もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
第4節 川崎フロンターレvsFC東京
第4節 川崎フロンターレvsFC東京

マニラからお昼に成田に着き、
GONさんに甘えて、成田-自宅-川崎等々力と
送っていただいて、観戦してきました。

試合内容は途中まで川崎に押されていて、更に先制点まで献上。
が、そのあとセットプレーでけがから復帰のジャーンが同点ヘッド。
川口信男の3人抜いて、逆転シュートが決まり、その後は押せ押せだったが
イケメンまっすーが入った直後に失点して、そのまま終了。
メインスタンドで見てたけど、交代でベンチに戻ったミヤが
呆然とベンチ脇に立っていたのが何とも、もの悲しかった。

この試合はササ、梶山をはずすという有る意味、大胆スタメンだったけど
印象としては、やはりまだ手探りなんだなぁ、と言う感じ。
繋ぐこと、攻めること、守ること、の連携が、どれもまだチグハクで
約束事も決まっていない感じ。
中盤も梶山の少し緩慢なプレーからディフェンス、オフェンスともに
リズムを作れなかったと思っていたが、ミヤが入ることで彼の正確なフィードも
相手を疲れさせるのには、成功していたように見えた。

ただ取れた点も、最初はセットプレーで、ドン!だが
2点目は少し光が見えるようなものになるのかもしれない。
最後はノブオの個人技とはいえ、あのようにパスコースをあけて
もらう「効果的」な動きがどの選手でも出来ていれば、
もっと色々なパスも交わされやすいのではないか。
そしてあの得点は「ポゼッション」の呪縛だけにとらわれることなく
自分たちの持てる力を、その方向性の中で、どのように、
そして最大限に、発揮できるのかを、見せたシーンのように思う。
だって、相手もあることだし、パスを回す「だけ」で、
点が取れたり守れるわけじゃ、ないんだしね。

それと、前も書いたけど、サポがまだこのサッカーに付いてきてないように思った。
去年までの純粋体育会系サッカーとの違いにメインスタンドに来ているような
FC東京ファンからも、バックラインでのパス回しでのため息や
(明らかにミスであるはずの)裏を狙うロングフィードへの歓声など
・結果が出ていないこと、
・約束事がまだ見えないこと、
・ヒロミの4年に渡るイズムの浸透、
等から致し方もないのかもしれないが、ちょっと残念な気がする。
「FC東京のファンはサッカーをよく知っている」と前任者のヒロミは
ちょくちょく言っていたのからみると、ちょっと悲しい気もするのだけど。

中にはまだ34試合中4試合しか消化していない時点で
既にそのヒロミとの比較する人もいる。
優勝を狙うのならそれも仕方ないけど、まだこのチームにそのチカラはないわけで
将来を見通せばここは選手、サポ双方(もしかしたらフロントまでも)に
経験を積んでもらえれば、と私は思っているのだが。

ま、それでも早く問題整理して負けないでも、
着実に一皮むけたサッカーを見せて欲しいものだ。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-03-22 17:53 | サッカー | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://bbstar2005.exblog.jp/tb/2862479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ぱいぱてろ~ま at 2006-03-22 23:35
タイトル : 勝ち点2を逃したウ●コターレ戦(もしかして、采配ミス!?)
川崎フロンターレといえば、”川崎ウ●コターレ”といじってみたり、”♪等々力~等々力~渋谷から電車で30分~”などJFL時代からいろいろあおってきたチーム。向こうも”多摩川ダービー”と負けらない気持ち一杯での試合となりました。とはいえ、開幕2連勝は爆発的な攻撃で圧勝、前節こそ甲府に敗れたものの、今の東京の状況を考えると勝つのは厳しいかと思っていました。 そんな想いを胸に訪れたのはヴェルディ川崎、フロンターレ川崎の本拠地、等々力。渋谷から小杉までは思ったより近いので、予想外の早さでつきました...... more
Commented by y_flugels at 2006-03-22 23:38
はじめまして。TBありがとうございました。
おっしゃるとおり、ロミヒー、いやいや、その前の大熊時代から東京サポーターは「走れ走れサッカー」に慣れ親しんでいるから、遅攻という概念が薄いのかも知れませんね。意味のあるバックパス、その場しのぎのバックパスの違いをきちんと理解したいですね。一部のサポーターはそれをわかって、バックパスでも拍手していましたね。宮沢の件は私も同感。今のこの状況ではサポーターのモチベーションも高まる宮沢を出して、後押しをした方が良いように思えます。そしてノブオの動きは東京にもっとも必要なプレーですよね。
次は京都戦、そろそろ先が見える試合をして欲しいですね。これからもよろしくです。
Commented by BBSTAR at 2006-03-23 09:28 x
y_flugelsさん、コメント有り難うございます。

ガーロがまだ選手を把握し切れていないとか言う人がいますけど、
その通りだという感じがしますね。
選手だけじゃなくて、まだそういう意味での強烈なクラブポリシーがない
のだから、サポを含むクラブ全体も、もしかしたら分かっていないのかも
しれませんね。
タダ今月いっぱいぐらいで、猶予期間は終了するでしょう。
来月も、混迷するようで有れば、まだ彼も若いし力不足、ということに
なるでしょう。

開幕戦でウチにボコボコにされた大分のシャムスカは早くも、
建て直しが利いてきているようです。
確かに彼は半年早く来たわけですが、来た当初の成績は
ガーロより良いわけですし、ガーロもGW迄が山場になるんでしょうかね。
いずれにしても彼の手腕に、注目です。

ところで、y_flugelsさん、お名前から見ると
もしや、フリューゲルスファンでしたか?
実は私もファンクラブに入っておりまして、
解散、吸収合併では悔しい思いをしました。
でも今の横浜FCは、どうも応援する気になれないんです。
なんか、クラブの吐息を感じないんですよね。
Commented by tenori-TYO at 2006-03-30 04:42
はじめまして、TBどうもありがとうございます。
思えば、トルシエの時の日本代表だって最初は(コパアメリカの頃とか)「大丈夫?」な試合ばっかりだった気が。
選手といっしょに習得過程を楽しむぐらいの気分でいたいな〜と
思いたいですね。
Commented by BBSTAR at 2006-03-30 09:20 x
tenoti-TYOさん、こんにちは。
早いとこ、覚醒して欲しい、、、でも
まだだよーん!
今はまだ、そんなとこですか。
昨日の劣頭、土曜日の鞠、
今のチカラをはかるには、もってこいの相手とも言えますが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 不思議の国 フィリピン(1) マニラの熱い夜 >>