もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
LV最終日
LV最終日

結局食事会のあとは、一晩中打っていた。
食事会の最中に、せ○かさんが睡魔におそわれ途中離脱される。
全力で


アシ!


じゃなくて、足早に食べかけのまま部屋に戻っていかれた。
(デモ、数時間後には戻ってきて、またお会いするのだけど。)


私は、朝7:30にフロントで同じ飛行機(NW組)の人と待ち合わせをして
それまでの間は、思いっきりポーカーをするつもりだったけど
結局は、ポーカーとバカラを行ったり来たり。
ポーカーも結構ルーズにプレーをして、最後は
「トーキョー、オールイン!!」
とか叫びながらプレーをして
現地人の笑いをとっていた。
「俺らは(ほかに○子さんとかとプレーしていたので)
あと数時間後の7:30にトーキョーに帰らなきゃならないんだ、だから
トーキョー、オールイン!!
最初の内は、笑って降りてくれたけど3回目にもなると
しっかり待ち伏せされて、お互いがCのフラッシュ。
わたしJキッカー、相手Kキッカー。w
まあ、ちょっと、アマアマだったね。

バカラとポーカーでは、溶けるスピードが違う。
ポーカーなら、$1/2席でなら少なくとも1時間は持つ。
普通にタイトにやれれば、3時間でも4時間でもいける。
しかも、勝ってもなかなか増えない。
何時間やっても、バイインの8倍とか16倍なんて、まずないと思う。
けどバカラならミニマム$100勝負だと、わずか数秒で決着する。
長くても数分だ。
しかも負ければその場でオケラ。
だけど、勝てば倍になる。
だから勝ったときだけ、のことを考えてみると
単純に置き賭け、4連勝で$1600ドルになる。
(2×2×2×2=16)
このオールオアナッシングのスリル感が、このゲームの
最大の楽しみでもあり、転落の入り口でもある。
そしてそのスリル感の魔力に良い方に出れば仕事の活力に
悪い方にとりつかれると、とんでも無いことになる場合もある。
とてもデインジャラスで、それでスリル感は満点のゲームなのだ。

だけど、その勝負の早さを逆に利用して、
わずかな時間でバカラで$100稼ぎ
そして場所を移動してポーカーではその$100を、バイイン。
数時間で負けるとバカラでまた小遣い稼ぎして、またポーカーへ。
そんなこんなで、2回も繰り返せばもう朝の6:30でした。
まぁ、これじゃ、コンプは期待できまへん。

JAL組は我々より1時間あとのフライトなので、
その時間で切り上げ皆で朝食へ。
K○P○さんに「じゃ、BBさんも行きましょ」と誘っていただくモノの
「行きたいのは山々ですけどNW組なので・・」とお断りしてしまいました。
すいません・・。もっと早く用意しとけばよかった・・・。

で、NW3人組で空港へ。
空港で朝食となった。
滞在中、噂の朝食「ステーキ&エッグ」をとコーヒーを頼む。
朝からステーキに目玉焼きです、ハイ。

d0057029_0212133.jpg





食べかけですいません。

LAで、乗り換え。
あそこはよくわからない建物の構造で、
降機客と乗機客が同じフロアーなので人が多い。
そして国内便も国際便も分け隔てがない。
今回もヴェガスからだから国内線なのに
降りるとすぐ隣のゲートが、成田行きにゲートだったりして
建物の外に出たり、パスポートチェックなどなく出国できる。

な○ぞ○さんと、ビールを飲んでまったりとして
2時間もして、飛行機に乗り込む。

出た食事がこれ、まずサラダ。

d0057029_0214894.jpg



ドレッシングは2種類から選べる。

そしてメインがこれ。

d0057029_0221843.jpg



ホントは、またもやステーキを頼んだのだが
見ての通り、どう見ても食べてみてもチキンだった。
換えてもらおうかと考えたけど、眠いし食べちゃったしで、
半分まで食べたところで、スッチーが来て
「間違えました」とのこと。
もう良いよ、といったら帰りに機内で飲めるシャンパンを一本くれた。
重いから要らないのに・・・。


着陸前に出たのがこれ。
ロースト鴨肉とシュリンプ&フルーツ。

d0057029_0223864.jpg









最後にNWについて。
NWは、アメリカの航空会社らしく日本風のサービスや
接客態度、勤務態度などは期待できない。
乗務員同士で、客が居るのお構いなしにベラベラしゃべってるし
あげく、冗談を言い合い大声でげらげら笑いあって、手をたたき合ってるし。w
そんなことは普通の光景だ。
スッチーの呼びランプをつけても、いつまで待ってもくる気配はないから
呼びに行かなければならない。何のためのスイッチなのか。
Cクラスでもこれです。
乗務員の年齢も、40代50代の人が多いのは、何か関係するモノはあるのか?

ただアメリカ風のおおらかさはあるので、
あまりそういうモノを気にしない方、向きだと思う。
ただあの747-200という機材はいただけない。
行きも帰りも同じ機材だったが、
まずエンターテイメントがまるっきりだめだ。
映りも悪いし、番組数も少ないし、最新封切りモノはないし、
再生・早回しなどないし、選択言語も少ないし、ゲームもなし。
席の造りも、二世代は前のモノだ。
私の乗ったNW1,2便とは本来、香港発成田経由ロス行きという
ビジネス路線では、ドル箱の路線のはずなのに、この機材はないだろ。
だって、こないだのマニラ便では、あの宣伝しまくっている
フラットシートだったんだから。
あのマニラ便で、ですよ。w
取り替えた方がいいでしょ。
NWも最近一度倒産したとはいえ、世界のエアは色々な意味で
もっと高度なサービスを提供してくれているところが多いです。
安いことはうれしいんだけど、サービスもそれなり、じゃぁ、ネェ。



というわけで、今回のヴェガスの旅は、無事終了しました。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-05-06 23:19 | 旅行
<< 身近な人が・・・、2位入賞!! LV 4日目 >>