もうこういう時期だよね!
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マニラに行けなかった!! だけでは無い話
9月の3連休を利用してコパチャン達と
マニラに行くことにしていた。

まずは旅程を組むのに、
マニラから日本へのデルタ特典の残りがあるので、
これを使うか、新たに往復の特典をとるか思案したけど、
最近デルタも特典の安い枠が抑えてきており、
安いマイルで乗れないことがホント、多い。

そこで、国際線のLCC初挑戦!と思い、
羽田-関空(ANA利用)
関空-マニラ(セブパシ利用)
で、往路の旅程を立てた。

ただ乗り換えがちょっとタイトなのだ。

ANA145便関空行きの到着時間は、19:25。
セブパシは19:55迄にチェックインする事ををルールにしているので、
タイトではあるけど、ANAなら遅れないだろうと言う希望的観測を持っていた。

しかし、
今回関空は初体験というのもあり、
一本前の便に振り替えてもらえないか、を期待しつつ
かなり早めの4時間前に羽田に到着しておいた。

まず発着ボードを確認すると、
ANA145便にディレイの表示は出ていなかったが、
まずはチェックインをして、前の便のカウンターへ向かって
交渉してみた。

しかし、前の便は満席で、キャンセル待ちも10人近くいると言われ、
さらにチケット変更するには1万円以上必要、と言われて断念。

仕方ないので、カードラウンジに行ってビール068.gif飲んでからひと寝入りした。
気持ちよく寝れたのだが実は!これが良くなかった。




搭乗の40分ほど前にごそごそと起きて、搭乗ゲートへ向かう。
その道すがら、発着のボードを見ると、そこにはANA145便の
60分ディレイの表示が出ているではないか。

既にこの時17:30を回っている。

慌てて、セブパシの到着状況をネットで見ると、セブパシ自体も
25分ほど到着にディレイしているようだ。

まずはセブパシに連絡して、ANAがディレイしていること、
既にオンラインチェックインをしているとか、
預けの荷物はないなどの事情を話し、セブパシも到着が遅れているでしょ?
と切り返すがLCCらしく、掃除もあんまりないから、定刻出発であるとか、
あまりいい返事をくれない。

このままでは関空20:25着。
セブパシは20:40発。

かなり苦しいわけだ。

LCCは、チケットが安いかわりにほぼ、キャンセルに払い戻しをしてくれない。
なので、セブパシ側から「キャンセルしますか?」と聞かれたけど
この時点では、ディレイの状況も分かっていなかったし
(ANAが間違って早く飛ぶかも知れない、w)
返事したら一部でも返金してくれるか確認したけど「ダメ」とのことなので
返事は保留にして、ANAのカウンターに行って事情を聞いた。

ANA「昨日の台風の影響で遅れております」
オレ「何言ってるの、昨日の夜半には台風は通り過ぎて今朝から快晴や、ないけ~」
ANA「え~っと、台風の影響となっております」
オレ「だったら15:00の段階で既にわかっとるわけや、ないけ~~」
ANA「え~っと、多分台風の影響となっております」
オレ「15:00にわかってたら、伊丹に振り替えもしくは
   新幹線でもギリで間に合うっとるんや、ないけ~~」
ANA「え~っと、多分台風という不可抗力の影響にしておけば、
   補償問題が回避できるので、台風の影響にしているんだと、なっております」

と色々やりとりをしているところへ、
綺麗なキャリアウーマンと目が合う。


(お、美しい方やナ~~)


と思ったら、おもむろに彼女が近づいてきて、


053.gif「BBさ~~ん」053.gif


と、手を振りながら、愛らしくオレを呼ぶではないか!!





オレも、
スミにはおけんな




と、思うよね~~~、w。








思わずハグしそうになってしまった、
この美形キャリアウーマンは
なんと、

ヨリチャンだった

、のだ。



ヨリチャン「BBさん、どうしたんですか?」
オレ「カクカクシカジカで、交渉中なんよ~~。でヨリチャンは?」
ヨリチャン「これから仕事で大阪です」
オレ「は?3連休やんか」
ヨリチャン「ええ、おとといまでコペンハーゲンでお仕事、今日から大阪です」
オレ「さすが才色兼備の方は違いまんなぁ~。そんなん働いておったら
  そのうちいかれるで。それよりオレとデートしよ!」

とまぁ、こんな会話をして、どさくさ紛れに
ヨリチャンの携帯番号ゲットしてw、
彼女は別便の伊丹行きに搭乗していった。


で、
その後ANAと交渉している最中に、さらに40分ディレイ決定。
合計100分ディレイが決まった、wなし。

これで完全に、セブパシには乗れないな。

追加の40分ディレイが決まったとき、
ANAから1,000円分の食事券が出るとアナウンスがあった。

カウンター前にはそれを聞きつけた多くの人が来たが、
クーポンなどを渡すのではなく、
保安検査場で渡されるレシートがそれ代わりになるので、
それを行った先で提示してくれとのこと。

しかし、搭乗券はあってもレシートを無くした人や、
もう既に1回目のアナウンスで食べちゃった人には、
保証しないと対応していた。

しかし驚きだったのは、ANA職員の腰の低さだった。
「スイマセン、スイマセン」を繰り返し平身低頭で対応する。
それでも引っ込まない人には、土下座しそうな勢いだった。

その他にも色々なクレームに対応しているが全て、平身低頭だ。

お客の中には
「オレは22:00までに和歌山に行かなければならない。21:00の
和歌山行きのバスに乗りたいから、そのバスを俺が乗るまで停めておけ。
とか言っているのもいる、w。
これにはウケたけど。
じゃ、オレのマニラ行きも、停めといて欲しいわ、w。

で、結局出発時間になり、搭乗はせずにそのまま職員と話し合い、
ANA航空券全額返金+足代+食事代をもらって、空港をあとにしたのだ。

帰り道、ゴンチにメールして、小杉で
オレの愚痴を聞いてもらう飲み会開催、w。

結局おれは、マニラに行けなかったわけだ。


ここでの損失は、
・セブパシ航空券代
・マニラ宿泊費
ま、ここまでは旅行を組んだときには、ある意味想定内だった。

しかし
マジで痛いのは、帰路のデルタ特典航空券のマイル破棄だ。

8/27の私の記事にしたけど、こんなに早く
自分自身がこの犠牲になるとは思わなかった。

そもそも
この72時間ルール、
って、おかしいだろ。


マイルを渡したお客というのは、
既に金を払って乗ってくれた健全なお客なのであって、
72時間ルールで空いた席でトクするのはデルタ航空自身じゃないか。

72時間ルールというのは、
お金を既に払ってくれた健全なロイヤリティーの高いお客を、
ないがしろにする行為、そのものだろ。

つまりだ、
既に支払い済みの健全なロイヤリティーの高いお客を泣かせて、
事業者である自分がトクすると言うことを、平気でやるわけだ。

ここにWIN-WINの関係は存在しない。

むしろ、だ
72時間前までにキャンセルしてくれるなら、
自分は商売のチャンスが増えるわけだから、
お客に500マイル出すくらいでも良いのではないのか、つーの。
(ま、そんなコトしたら繰り返しキャンセルして
稼ごうとする馬鹿が出るんだろうけど、w
年間通してノーキャンセルの客には、500マイルでも良いかもね)

ま、
和歌山バス便のクレームを付けるモンスターなお客を
日頃から対応しているとはいえ、今回のディレイでの
ANAの職員の対応を見ても、デルタ航空の職員とは
基本姿勢が違うのを、感じたな。

まぁ、
経営陣が72時間ルールなんてぇのを、
平気で作るんだから、デルタ航空の質も、こんなで仕方ないのか。

ま、
デルタ航空は安いから、というのは有るんだけど、
どうなんだろう、ネェ。
最近安くないこと、多いし。
例えばアジア路線ね。

ま、
何年にも渡ってプラチナ会員を維持してきた人に
こう言われちゃうなんて、
デルタ航空、解ってないんだろうナァ~~~、wなし。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2011-09-27 12:05 | 旅行
<< 2011年末には、ちょっと早い... 爆勝6ー1! >>