文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
今回のサッカー日本代表 -雑感
今回のサッカー日本代表 -雑感

私は、今回の代表(ジーコ)では、いい結果は出ない、と
アジアカップの頃から思っていました。
たかだかアジアの試合で、何をアップアップしているのだ、と。

確かにアジアカップでは優勝したモノの
世界の弱小地域のアジアで
あれだけ苦戦を強いられたわけですよね。


ジーコのお題目
「選手個人の個性を伸ばす」

というものは、とっても良い、もであるとは思います。
けど、それで思っていたほど効果が上がらないのならば
何か手をうたにゃならんでしょ?
え?
効果、上がってた思ってたの?
ウソー!


ジーコは、彼が残した実績、
つまりアジアカップ優勝やW杯出場ということだけが、
彼のやろうとしていることの
裏付けが出来ているのだ(効果が上がっている)と、
本心で思っていたのでしょうか。
それとも、思ったようにはなっていないと自覚はあったけど
途中結果は出ているし、協会からはクレームが来ない
ということで、フタをしてしまったのでしょうか。
こればかりは彼も、インタビューで「本心」は
しばらく、答えないのでしょう。
でも、どちらであったとしても、
現状維持であったことは、如何なものですか。



今回の代表自体、メンバーが悪いこともあったが
試合毎に出来/不出来の波が大きいことがある。
昨日のテレ朝で、ヒデの引退後のインタビューで
「集中力」「持っている力が発揮できない」という言葉を
実際に口にしているを見て、
やはり選手も感じていたはずだ、
という思いを強くした。

その状態とは、
常に試合内容と結果について、
アップダウンを繰り返す、ということだ。
(ホントはそれを監督が、コントロールしなければ行けないのに・・・)


アジアカップも思い出すと、負けていておかしくなかった。
2004/7/31 重慶でヨルダンと準々決勝。
延長戦でも決着付かず、奇跡のPKで勝ち残る。
2004/8/ 3 済南でバーレーンと対戦。
延長戦後半に玉田のゴールで、逃げ切る。
ここまで内容は全く良くないのだが、
次戦では突然好調になり
2004/8/ 7 北京で中国と決勝。
3-1で難なく勝ってしまう。
この優勝が、後々まで尾を引くことになってしまう。

2005年にはW杯予選も、勝ち抜けることは出来たが
決して出来は良くない。
そして、コンフェデ杯。
1試合目、メキシコに完敗。
2試合目、うってかわってギリシャに1-0で勝つ。
3試合目は、やる気のないブラジル戦ではあったが、2-2で引き分けた。
ここでも、好不調が目立つ。

続いて東アジア選手権は初戦、
北朝鮮に負けるというちょんぼ。
ところが第3戦の韓国戦ではアウェイにもかかわらず
1-0勝つ。
ここでも同様に、好不調が目立つ。

2006年のワールドカップ直前でも
ドイツ戦で良くて、マルタ戦では散々だった。
波、大きすぎない?

こんなに波があるチームを、ジーコは
どのようにまとめようとしていたのだ?
ジーコに、この難しい状態のチームを管理し切れていたのか?
ジーコに、監督として、その能力や経験は、あったのか?
そしてジーコは日本に、何を残していってくれたのか?



サッカー協会としても、
日本サッカーのある意味恩人であって
世界的に有名なジーコを、何を勘違いしたのか
三顧の礼をもって迎えいれてしまった。
監督としては、何の経験を持たないのに、だ。
名選手、名監督にあらず、という言葉を知らなかったのだろう。

そして良い監督であるなら、アジアで負けるなんてとんでもなく
勝ったにせよ、苦戦が続くことなんてことは
今の日本サッカーの実力からして、考えられないでしょう。
つまり、日本のレヴェルはそれなりに上がっているから
アジアカップ優勝や、やる気のないとはいえブラジルに引き分け、
W杯出場というのは、そもそもの日本の持つポテンシャルで
出した結果であって、ジーコの力ではないと判断できなかった
協会は、あまりに叙情的であって、猛省すべきだろう。




さて、次はオシムさんらしい。
これに私は、少し疑問を持っている。
先ず健康面。
Jリーグでもしばしば、試合開始時や試合途中で
ベンチから退席してしまう彼を、忘れている人はいないだろう。
元々今期のJEFとの契約も、嫌がっていたんじゃなかったっけ?
契約は2年でも良いけど、次の監督には、
結果次第で可能ならば4年続けられる人が理想的だ。
彼の健康状態で、大丈夫ですか?

2つ目、「走るサッカー」
いまさら「走るサッカー」って、限界有りませんか?
って、FC東京ファンだから、ヒロミを思いだして
そう思っちゃうのかしら?
今回のワールドカップで思ったけど、強いチームって
そんなに走ってないんですけど。
しかも緩急のある走り方を知らない日本選手が
「走った」ところで、どうにかなるんでしょうか?

3つ目、ドメスティック過ぎませんか?
日本サッカーを知っている人、というのが
次期監督の条件の一つらしいけど、
それじゃ、範囲狭すぎません?
じゃぁ、トルシエの実績については、どう説明するの?

ていうところですか。




まぁ、いずれの監督になるにしても
今回のジーコような、私が半身で見てしまうような
日本代表には、していただきたくないですね。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-07-11 15:34 | サッカー
<< 映画 「フーリガン」 2006ドイツワールドカップ 終了! >>