文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ドイツ戦 展望
ドイツ戦 展望

昨日のお約束通り、今日はドイツ戦展望です。

初めに断っておく。
今回の記事は、マスコミが書くような
耳障りの良いものではないです。
だから、もし気に障ったのならごめんなさいね。

あ、誰も期待してない?
そだよね。
一応、サントスのことは、キッチリ叩くからね。w





さて中継も明日の朝4:30という、本番と同じ時間帯で、
見る側にとっても、まさにテストマッチだ。
(早すぎだ!ちゅーの!)



日本チームは、本番の6/12のオーストラリア戦までに、このドイツ戦と
6/4のマルタ戦を残すだけとなったジーコジャパン。
果たしてどんな戦いとなるのか。


まずドイツだが、
【FIFA世界ランキング(4月度)】ではドイツ19位となっており
ちなみに日本は17位。
じゃ、日本、楽勝?
なんて事が、あるわけないでしょ!!!
前回のワールドカップの、準優勝国ですよ!!!


どのような経緯でこのマッチが組まれたのかは、解らないが
開催国との直前でのテストマッチは、かなりきついものだと思う。
ドイツもちょっとした問題があって
まだ若いクリンスマン監督は、現在カリフォルニアに住んでおり
国内メディアからは、アメリカの自宅から「通勤している」という批判があり、
更に悪いことに今年3月にチームがイタリアで4-1の惨敗を喫すると、
批判の声は、更に広がりを見せたらしい。
只直近の親善試合では、先の5/28に行われた、ルクセンブルグ戦で
7-0で快勝し、国内メディアも小康状態になっているはずだ。
だからこの日本戦で、きちんとした結果を残したいと
チーム全体で渇望していること、もちろんホームであるから
無様な試合は見せられないので、ドイツはかなり本気モードで来るのではないか。
もし日本に負けたり、引き分けたりしたならば、
ドイツ国内は、もう大変なことになると思われる。



なーんていうホームのドイツとの一戦は日本にとって、
どのレヴェルで位置づけする?
まぁ、仮想クロアチアなのか?
というより、フィジカル的にはオーストラリアなのか?


ちなみにイギリスのブックメーカーがつけた
ワールドカップ優勝国のオッズは、こんな具合。
Brazil 11/4 - Argentina 7/1 - England 7/1
Germany 7/1 - Italy 8/1 - France 12/1 - Holland 14/1
Spain 14/1 - Portugal 22/1 - Czech Republic 33/1
Sweden 40/1 - Mexico 40/1 - Ukraine 66/1
Croatia 66/1 - Ivory Coast 80/1 - USA 100/1
Australia 100/1 - Serbia & Montenegro 100/1
Poland 125/1 - Switzerland 125/1 - Paraguay 200/1
Ghana 250/1 - South Korea 250/1
Japan 300/1 - Ecuador 350/1 - Tunisia 300/1
Togo 500/1 - Angola 500/1 - Costa Rica 750/1
Iran 750/1 - Saudi Arabia 1000/1
Trinidad & Tobago 1000/1

(訳)
ブラジル2.75倍、ドイツ、アルゼンチン、イングランド7倍、イタリア8倍
クロアチア66倍、オーストラリア100倍、韓国250倍、日本300倍だそうだ。

イイとこ突いてくるよなぁ。


ちなみに日本は過去に、
ノリノリのヨーロッパ強豪チームと相手のホームで
試合をしたことは、何度か有る。

記憶に新しいのは、1998年のワールドカップフランス大会に優勝し
2000年は欧州選手権でも優勝したジダン率いるフランスチームと
2001年3月24日、雨になか超満員のサンドニで行われたゲームが、それだ。
今でもこの試合は「サンドニの悲劇」として、憶えている人も多いと思う。
トルシエ監督が本国に凱旋すべく、翌年の日韓大会を控えた日本チームを、
強豪フランスとのマッチメイクをしたのだった。

結果は見るも無惨な、0-5。
チンチンにやられた。
トルシエの試合後のコメント、
「フランスチームは宇宙人だった」
も、あまりに悲しかったのだが。。。。

ということで、はっきり言って、
この試合、


勝ち目無し。。。



奴らがマジで来れば、0-5。
お遊び出来てくれて1-3。かな。



前回の日韓大会で、ドイツの初戦は日本と同じ
アジア代表のサウジアラビアだった。
結果は憶えてますか?



0-8でした。


ゲルマン人、やりすぎです、w。
手加減を知りません。w



ついでに明日の試合における、日本チームの「 見所 」を書いておこう。

ドイツチームは、先の事情により後半には、楽に試合が流せる状況を作るべく
特に前半15分間には、ガンガン来ると思われる。

だからまず守備について。
相手の狙い目は、3バックで来るはずの日本の弱点、
サントスの守備と宮本の高さを突いてくるはず。

まず、サントスの裏サイドをロングボールでも
ワンツーでもイイから突いてきて多分、左バックの中澤(又は坪井)を
ゴールから遠ざけるため、サイドライン近くまで引っぱり出して、

1.空いたスペースに選手を走り込ませて数的優位を作り、シュート

2.早いボール入れて宮本を、オロオロさせる。

3.ハイボールを入れて9番マイク・ハンケ(身長184cm)と
  11番クローゼ(182cm)を、ちっちゃい宮本(身長176cm)と競らせる。

なんなら190cm級の選手は何人もいるから、
もちろんセットプレーでは徹底的に、ハイボールで攻める。

ちなみに、日本チームで身長が183cmを超えるのはキーパーを除くと
中澤187cm、、巻184cm、の2人しかいない。

毎度言っているけど、このサントスのサイドとDFの高さは、
このチームの
根本的な欠点だ。

ここをどうカーバーするのか、
(今まで散々指摘されてきていて出来ていないのだけど。。。。
カバーしようとすると、相当中盤のバランスが崩れてしまう。
日本の中盤の強さは、生命線なのに、それがまるで
骨抜きになってしまうのだよ、彼のお陰で)
ここが、毎度のことだけど守備の見所だ。

なんだか報道によると、

ヒデ 「もっと最終ラインあげて、コンパクトにして
     守備と攻撃に、一貫性を持たせようゼ」
宮本 「ザケンじゃねーよ!じゃなくたって3バックでサイドすかすかなのにだよ、
     最終ラインあげたら、サントスのお守りは誰がみんのよ?!
     ぜってーヤダかんね」
ヒデ 「サントスの話はその通りだし、おまえのカバーリングもまぁまぁだけどさ、
     おまえの対人の弱さと、あとその背の高さ、どうにか何ネェかなぁ」
宮本 「いまから背、伸ばせ、てか?」
ヒデ 「無理?」
宮本 「ムリに決まってんだろ!
     じゃなくてさ、今はさ、最終ラインの話してんだろ!」
ヒデ 「オー、そうだった。だからさ、ウチラ遅攻、だめじゃん。
    おまえらDFのフィード力もさ、アテにならねーじゃん。
    ドイツ人、ガリバーみてーに、デケーしさ。
    だからさ、前目で取らなきゃさ、点取れねーわけよ、解る?」
宮本 「知るかよ。でもぜってーヤダかんね。
   放り込まれて裏取られてさ、オレの足、遅いのばれんの。
   引退後の芸能生活にシショーがでます・か・ら。」
ヒデ 「背だけじゃなくって、足も伸ばしとけ!ちゅーの」

チャン♪ チャン♪




って話があったかどうかはっきりしないけど、
DFのライン取りも見物だ。
とはいえ、押しこまれっぱなしで、ラインを上げるヒマは
そんなには、ないと思うけど。







では、こんな問題点の対処方法は有るのか?


はっきり言って


















あります!












実は、その対処方法はいたって簡単なのだよ。











答え↓



























問題の選手を替えればいいのだよ。


タダ単に。
それだけ。
マジで。w






でも、サントスをどうしても使いたいのなら、
もうどうしても、
それでもどうしても(しつこい?)使いたいのなら
MF登録にしてくれ。
3バックの左サイドでは、使わないで。
そんな体力無いでしょ。守れないでしょ。
4バックの時だけ、左ウイングで使ってチョーダイ。
4バックの左DFは、中田浩二でいいから。


あ、言い忘れてた。
ドイツの攻撃の特徴は、



サイドから崩す




なんだよねーーー。










次に攻撃だが、流れから取る、なんてチャンスは多分、
90分間の試合全体を通じて、1回又は2回有るかどうかだろう。
後半終了間際で電柱として(ならないとおもうけど)巻も出るだろうけど、
さして意味は、なさないだろう。
だから、日本の得点チャンスはセットプレーしか、ないのではないだろうか。
俊輔のピンポイントに掛けたい。
だから、ゴールに近いところでファールを是非もらって欲しい。


あ、でもサントスはやめてね。


きみのはシュミレーション、バレバレだから。w
それと、FKも蹴らなくていいからね。



じゃま、しないでね。



トルコ戦のバーに当たったのなんて言うのは、もうイラナイから。
あと、もしかしたらば相手が気を抜いたときに、CKで中澤のボンバーヘッドも
ない、とはいえ無いかもしれないけど、ちょっときついかな。



とにかく試合全体を通じて、攻められっぱなしで、見ている方は
相当ストレスがたまるはずだ。
わざわざ早起きをして、そんなストレスを貯めるのは、私のような


サカオタ


だけの方がいいのかもしれない。
録画で、いいっしょ。
シンゼン試合だし、w。
バラック、出ないらしいし。w


もし、この試合で引き分けることが出来たのなら、もう100点満点だろ。
本大会も、相当期待できるんじゃない?
というのが私の、辛口試合展望でした。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-30 17:13 | サッカー
<< 予想に反して ドイツ戦終了 グループリーグ 3試合の勝ち抜け方 >>