文字通り、のブログです。
by BBSTAR2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
勝手にリンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010 日本代表vsイングランド戦

まぁ、
こんな時でもないと、頭下げてもお金出しても試合できない
今大会優勝候補の一角と言われるイングランド代表様と、
僭越ながら、お手合わせしていただけました。

ありがとね、イングランドさん。


おれもさ、
フットボール発祥の国から、まさかの先取点で、恥ずかしながら
チッとだけ、興奮しちゃったけど、w。


ま、
試合結果は負けでした。
オウンゴール2発ってのは、笑ったけど
もっと笑ったのは、
本田のハンド。

小学生かっ!! ちゅーの、w。

PK止めた川嶋も、
目立てたのは、本田のお陰だな、w。


でも、
オウンゴールだけじゃ
イングランドも焦っただろうし、イングランド国内メディアは、騒ぐのかな?

まぁ、
サッカーファンなら知っているけど、イギリスと言う国は
4つのサッカー代表を持っているんだよね。

イングランド代表・スコットランド代表、
北アイルランド代表・ウェールズ代表と4つ。
でもさ、
1つの国をだよ、4つにわけても強いって、どーゆーこと?
ま、いいや。


前回のアップしたやつで、今回の日本代表に
結果を出せる望みの事を書いたけど、今回の試合はそこが少し出てたよね。

キーワードはやはり、「守備」だと思う。

ま、
サッカー弱小国の日本が、世界大会で勝ちに行くって、
ハッキリ言って難しいと思う。
勝ちに行くって事は、負けるリスクを高めること。

W杯に来るレベルのチーム相手に、今の日本代表レベルで勝ちに行くのは
まぁ、やられるだけだと思うね。

でだ、
じゃ、どーすんの?
といえば、まずは「守備強化」じゃね?
野球でもラグビーでも、「強敵相手にはまず守備から」は、基本でしょ。
サッカーは、確かに点取りゲームだけど、強敵相手に
守備がおろそかな球技チームが勝てる可能性って、どんなもん?

なので、
今回、阿部をアンカーにしたことで、
韓国戦に比べてバイタルエリアがかなり安定したのと、
俊輔をはずして、守備の意識をあげ、スピードの落ちる所を解消して
良いリズムを作れるように、前半は出来ていた、と思う。

ただ、このリズムも後半まで続かない。
足が止まった両ボランチは次第に、対人のマークが甘くなっていくし。

やっぱおれは、4バックだとさらにアンカーを一人おいても、まだ
守りきれないと思うんだよな。運動量が欲しい日本にとっては。
後半まで、持たないと思うし。
やっぱ、3バックが良いと思うんだよな。

確かに得点力は落ちるけど、もう一枚守備に割いて、
まずは最小失点を心がけるべきではないか。

それに、オウンゴールした両CBはやはり(年齢から来る?)
守備の負担の大きさも、ボランチにとっても、もう少し自陣の網を
細かく張った方(コンパクトな守備)が、運動量的にも
守備は安定すると思うんだよね。

やはり日本は、
アジアでの戦い方と、世界での戦い方を分けないといけないと思うな。



それにしても、
イングランド代表監督のカッペロが言ってよね、
「日本代表のシステムは9-1だ」って。

いいじゃん、弱いんだから、w。
「はい、そのとーりです。」って、言い返せば良いんだよ。


でも、
こういう守備的なサッカーって、ウケが良くないんだよな。
特にサッカーって国民性が出ると言われてて、
攻撃が最大の防御、とか言って軍隊作っちゃう国だからねぇ、日本は。

でも、
守備重視のモウリーニョも、CLで優勝したけど、
インテルのファンは、がっかりしてないと思うんだよね。
優勝って言う結果を手に入れたんだから。
日本だって、結果を手に入れればいいと思う。

でも、
潔ぎ悪い、とか言われちゃうんだろうな、守備的だと。

でも
弱いんだからショーがないだろ、って思うんだけど。

でも、
華麗に得点を取れ!!とか言う奴が
出るんだろーなー、マスコミウケ狙って。



でも、でも、でも、、、、、



「でも」のオンパレード日記だな、これ、w。
ま、
迷走してっる、ちゅーことなんだ。



ま、どっちにせよ、、、

がんばれ日本、だな。
[PR]

by BBSTAR2005 | 2010-05-31 18:57 | サッカー | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://bbstar2005.exblog.jp/tb/11218387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by y_flugels at 2010-05-31 22:25
しょうがないっすよね・・・相手の方が上なんですから、守って守ってカウンターじゃないと・・・
でもイングランドとの試合では少し希望が見えた、そんな感じですね。

しかし、本気モードのイングランドのパス回しもすごかったですがw

個人的には岡田とカペッロのケンカがおもしろかったですが
Commented by at 2010-06-01 07:48 x
サッカーって良くわかんないけど、本田ってそんなに良い選手なの?

岡ちゃんは中田以来の大物だとか、進化のスピードがすごいとか・・

ラグビーもそうだけど、攻撃力の高いチームはディフェンス力も高いんだよね
どちらかが極端に優れているなんてありっこねーし(笑)

天皇杯で、たまに高校生がJクラスに勝っちゃうみたいに、WCにそれが出れば1勝くらい出来そうだけど、どうなんだろ?


Commented by BBSTAR2005 at 2010-06-01 19:05
>y_flugelsさん
そうですよね~。
イングランドとガチでやったら、どうなるんでしょうか。
カペッロ、変わってないですね。

>孫さん
まいど~~~。
本田、光るものは持ってますが、世界から見れば
まだまだです。日本レベルでは、いいんだと思いますが。

>攻撃力の高いチームはディフェンス力も高いんだよね
サッカーはそれぞれのポジションに、専門性が高いとはいえ
だいたい、御指摘の通りだと思います。
え~、そんなサッカー日本代表。
セルビア戦も、韓国戦も完封負けですから、w。
攻撃力も推して知るべし?
ま、
ジャイアントキリングにしか、期待できないって、悲しいけど
まぁ、それが額面どおりです。
Commented by KOPAー兄 at 2010-06-01 21:44 x
BBさん ごきげんよう。

>ま、どっちにせよ、、、がんばれ日本、だな。

確かに。。。。

で BBスター ワールドカップ壮行会いつにしますー?
Commented by bay at 2010-06-02 08:16 x
私のWSOP戦に置き換えて読んでいます(笑)

フェルナンドトーレスくらい上手くなってほしいぞ本田くん。
Commented by おやじ at 2010-06-02 09:25 x
毎度!

イングランドファンの私から見ても中途半端な試合だったかな~
面白い試合ではなかったっす。

まあ
代表監督の難しさは私みたいなもんにはわかりませんが
「駒がねーから将棋が出来ねーんだよっ!」
って岡田さんの心の叫びが聞こえてきそうで(>_<)

日本の課題はFWじゃないでしょうか?
Jの助っ人状況見てれば明白かと…
Commented by BBSTAR2005 at 2010-06-03 13:54
>アンチャン
ども~~。ぢゃ、昨日の打ち合わせどおりで。
よろしくです~~!!

>bayさん
ども~。
WSOPおじさまの部、頑張ってください!!
期待してますよ~~!!

>おやじさん
ごぶさたです!
代表監督=クレイジージョブ、ですから大変だと思います。
経験したこと無いですが、w。
だからといって無作為に、w無得点のFW選ばないで
せめてJの得点王くらいは、選んでほしいかったです。
Commented by ありちゃん at 2010-06-04 06:26 x
イングランドは前半は本気モードではなかったですよね。
0-1で折り返した時にカペッロが、
「サッカー弱小国相手にこれではいかん!」と思って、後半はメンバーを大幅に入れ替えましたよね。たしか5人くらい交代したと思うのですが。
わたしゃ個人的には0-0(スコアレス・ドロー)より2-3のスコアで負ける試合のほうが、
「よく頑張ったぞ、日本!!!」と思えるんですよ。
もちろん勝ち点を積み上げていかないとグループリーグを突破できないのですが、オランダ・デンマーク・カメルーンの3チームを0点に抑える守備力が日本にあるかどうか・・・?
ちなみにわたしゃイングランド・ファンなのですが、日本はアメリカと入れ替わってイングランドと同じグループのほうが予選突破の可能性があると思いましたが、今さらしゃあないですね。
今晩ドログバを擁するコートジボワールとの強化試合でも守備的な試合運びになるのかなぁ・・・
Commented by BBSTAR2005 at 2010-06-04 12:19
>ありちゃん
おひさ~。
確かに2-3の方が、点も取ってるし、白熱するから
見てる方は楽しいんだけど、おれ、地蔵系だから
0点で抑えるのも、興奮します、w。
今晩の試合も楽しみです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< いよいよやってくる、格安航空会... 2010 GW 南アフリカ旅行... >>