文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
第4節 川崎フロンターレvsFC東京
第4節 川崎フロンターレvsFC東京

マニラからお昼に成田に着き、
GONさんに甘えて、成田-自宅-川崎等々力と
送っていただいて、観戦してきました。

試合内容は途中まで川崎に押されていて、更に先制点まで献上。
が、そのあとセットプレーでけがから復帰のジャーンが同点ヘッド。
川口信男の3人抜いて、逆転シュートが決まり、その後は押せ押せだったが
イケメンまっすーが入った直後に失点して、そのまま終了。
メインスタンドで見てたけど、交代でベンチに戻ったミヤが
呆然とベンチ脇に立っていたのが何とも、もの悲しかった。

この試合はササ、梶山をはずすという有る意味、大胆スタメンだったけど
印象としては、やはりまだ手探りなんだなぁ、と言う感じ。
繋ぐこと、攻めること、守ること、の連携が、どれもまだチグハクで
約束事も決まっていない感じ。
中盤も梶山の少し緩慢なプレーからディフェンス、オフェンスともに
リズムを作れなかったと思っていたが、ミヤが入ることで彼の正確なフィードも
相手を疲れさせるのには、成功していたように見えた。

ただ取れた点も、最初はセットプレーで、ドン!だが
2点目は少し光が見えるようなものになるのかもしれない。
最後はノブオの個人技とはいえ、あのようにパスコースをあけて
もらう「効果的」な動きがどの選手でも出来ていれば、
もっと色々なパスも交わされやすいのではないか。
そしてあの得点は「ポゼッション」の呪縛だけにとらわれることなく
自分たちの持てる力を、その方向性の中で、どのように、
そして最大限に、発揮できるのかを、見せたシーンのように思う。
だって、相手もあることだし、パスを回す「だけ」で、
点が取れたり守れるわけじゃ、ないんだしね。

それと、前も書いたけど、サポがまだこのサッカーに付いてきてないように思った。
去年までの純粋体育会系サッカーとの違いにメインスタンドに来ているような
FC東京ファンからも、バックラインでのパス回しでのため息や
(明らかにミスであるはずの)裏を狙うロングフィードへの歓声など
・結果が出ていないこと、
・約束事がまだ見えないこと、
・ヒロミの4年に渡るイズムの浸透、
等から致し方もないのかもしれないが、ちょっと残念な気がする。
「FC東京のファンはサッカーをよく知っている」と前任者のヒロミは
ちょくちょく言っていたのからみると、ちょっと悲しい気もするのだけど。

中にはまだ34試合中4試合しか消化していない時点で
既にそのヒロミとの比較する人もいる。
優勝を狙うのならそれも仕方ないけど、まだこのチームにそのチカラはないわけで
将来を見通せばここは選手、サポ双方(もしかしたらフロントまでも)に
経験を積んでもらえれば、と私は思っているのだが。

ま、それでも早く問題整理して負けないでも、
着実に一皮むけたサッカーを見せて欲しいものだ。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2006-03-22 17:53 | サッカー
<< 不思議の国 フィリピン(1) マニラの熱い夜 >>