もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
台湾食い倒れ旅行記 2日目(昼飯編)
台湾食い倒れ旅行記 2日目(昼飯編)

さて朝飯は、バンジーのみが格闘し、
筆者はベットの中だった。
だから筆者は、今日の昼食から、勝負開始だ。

そしてお昼になり、行動開始。
西門駅まで、こんな道も途中にあって
日陰になるから、助かるがちょっと怖い?
複数で歩けば、問題はない、と思うけど。
まぁ、不思議の国・P国に比べれば、
全く問題なし。

d0057029_11345559.jpg



台北市内では、乗用車は結構キレイなのだが、
スクーターは、ひどいのが目に付く。
けど、昔(20年前)来たときは、もっとひどかったけど。
まぁ、そんなことはどうでも良いけど。

来たのはここ、
かの小籠包で有名な
「鼎泰豊(本店)」。
外観。

d0057029_11364529.jpg



11:30までに来れば行列は避けられるとのことで、
いそいそと来てみた。
店に入ると、すぐ右手では、おニーちゃん達が
流れ作業で、小籠包君達を作っている。

d0057029_11382148.jpg



階段を上がり席に。
ウエートレスがいっぱいいる。
みんなミニスカートだ。(関係ないけど、w)

d0057029_11384216.jpg


で、メニュー。日本語でも、書いてある。

d0057029_11385682.jpg


食べ方シート。

d0057029_11391030.jpg


で、もちろんビール! とA菜(ってなんだろ?)

d0057029_1139265.jpg


本命登場!小籠包

d0057029_11394337.jpg


世界中から絶賛されているという、この店の小籠包。
確かにモチモチしているし、おいしい。
が、この程度なら横浜の中華街でも、あるんじゃないかなぁ。
でも、間違いなくおいしい。
一度は食べてみてみたい、そんなイイお店だと思う。

お会計は1階でする。
下に降りていくと、お客とモノを運ぶオニーチャンとすれ違う。
さすがアジア、手作業だ。狭い階段も、混む混む。

d0057029_1141865.jpg


お会計、430元(約1,600円)。





ほいで、次。
小籠包のハシゴです、w。

すぐ脇にある、「群香品」。
外観。

d0057029_1141292.jpg


かっこよく言えば、オープンキッチンですか?

d0057029_11414932.jpg


店内。

d0057029_1142336.jpg


さっきの店と違って、「B級グルメ!」っていう
感じが、とてもいい。
ビールを持ってきてくれる、おねーちゃん。

d0057029_11442381.jpg


当然ミニスカートではない、w。
この店は、素朴だが、彼女が少し日本語が出来る。
こっちの人は老若男女を問わず、
結構、日本語をしゃべる。


で、お昼なんだけど、カンパ~イ

d0057029_1144473.jpg


で、メニュー。日本語付き。

d0057029_11451484.jpg


マンズ、鶏スープ。

d0057029_11453617.jpg


鶏がトロトロまで煮られていて、持ち上げただけで
骨からぽろりと、落ちてしまうほどだ。
味もしっかり出しが出ていて、これは旨い。
鶏ガラスープの基本とは、これだね。

で、小籠包。

d0057029_11462536.jpg


こちらの小籠包の方が、パオのモチチモチ感が強い。
そして、スゲーうまみが出ていて、ちょい甘。
化調、ヤツの仕業か?
だから、うまいよね。

で、締めにエビチャーハン。

d0057029_11472259.jpg


これも、秀逸。
エビはイカンけど、タマゴの絡ませ方は、すばらしい。
日本の化調の固まりみたいなモノではなくて、
味は結構、純で、久々に、パラパラ感を失わない程度の
ちょっとしっとり系のチャーハン、基本形を食べたね。
拍手。

お会計、460元(約1,670円)。



ちょっと、告白。

しかし筆者はこの旅行で、
これでも食が細くなったと実感している、いや、マジで、w。
もっと前は食えたモンなー、
これらの倍近くは、ね。
年を取るということ、実感するね。
(突っ込みどころですよー!!)




なので、しばらくお散歩し、腹ごなしをする。
街を歩けば、弁当や。

d0057029_11502796.jpg


焼きそば、ちゃうぞー、スパゲッティー、だぞー。

d0057029_11504119.jpg


ドラエモンのガチャガチャ、50元(約180円)。

d0057029_11505579.jpg


日本と同じで、コンビニは、たくさんある。
コンビニには、おにぎりもある、22元(約80円)。

d0057029_11513311.jpg


お散歩したとこの、町並み。

d0057029_1152650.jpg


でもやっぱ食べ物やに、目が行く。
しゃぶしゃぶ、すき焼き食べ放題やサン。

d0057029_11522560.jpg


しゃぶしゃぶ、すき焼きは、こんな漢字なんだ。

d0057029_11524251.jpg



で、お腹もこなれたところで
スイーツに挑戦。
Monster Ice 氷館 

d0057029_11525832.jpg



文字通り、かき氷屋だ。
しかしデカイ!
マンゴーかき氷。150元(約550円)
その大きさを、携帯と比較してみて。

d0057029_1154017.jpg


しかもコレ、どんぶりですからッ!!
底も深いのよ。
二人で一つでも、とても食べられません。

ところが横を見れば、3人で3つ食べてる強者もいます。

d0057029_11544461.jpg


キウイ、アズキ、コーヒー(?)です。スゲ。

ごちそうさまでした。

夕食に備え、ホテルに戻る。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-08-14 12:00 | 旅行
<< 台湾食い倒れ旅行記 2日目(晩飯編) 台湾食い倒れ旅行記 1日目 >>