文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010 南アフリカワールドカップ観戦 6日目&7日目
朝起きてから、プレシャスに朝食を用意してもらう。
d0057029_4452579.jpg


コーヒーや、オレンジジュース等飲み物以外に、
まず、シリアル。
d0057029_446394.jpg


ヨーグルトをかけると、こんなに美味しいのは、初めて知った。
トースターで、パン。
d0057029_446332.jpg


オムレツを作ってもらった。
d0057029_4465736.jpg


今日と明日は観戦する試合がない。
ただし、宿は替えるので、今日帰国の若者二人を空港に送ってから
新しい宿に行く。

チェックアウトの時、
宿の女主人、ノーマと記念撮影。
d0057029_4474349.jpg


二日後には、また来るのだが。


若者を空港に送ったあと、
タカシ君と次の宿、メルキュール・ミッドランドに向かう。
d0057029_4482010.jpg


200号室。部屋。
d0057029_449169.jpg


水回り。
d0057029_4495799.jpg


平面図。
d0057029_4525574.jpg


ただのビジネスホテルなのに、さすがにW杯期間中&開催都市なので
@15,000円もしやがる。ちょっと遅れて予約したタカシ君は
@22,500円になっていた、wなし。
普段は半額以下なのに。W杯特需だな。


で、
ちょっと仕事などをこなし、休憩後、夕食&カジノへ。

ここヨハネスブルグ周辺は、5カ所以上のカジノがある。
それぞれ、面積も大きい。

まず今日は、宿から一番近いモンテカジノへ行ってみる。
車を止めるとき、駐車料10Rを取られる。セコイ。

ここは結構広く、ホテルも併設されていて
ベネチアンのように、カジノの周りにレストランなどが
数多く配置されている。
d0057029_4545556.jpg

d0057029_4552615.jpg


その中の1軒に入ってみた。
d0057029_4563858.jpg


店内。
d0057029_5542137.jpg


カジノもレストランも、従業員はマネージャークラスをのぞくと
ほとんどが黒人で、客は、ほとんどが白人だ。

d0057029_5284694.jpg


ポークチョップと、付け合わせ。
d0057029_5295071.jpg


さて腹も埋まったので、カジノへ。
カジノは、禁煙と喫煙でエリアが分かれている。

南アフリカはやっぱり、スロットが人気のようだ。
面積の大部分を、スロットが埋めている。

テーブルは、
ルーレット(0のみ)、数字ミニマム10R(約120円)
BJ(ESM、Dスタンドソフト17、サレンダーあり、
いつでもダブルOK、パーフェクトペアあり)
ミニマム25R(約300円)または50R(約600円)、スプレッド40倍
喫煙の所のみ、
18人座れるコミッション絞りバカラが、
ミニマム200R(約2400円)が2台、あり。

ポーカーは、昼の2時から、朝の5時まで卓が立つらしい。
シットアンドゴー1卓。(1100R、約13200円)
キャッシュは、5-10が2卓。
10-25が1卓立っている。



タネ銭が薄いので、BJへ。
タカシ君は、完全初心者なので、コマの上げ下げだけを教えて、卓を囲む。

2000Rバイインしてみるが、勝負所のベットをはずし、
-600Rになった時点で、タカシ君を残してポーカーへ移動。

5-10は満卓で、10-25に入る。
バイインは?と聞くと1000Rといわれて、ちょっときついかな、
と思いつつも、まずは座ってみる。
(その後もっと大きい金額で入ってくる人がいるので、
もしかしたらミニマムなのかも知れない)

卓は、8人で一人をのぞくと、全員白人。
W杯に来ている客と、地元客のようだ。

暴れるのがおらず、みなそれなりにハンドが堅い。
プッシュの強いのもいないので、気は楽だ。

一度、AQでボードQで、うまい具合に引っ張られてしまい、
リバーで、Aが出たのに、オールイン要求してきたのがいて
かなり迷ったが、コールしてみると、相手Q8(フロップ2ペア)で
捲って、ダブルアップ。

それを維持して、もう一度はJ9sで、フラッシュが来て終了にする。
+1600。

トータル+1000で、タカシ君は、+1600とのことで、
二人とも勝ち逃げにすることにした。



7日目

昼過ぎに起きて、近くの中華料理屋へ行ってみる。
d0057029_531568.jpg


店内。
d0057029_532525.jpg


タカシ君は26才の若者で、食事も量を食べれるというので、
好きなのを頼んで良いよと言ったら、これら4品出てきた。

チャーハン
d0057029_5324480.jpg


ヤキソバ
d0057029_5331843.jpg


餃子
d0057029_5335873.jpg


四川蝦
d0057029_535755.jpg


久しぶりに、炭水化物三昧。
一休みしたあとに、カーニバルカジノへ行ってみる。
d0057029_5374896.jpg



ヨハネスブルグは広い。
宿からこのカーニバルカジノまで、距離で約70Kmくらいある。

パーキングはやっぱり10R取られる。
d0057029_5391582.jpg


カジノ正面。
d0057029_5395812.jpg



この日、W杯で南アフリカチームが、ベスト16をかけ、
フランスと試合の時間だったので、お客のほとんどは、
テレビのあるようなバーやカフェ・レストランなどに集まっていた。

カジノはそこそこ広い。
雰囲気は、ベガスのサーカスサーカスのようで
家族連れをターゲットにしている造りだ。
やはり禁煙エリアと、喫煙エリアに分かれている。
やっぱりスロットの面積が大きい。
テーブルも、ルールや出来るゲームなどは、
モンテカジノとあまり変わらないが、バカラがない。
ポーカーも週末に、トナメがあるとき以外に、卓は立たないと言う。

なので、
ゲームもせず、早々に撤収。

今度は、宿へ戻る方角で、
空港近くのエンペラーパレスカジノへ行ってみる。
d0057029_5405733.jpg


ここも駐車場10R取る。
ヨハネスブルグ周辺は、皆こうなんだろうか。
d0057029_542446.jpg


正面。
d0057029_543194.jpg


中にある銅像。
d0057029_5432850.jpg


やはりカジノを囲むように、レストランがありその中で1軒、入ってみる。
量がありそうだったので、2品を二人でシェアした。
d0057029_5441479.jpg

d0057029_5444161.jpg



ポーカーが充実していて、ポーカールームがきちんとある。
キャッシュは、5/10と、10/25の2種類。

この日、7:30から550R(約6600円)のトナメがあるというので、
エントリーしてみた。
大抵、60~70人の参加があるという。

持ち点、5000点。フリーズアウト。
最初50/100を1時間やらせ客を楽しませる。
その後は、20分回しで。

結局、6卓立っていたが、黒人は二人のみだった。

序盤、一人飛ばして、勢いに乗ったが、
Jトップヒットの降りれないのが、私の58ツーペアに
うまく付いてきてくれたのだが、リバーで、2がボードでかぶり
ガッツリ減らし、次のQセットを、4枚フラッシュに捲られ、致命傷。
そのまま良いところ無く終了。


で、
バカラをやってみる。
喫煙の所なのだが、ミニマム50Rなので、タカシ君も混ぜて
初めてみるが、ミニバカラで絞りなし。
展開が早すぎて、罫線がつけられず、±0で早々に終了。

で、
BJに再度挑戦。

ここで、タカシ君が爆裂。
単純勝率が高い上に、ダブル、スプリットが、ことごとく決まる。
俺のボックスは、吹かないので、タカシ君のバックベットで、
勝ちを積み上げる。

タカシ君に勝ち分全部オールインを教えたら、
日和っていけなかったけど、w
そのかわり、勝ち分半分オールインを敢行。
それがあっさりAKでBJに。驚いた。

で、
1時間経ったところで、タカシ君お疲れモード。
タカシ君500バイイン→4600に。
俺、2000→3800の、頂点のところで打ちやめ。


*ヨハネスブルグポーカー情報
エンペラーのトーナメントの最中に、隣のプレイヤーと話したのだが
ヨハネスブルグで一番大きいポーカールームは、エンペラーパレスで
2番目が、モンテカジノらしい。
彼に、カーニバルカジノの話をしかけたら、
「ああ、あそこはトナメ以外ないでしょ」と彼が言い出したから、
まぁ、そこそこ知っているんだと思う。

それと、南アフリカはまだまだ、
ポーカーが始まったばっかり、という印象を受けた。
ただしTVでは、ESPNなどでポーカーを流していて、これから
盛り上がる可能性もありそうだ。
10月のWSOPサーキットが、一つの鍵になるのかな。
今回は、このサーキット会場が我々のいる位置より遠く、
時間を割けなかったので、行けなかったのがちょっと残念だった。

追記
やはり高いテーブルがないので、10/25は
ざっくり、USD1-2だから、上が目指せない。
ここらは、きついかとおもうな。
ただ、ハンド数は稼げるし、プレイヤーの質は
まだまだなので、このレートなら、安定的に稼げるとは思う。





ブラジル人の、ベリンダちゃんとカインちゃん。
d0057029_546392.jpg


ベリンダちゃん、恥ずかしがってグラサンしちゃったけど
メチャクチャ、美人やで。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-06-28 05:47 | 旅行
<< 今夜のパラグアイ戦 ハーフタイム >>