、このときで私の敗退は決定。
リバーでごは丁寧に7が落ち、フルハウスにブタハンドで負け、と
私らしい負けでした。

結果は40位。賞金は762。ほぼ12時間やって202勝ちです、w。


まぁでも、今回はコレで良し、としましょう。


あ~、良かったです、結果が出せて。
皆様、有り難うございました。




*一緒に戦ってくれた首輪、もとい、
 コルセットとお疲れさんビールを呑んでみました。
 一人だったのですが、ホントに嬉しかったです。
d0057029_16273574.jpg




ついでにカジノで、ちゃぁはん、食べてみました、w。
d0057029_16275042.jpg

[PR]

by BBSTAR2005 | 2007-03-07 16:32 | 旅行
<< 2007 アトランティックシテ... 2007 アトランティックシテ... >>