もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ラーメン とくや at お茶の水
ラーメン とくや at お茶の水

昨日はウエノでポーカーをする前に、
お茶の水に、お昼に行く用がありました。
そこで、調べぬ訳にはいきません!!


ラーメン ブログ  ネタ

としてw


R子さんのラーメン記事を見て


つけめん


を思い出し、色々検索。
決まりました。
ココ↓

d0057029_17181866.jpg



とくや。
今までおいしい、つけめんに出会ったことがない私。
ある人のブログじゃ、このお茶の水界隈のメンラー屋じゃ
NO.1だとのこと。
ココは、無化調(調味料なし)なので、その点でも
期待、なのです。

d0057029_17192462.jpg


メンラー愛好家として言わせてもらうと
無化調で勝負するメンラー屋って、本気度満点なんです。

一般的なラーメン屋では、化調を使うことで
いつでも一定の味が出せ、アルバイトが作っても
お客さんにいつでも、同じ味のモノが提供できるのです。
しかも、人間が舌で感じる旨みというものを、
より刺激する化学物質も豊富に入っているので
おいしさ(旨み)も、より際立つことになります。
顧客満足度を上げるには、大変優れモノでもあるわけです。


体に良いか悪いか、


というのは、
ラーメン食べる種族にとってみると、そんなこと


関係有る分けない


のであって、この手の種族で問題にしていることとは


うまいのか、まずいのか、


なのです。


だから、メンラー屋にとって、どうしても手を出したくなるわけだし、
それを使わない方が、違う言い方すれば、どうかしてるんです。

しかしそんな化調を横目で見て、決然とそれを使わない、

化調には負けない味を出してやろうじゃない!

そんなメンラー屋、「も」、私は好きです。


さて、話はモドって、ここのメニューはこんな感じ。

d0057029_1720370.jpg


オーダー何にしますカー?
と聞かれ、頼んだモノは



らうめん(600円)+とくやのごはん(100円)


にしました。w


つけめんじゃねーのか、YO!!!



あ、いや、つけめんのレポートは、
R子さんにお任せしたいので・・・・。
(と、軽く炙ってみる・・・)


私は大体、最初のお店は、オーソドックスに
普通の醤油ラーメンを食べるようにしてます。
これが一番、食べた経験が多いので、比較しやすいからなのです。

ここは、あおさのり、も評判らしいのですが
のりもわたしは大好きなので、トッピングに是非、頼みたいのですが
ラーメンにノリを入れてしまうと、ノリの味主張が強くなる事が多く
中身がなんだか、解らなくなることが多いので、私は
1回目のお店では、頼みません。

出てきたのは、こんな感じ。

d0057029_17203898.jpg


麺は細麺です。
スープは、トンコツとは正反対の、
正統派魚系あっさりスープです。
私はトンコツも好きですが、このあっさりスープも大好きなのです。
(ようは何でも良いんですね、w)

ご飯は、刻みちゃーしゅうに味付けしたモノが
小椀ですが、大盛りにされたご飯の上に
しっかり乗っかってきます。

d0057029_17205524.jpg



私はこのような、あっさりラーメンを食べると、
胡椒を入れるのが好きなのですが、ここには
胡椒がおいてありません。
その替わり、ニンニク、唐辛子、ネギなどを
ディープに炒めたモノが、辛味としておいてあります。
この辛味を、ラーメンに入れると
後戻りが出来なくなるので私的には
ご飯に少し混ぜて食べたりするのも
グー、なのです。

とんこつがお好みの方には、全くダメかもしれませんが
お店の作り自体もおしゃれなので、
女性同士でも気軽に入れる、そんなメンラー屋だと思いました。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-06-04 17:24 | 旅行
<< PP マジメにやってみます エベレストナイト >>