文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
vs アビスパ福岡 菓子杯最終戦
vs アビスパ福岡 菓子杯最終戦


昨日前泊で、福岡入り。

旅行そのものは、明日以降にアップするので
今日は、試合について。
前試合同様のメンバーで、アビスパに臨む。

現地の暑さは、いよいよ日本特有の、
夏サッカーが始まることを実感する。
双方ともにシステムは、4-4-2。
伊野波がとてもよく効く。
今野とのコンビネーションがとてもいい。
ちょっと線が細いのと、経験が足りないことをのぞけば、
大化けする可能性があることを感じる。
浄も守備に安定感をもたらすし、
中に絞った守備から反転し、攻めにおいては
効果的にワイドに開き、起点となる。
徳永とのバランスもとてもいい。
茂庭も抜群の安定感を示すが、
あのショックからなのか、
たまに気の抜いたプレーでピンチを招いたりするが
相手のミスもあり、事なきを得る。

今日の問題は前線の3人だ。
暑さもあるからか、前半では目に見えて運動量を
セーブしているようだったのだが・・。
それだからだろう、今日は小澤と戸田が消えていた。
(一度そういうリズムができるとそれに流れが乗ってしまい
後半にまで、それが続く)
それと梶山の欠点=軽いプレーで
どうしてもボールキープができない&パスミスが目立つ。
信男さん自体は問題ない。
この前線4人では今日は、美しいハーモニーが全くでてこない。
やはりSBがあがるだけの時間を稼ぐ、
ボールの収まりどころがほしいところだ。

ただし前半に1回だけ、緩急を使った
惜しい場面があった。
相手サイドであったので、よく見えない部分もあったが、
ゆっくりめで、右サイドでボールキープから急転、
中に絞って、ワンツーでシュート。
はじかれても中に折り返し、
戸田のヘディングシュートが残念ながら浮いてしまい、バーに当たったシーンだ。
あれが未来の遅行からの、ひとつの完成型であったらいいなぁ。

後半では、消えていた小澤に代わり赤嶺。
その後、やはり消えていた戸田と
線審へのめずらしく執拗な抗議で
イエローをもらってしまった川口に代わり
ノリオと阿部ちゃんを同時投入。
この辺から、攻撃に勢いが出始め、一方的に攻める。
やはりうちのもともとの特徴であるスタミナから、
あの暑さでも相手の運動量を上回り、ボールを確実にキープ。
そして慣れていてやりやすいのだろう、
両サイドにウイングでノリオ、阿部ちゃんを配置して
速攻をたびたび仕掛ける。
これでもし、トップ下もしくはトップでボールを
確実にキープできる人材がいれば
相当厚みをもたらせると思うんだけど。
キープはできないものの、赤嶺がポスト役となり
ボールを受けてマイナス気味に走りこんだ選手に
ボールを置くのが効果的ではあった、が!
彼自身が反転シュート、というオプションがないと
相手は、守りやすい。
彼ならそれができると思うし、積極性もあると思うから、
Jのスピードに慣れたら、期待できると思う。

結局、0-0で試合は終わった。
前半のゲーム運び、伊野波の成長、けが人の復帰、
後半、選手交代後の勢い、
これらは、後半戦に向けて十分な期待を抱かせる
ものであった。
やはり今のうちは4-4-2で、ウイングを配置し
相手によって、強いチームでは伊野波、今野のコンビを最大限生かし
少しディフェンシブで速攻を狙い、
そうでないチームでは、ボールキープ(ポゼッション)で試合を支配し、
後半の体力勝負、というのが現実的なのかもしれない。
ただし今までどおり、ポゼッション(緩急)サッカーを
安易にあきらめることなく志向し、
強いチームにでも、その両方(緩急)が通用する、
そんなチーム力として幅のある、チームを目指してもらいたいものだ。

そしてひとつ、ちょっと先のことだが
気になるのは、ジャーンと特に浄の後釜なのかもしれない。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-21 19:00 | サッカー
<< 福岡 1泊2日の旅 エベレスト登山 >>